1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

J2第14節 千葉×金沢 試合後の金沢・森下仁之監督会見コメント

May 17, 2015 9:16 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フクダ電子アリーナで行われた
2015 明治安田生命J2リーグ第14節の
ジェフユナイテッド千葉×ツエーゲン金沢は1-1のドローとなりました。
以下、試合後の記者会見における
金沢・森下仁之監督のコメントです。


(金沢・森下仁之監督)
まず私たちにとっては非常に大きな勝ち点1だったなと。
本当にジェフさんはサイドに人数を掛けてきて
幅をうまく使いながら、自分たちの4-4の8人のラインを広げられて
入れてこられた所で、多少セカンドボールなりを収められた所で
非常に前半苦しい中でも集中してゼロで抑えたことは
1つ最後にこうやってもつれた要因になったかなと。
失点した後にジェフさんが多少手堅くゲームを運んでいる所で
ボールを前にあまり運ばなかったり、少しラインを下げてくれた中で
自分たちがそこは運べると思っていたので
中盤の選手も含めて少しボールを持てる選手を投入した中で
間、間をうまく取れればなということで
最後にそれが得点に繋がったのかなと。
得点した辻正男選手はずっとなかなかケガから出場機会がなくて
彼がそういった中でもずっと努力してきた中で
今日1つ大きな仕事をしてくれたことは
今後チームがさらに残留に向けてやっていく中で
非常に大きかったんじゃないかなという風に思います。
本当にこの素晴らしいスタジアムの雰囲気の中で
アウェイですけど良いゲームをやってくれた選手たちに本当に感謝します。


Q、これで日程の3分の1を終わりましたが、ここまでの成果はいかがでしょうか?


A、もう出来過ぎといったら選手に怒られますけど
本当に思ったよりもより多くの勝ち点を積み上げられているので
何も言うことはないというか。
ただ、この勢いというのを自分たちから失くさないように
ずっと続けてやっていきたいと思います。


Q、失点もリーグで一番少ないですが、その堅い守りについてはいかがでしょう?


A、うーん... そうですねえ...
まあ形で守っている訳じゃなくて、チームで11人の約束事の中で
CB、ボランチを中心に1人1人が状況に合わせて
自分たちの距離感の中で非常にポジショニングやボール奪取も含めて
良くやってくれているという風に思います。
本当に選手1人ずつの力だと思います。


Q、大槻選手は失点前から準備していましたが、
失点していなければ違う交替があったのか、
失点を受けての交替だったのか、どちらでしょうか?


A、金子とは交替のタイミングだけでした。
0-0の中で入れるのと、スコアが動いた中で
またさらに自分たちがバタバタした中で
たぶん1点取ってジェフさんもさらに勢いが増して
自分たちがさらにバタバタする中で1人替えた時に
またさらに自分たちがバタつくのが嫌だったので
少し状況を見てから、落ち着いてからもう1回入れ直そうということで
ちょっと待ったという所で、ちょっとタイミングを遅らせただけです。


Q、みんな「金沢なんてチームが強いはずがない」ということで、
全体としては「あそこは堅守速攻だろう」と。
「引いて守ってカウンターで、ツキにも恵まれて勝っているんじゃないの?」
みたいなことをよく言われていて、
私がテレビで見ていてもそういうシーンが2,3回あったんです。
「このチームはこういうもんね」というイメージをずっと持っていたんですけど、
今日見たら「全然違ったな」と思ったんです。
「とても良いチームになっているな」と思ったんですけど
そういう世間の誤解と「俺たちは違うぞ」という所を主張して欲しいのですが。


A、褒めていただいているんですよね?(笑)
それに関しては「ありがとうございます」だけでいいような気もするんですけど(笑)
たぶんハイライトとかで得点シーンがリスタートが多かったりとか
カウンターの所があったり、たぶんそういった所が切り取られていて
ああやって多少中盤の選手が良い距離感でボールを運んでいる所は
なかなか1試合を見ていないとわからないですよね。
たぶんそういう所のイメージもあるし、
自分たちはブロックを作って前に出ていく所を柱でやっているので
そこについてはどんな風に言われていても「その通りだな」と思います。
基本的にはトレーニングは攻撃のトレーニングが多いですし
中盤でボールを持てる選手がたくさんいます。
実際に持てばしっかり技術的には高い選手が中盤の選手は多いので、
まあ形としてはチーム力という中でこのJ2を戦う上で
堅守とカウンター、リスタートというのは1セットだと思っていますけど、
そこをしっかりベースにしたいと。
ただ、それだけじゃない部分では日頃から練習をやっているので。
ただ、別に大きく声を張って
「そうじゃないよ」とは言わない方が僕はありがたいなと。
「それしかないよ」とみんなに思われている方が本当に良いので、はい。


Q、ジェフの先制ゴールはカウンターで決められましたが、あの時の気持ちはどうですか?


A、いや、やられるならカウンターだと思っていたので。
形はちょっと違いますけど、
中盤でパウリーニョ選手か誰かにボールをかっさらわれて
出て行く時にクロスカウンターというか、さらにカウンターになった所で
やられるんじゃないかと、今日はそこが一番怖かったんですけど、
先制された中で自分たちがどうやってラインをもう1つ上げたり
また違う守備の中で前からプレッシャーを掛けるのかも1つは持っているので
それは慌てずに最後までやってくれたなというのは思っています。


以上になります。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.