1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

J3第1節 YS横浜×相模原 試合後のYS横浜・進昂平、三沢直人、後藤京介コメント

March 10, 2018 9:15 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニッパツ三ツ沢球技場で行われた
2018 明治安田生命J3リーグ第1節の
Y.S.C.C.横浜×SC相模原は
2-2のドローとなりました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
YS横浜・進昂平、三沢直人、後藤京介のコメントです。


(YS横浜・進昂平)
Q:時間は限られていたと思いますが、どういう指示を受けてピッチに入りましたか?


A:まず「点を取るチャンスもある」ということと、「ゲームをしっかり終わらせろ」と監督から言われて、そこを意識してゲームに入ったんですけど、最後に点を取られて勝ち切れなかったことが一番悔しいです。


Q:実際にピッチに入ってみた感触はいかがでしたか?


A:ちょっとオープンなゲームになっていたので、難しい感じはあったんですけど、裏を取り続けて、自分が時間を作れればと思っていました。何本かそういうシーンはあったんですけど、あそこで自分が決め切れればもっと楽になったので、そこは力不足かなと思います。本当にオープンで、点を取るチャンスもあったので、1本カットインも相手につつかれちゃったんですけど、ああいう所でちゃんと決め切れないといけないなと思います。


Q:開幕戦でゲームに出られたこと自体については、どういう感想を持っていますか?


A:そこに関しては良かったですけど、本当に今日は試合に勝ち切れなかったので、そこがやっぱり一番悔しいです。


Q:ここからはどういうプレーを見せていきたいですか?


A:自分は動き出しの速さが特徴なので、そこからゴールに結び付くプレーをどんどんしていきたいと思います。そこをもっと増やして行けば、チームとしても個人としても、もっと上のレベルでやれると思うので、そこをもっと高めていきたいです。


Q:関東のゲームだったので、友達も見に来てくれていたんじゃないですか?


A:そうですね。本当に応援してくれている人がたくさんいたので、結果で応えたかったですけど、悔しいです。応援してくれている人のために結果で応えたいです。もうそれだけです。


(YS横浜・三沢直人)
Q:Jリーグデビュー戦の感想はいかがですか?


A:特に緊張感はなかったですけど、もっとボールに絡みたかったです。自分がちょっとビビっていたんですかね。久々にこの雰囲気の中でやったので、その部分はあったかもしれないです。ちょっとミスが多かったです。


Q:セットプレーのキッカーも任されていましたね。


A:たぶん蹴る人がいないから自分だったのかなと(笑) ちょっと精度があるくらいです。自分のボールで誰かが決めてくれるというのが大事なので、そういうボールを蹴りたいと思っていました。


Q:後半は反転シュートもありましたね。


A:振り向きざまに反転して、すぐガムシャラに打ったんですけど、全然違う所に行っちゃいました。もう感覚で蹴っちゃいました。


Q:惜しいボレーもありました。


A:アレは最悪です。ボレーは得意な形だったんですけど、力んじゃいました。パスを出してくれたアキさん(吉田明生)と目が合って、「もうこれ来るな」と思って大回りにファーに入って、メチャクチャ良いボールが来たのに。メチャクチャ悔いが残ります。


Q:2-2という結果に関してはいかがですか?


A:やっぱり勝ちたかったですね。スタートダッシュという意味でも勝ち点3を取りたかったです。ホームでの勝ちを増やすのがチームの目標なので、今日勝てなかったのは本当に悔しいです。


Q:Jリーガーとしての第一歩を踏み出した感想はありますか?


A:特にないです。緊張もしないタイプなので(笑) 小さい頃からの夢はJリーガーでしたけど、これからも上に上がるためにガムシャラにやっていくだけですね。


Q:試合に出た今、次のステップはどういう所に置いていますか?


A:やっぱりゴールに絡むプレーというのをもっと多くしていって、その中で精度を上げていって、点を取らせる選手になれないと上には行けないかなと思います。


Q:その"上"という部分を目指すには、どういう部分がこれから必要になってくると思いますか?


A:結果ですよね。チームの結果もそうですし、自分の目に見える結果も出さないといけないと思います。新加入でスタメンで出ていたのも自分だけで、少なからず期待はされていると思うので、応えていきたいですね。


Q:次節もホームゲームですが、意気込みはいかがですか?

A:次も使ってもらえたら、また今回の反省を生かして、点に絡むプレーをしたいですね。


(YS横浜・後藤京介)
Q:ゲームについてはいかがでしたか?


A:前半は耐える時間があって、相手の押し込んでくるサッカーに対して、ウチがどうしようかというのをずっと考えてながらやっていて、ある程度下がった位置でボールをもらって、落ち着かせようかなというのは思っていました。でも、それで前半は耐えられて、後半は追い風になった分、自分たちでハーフタイムに「シュートをみんなで打とう」という話をしたり、もっと相手の嫌がることをしようかなというのは個人的に思って、自分が下がって受けることによってそれができるんだったら良いのかなという想いで、下がってプレーしました。後半は自分の判断で下がって、(小澤)光さんの横を使われたくないことと、相手も放り込んできたので、あそこは下がって、どちらかと言うともうスペースを消した状態でセカンドボールを拾おうかなということで、監督に「ダブルボランチでやらせてください」と言いました。そこでちょっと後手を踏んじゃったのかなというのもありますけど、あとは俺のミスが最後の最後に出ちゃったので、今日は俺のせいで引き分けたという、そこは責任を感じています。


Q:2点目に繋がったクロスは良いボールでしたね。


A:そうですね。今日は「シュートコーナーをやろう」というルールがチームの中にあって、その中で相手の出方を見て、下げるフリをしたら空いたから、そこは「仕掛けよう」と思って、中を見て、(西山)雄介がいたので、あの間に速いボールを入れようと。蹴った瞬間に雄介が入っていていたので、そこはもう「入ったな」というのは蹴った瞬間に結構確信がありました。あれはもう結構パーフェクトなボールで、雄介も突っ込んできてくれていたので、そこは気持ち良かったですね。


Q:前半終盤の奥田(晃也)選手に出したスルーパスも良かったですね。


A:相手の特徴とか、ウチの特徴を考えた上で選択したボールだったので、結構自分の中では満足の行くボールでした。


Q:早く試合がしたいと気持ちがはやっていたと思いますが、実際にやってみていかがでしたか?


A:今日やってみて、最初は相手もボールを蹴ってきたり、ウチもそれに合わせちゃった部分もあったり、そのへんの初戦の硬さとか凄く感じました。「やっぱり公式戦だな」というのはやっていて感じて、その中で落ち着かせないとというのは、自分の中でずっと思っていて。でも、なかなか落ち着かせる時間ができるのが遅かったというのもあって、そこも次に繋げていかないといけないのかなと思います。


Q:チームの中で自分が中心になって引っ張っていこうという気持ちは強いですか?


A:今、(辻)正男さんもいない分、個人としてもチームとしても大きくならないといけないし、もっと成長していかないといけないと思っていて、そこは自分にも厳しくしていかないといけないのかなとは思います。去年も言っていたんですけど、できるプレーとできないプレーはある中で、もっとできるプレーを確実にミスなくやらないといけないし、できない部分は練習からやっていって、もっともっと上のレベルを目指してやっていかないと、今のままのレベルでやっていたら、成長していかないとは思うので、試合をやりながらできる部分に自信を付けていきたいし、できないことには練習から取り組んでいきたいなと思います。


Q:左足には自信がありますよね?


A:そうですね。カテゴリーは違っても、J1、J2にも左利きの選手がたくさんいる中で、自分のキックには自信を持っていますし、その部分では誰にも負けたくないというのは昔から思っています。でも、今日は個人的にも最後にミスしてしまったので、自分のアシストよりもチームが勝ち点3を1にしてしまったのは、凄く責任を感じていますし、僕が中心になっていくのであれば、ああいうミスをしていたら勝てるチームにならないし、上を目指して行けないと思うので、そのへんにこだわってやっていきたいですね。


Q:辻選手がいないということについても、チームも含めて思う所はありますよね?


A:そうですね。僕は今年YSに残ったのは正男さんがいるということもあったので、一緒にやって上を目指すという気持ちがあった分、本当に個人的には凄くショックでした。でも、いないのは事実ですし、あと半年近くいない分、勝てなかったですけど、こうやってチームはある程度良い形でスタートを切れたのかなと思います。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.