ISU世界フィギュアスケート選手権2018で銅メダルを獲得した宮原知子選手。初めてのオリンピックシーズンの戦いを終えて、シーズンを振り返ってもらいました。
もちろん、J SPORTSでブログを掲載している田村岳斗コーチもちょこっと登場。岳斗コーチには、特別編として、今シーズンの男子についても語っていただきました。

宮原知子選手(右)とちょこっと?登場の田村岳斗コーチ(左)

宮原知子選手(右)とちょこっと?登場の田村岳斗コーチ(左)

― 初めてのオリンピックシーズンを戦い終えてどのような感想をお持ちですか?

宮原 シーズンに入ってからは、良かった試合と悪かった試合はありましたが、世界選手権が終わって、やりきったという気持ちが強かったです。

宮原知子選手がオリンピックシーズンで得たものとは

宮原知子選手がオリンピックシーズンで得たものとは

― 初めてのオリンピック出場でしたが、世界選手権とはどんな違いがありましたか?

宮原 オリンピックというだけですごく楽しかったです。試合も生活もすべて楽しかったのですが、普段の代表のジャージとは違う公式ユニフォームを着たり、選手村に入ってみんなで生活するのも初めてでした。

田村 楽しかったってそこなの?(笑)。

宮原 リンクではいつもの代表ジャージでしたけど。

「楽しかったのってそこ?」と岳斗コーチ

「楽しかったのってそこ?」と岳斗コーチ

― オリンピック出場経験のある岳斗コーチから事前にオリンピックの雰囲気や心構えは聞いていましたか?

宮原 ハイ。でも、想像とは全然違いました。

田村 僕も全然覚えてなかったことに気が付きました(笑)。

― 試合に関してはどうでしたか?

宮原 団体戦と個人戦があったのも今までとは違いましたし、自分がオリンピックに来られたという嬉しさでわくわく感がありました。楽しむときは楽しんで、試合の時との切り替えの仕方も今回学ぶことができました。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ