長丁場のシーズンも残り2節となった。CSクォーターファイナルのホーム開催権を獲得している琉球ゴールデンキングスではあるが、レギュラーシーズンでは今節がホーム最終戦。西地区3位の大阪エヴェッサを迎える今節は、CSに向けてさらなる成長を果たす意味でも、勝利が欲しい。

対する大阪、前節の滋賀戦では、#8エグゼビア・ギブソンの大活躍などで連勝するも、直接対決での得失点差では及ばず。残留争いへの進出の可能性を抱えながらの残り3試合と向き合う事となった。

前節、アルバルク東京戦では1勝1敗とした琉球。先制勝利を果たした初戦では、躍動感と連動性のあるディフェンスが光った。その上で、#33アイラ・ブラウンの攻守にわたるエネルギー溢れるプレー、#14岸本隆一の得点力が光り、会心のゲームで勝利を掴んだ。

両チームは、昨季最終節で命運が分かれた因縁の対戦カードでもある。CS進出へ王手としていた大阪、最終節に乗り込んだのは、地区3位に位置していたアウェー琉球戦であった。CS出場へ気迫を前面に出す琉球に対して、大量リードでゲームを優位に進めるも、徐々に琉球の気迫が勝って劣勢に。レイショーン・テリーの大量得点、琉球の歴史を築いた功労者であるアンソニー・マクヘンリーのブロックやバスケットカウントで初戦を落とすと、最終戦でも敗戦。CSへコマを進めたのは琉球であった。

大型補強でシーズン序盤に話題を集めた琉球ではあるが、CS進出を果たした自信、シーホース三河に敗戦をしてシーズンを終えた経験は、#14岸本に加え、#24田代直希、#13津山尚大ら、着実な成長を見せている選手に大きな影響を与えているはずだ。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ