★★★:橋本竜馬(シーホース三河 #0)

島根スサノオマジックとの2戦目、橋本は1Qだけで3Pシュート2本を8本のFGをすべて成功させるなど、17点の大爆発でチームを牽引。その後は少しスローダウンしたといえ、23分18秒間で13本中10本のFGを成功させての27点で勝利の原動力になった。前日の3Pシュート4本決めての12点をマークしており、激しいディフェンスとリーダーシップを持ち味とするポイントガードが、オフェンスで強烈な存在感を見せつけた週末となった。三河は得点力のある選手の多いチームだが、橋本のシュートが決まりだすと強さのレベルがさらに上がるだけでなく、チャンピオンシップに向けて大きなプラス材料と言っていい。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ