対マンチェスター・シティ戦の基本戦略は、〈恐れない〉ことだ。ケビン・デブライネ、ダビド・シルバ、ラヒム・スターリング、レロイ・ザネといった凄腕を揃える攻撃陣に恐れをなし、自陣の深めにブロックを築いて守っても、最終的には崩される。もちろん、全チームが用いるべきゲームプランではないが、十分な攻撃力を有しているのなら、シティとはどつき合いを演じるべきだ。リヴァプールはプレミアリーグでもチャンピオンズリーグでも、威風堂々と振る舞った。

しかし……。

マンチェスター・ユナイテッドには期待できない。勇気、大志、そして冒険心など、人間が持っていてしかるべき積極的な感情に、ジョゼ・モウリーニョ監督は蓋をした。数多くの枠内シュートを撃たれても、無失点であれば「われわれが試合をコントロールしていた」とうそぶき、ロメル・ルカク、ファン・マタ、アレクシス・サンチェス、ジェシー・リンガード、マーカス・ラシュフォードなど、質量ともに豊富な攻撃陣の個性を生かすプランを組み立てようともしない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ