1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

September 20, 2017 3:10 PM /

Week 6 - 発音シリーズを本番に

benFoot.pngのサムネール画像のサムネール画像
Week 6 - 発音シリーズを本番に

はじめに
●『Foot!』公式ツイッターの人気コーナー、発音シリーズ!
●選手やチーム名の発音が気になる、視聴者の方が多いようだ。
●ベンも、頭の中にある名前を、解説時や『Foot!』時に日本語へコンバートすることに苦労することがしばしばある。
●だから、幾つかのパートに分けて、幾つかの事例を取り上げて、幾つかの難しい名前とその理由を紹介していきたいと思います!


前提
●どの国やどの言葉であっても、人名や地名など、訳さない・訳せない固有名詞の発音が難しく、完璧にはできないことが普通だ。
●例えば、「野村明弘」と「Akihiro Nomura」。
●イギリス人で真面目な人ができるだけ丁寧に発音しても、日本語を知らない限り、
「野村明弘」を日本語と同じ発音で言えるわけがない。
●特に、「r」の部分は日本語の「ラリルレロ」ではなく、英語の「r」になってしまう。
●しかし、そこは避けられないことだ。
●それぞれの母語に存在する「音素」が異なっているのは仕方がないし、自分の母語に存在しない音素を発音するのは基本的に難しい。
●ベンの場合でも、「Ben Mabley」と「ベン・メイブリー」の発音は全体的に違う。
●一番大きな違いはやはり「l」のところにあるが、
厳密に言えば「Ben」と「ベン」の発音まで微妙に違う。
●しかし、そこは細過ぎるし、みんなそれぞれの訛りとアクセントが当然あるわけだ。
●日本語にある「音素」で「Ben」という人を「ベン」と呼べば、十分自然に聞こえるし、
通じないことが一切ないはずだ。
●自分の母語に存在しない音素が発音できないのは、避けられないことだし、避けなくて良いことだと思う!

しかし、ここはおかしいぞ!と思わされる名前の発音がたくさんある!



事例1: Andros Townsend

カタカナ表記が確かに統一されていないが...
●名字の「Townsend」について、
「タウンゼント」や「タウンゼン」という、複数のカタカナ表記があるよね。
●どちらに統一したほうが良いか、と『Foot!』のスタッフに問い合わせされたこともある。
●さて、どっちなのか?
タウンゼント?
タウンゼン?
●正解は、どちらでも無いぞ!
どちらも間違っていて、ネイティブの耳ではめっちゃおかしく聞こえる!

問題はどこなの?
●「タウンゼント」と読めば、
「Townsendo」じゃないよ、「Townsend」だよ、と言われる。
その最後にある「o」は要らないよ!
●ただ、「ト」ごと取って、「タウンゼン」と読めば、
「Townsen」じゃないよ、「Townsend」だよ、と言われる。
なんで最後の「d」まで言わないの!

だけど、カタカナ表記ではそのどちらかになるだろう。
避けられないことは仕方がないって、さっき言ってなかった?

ポイント:カタカナは外国の名前を表記するのに全く適していない文字だ!

●私は気をつけて言葉を選んだ。
●自分の母語に存在しない「音素」があれば、仕方がないので、母語に存在して一番近い「音素」で発音しても構わないと思うよ。
●しかし、「音素」と「文字」は違うのだ。
●「文字」の感覚から、「音素」の感覚を分ける必要がある。
●カタカナという文字は確かに音を表す文字だが、これはいわゆる「音節文字」である。
カタカナが表す音は、「音節」である。
●実は「ア・イ・ウ・エ・オ・ヲ・ン」の7文字を除き、日本語のカタカナで表す「音節」はすべて、複数の音素から構成されている。
●基本的に、「子音+母音=2音素」から構成されている。


そう言われても、日本語ではそんな感覚が無いんだけど...
●カタカナ(とひらがな)は確かに、日本語に存在する音を表す為に素晴らしい文字だと思う。
●だが、世界のどの言葉と同じように、日本語の音節も「子音」や「母音」といった「音素」から構成されている点は変わらない。
●日本語にそういう感覚が実はある、という証拠は、五十音図そのものにある!

0015_五十音図.jpg

●「ア・イ・ウ・エ・オ」の「段」と、10の「行」という順にされているのは、元々、母音と子音の音素から構成されている感覚があったからだ。
●日本語では純粋な母音は5つ存在し、子音を言ったら必ずそのどれかが続く為、日本語に存在する音節が分かりやすくて、この音節文字を作ることが可能だった。
●「ア・イ・ウ・エ・オ」の前に /k/ という子音が来たら、「カ・キ・ク・ケ・コ」になる。
●因みに、厳密に言えば各行の子音が完全に統一しているわけではなく、発音記号にすれば「シ・チ・ツ・ヒ・フ」の子音は他の文字とは違うが、これは日本語の細かい点でこれ以上脱線しなくて良いだろう!

まあ、そうだけど...
●確かに、日本人が日本語で話す上で、こういうことを意識する必要が全くないし、意識しないのは当然だ。
●しかし、カタカナという「音節」の感覚で英語を初めとする他の言語を話そうとすると、難があるということはよくご存知だと思う。
●「Ben」と「ベン」、「野村」と「Nomura」のように、それぞれの母語に存在する音素が多少違っていても、そのまま使ってもだいたい通じるだろう。
●ただ、複数の「音素」から成る、「日本語」の音節(=カタカナ)をそのまま発音すると、通じなくなってしまうことが多い。

カタカナ表記が駄目か... じゃあどうすれば良い?
●ちょうどこの前、たまたま面白いことを発見した。
●ベンは現在、CLの仕事でAPOELのことを勉強中。
●APOELはキプロスのチームで、言葉はギリシャ語だから、文字もギリシャ文字になる。
●公式ツイッターの投稿をチェックしていたら、このツイートを見た:


APOEL FC‏Verified account @apoelfcofficial Sep 17
Γυμναστήριο, τρέξιμο και ασκήσεις με μπάλα έκαναν οι Ιωάννου, Εφραίμ και Bertoglio. Πρόγραμμα αποκατάστασης ο Milanov.

●内容は、怪我人4人の情報だった。
●そのうち、キプロス人選手は2人、外国人選手は2人居た。
●キプロス人選手のΙωάννουとΕφραίμはギリシャ文字の表記だ。
●しかし、全体がギリシャ語でギリシャ文字にもかかわらず、アルゼンチン人のBertoglioとブルガリア人のMilanovはローマ字の表記だ!

●これと同様に、日本語の文章の中でも外国人の名前を、ローマ字で表すことは不可能ではないだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

10/9~10/13のFoot!


blog_Mon.jpg

【10/9】MC:西岡明彦 コメンテーター:木崎伸也、菅原慎吾
月曜は週末に行われたプレミアリーグのハイライトを中心にお届け!
▽ロシアワールドカップ 欧州予選
▽木崎さんのブンデスリーガ・トピックス
―選手の学歴
▽ブンデスリーガ ジャーナリストインタビュー
―不振のバイエルンについて
▽ペップ・グアルディオラ スペシャルインタビュー


blog_Tue.jpg

【10/10】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日はベン・メイブリー氏を迎え、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽2シーズン目を迎えた モウ・ユナイテッド
―昨シーズンと最も変わった点は!?
▽Foot! Off The Pitch
―イングランド代表を巡って、55の飽き飽きする決まり文句


blog_Wed.jpg

【10/11】MC:下田恒幸 ゲスト:柱谷幸一
▽今回のFoot!WEDNESDAYは、柱谷幸一さんをゲストにお迎えし、ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)のテクニックをマニアックに分析&解説します!


blog_Thu.jpg

【10/12】コメンテーター:平畠啓史 ワッキー(ペナルティ)
▽J1はお休みなのでJ2特集:新監督を迎え魅力的なサッカーをみせる徳島ヴォルティスに平畠さんが直撃
―大学でスポーツ科学を学んだのち指導者への道を選んだ異色の経歴リカルド・ロドリゲス監督インタビュー
―キャプテンとしてチームを引っ張る岩尾選手のインタビュー
―現在得点ランキング2位!渡選手のインタビュー


blog_Fri.jpg

【10/13】ゲスト:亘崇詞(岡山湯郷Bell 監督)&マリーニョ(元フットサル日本代表)
▽今回のFoot!FRIDAYは、南米事情に詳しいお二人をゲストに迎えW杯南米予選をたっぷりと語ってもらいます!




※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から15年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.