神宮を統べる者のプライドを見せつけた。シードにより初戦となった慶應義塾大学は3回に先制すると、5回に一挙10得点を挙げて苫小牧駒澤大学を突き放す。

先発した高橋亮吾

先発の高橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)は5回で許したヒットはわずか1本、三塁を踏ませない投球で相手打線を手玉に取った。慶大の4年ぶりとなる全日本の初戦は、大会規定による5回コールドで大勝を収めた。

序盤から攻め込んだのは慶大だった。1番・主将河合大樹(総4・関西学院)と3番柳町達(商3・慶應)に安打が出てチャンスを作る。

しかし、連投となる相手エース・伊藤大海の前に2者連続三振を喫し、得点できなかった。2回にも小原和樹(環3・盛岡三)がレフト線への二塁打を放ったが、伊藤の意地が得点を許さない。

河合大樹主将

試合が動いたのは3回。河合がセーフティバントで出塁し、盗塁も決めてチャンスを作ると、柳町もヒットで続いて1死一、三塁。

ここで郡司裕也(環3・仙台育英)の当たりがゲッツー崩れになる間に得点する。先発高橋亮は序盤から巧みな投球術を披露し、得点直後の3回には、3者連続三振と付け入る隙を与えない。

1点リードで迎えた5回、ついに陸の王者が目醒めた。先頭の瀬戸西純(政2・慶應)が安打で出塁すると、河合のバントがこの日3本目のヒットとなってチャンスが広がる。

ここで渡部遼人(環1・桐光学園)がライト前に適時打を放って追加点を挙げた。

続く柳町も3本目となる安打を放ち、3点目。さらに1死満塁から内田蓮副将(総4・三重)が浮いたスライダーを捉え、2点適時二塁打を放ち、伊藤をマウンドから引きずり下ろした。

だが、火がついた慶大打線は留まることを知らず、押し出しの後、走者一掃の河合の適時打、柳町の2点適時打でついにこの回10点を奪った。

その裏を高橋亮が難なく抑え、大会規定で5回コールド勝ち。準々決勝へと駒を進めた。

お知らせ

全日本大学野球選手権
J SPORTSオンデマンドで全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)

※総合パックでもご視聴いただけます
★詳しくはこちら

★大学野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ