一にも二にも、先制ゴールが必要だ──。

日本時間の19日午前3時、イングランドはチュニジアとのワールドカップ第一戦を迎える。タレント力では勝負にならない。突出した個の力が見当たらないチュニジアに対し、イングランドはハリー・ケイン、デル・アリ、ラヒム・スターリングと、前線に有能な選手をそろえている。彼らのコンビネーションは試合を重ねるごとに精度、スピード感を増しているため、前後左右に揺さぶられると脆いチュニジアDF陣の攻略は、それほど難しい任務ではないはずだ。

しかしワールドカップ、なおかつ初戦ならではの緊張感が選手から平常心を奪い、思わぬエラーが連鎖するリスクも十分に考えられる。まして今回のイングランドは経験不足だ。スターリング、ガリー・ケイヒル、フィル・ジョーンズ、ジョーダン・ヘンダーソン、ダニー・ウェルベックを除く18選手が初の大舞台であり、GKのジョーダン・ピックフォードとニック・ポープは、ロシア大会の予選にさえ出場していない。したがってスコアレス、もしくは1点のビハインドを背負って後半の半ばを迎えると、焦りからミスを誘発する危険度が増してくる。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ