1位 竹内 すい

竹内 すい選手

竹内 すい選手

ショート、フリーとも見事な演技、2位に大差をつけての完勝を果たした竹内すい。
元々、ノービス時代から注目を集めた選手であり、一時はトリプルアクセルも完成間近とささやかれていた。しかし怪我をしたことでスランプに陥り、復帰後は回転不足のジャンプが目立ち、点数が伸び悩む時期が続いた。それが今季、以前は小柄だった体格も大きくなり、短期間のうちに急成長。昨年の夏からは試合でトリプルアクセルに挑戦し始め、このインターハイでは遂に成功させることができた。
それも3アクセル+3トウループのコンビネーションでの成功だ。紀平梨花に続き、日本から相次いでトリプルアクセルジャンパーが誕生したことは実に素晴らしいことだ。
試合後のインタビューでは 「ショート、フリー共に自己ベストを更新できて、団体でも優勝できました。とても嬉しいです。」と笑顔を見せた。
実はインターハイの女子は一昨年まで中京高校が連覇を続けており、昨年途切れた団体優勝を取り戻すべく、今回は必勝を期して臨んでいたのだが、竹内すいを擁する大同大学大同高校が中京高校の優勝を阻んだのだ。愛知県勢同士の熾烈な争いだった。
「今までない緊張でした。6分間練習が終わった後、膝ががくがくしていたんですけど、本番までの間に落ち着くことができました。」
いつも笑顔の絶えない選手で、緊張しているようには見えなかったのだが、まだ高校1年生、初出場のインターハイで優勝を争うことは想像以上に負担だったようだ。
竹内選手は最近になって頭角を現した選手であるため、まだ国際大会へ派遣された経験がないそうだが、この試合での圧巻のパフォーマンスにより新たな道が開けることだろう。本人も「少しでも多くの大会に出たいです。」とのこと。平昌オリンピック後のシーズンに、新たなスター選手が誕生しそうだ。

2位 荒木 菜那

荒木 菜那選手

荒木 菜那選手

今季はジュニアグランプリで大活躍。惜しくもファイナル出場は逃したものの、ベラルーシ大会での演技は見事なものだった。
その後、調子を崩した時期があったが全日本ジュニアでは見事に復調。今回も素晴らしい演技だったのだが、フリーでノーミスができなかったこと、ショートでも細かなミスがあったことに不満が残った様子。特にスピン、ステップでの取りこぼしについて反省していた。2月にオランダで開催されるチャレンジカップに出場するそうで、国際舞台での更なるアピールを期待したい。
来季に向けて、大技にも挑戦したいという。やはり竹内すいがトリプルアクセルを決めたことが刺激になったようだ。そして来季の目標として、今季は出場を逃した世界ジュニアへの出場を挙げた。ジャンプを始め、一つ一つのエレメンツのクオリティが素晴らしい選手だ。更なる飛躍を期待したい。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ