ホーム・アンフィールドで行われた4月24日のUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)準決勝・第1レグで、ローマを5−2と一蹴したリバプール。アウェーゴール2を取られたのは余計だったが、圧倒的有利な状況で敵地・スタディオ・オリンピコでの5月2日の第2レグに挑むことができた。

ローマも3点差以上の勝利ならまだファイナル行きの可能性は残されていたが、勢いに乗るリバプールに大勝するのはやはり難易度が高い。ただ、単に守り切って勝とうとしないのが、つねに前進を続けるユルゲン・クロップ監督らしいところ。3点のリードを守ろうと思うなら、5バックに布陣変更して超守備的な戦いにシフトすることもできたが、この日のリバプールもそういう策は採らず、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの強力3トップの推進力を押し出したサッカーを試みた。

開始9分のマネの先制点には、その意思が明確に見て取れた。相手左MFラジャ・ナインゴランのミスパスを拾ったフィルミーノが左から一気に飛び出してきたマネにラストパスを送り、ゴールを決めるという電光石火のカウンターはまさにリバプールの真骨頂。高い位置でボールを奪えれば、ほとんどが決定機につながる。組織的ハイプレスからタテへグイグイと出ていくスピーディーなカウンターが決まれば、チームにとっては効率的で、勢いも出やすい。そのパターンで彼らは今季UCLを勝ち上がってきたと言っても過言ではない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ