「FIMスーパーバイク世界選手権」はアメリカ合衆国へ。第8戦はカリフォルニア州のラグナセカにある「WeatherTech Raceway Laguna Seca」での開催です。ラグナセカはこれまで日本の自動車メーカー、マツダがネーミングライツを持ち「Mazda Raceway」として知られていましたが、今年から自動車のフロアマットなどのメーカー「ウェザーテック」が冠スポンサーになっています。毎年恒例のアメリカラウンドとして6月22日(金)〜24日(日)に開催されるレースの模様をJ SPORTSでは6月25日(月)にオンエア。また、J SPORTSオンデマンドでも配信します。

さて、このアメリカラウンドはジェットコースターのように急激に下る名物セクション「コークスクリュー」を持つ、ライダーの勇気が試されるコースとしてよく知られています。MotoGPでも数多くの名勝負がありました。しかし、近年MotoGPはテキサス州オースチンに舞台を移していますので、ラグナセカはヨーロッパベースのレースシリーズとしては「スーパーバイク世界選手権」の名物コースとなっています。

シーズン中にやってくるフライアウェイ戦であり、特異な環境ということもあり、このレースでは過去15年の歴史で多くのウイナーが誕生しています。そのウイナーに名を刻んでいるのがトム・サイクス(カワサキ)、チャズ・デイビス(ドゥカティ)、ジョナサン・レイ(カワサキ)らのライダー達。その内、サイクスとデイビスは過去にそれぞれ3勝ずつあげています。実は過去3勝というのが歴代でも最高の勝利数で、これは現役中にラグナセカ・マイスターとしてこのコースで盤石の強さを見せることが難しいことを意味します。そういう意味では誰が勝つか分からない面白さがあると言えるでしょう。逆に言うと、サイクス、デイビスの2人は4勝目、5勝目の記録に達することができるチャンスでもあるわけです。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ