日本時間28日(現地27日)のヤンキース戦は、5番DHで出場し、第1打席に今季4号ソロ本塁打を放ちつつ、その後、足首の捻挫により途中交代と、大谷翔平にとっては悲喜こもごもの内容となった。

「FOXスポーツ」電子版によると、試合後、ソーシア監督は記者たちに対し、「軽く捻ったようだ。日々判断することになる」と述べたとのこと。

シリーズ第2戦で先発が予想される田中将大と、打席での直接対決が実現するかどうか、その見通しは不透明なものとなった。ここはとにかく軽症であったこと、そして一刻も早い回復を望むばかりである。

さて、この試合の“喜”のほうに目を向けてみよう。「MLB.com」によると、弾丸ライナーで右翼に突き刺さった大谷の4号ソロの初速は、「Statcast」の計測で時速112マイル(180km)に達したとのこと。

大谷は、現地4月6日のアスレチックス戦で初速が、時速112.4マイルに達する本塁打を放っており、今季、エンゼルの全打者による長打の初速では、この大谷の2本の本塁打が1位と2位にランクされているとのことである。

何と、トラウトやプホルスといった強打者を抑え、大谷が打球の鋭さでチームトップに立っているのだから、彼の持っているものが如何に非凡なものであるかが伺える。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ