去る1月20日-23日の日程で宇都宮市スケートセンターにて開催された、全国高等学校スケート競技選手権大会(インターハイ)。活躍した入賞選手について、女子選手をご紹介しする。

優勝 : 三原舞依

三原舞依

「初めてのインターハイで優勝できて嬉しい」。
演技後、彼女の第一声だ。現在高校2年生の三原選手だが、昨年のこの時期は関節の病気のため療養中で、インターハイに出場することが叶わなかったのだ。彼女は既にシニアに昇格しており、しかも四大陸選手権、世界選手権の代表に選ばれている。インターハイはジュニア課題で行われる大会であり、プログラムの作り直しが必要になるため通常ならば出場を辞退することも十分にあり得るケースだが、彼女はそれを押して出場に踏み切った。「ジュニア課題に戻すことは大変でしたが、その大変なことが出来ていることで、スケートが出来ているんだという実感が湧いて幸せだと感じています」。応援してくれている学校のためにも出場したかったのだという。
「病気から立ち直って、こうして人前で滑れていることが幸せです」。
取材の中で、そう何度も口にした。感謝の思いを込め、演じるスケート。心に響く演技で万雷の拍手を受けた。

2位 : 坂本花織

坂本花織

ショートプログラムでは1位スタート。しかしフリー演技では彼女らしからぬミスがあり、2位に留まった。ミスをした後のリカバリーがうまく行かなかったことに悔いが残ったようだ。 「舞依ちゃんの後に滑ったことが緊張の元になりました」。
抽選で三原舞依の後の滑走順を引いた時から緊張を覚えていたという。シーズン序盤は怖いもの知らずの気持ちで臨めていたのだが、全日本ジュニア選手権で優勝してからは再び緊張を覚えるようになり、ここ数試合は思うような演技が出来ていないと語る。ただその能力の高さは疑いようのないところ。急きょ出場が決まった冬季アジア大会での巻き返しを期待したい。



お知らせ

◆ISU四大陸フィギュアスケート選手権 2017
男女シングル、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全種目・全滑走放送
<放送>
女子SP:2月22日 (水) 午後6:00〜
女子FS:2月24日 (金) 深夜 6:00〜
男子SP:2月23日 (木) 午後6:00〜
男子FS:2月25日 (土) 午後 6:00〜
ペアSP:2月20日 (月) 午後8:00〜
ペアFS:2月21日 (火) 深夜 7:30〜
アイスダンスSD:2月20日 (月) 午後5:00〜
アイスダンスFD:2月21日 (火) 午後4:00〜
詳細は特集ページで≫

☐ お申し込み
テレビで見るなら「スカパー!」 詳しくはこちら≫
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」 詳しくはこちら≫

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ