日本代表チームがベルギーに遠征したインターナショナルマッチ・ウィーク。日本はマリとウクライナという、ともにワールドカップ出場を逃した両国相手に1分1敗の成績。もちろん、今の段階での「結果」は重要ではないが、2試合とも内容があまりにもお粗末で3か月後のワールドカップで果たして戦えるのか見通しがまったく立たないのが現状だ。

その3月のインターナショナルマッチ・ウィークには世界中でワールドカップを目指す強豪が親善試合を繰り広げていた。 日本がワールドカップで対戦するコロンビアはフランス相手に逆転勝ちしたかと思えば、オーストラリアとはスコアレスドロー。ポーランドもナイジェリアに0対1の敗戦。日本戦を想定した韓国との試合でも、終盤、韓国に立て続けに失点して3対2の辛勝に終わった。対戦相手も絶好調ではないということが分かったことが、日本チームにとって唯一ポジティブなことだったようだ(もっとも、ポーランドは新戦力、そして3バックの新システムのテストの試合だったが……)。

さて、この3月のインターナショナルマッチ・ウィークには強豪国同士のハイレベルでエキサイティングな試合も目白押しだった。 前回優勝国であるドイツはともにホームにスペイン、ブラジルを迎えてのテストマッチ。スペインとは1対1の引き分けに終わり、4年前のワールドカップでの1対7の敗戦のリベンジを目指して本気度満載のブラジルには0対1の敗戦。とはいえ、チームの完成度も高いドイツにとっては、新戦力のテストをしながらの試合だったこともあって、「余裕の敗戦」といった雰囲気だった。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ