1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

J2第13節 千葉×長崎 試合後の長崎・高木琢也監督会見コメント

May 14, 2017 12:33 AM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フクダ電子アリーナで行われた
2017 明治安田生命J2リーグ第13節の
ジェフユナイテッド千葉×V・ファーレン長崎は
5-0で千葉が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
長崎・高木琢也監督のコメントです。


(長崎・高木琢也監督)
天候が悪い中で長崎からも、また東京の近郊から駆け付けて下さったサポーターの皆さんには、非常に申し訳ない試合をしてしまったなという気持ちでいっぱいです。まず、自分の心情としてはそういったものと、それともちろん選手に対しても「もう少し何かできたかな」というふうな自分への反省も非常にあります。ゲームの方は、たぶんスカウティング映像等々を見ていく中でも、千葉さんは前節敗れているということを感じられるようなゲームの入りとか、ゲームだったなという印象は非常にあります。最終ラインであまりボールを回さずに、とにかくターゲットマンにボールを入れて何とかしようと。そこに対しての対応が最終ラインで悪かった所で、セカンドボールや前への推進力というのが千葉さんが非常にあったということが、今日の中での一番の違いかなと。そしてこういう結果に繋がってしまったのかなと。結果に関しては、もうこれはしょうがないことなので、この5-0という数字を残りの試合の中で何とか返していかなければいけないので、あとはもう連戦ですし、気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。以上です。


Q:5-0というスコアはチームの最多失点になると思うのですが、その部分についてはいかがですか?


A:「その部分について」ですか?ゼロになるんだったらして下さい(笑) そうはならないので、さっきも言いましたけど、それを残りの試合で借金を返すようなものですよね。結構高い利率だったので(笑)、何とか安い所から借りて、という訳にはいかないんですけど、しっかり自分たちでアイデアを出して、何か儲かるような仕事をしないといけないということだと思います。


Q:意図した守備の所がうまくいかなかった部分もあったでしょうか?


A:そうですね。前線の3人が幅を取る、要するに船山(貴之)選手とか清武(功暉)選手が幅を取るので、そこは「スライドをしなさい」という予定だったし、話ではあったんですけど、やっぱりスライドできなかったですよね。ディフェンスの中で。なので、その手前の選手が空いてしまって、そこから例えば中盤の3枚のアランダ選手とかがちょっと関わるようになっていく中で、どんどん下がるようになってしまったと。今日の守備の一番のポイントは、そのスライドができるかという所が実はあったんですけども、その一番にテーマとして挙げた守備ができなかったので、そのあとはちょっとズルズル下がってしまって、どうすることもできなかったかなというのはあります。


Q:スライドというお話がありましたが、清武選手にやられてしまった部分があったと思います。そのあたりはいかがですか?


A:彼に関してはやっぱりクオリティの高い選手だと思いますけど、我々の方がちょっと攻められなかった分、彼に攻撃のエリアとか攻撃の時間がずっとあったということです。本来はそちらのサイドはやっぱり突破したいというような意図はありました。だけど、その中でディフェンス面に関しては、清武選手は例えば数値で言うと、やはりディフェンスの数値は低いと思います。だからこそ、そこは何とか我々がボールを運びたかったという所があったんですけど、結局我々の方が攻めることができなかったので、その数値がどんどん高くなってしまったと。もちろんその中でも、やっぱり彼のプレーというのもだんだん良くなってきて、ノッていったという部分はあったと思いますので、そういった中でそういうような形になってしまったんじゃないかなと思います。


Q:攻められなかったというお話がありましたが、それはターゲットマンに入れられて、どんどん全体が下がらざるを得なくなったことが理由でしょうか?


A:ミスで言うと、長いボールが例えば指宿(洋史)選手に入ってきた時とかでも、やっぱりこういうピッチの中でもしっかりボールを収めるということ、またはセカンドボールを取れて、それを自分たちのボールにしながら攻められたのが千葉さんだと思いますし、ラインが高いじゃないですか。もちろん。そんなのは聞き飽きたと思いますけど(笑)、もちろんそういう手法でやっていく中で、攻められなかったという部分で言うと、やっぱり一発で越えようとしたということですよね。背後に。なので、相手のボールになりますから、その後はまた攻められないという、それの繰り返しだったようなゲームだったと思います。


Q:ファンマ選手がいら立つようなシーンもいくつか見えて、そこのコミュニケーションが難しいかなという感じでしょうか?


A:何ともそれは。彼は見た目は怖いですけど、そんなにワーッとなる選手でないんですが、やっぱりちょっとこうレフェリーのジャッジに関しては、疑問点を持つ選手が非常に多かったと。私も含めてそうですけど、これ以上は何も言えません。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.