宮本賢二さん、小塚崇彦選手

スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
11月のゲストは美しいスケーティング技術でフィギュアファンを魅了する小塚崇彦選手。第3回では現役続行決意の理由、今季のプログラムなどについて語っていただきました。

15/16シーズン 現役を続けた理由

――いろんな思いがあるけども、その後現役を続けるってなったやん?その理由、心境は?

小塚:四大陸に出たんですけど、フリーをやってスケートをするのが好きなんだと、自分の中で見えた。やっぱり続けたいと。ただ、一番最初の話に戻りますが、生まれ変わってもスケートをしたいか。スケートをしたいと競技をしたいという気持ちが、かけ離れていて。それがうまくマッチしていなかったのかな。

競技としてのスケートに向き合う

小塚:スケートはしたい、滑っていたい、気持ち良い。ここまでいろんな技術を積んでいろんなことができるようになった。ある程度他のこともできる。KENJI先生に振り付けしてもらったり、いろんな人に振り付けしてもらったり、新しいものを習得できる。そういう楽しみはあります。試合に向かっていく気持ちは、その時点でまだ揃っていなかったのかな。

芽生えた 競技に戻りたい気持ち

――今はどんな気持ち?

小塚:昨シーズン世界選手権が終わって、大学院に行くと決めて戻って。論文を書いて。論文を書いている間もスケートをしたいし、競技に戻りたいという気持ちがあって。そういう意味では一度離れる。
練習はしていましたが、離れていた。勉強している間に、いろんなパワーを蓄えていました。スケートをしたい、試合に出たいというパワーを蓄えたかなと思います。

15/16EX
曲:エピローグ(坂本龍一)
振り付け:宮本賢二

――今シーズン、プログラムを変えたりしているけど、新しいプログラムをという時に、今回はどんな感じで?

小塚:エキシビションに関しては、曲を持って行ってKENJI先生に振り付けてもらいました。とにかく静かな曲で音がランダムに鳴る。それに合わせられると気持ち良いかなと。あとはスケートを際立たせることができるプログラムになったらいいなと思って。このスケートを滑っている音がありますよね。それが聞こえるか聞こえないかみたいな、宙を浮いたようなふわふわした感じですね。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ