本大会での初優勝を狙った羽生結弦の前に立ち塞がったのは、「ジャンプ・マシーン」こと、ネイサン・チェンだった。4回転ジャンプを5回成功させるなど、17歳とは思えない圧巻の演技を披露。今季シニア・デビューを果たしたばかりにも関わらず、フィギュア史上3人目の300点越えを果たし、シニア・メジャー大会優勝をも手にしたネイサン・チェン。「ショウマ(宇野)やボーヤン(ジン)と一緒に切磋琢磨してきたのが今に繋がっていると思う」と話した。銀メダルに終わった羽生は「表彰式ではやはり羨ましくて勝ちたかったと思ったが、彼の勝利を心から祝福している」とコメントし、笑顔の中にも悔しさを滲ませた。

1位 ネイサン・チェン/307.46(SP:103.12/1位、FS:204.34/2位)

<SP>今晩の結果にはとても満足している。少し前の全米選手権の時と同じような高い点数を国際大会でも出せることが確認できた。GPF・全米での成功を経て、自信をもってこの大会に臨めた。

<FS>率直に、金メダルが取れてとても嬉しい。男子はユヅ(羽生)が、全てのレベルを総合的に押し上げた。その時まだジュニアだったショウマ(宇野)やボーヤン(ジン)と一緒にその飛躍を見ながら切磋琢磨してきたのが今に繋がっていると思う。

2位 羽生 結弦/303.71(SP:97.04/3位、FS:206.67/1位)

<SP>4回転サルコウのミスが残念だったが、表現面では観客とうまく繋がることできたと思う。たくさんの温かい応援に後押ししてもらえた。(ネイサンの得点は)恐らくコーチがブロックしてくれていたので知らなかった。

<FS>正直、勝ちたかった。四大陸はこれで3回目の銀メダルだが、今回が一番楽しかった。ネイサンが私に言及してくれた事には感謝しているが、全員でレベルを高められていると思う。表彰式ではやはり羨ましくて勝ちたかったと思ったが、彼の勝利を心から祝福している。

お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権2017【インタビュー&記者会見 拡大版】
平昌五輪のテスト大会を選手のコメントから振り返る
<放送>
男子SP:03月06日 (月) 午後06:00〜午後11:20
男子FS:03月07日 (火) 午後06:00〜午後11:20
女子SP:03月08日 (水) 午後05:30〜午後11:20
女子FS:03月09日 (木) 午後06:00〜午後11:20
アイスダンスSD:03月13日 (月) 午後04:30〜午後08:00
アイスダンスFD:03月13日 (月) 午後08:00〜深夜 00:00
ペアSP:03月14日 (火) 午後03:30〜午後06:30
ペアFS:03月14日 (火) 午後06:30〜午後10:30
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ