4月29日から5月1日にかけてイングランド・プレミアリーグ第35節が終了。残り試合もわずかになってきた。吉田麻也所属のサウサンプトンは33試合終了で勝ち点41の暫定9位。来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)圏内浮上は厳しい情勢だが、2部降格争いにも巻き込まれておらず、中位でフィニッシュしそうな雰囲気だ。

その吉田が29日のハル戦でプレミアリーグ100試合出場を達成。1つの節目を迎えることになった。2012年ロンドン五輪直後の8月末にオランダ1部(当時)のVVVフェンロからサウサンプトンの扉を叩いて以来、足掛け5シーズンを過ごしたが、ピッチに立てずに苦しんだ時期が長かった。

最初の12−13シーズンは32試合に出場。順調な滑り出しを見せたかに思われた。けれども、2014年ブラジルワールドカップ直前のシーズンはクロアチア代表歴のあるデヤン・ロブレン(リヴァプール)の加入でポジションを奪われ、出場はわずか8試合。試合勘の不足が大舞台に響いた可能性も否定できなかった。

リベンジを期して挑んだ14−15シーズンは、ロブレンに代わってベルギー代表のトビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)がアトレチコ・マドリードがレンタル移籍。そこハードルに阻まれ、22試合出場と、前年よりは状況が改善したもののフルシーズンの活躍には及ばなかった。翌15−16シーズンも、アルデルヴァイレルトに代わってオランダ代表のフィルジル・ファンダイクがセルティックから加入。またもハイレベルな競争にさらされ、20試合出場と出番を減らす結果となった。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ