1年間の社会人生活を経て、今年2月、フィギュアスケートの世界へ戻ってきた、日本を代表するトップスケーター・小塚崇彦がお送りする「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017」。平昌五輪に向けて、ペア・アイスダンスといったカップル競技にも注目が集まる中、この番組では美しいスケーティングと独自のスケート理論を持つ小塚崇彦がカップル競技について徹底研究。みなさんの「?」を解消します。

「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 ペア 前編」はこちらから
「小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ2017 ペア 後編」はこちらから

【特別講師】
東野章子(ひがしの あやこ)元アイスダンス選手。(ISUテクニカルスペシャリスト)88〜91年全日本選手権のアイスダンスで4年連続2位。当時のパートナーは松村達郎氏。現在はコーチ、ISUテクニカル・スペシャリストとして活躍。
J SPORTSの解説者としてもお馴染み。


アイスダンスとペアの違い

小塚:アイスダンスとペアどういったところが違いますか?

東野:もちろんペアもアイスダンスも同じカップル競技なんですが、まず1つはペアには二人で跳ぶジャンプ、そしてリフトなどありますけど、ダンスには空中でするジャンプはありません。そのかわり、二人は近く人いなければいけないんですね。イメージとして、たとえば小塚くんと私が別々に1本ずつ傘をもっていろんなことをするというイメージであるならば、ダンスは小塚君が持っていただく傘の下に二人が入っていつでも二人の距離は密接な感じ、二人のコネクションを常に最重要課題にしています。 それによって派生してくる、ペアのハイライトといわれるリフトに対しては、リフトする男性の手の高さに制限はありませんが、ダンスには手の高さが頭より上になってはいけないという制限があります。それからダンスにはジャンプがないと先ほど申し上げましたが、ダンスでは1回転半以上のジャンプはすでに違反の要素になってしまっているんですね。さらに二人で一緒にジャンプをすることも1回転以下でないといけません。

小塚:じゃあもう、ペアはダイナミックな感じで、アイスダンスはもっと華やかさというか、そういったところ重視する感じなんですね。

東野:そうですね。やはりポイントとしては二人のコネクション。常にコネクトしていなくてはいけない。やはり男女のいろいろな感情の、その濃密な感情の変化などを洗練された滑りで表現していく。音楽との一体感、協調性というのがより多く求められている分野です。

お知らせ

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目・全滑走LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ