ミラノから150キロほど離れたトリノで、盒饗臺紊日本男子選手初、そして、アジア初の世界王者になってから8年が経つ。
バンクーバー五輪シーズンが終わってからの7シーズン、男子シングルを制してきたのは、パトリック・チャン、ハビエル・フェルナンデス、そして羽生結弦、この3人だ。やがて平昌五輪も終わり、チャンが引退を告げ、フェルナンデスと羽生もしばらく休養することとなった。言い換えると、平昌シーズンの最後のこの大会で新世界王者が誕生する。若手選手が次々と台頭する4回転時代、王座を掴むのは誰になるのか、実に観客をわくわくさせている。

「表彰台の一番高いところ」を狙う宇野昌磨

宇野 昌磨選手

宇野 昌磨選手

昨シーズンの世界選手権、今シーズンのグランプリファイナル、四大陸選手権、そしてオリンピック、過去一年間の国際大会で完成度の高い演技をし続け、すべての大会において銀メダルを獲得した宇野昌磨は、間違いなく今大会の優勝最有力候補だ。
滑らかなスケーティングと音符を一個一個感じ取れるほどの体の動きで再現する表現力に加え、プログラムで多種類の4回転を成功できるほど、技術力も優れている。今大会の公式練習から見ると、3種類の4回転に挑むようだが、臨機応変のフレキシビリティも持つ。ただし、メダルの色を変えるには、やはりジャンプでのミスとスピン、ステップのレベルの取りこぼしを最小限に抑えることが必要だ。それができれば、表彰台の一番高いところも十分狙える。



お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ