スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」2015-2016シーズンがいよいよスタート!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、トップスケーターをゲストに迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
記念すべき新シーズン最初のゲストはソチ五輪・金メダリストの羽生結弦選手。第2回では羽生選手が得意とするトリプルアクセルやシニアデビュー時の苦労話などを語っていただきました!

言い訳している選手に強い選手は居ない

羽生結弦選手

羽生:言い訳してる選手ってほとんどいないんですよね強い選手で。どこどこが悪かったからとか、リンクがこうだったからとか。

――確かにね

羽生:そんなこと言ってたら何も始まらないし、それは自分の実力の向上にならないじゃないですか。どんな状況でも跳べる人はいるわけなんで。浅田選手なんて骨折しながらやってたりもしてたじゃないですか。それをメディアとかに自分から発信することは絶対なかったと思うので、そういうことって大事だなって思ってます。

――どうしたん、かっこええやん

羽生:かっこいい人誰かいらっしゃいました(笑)?

――世界ジュニアで優勝したのがオランダの時?その時はどうやった?

羽生:その時は、もちろんその前の世界ジュニアの時の悔しかった気持ちがあって、かなり練習を積んできたっていうのもあります。その前の世界ジュニアで負けた時っていうのはちょうどオリンピックがあった年だったんですよ。だからポイントを稼ぐためにシニアの選手がザーッておりてきたんですね。それで悔しかった思い出もあって、だからそのシニアで通用している選手に勝ちたいみたいな。その頃デニス・テン選手はもう世界選手権なんかにも出てたんですけども、その選手にも勝ちたいという気持ちで世界ジュニアにも臨んだのは覚えてます。もうあの時は、枠とかそういうのは全然気にしなかったですね。まあその前にファイナルも優勝できてましたし、GPも1回も負けませんでしたし、あのシーズンは1回もジュニアで負けてないので。

――すごいな

羽生:ただフリーとショートのバラつきはあったんですけど、もとから僕ショートは苦手だったので。ショート全然跳べなくてフリーでなんとかっていう形の方が多かったんで、もちろんその世界ジュニアもショートで3位だったんですけどれども、フリーでアクセル2本決めて1位っていう形で。ほんとに自分の得意な勝ちパターンでいけたなっていうのは覚えてます。

お知らせ

\KENJIの部屋パック登場/
◆J SPORTSオンデマンドでは「【期間限定】KENJIの部屋パック」を発売中!
販売価格: 7,200円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の3,600円(税抜)
9月ゲスト・・・羽生結弦選手
10月ゲスト・・・村上大介選手
11月ゲスト・・・小塚崇彦選手
12月ゲスト・・・宮原知子選手

◆新商品発売を記念して、商品ご購入のお客様の中から抽選で10名様に、
宮本賢二さんと9月ゲストの羽生結弦選手のサイン入り写真プレートが当たる
「KENJIの部屋パック プレゼントキャンペーン」実施中!
≫詳しくはコチラ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ