先制打を含む3打点の郡司

慶大打線が止まらない。この大会、未だ無失点の東日本国際大学を相手に初回からチャンスを作り、郡司裕也(環3・仙台育英)と内田蓮副将(総4・三重)の適時打で3点を先制する。

さらに5回には大砲嶋田翔(環2・樹徳)に待望の一発が飛び出し、リードを広げていく。先発の菊地恭志郎(政4・慶應志木)は本調子でこそなかったが、得意の変化球で相手打線を切り裂いた。

久々の登板となった中継ぎがやや不安定な面も見せたが、8回に郡司の適時打などで挙げた大量リードが効き、10-2で8回コールド勝ち。目標の日本一へまた一歩近づいた。

東日本国際大の誇る大エース、船迫大雅(4年・聖光学院)を相手にこの日も打線が牙をむいた。

初回、四球とエラーで1死一、二塁のチャンスをもらうと、郡司が外の変化球に合わせてライト前へ運ぶ。二塁ランナーの渡部遼人(環1・桐光学園)が生還して今日も先制点を奪った。

さらに続くチャンスで内田がライトフェンス直撃の2点適時三塁打を放ち、3点リードと早くも主導権を握った。

久々の本塁打を放った嶋田

5回には2アウトから内田、小原和樹(環3・盛岡三)の連打でチャンスを作ると、迎えるはリーグ戦を含め4試合快音が聞かれない8番嶋田。

2球目の甘く入ったスライダーを強振すると、打球は伸びて左翼席中段に突き刺さる3点本塁打となった。「初球のスライダーを空振りしたので同じ球が来ると思った」。見事な読み勝ちで船迫をKOする。

一方、慶大の先発・菊地は得意の落ちる変化球が制御できず、苦しい投球を強いられる。

それでも追い込んでしまえばこちらのもの。最後はボール球をきっちり振らせて要所を締めた。本人も納得いく投球ではなかったようだが、5回8奪三振無失点でゲームを作った。

6回からは菊地に代わり、リーグ戦防御率0.00の高橋佑樹(環3・川越東)がマウンドへ上がったが、3連打にエラーも絡んで1点を失ってしまう。

お知らせ

全日本大学野球選手権
J SPORTSオンデマンドで全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)

※総合パックでもご視聴いただけます
★詳しくはこちら

★大学野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ