19日の2018年ロシアワールドカップ初戦・コロンビア戦(サランスク)を2−1で勝利し、現段階でグループHの首位に立っている日本。過去5回のワールドカップを見ても、初戦で勝ち点を挙げた2002年日韓(ベルギーと2−2)、2010年南アフリカ(カメルーンに1−0)の2大会はラウンド16に勝ち上がっている。それだけに、日本が大きなアドバンテージを得たのは間違いない。

ただ、24日の次戦・セネガル、28日の最終戦・ポーランドは決して侮れない相手。とりわけセネガルは19日のポーランド戦(モスクワ)を見ても、単にフィジカルを前面に押し出してくるのではなく、全員が組織的にハードワークできるチームだった。キャプテン・長谷部誠(フランクフルト)も「スピードを含めたフィジカル的な部分は間違いなく世界トップレベル。それに戦術的にも多彩で、この前(ポーランド戦)は2トップでやっていたけど、3バックでやる時もあれば、3トップでやる時もある。実際、どのようなやり方をするのかは正直、読めないところがある」と警戒心を露わにしていた。

この強敵から勝ち点3を挙げるのは非常に難易度が高いが、2連勝して早々と1次リーグ突破を決めることができれば、今後を考えても非常にポジティブだ。西野監督は「コロンビア戦をベースにしていく」と大きくメンバーを変えないことを示唆しているため、中4日で選手たちが初戦で見せたようなハードワークと献身的かつ組織的守備を90分間続けていけるのかが気になるところだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ