F1出身ドライバーのパイオニアとは?

エリック・コマス

全日本GT選手権(JGTC)の時代を含め、SUPER GTは長い歴史の中で、数多くの元F1ドライバーを走らせてきた。過去には鈴木亜久里や片山右京ら、現在も中嶋一貴や小林可夢偉ら日本人ドライバーの次なるステージとなっているが、外国人として元F1ドライバーのパイオニアとなったのは、エリック・コマスである。

1991年から4年間、リジェ、ラルースでF1を戦った後、95年からJGTCに出場したコマスは98、99年にニスモのスカイラインGT-Rをドライブして2連覇を達成。2006年までに通算6勝を挙げている。ただ、コマスはF1では成功したドライバーとは言い難く、所属していたチームがいずれも低迷期にあったこともあり、最上位は5位。日本のレースの水が、よほど合っていたのだろう。

ラルフ・ファーマン

その後もベルトラン・ガショーがさまざまなF1チームを渡り歩いた後、96年から2年間、スープラをドライブしたものの、こちらはF1同様、ネームバリューの割には目立った結果を残せていない。その一方で、97年から長らくGTを戦っていた、ラルフ・ファーマンはフォーミュラ・ニッポンを含む、日本のレースでの活躍が認められて03年に1年だけジョーダンでF1に参戦したものの、入賞は一度きり。その後、GTに復帰して元F1ドライバーの肩書きを得たが、これはまぁ例外と言ってもいいだろう。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ