17−18シーズン最後のイングランド・プレミアリーグ日本人対決として注目されていた19日(日本時間20日未明)のレスター対サウサンプトン戦。4月から吉田麻也が完全復帰したことで、岡崎慎司との顔合わせが実現すると期待されていた。 けれども、岡崎の方が14日のバーンリー戦で足首を負傷。惜しくもこの一戦を欠場する羽目になった。今月9日にヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任され、西野朗監督率いる新生日本代表が本格的に動き出した矢先のケガだけに、本人も焦りを感じているかもしれない。今は早く治してピッチに戻ってくることが先決だ。

吉田所属のサウサンプトンにしてみれば、前線から守備のスイッチを入れられる岡崎の欠場はプラス要素。岡崎のポジションで先発したケレチ・イヘナアチョはハードワークという意味ではどうしても背番号20より劣る。守備のプレッシャーが少なくなる分、サウサンプトンは攻めを構築しやすくなるはず。その利点を生かしたかった。

3月中旬のマーク・ヒューズ監督率いる新体制発足後は4バックと3バックを併用しているサウサンプトン。この日も守備重視の3−4−2−1で挑んだ。吉田は3バックの中央に陣取り、右のヤン・ベドナレク、左のヴェズリー・フートを統率。ジェイミー・ヴァーディーをフリーにさせないことを第一に考えながら試合に入った。 開始早々の7分にはイエアナチョとヴァーディーに立て続けに起点を作られ、リヤド・マフレズに強引なシュートを打たれるピンチに直面するも、ゴールは回避する。その後も粘り強い守りで応戦し、スキを作らないまま、前半45分間を折り返すことに成功した。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ