5月14日に2018年ロシアワールドカップの予備登録が締め切られ、各国のメンバーが続々と発表されている。 注目のイングランドも16日に23人のリストが明らかにされ、常連メンバーだったGKジョー・ハート(ウエストハム)とジャック・ウィルシャー(アーセナル)が落選。19歳のトレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)が初選出されるサプライズがあった。

イングランドは2006年ドイツワールドカップの際に17歳のテオ・ヴォルコット(エバートン)を抜擢し、2014年ブラジルワールドカップでも18歳だったルーク・ショー(マンチェスターU)を選んでいて、若手のメンバー入りに積極的。今回のアーノルドはその系譜を継ぐ選手ということになるのだろう。

クラブ別に見ると、最多の5人がトッテナム。ハリー・ケイン、デレ・アリ、エリック・ダイアー、キーラン・トリッピアー、ダニー・ローズという顔ぶれで、いずれもガレス・サウスゲート監督率いるチームの中核を担う選手たちだ。 現在のイングランド代表は3−4−2−1、あるいは3−2−4−1の布陣を採ることが多いが、トリッピアーとローズは不動の両アウトサイドに君臨。ダイヤーもダブルボランチかアンカーとしてほぼコンスタントに試合に出ていて、重要性は文句なしに高い。

アリの入る2列目は、ジェシー・リンガードやマーカス・ラッシュフォード(ともにマンチェスターU)らプレミアリーグで活躍するタレントがひしめく激戦区だが、指揮官はアリの能力を高く買っている様子。ケインや両サイドとの関係性を踏まえても、欠かせないアタッカーと言っていい。本番ではファーストチョイスになりそうな雲行きだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ