スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2016-2017シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
“岡山男子スペシャル”の3番手は、中学生で国体優勝を経験した田中刑事選手。スケートを始めた時の話や仲の良い選手などを話してくれました。

名前がカッコイイ!「刑事」

――どうしたん、おそろいの迷彩やん

田中:そうですね。

――びっくりした。なんで笑ってんの(笑)。まあまあお座りください。いきなりでちょっと悪いねんけどさ、田中刑事の刑事って、名前かっこいいよね?気に入ってるやっぱり?

田中:そうですね、まあ悪いことは絶対できない名前ですね。

――そうやんね。昔は刑事になりたかったんだ?

田中:全く思ってない。

――なんでまた刑事になったの?

田中:お父さんがなんとなく付けたんだと思います。

――お父さんが刑事やったとか?

田中:いや、全然。関係ないです。

――ああ、ほんと。そうなんや。なんかすごい由来とか聞いてないの?刑事ってなると漢字もそのままデカってなるけどあだ名もデカやもんね(笑)

田中:やっぱり、けいじって漢字はいろんなのがあるんですけど、このけいじなら誰ともかぶらないだろうっていう。

――なるほどね

田中:まだ見たことないです。

――でも検索したら?

田中:自分の名前しか出てこないですね。

――衣装とかでさ、たまにピストルの形とか入ってるけど、やっぱりあれは刑事を意識してやってるわけ?

田中:いや、たまたまですね。

――たまたまか。で、今回は岡山男子スペシャルなんですけど、もともと岡山倉敷、大ちゃんと一緒の出身やんね?倉敷のどこらへん?

田中:倉敷の連島ってとこに住んでいて、大ちゃんも結構近くに住んでいるんで。それはスケート始めたあとに知りました。

――やっぱり倉敷出身ってことで、大ちゃんの影響ってあった?

田中:最初の頃はわからなかったですけど、スケートをどんどんやっていくうちに、すごい選手が同じクラブにいたんだって認識し始めました。

――ちなみにすでにびっくりしてるのが、結構前から振り付けとかやってるけど、こんなにしゃべってる刑事を見たのが初めてっていう

田中:(笑)。確かに、そうですね。

――あんましゃべったことないもんね。俺が言ったことに対してずっとわろてるだけやもんね

田中:よく言われますね。

スケートを始めたきっかけ

――じゃあ倉敷で、そもそもスケートを始めたきっかけっていうのは?

田中:まずリンクが近かったので、お母さんに遊びに連れて行ってもらって。そこからハマったから多分、どんどん自分から遊びに行きたいっていうのが続いて、気付いたらクラブに入っていました。

――初めてスケートに行ったのは何歳やったん?

田中:7歳くらいです。

――7歳?結構じゃあ遅い方といえば遅い方?

田中:そうですね、小学校1年生の後半くらいですね。

――何回か行ったらハマってしまったと。すぐ滑れた?

田中:お母さんも一緒に滑って、遊びながら、バックの練習とかもしてました。

――え、初日で?

田中:多分、お母さんに手つないでもらって。

――すごいやん

田中:(笑)。

――なんなん、なんで笑うの?

田中:とりあえず笑っとけば大丈夫かなって。

――言い方があると思うなあ(笑)

田中:緊張してるんで。

お知らせ

KENJIの部屋

◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
KENJIの部屋を配信!

第1弾【岡山男子スペシャル】
岡山県にゆかりのあるスケーター島田高志郎選手、無良崇人選手、田中刑事選手が登場!
第2弾【若手コーチスペシャル】
中庭健介コーチ、川原星選手、本田武史コーチが登場!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ