1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球
  12. バドミントン
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第30節の
京都サンガ×北海道コンサドーレ札幌は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
札幌・都倉賢、増川隆洋のコメントです。


(札幌・都倉賢)
Q:ゲーム自体の印象はいかがでしたか?


A:ボールを持たされる中で自分たちのテンポを落とされて、相手に網を張られたという部分で、もっと自分たちができることに対してオートマチックにやれることというのを、シンプルにやっても良かったのかなと。まずはサイドからの勝機はありましたし、相手もセンタリングの対応は基本的にそこまで良い訳ではないチームだったので、そこを前半は使いたかったんですけど、やはり持てる分、ツータッチスリータッチと考える中で、結局センタリングを止めて、またサイドを変えてという部分で、あまり相手に脅威を与えられなかったかなと思いますね。結局スライドの速度に勝てなくて、ただ回しているだけになってしまったので、そこでワンタッチとか入りながらサイドチェンジして、センタリングを何本か見せておけば、相手ももっと怖かったと思いますし、もっとラインが下がったらペナルティアークの所が空いて、もっとバイタルをうまく使えたのになと感じながらやっていました。ただ、その途中でチームとしてミスもありましたし、なかなか思うようには行かなかった、自分たちで勝ち点2を取りこぼした試合だったかなと思います。


Q:相手もシステムを変えてかっちりハメてきて、前半はかなり動きの少ない展開でしたね。


A:それが相手の狙いだったので、そういった中で後半は足が残っていましたし、「後半勝負かな」という部分で前半はやっていて、マセードが入ってサイドで1人で時間を創れるようになってからは、割と2人目3人目の形は前半より出ましたけど、その中でサイドからのセンタリングのクオリティのミスだったりが響きましたね。本当にもうちょっとの所で、ラストパスだったり、ラストパスに行く前のプレーだったりのミスというのが、ちょっと多かったですね。そこはクオリティの問題だと思います。


Q:ここから札幌と対戦するチームは、今日の京都のようにかっちりハメに来たりとか、色々な対策を講じてくる中で難しいゲームが増えてくると思いますが、そういう中で昇格争いができていることに関してはいかがですか?


A:もちろんそれは素晴らしいことだと思いますし、そういった中で勝ち抜くことで勝者のメンタリティも付いてくると思いますし、ウチは若いチームで、今は勝ちながら経験を積んで成長しているチームなので、そのあたりはヨモさんも含めたウチのスタッフのスカウティング能力は凄いと思うので、今回久々にサッカーをやってこない相手に対して、また良い宿題をもらったかなと思います。去年だったらこういう展開で1点入れられて負けていたことがあったんですけど、今年はまだこういう試合でも引き分けで終えられて、アウェイでしたし、そのあたりはポジティブに捉えていいのかなと思います。ただ、やはりJ2はこういうリーグだと思うので、しっかり失点はゼロのままで進められれば、ウチの勝機は増えていくと思うので、焦れずにやることという部分と、どこで攻撃の比重を掛けていくかというのを、もっとチームとして徹底したいですね。今日も後ろとか中盤が持てる分、自分たちのテンポでやってしまって、前とのギャップがあったことでのノッキングもあったなと。そのあたりはみんなで今どこを取るのか、ペナ角なのか、サイドなのかをもっと共有して、その中でプレーの目的が決まれば立ち位置とか距離感も決まってくるので、今日はみんなが時間を掛けて探し過ぎて、どこでみんなが狙いたいのかという部分がちょっとブレていましたし、そのあたりだと思いますね。


(札幌・増川隆洋)
Q:カウンターに対する対応はいかがでしたか?


A:そこだけは注意していましたし、僕の役割はそこが一番のメインなので、周りの選手もだいぶ上がる傾向にありましたし、3バックは福森もキク(菊地直哉)もクロスを上げられる位置まで上がっていたので、しっかりボランチと連携して、リスクマネジメントするという所はやっていました。それでも何回か危ないシーンはありましたが、こういう時にしっかりと勝ち切れるようにならないといけないかなと思いますし、アウェイでしたけど今日に関してはアウェイの苦しさもそこまでなかったので、もう少しやれたかなという所が正直な感想です。


Q:京都の3トップはいかがでしたか?


A:エスクデロと堀米の所はボールが入ると怖さはありますし、前を向かせるとこっちとしても後手に回る所はあったので、そこは激しく行こうという所はありましたし、イ・ヨンジェはカウンターの一発目という所で出てくる選手で、そこに関しては僕がメインで付くことになるだろうなというイメージはしていたので、そんなに問題はなかったと思います。ただ、後半は全体の運動量が落ちてきて、バランスが悪くなった時にそこにボールが入る形が何回かあったので、そこに関してはピンチもありましたけど、慌てることもなく、全体でリトリートして対応できたかなと思います。


Q:勝ち点3を何が何でも取るということなら、バランスを崩したり割り切って長いボールで都倉選手を使うこともできたのかなと思いますが、そのあたりの判断はいかがでしたか?


A:僕自身も最後は上がって、リスクを掛けて取りに行きたかったですけど、ああいう展開でこっちが焦れて前に出過ぎて、カウンターで点を取られるというのも避けたかったので、そういう意味ではある程度全体的に重くなってしまったかなと思います。ただ、僕の思う所では前半からもっとリスクを負って前に行けたと思いますし、仕掛けられたと思うので、そういうチャンスも何度かあった中でウチの精度が高くなかったというか、クロスや崩しの連携の部分でももう少しやれたかなと思います。


Q:1本パスカットから左サイドを上がり掛けて、戻ったシーンがあったと思いますが、あそこはバランスを考えた部分もありましたか?


A:アレはあのまま僕が行ったとしても単発の攻撃で終わったでしょうし、それよりも後ろを安定させるというか、僕が後ろにいた方が安定すると思いましたし、しっかりバランスを取って周りの選手が上がる時間を創った方が良いと思ったので、あそこはうまく時間を創れたかなと思います。


Q:前半は動きの少ない展開の中で、もうちょっとリスクを掛けて行っても良かったかなという感覚はあったんですね。


A:そうですね。サイドの所では剥がせていたので、あそこからいかに入っていくかというのがウチの課題だと思います。あそこでなかなか剥がし切れないというか、入り込めない展開が多いですし、結構今年勝っているのは長いボールを多用した展開で、勢いのある形で点は取れるんですけど、結果的に今日みたいに引かれた時に、いかに崩し切れるかという所かなと。そういう所をもっとやれるようになれれば、もっとチームとしても化けられると思いますし、そういうことのできる選手がいると思うので、できないんだったら言わないですし、やれる選手が揃っている分だけ精度を上げて行きたいですし、こういう暑い展開で、連戦で疲れている中でも、フリーになった時にしっかり判断して、どこに付けるか、どういうタイミングで入れるかという所は、しっかり違いとして出していかないと、先がないなと。自分たちは今は良い順位にいますけど、もっと良くしていかないといけないですし、まだまだこんなレベルで満足してはいけないと思うので、もっとチームとしても向上心を持って行きたいですし、自分としてもそういうことを伝えたいという所はありますね。


Q:ここから札幌に対峙するチームは、今日の京都のようにより対策を講じてくるチームが増えるのかなとも思いますが、そういう中で昇格争いができるということは、やりがいのある状況という印象ですか?


A:そうですね。そうやってどこのチームも自分たちとやる時には大一番だと思ってやってくれていますし、そういう風に思われるのは名誉なことだと思いますけど、しっかりとまずは色々な意味で受けないで、しっかりと自分たちの良さを出し切るという部分はもっと必要かなと思いますし、まだまだ上にいますけど、力の部分で見せ付けないといけないかなと思いますので、まだまだ頑張らないといけないと思います。


Q:37歳という年齢に差し掛かるタイミングで、こういう昇格争いができているということに関しては率直にいかがですか?


A:また刺激のある日々を過ごしていますし、やっぱり毎試合毎試合負けられないという想いでやっていますし、これがないと自分としても物足りない日々になると思いますので、そういう意味では凄くやりがいのある日々を過ごしているのかなと思います。もうちょっと長く頑張ってやりたいと思います(笑)


Q:日々サッカーに楽しく取り組めている感じでしょうか?


A:楽しく取り組めている部分もありますし、やっぱりもっと色々な部分で良くなりたいと自分自身も思いますし、チームとしても強くなりたいと思いますし、そこをできるだけ周りの選手もうまく巻き込んで、みんなで良い想いをしたいなと思います。


Q:もう1回J1でやりたいという想いも強いですよね?


A:当然ですね。去年までずっとJ1でやっていましたし、しっかりとまた全員で新たなトライをできるようにしたいですし、J1に上がってからも勝つという喜びを毎週毎週味わえるようにやっていきたいと思うので、だからこそこういう1試合1試合にこだわって頑張っていきたいと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第30節の
京都サンガ×北海道コンサドーレ札幌は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
京都・菅野孝憲のコメントです。


(京都・菅野孝憲)
Q:今日の試合の勝ち点1という結果についてはどういう風に受け止めてらっしゃいますか?


A:勝つチャンスもありましたし、守備に関しては相手の3-4-3にミラーゲームじゃないですけど、僕たちの実力ではまだ4枚であの3トップを止めるというのはできなかったので、そういうのを監督と喋って、そういう意味では凄く良い対応ができたと思います。あとは攻撃の質が低過ぎるし、もちろん僕のキックもそうですけど、もう少しその質を上げられたら、もっともっとチャンスができたのかなと思います。


Q:前半はお互いに動きの少ない展開だったのは、今日のゲームを考えるとある程度は狙い通りですか?


A:いえ、もっと積極的に奪いに行きたかったんですけど、走れないのか走らないのか、そこは「もっと危機感を持ってやらないといけないのにな」と思いながら、「何でこんなにスローテンポなのかな?」と思いながら、アレは狙ってはいなかったですね。僕たちがもっともっと主導権を握って、前からガンガン行く予定だったんですけど、それが全然できていなかったので残念な前半でした。


Q:逆に札幌もギアが上がらないように見えましたが、そのあたりはどのように感じていましたか?


A:やっぱり暑さもあるでしょうけど、J2のレベルだとマッチアップしてミラーゲームにしてしまえば、そんなに大きく崩せないというか、臨機応変にできる選手もそこまで多くないので、そういう所で本当に相手のことを研究して、相手の良さというのはある程度消せたのかなと思います。その中で僕たちがもっと一歩上に行きたいのであれば、選手それぞれ1人1人がもっと臨機応変にそこの違いを見せられたら、もっともっと楽しいゲームになったのかなと思います。それは戦術的なことではなくて、個人的な部分で反省する所は多いかなと思います。今日の試合は特にそう思いますね。


Q:今日のシステムはオプションというか、戦術の幅が広がったという印象でしょうか?


A:シーズン前は3枚で行く予定だったので、その中で僕も凄く手応えを掴んでいましたし、守備陣もそういう意味では手応えを掴んでいた中で、あまりそれを使う場面はなかったので、そういう中でこうやってその機会が来ても別に焦らず、みんなできたのかなと思います。やっぱり守備はできるんですけど、攻撃の質だと思うんですよね。たぶんある程度守ることはできると思いますけど、攻撃になった時に奪った後の1本目のパスだったり、ちょっと相手がプレスに来た時にいなせたりという個人の能力や、ボールを持っていない選手が怖がらずに間に顔を出したり、そういう所の差が試合を通して安定感を欠くというか、要は個なので、そういう所をもっと上げて行きたいなと思います。


Q:リーグ戦が20日間空くということで、この20日間でできることはどういうことでしょうか?


A:もちろん天皇杯もそうですし、目の前の試合には一番コンディションの良い選手が出るべきだと思いますし、それでこの2週間をみんなが休みだと思うか、本当にまた競争が始まって、1日1日どれだけ緊張感を持って競争できるか、そういう空気を選手の中でも作らなくてはいけないですよね。このチームは競争がなさ過ぎるので、本当にフレッシュで走れる選手がグラウンドに立たないといけないし、そういう所がJ1に上がれるクラブと上がれないクラブの大きな差になっていくと思います。


Q:加入1年目でキャプテンとして、こういう昇格争いに身を置けるということは率直にいかがですか?


A:幸せですよね。新しいチャレンジをしている中で。でも、本当に絶対に上がらなくていけないプレッシャーがあるので、そういうプレッシャーも楽しんでいますし、その中でどれだけ自分のことは何ができるかと。本当に色々なことをやろうとしてしまうので、それで自分のリズムを崩さないように意識していますけど、自分にできることというのは小さなことですし、11分の1以上の存在になってはいけないし、絶対に勘違いをしてはいけないので、そういう所はちゃんと監督をリスペクトして、コミュニケーションを取っていきたいです。もっともっと選手たちも自分にプレッシャーを掛けないといけないし、もっとできることはグラウンドでもグラウンド外でもあるので、ここがJ2だということをみんな忘れてはいけないし、来年上がるとか再来年上がるとかじゃなくて、今のチャンスを掴むか掴まないかで、目の前のシーズンで上がるだけで人生が大きく変わるということを、もう1回みんなが意識するべきですね。もうあと12試合しかないので、すべてをグラウンドでサッカーに捧げられれば、神様は味方してくれると思いますし、勝負事なので運もあると思うので、そういうものを引き寄せられるような日頃の行いも含めて、そういう緊張感を出していきたいなと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第30節の
京都サンガ×北海道コンサドーレ札幌は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後の記者会見における
札幌・四方田修平監督のコメントです。


(札幌・四方田修平監督)
まずアウェイで難しいゲームになると思っていたんですけど、京都が3バックにフォーメーションを合わせてきたことで、非常に難しいゲームになりました。前半は攻めあぐねて、うまくチャンスを創ることができなかったんですけど、後半はマセードも入れて... 何か凄い"エコー"が効いてますね(笑)
(注・会見場のマイクがかなり反響して"エコー"が効いていたため)
後半はマセードを入れて、少し組み立ての所でボールが動くようになったことで、少しチャンスを創れるようになったと思います。ただ、最後の所のシュートがなかなか入らず、得点はできなかったんですけど、何回か受けたカウンターの中でも最後に体を張ってくれて、無失点に抑えてくれたことで、最低限の勝ち点1を取ることができたかなという風に思います。また試合は続くので、熊本戦に切り替えて頑張って行きたいと思います。以上です。


Q:今日は京都がしっかり対応してきて、札幌の良さを消したのかなという印象もありますが、そうなった時にどう攻めるのかという部分に関してはいかがでしたでしょうか?


A:ゴールはなかったですけど、後半に関してはチャンスを創ることはできていたので、特に悲観はしていませんし、要は下がられた時にどう攻めるかという意味では、非常に難しいシチュエーションだったと思うんですけど、後半の内容に関してはポジティブに捉えています。


Q:マセード選手は累積明けで今回スタメンを外れた理由と、後半のスタートから起用した理由を教えていただけますか?


A:経験したことがない暑さになる可能性があるということと、あとはチーム全体で90分をどう3枠の交替の中で回していくかという部分で、全体的なバランスを考えて、マセードは後半に取っておきました。


Q:小野選手を投入した意図と、その効果を教えていただけますか?


A:中盤で効果的にボールを引き出しながら、ジュリーニョと都倉を生かしてチャンスを創って欲しかったんですけど、短い時間の中で本人のシュートもありましたし、ラストパスも何回かあったと思うので、良い働きをしてくれたという風に思っています。


Q:0点に抑えたということで守備の良さが目立ったように見えましたが、そのあたりはいかがでしょうか?


A:相手の3トップは非常に強烈だという風に考えていたので、チーム全体で守ることが大事だという風に考えていて、高い守備意識は今までやってきたことを継続して、今日も出して抑えてくれたと思いますし、自滅からカウンターを受けた場面では少し危ない場面もあったんですけど、個人とグループの所でしっかり対応してくれたと思いますし、最後は(ク・)ソンユンのプレーも含めて、無失点に繋がったと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた
2016 明治安田生命J2リーグ第30節の
京都サンガ×北海道コンサドーレ札幌は
0-0のドローとなりました。
以下、試合後の記者会見における
京都・石丸清隆監督のコメントです。


(京都・石丸清隆監督)
ホームで勝利ができなかったことというのは非常に残念ですけど、選手は新しいシステムというか、それにトライして非常に良く最後まで頑張ってくれたという風に思います。少し前半は後ろ重心というか、ちょっと慣れないせいもあって、少しラインが上がらなかったという所で、前半はかなりシンドイ展開にはなってしまいましたが、後半はもう少しボールに対してプレッシャーを掛けに行こうという所からスタートして、少ないチャンスを何とか勝ちに繋げたかったですけど、少し全体的には前半よりアグレッシブになったかなという印象です。そこで最後にバランスと点を取りに行くという選択の中で、結果的に4バックにしてやったんですけど、こちらからバランスを崩したという所もあった中で、逆にかなり危ないシーンもあったので、そこらへんはまた考え直さなくてはいけないなと思います。ただ、首位相手に選手は本当に良く頑張ってくれたという印象です。以上です。


Q:スタートからの3バックは3節以来だったと思うんですけど、その狙いと、結構リトリートしている場面が多かったと思いますが、勝ち点1という所を重視されたのか、それとも勝ちに行ったのかというゲームプランを教えていただけますか?


A:まず勝ち点1を取りに行くということは考えていないんですけど、始めの内に失点をするとかなりシンドイという、先制点を取られるとほぼ相手が90何パーセントで勝つという所のデータからすると、まず初めのゲームプランとしてはやられない所からスタートして、前の3トップがかなり強烈なものですから、ウチの4バックのスライドと前線からのプレッシャーの掛け方というのが、若干間に合わないのかなという所から、今回3バックを敷くという所を決断したので、それが引き分け狙いという所ではないです。その中でも勝機は絶対にあると思っていたので、その中で見い出せるものというのがあると思っていて、相手のプレッシャーもそこまで強くないという所もありましたし、攻撃の形的には若干人が変わるので、ちょっと攻撃のパワーがないなという所はあるかもしれないですけど、そこらへんは何とか少ないチャンスの中で、攻撃的な選手を入れていくという所の中で、後半はバランス的にそこまで悪くなかったので、若干替えにくいという部分はありましたけど、もう少し点を取りに行く形というのを準備しないといけないという所は、今日はあったかなという風には思います。ただ、勝ち点1を取りに行ったという訳ではないです。


Q:ビルドアップの所でお伺いしたいのですが、相手の3トッププラスワイドの所のプレスもあって、後ろから組み立てる所で手を焼いた印象もありますが、そのあたりの評価はいかがでしょうか?


A:そこらへんの所では指示はしていたんですけど、若干試合になってみると見える背景がちょっと違うのかなという部分で、ちょっと消極的だったり、ポジションの取り方がちょっと遅いなという部分があったので、少しだけ後半のボランチの立ち位置を変えたりしました。その堀米とセル(エスクデロ)と(イ・)ヨンジェとの距離感が前半はかなり遠かったので、その距離感をもう少し縮めるという作業をしながら、後半は少しだけですけど(佐藤)健太郎にもボールが入るようになりましたし、相手のボランチの脇にもボールが少し入るようになったかなと。そこらへんは普段からやっていることなので、ちょっと不慣れな部分でその判断が少し全体的に遅れたのかなという部分はやむを得ないかと思うので、今回こういう風にやると決めたのも僕なので、選手がそこに対して今後ストレスが掛からないようにしながら、ゲームプランなりシステムを考えていきたいと思います。


Q:守備に関してはどういう評価をされていますか?


A:先ほどちょっと話したんですけど、前半はかなり後ろ重心になったかなと。後ろで余っているシーンが結構あって、サイドハーフとシャドーの選手が振られるシーンというのが結構あったと思うんですね。そこらへんを怖がらずに、もう少し余っている選手がどんどん捕まえに行くという所は、このシステムに限って言えばもっとやっていいのかなという部分があるので、1枚で限定していくという難しさももちろんありますし、そこらへんは後ろの選手がもう少し自分たちからアクションして、捕まえに行くという作業をすればもう少しハマったかなという印象はあります。


Q:無失点で札幌相手に抑えたということに関しては、どのように受け止めてらっしゃいますか?


A:ゼロで抑えたというのは大きいんですけど、先ほど言いましたように、勝ちに行くという所で言えば勝てていないので、そこらへんの攻守の繋がりの所で考えると、少し守備的な形になってしまったというのは、ある程度その中ではプランでもあったんですけど、点を取れなかったというのは残念ですね。


Q:首位チーム相手のホームで勝ち点1という結果については、どのように受け止められていますか?


A:それは次のゲームに勝っていくということにならないと、あまり勝ち点1を積み上げていくということが今の狙いではないので、そこらへんはしっかり次に勝てば意味のあるものになると思うので、ここはもちろん負けよりも引き分けの方が全然前向きでいいんですけど、このシステムの中でもそうですし、色々なオプションを持ちながらでも勝てるチームになっていくということが、上に行けるものだと考えているので、常に同じことをずっとやっているだけじゃなくて、この中からでも勝機を見い出して違うものを、もっと幅のあるチームを作っていきたいとは思います。


Q:今回の3バックは残り12試合を戦う上で、1つのオプションになったと考えてらっしゃるのかということと、高橋選手ではなくて染谷選手が入った理由を教えていただけますか?


A:今後システム的には十分オプションになり得るのかなと思います。それはゲームの途中かもしれないですし、始めからやるかもしれないですし、相手によってもまたそういう状況もあり得るかもしれないので、なおかつそれが攻撃的にできる部分もあるし、守備的にできる部分もこのシステムには両方あると思うので、今までのシステムと併用しながら、その中でできる選手で一番ベストなのは何なのかというのを常に考えて、やっていきたいなという風に思っています。祐治に関して言えば、前日に急にちょっと痛みがある部分に出てしまったので、そこはしょうがないという所ですね。前々日までは一緒にトレーニングしていたんですけど、前日に急遽不具合が出てしまったので、別にこれは彼が何かしたという訳ではないです(笑)


Q:3バックから4バックに変えられたのはどのタイミングでしょうか?


A:たぶんあのままやっていたら、0-0というのはある程度見えていた部分もあるし、あとは高さの部分でキロスを出す時に、どうしても中盤の枚数を削るのか、後ろの枚数を削るのかという部分で、その判断的には少し遅くなったのが、全体的になかなか意思として伝わらなかったかなと。それがかなりギャンブルになるというか、それがあまりにも長かったら逆に失点してしまうという所も少しあったので、それがまたキロスが入ったことによって、全体的に誰がどの立ち位置にというのが、また正確に伝わっていなかったのが今日もあったような気がするので、そこらへんはまた反省材料かなと思います。もう少し早ければセットプレーとか色々間に合ったかもしれないんですけど、そこらへんは僕の判断が遅かったというのは反省しています。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1-2nd第9節 
ガンバ大阪×ヴィッセル神戸@市立吹田サッカースタジアム
解説:玉乃淳 実況:西岡明彦 インタビュアー:安田美香


【ガンバ大阪 長谷川健太監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q:まずは今日のゲームを振り返って一言いただけますでしょうか?


A:PKが入らないという所ですね。


Q:前半の半分を過ぎたあたりから、遠藤選手と倉田選手のポジションが入れ替わりましたが、監督のご指示があったのでしょうか?


A:はい。指示しました。


Q:後半の頭からは藤春選手を投入しました。どんな狙いを持って、またどんな声を掛けて送り出したのでしょうか?


A:サイドでなかなか深い形のサイド攻撃ができていなかったので、もう少しアグレッシブにサイドの攻撃を活性化させたいということで藤春を入れました。


Q:その成果はいかがでしたか?


A:決定的なチャンスが後半はたくさんあったと思いますので、効果はあったと思います。


Q:この後、上位の浦和と川崎に食らい付くために、セカンドステージの優勝に向けても1つも星を落とせないゲームが続くと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか?


A:今日は首位の浦和が川崎に負けたみたいなので、勝ち点差は変わりませんけど、試合数は減っていきますので、本当にもう1試合1試合、今日の試合もそうですけど、落とせない試合が続いていると思っています。


Q:次節は湘南との対戦です。抱負をお願いします。


A:湘南も非常に違う意味でのモチベーションが高いチームだと思いますので、ファーストステージも3-3という打ち合いのゲームをしていますし、非常にタフな試合になるんじゃないかなと思っています。


【ヴィッセル神戸 ネルシーニョ監督インタビュー(試合後・中継内)】
Q:なかなか勝てていなかったアウェイの地で、上位のチームから勝ち点3を奪い取る大きなゲームとなりましたね。


A:そうですね。我々にとっての今日の最大の目標の「ガンバと戦って、ここで勝って帰る」ということがしっかりと残せた、非常に大事な大きな勝利だったと思います。


Q:前節の後半と同様に4-4-2でゲームに入りました。前半から素晴らしいプレーを選手たちが見せてくれましたね。


A:立ち上がりも悪くはない対応をしてくれていたと思うんですけど、前半の途中からガンバさんが遠藤選手と倉田選手をちょっとチェンジして、遠藤選手がウチのツーラインの間でポジションを取るような形を採ってきてからは、少し難しい内容になりました。そこで対応策としては、ペドロを1つ落として中盤の数を揃えたんですけど、後半も試合の途中からその役割は持たせていた中で、ちょっと流れの中でペドロはレアンドロともう一度相手のセンターバックに対して、2トップでプレスを掛ける形を増やさないと、どうしても引いてしまうので、その2枚をもうちょっと前にプレスを掛けられる時は掛けさせて、後ろはもう4枚4枚のツーラインで何とか凌がなければいけないという風に見ていました。


Q:前線の2トップ、レアンドロ選手とペドロ・ジュニオール選手の距離感は、今日はいかがでしたか?


A:2人とも守備の形がチームとして崩れずに、うまくオーガナイズできている時間帯の時には、ボールを奪った後の2人の距離感も良かったですし、必然的にそのカウンターもフィニッシュまで持って行ける形を取りやすくなるので、ガンバさんも攻めながらもウチの2トップのことは気にするという、そういう状態は作れたと思います。


Q:今日はGKのキム・スンギュ選手がスーパーセーブを見せ、リオ五輪から戻ってきた岩波選手も活躍して完封となりました。上位躍進に向けて大きな弾みになったのではないかと思いますが、次節への抱負をお願いします。


A:スンギュは変わらずハイパフォーマンスを保ってくれるキーパーですし、ああいう決定機というのを防いでくれるキーパーです。ああいうワンプレーでチームが勢い付きますし、士気も上がりますので、崩れることもないような安定感を与えてくれる、非常に優れたキーパーだと思います。タクもずっと試合に出ていた選手ですし、能力も高いので、今日はディフェンスラインが彼らだけではなく、全員で良くしっかりと戦って守ってくれたと思います。


【ヴィッセル神戸 キム・スンギュインタビュー(試合後・中継内)】
Q:おめでとうございます。


A:アリガトウゴザイマス!


Q:今日は上位チームからの大きな勝ち点3、ディフェンス陣がしっかりブロックを作ってやらせませんでしたよね?


A:前節から負傷者や累積警告で出られない選手もいたり、メンバーが少し変わって厳しい展開になると予想していたんですけど、前からみんな頑張って守備してくれたので、この結果を得られたのではないかなと思います。


Q:後半には見事なPKのスーパーセーブもありました。


A:あのピンチを防ぐことができたら「この試合は勝てるだろう」という感覚があったので、その後も良いセーブに繋がって、非常に良かったと思います。


Q:その後も遠藤選手の決定機を防ぎましたね。


A:前でボールが少し見えなかったんですけど、感覚的に止めることができました。


Q:最後にサポーターにメッセージをお願いします。


A:今日はアウェイにもかかわらず、多くのサポーターの方が見に来て下さって、本当にアップの時から力を得ることができました。今日のように応援して下さると、我々も良い結果を残すことができると思うので、これからも宜しくお願いします。アリガトウゴザイマス!


【ヴィッセル神戸 岩波拓也インタビュー(試合後・中継内)】
Q:リオオリンピックでは本当に悔しい想いをされて帰ってきて、すぐ今日先発でゲームに臨みました。どんな想いでゲームに入られましたか?


A:オリンピックで悔しい想いをしたので、まずはこのピッチに立てる喜びというか、試合ができる喜びを感じながら、本当に90分楽しめましたし、無失点で勝てたということで、チームに貢献できて良かったです。


Q:「屈辱を感じた中で、どうプレーするか自分でも楽しみです」と試合前にコメントされていましたが、今日はその悔しさを晴らすゲームになりましたね。


A:そうですね。僕はプレーヤーなので、ピッチで返すしかないと思うので、これからもどんどん試合で結果を残して、また次の代表に呼ばれるように頑張りたいなと思います。


Q:今日は上位チームに守備陣が完封でした。ゲーム全体も振り返っていただけますか?


A:そうですね。相手の攻撃陣は上手くて、苦しいゲームになるとわかっていましたし、シンドイ時間が続きましたけど、キーパーも含めてPKを抑えられたことが勝因かなと思いますし、ああいうビッグセーブがあるとやっぱりチームが乗るので、凄い助けられたなという想いです。


Q:アウェイでなかなか勝ち点3が取れていませんでしたが、今日はしっかりとアウェイで勝ち切りましたね。


A:そうですね。セカンドステージもまだまだ上の順位を目指さないといけないですし、このまま負け続ける訳にはいかないので、次のレッズ戦に向けて良い勢いが付いたかなと思います。


Q:最後にサポーターへメッセージをお願いします。


A:オリンピックで悔しい想いをして帰ってきて、これからピッチで返していきたいなと思うので、これからも応援宜しくお願いします。


【玉乃淳氏のレビュー】
(G大阪)
後半は藤春の交替が当たりましたね。
再三チャンスを創っていましたし
チーム全体が藤春を使う意思統一が取れていましたから
後半は良い時間帯が多かったように感じました。


倉田もバイタルで受けて前を向いて
ゴールに向かうという場面は1回ぐらいでしたし
大森と阿部の両サイドハーフがペナの中で仕掛けるというシーンは
1試合を通してほとんどなかったですね。


アデミウソンはそんなにボールが収まっていなかったですし
積極的ではなかったという布石はありましたね。
PK失敗への必然的な流れはあったと思います。
ただ、アレはキム・スンギュを褒めるしかないかなと。
遠藤の決定機ももう少し叩き付けることができたら...


長谷川監督もあれだけチャンスを創ったので
「なぜ入らない?」というような想いでいたんでしょうね。
逆に言えば前半からあれぐらいのチャンスを創ることができると
もっと盤石なガンバになるんじゃないかと思います。


前半からもう少し得点の可能性を持ったプレーをしないと
お客さんも納得しないでしょうし
確かにそれほど内容が良くない中で勝ってきていたので
いつその白星がストップしてもおかしくない状況ではあったと思います。
もっと根本的な攻撃への形創りや勝ちパターンを増やしていかないと
上位対決になったら連勝は難しくなってくると思うので
正直課題は多いような気がしています。


次節の湘南もこの暑い時期に相当走ってくると思いますし
吹田ができた初年度ということもあって
ガンバには優勝が義務付けられていると思うので
そういうプレッシャーの中で戦っているんでしょうね。


(神戸)
神戸はパーフェクトでしたね。
ニウトンのセットプレー以外はパーフェクトでした。
岩波と高橋のCBコンビも頑張りましたね。
こういう前に強いプレーヤーはネルシーニョ監督も好きだと思いますけどね。


まさに前後半通じてプラン通りだったと思います。
前半が物凄く良かったんですけど
その上でもネルシーニョ監督は
ハーフタイムに気合いをかなり入れたと思います。
「後半もそのまま行けよ」と。


勇気を持って牙を持ち続けるために
レアンドロとペドロ・ジュニオールを前線に残して
相手DFにプレッシャーを掛けるという強気な姿勢が
結果に現れたんじゃないかなと思います。


渡邉千真も中坂も良かったですし
ペドロ・ジュニオールも守備もそうですし
ボールキープや時間帯によってのプレーの使い分けや
緩急と全てが完璧でしたね。
中坂はあとは試合体力でしょうか。
90分間通して計算できる選手になれるのかというのは
これから次第ですね。


キム・スンギュのPKセーブは気合いが入っていました。
最後までアデミウソンを見て。
ニウトン選手は攻撃的な選手ですね。
勝利の舞いで踊り狂っていましたし
性格的にも攻撃的なんでしょうね。
インタビュー中の岩波選手に抱き付いていましたけど
岩波選手からしたら「もうちょっと守備しろよ」と。
「足が痙攣しているのはオマエのせいだぞ」と思っているかもしれません(笑)


周りの選手もニウトンの実力をわかってきたのではないでしょうか。
特に三原は派手さこそなかったですけど
ポジション取りやニウトンのカバーや
恐れずに試合に緩急を付けるプレーができていましたね。


【Jリーグブログ的データ】
J1-2nd第9節@市立吹田サッカースタジアム
ガンバ大阪 0-1 ヴィッセル神戸

入場者数:26,520人 天候:晴、無風
気温:30.8度 湿度:63%
主審:飯田淳平
副審:聳城巧、権田智久
第4の審判員:熊谷幸剛


《得点者》
<神戸>
15'ペドロ・ジュニオール⑦


《選手寸評》
(G大阪)
GK東口順昭
彼の普段のクオリティを考えれば失点シーンの弾き所は痛恨だった
DF米倉恒貴
監督の目の前でのイージーな連係ミスが45分での交替に繋がった可能性も
(→46' DF藤春廣輝)
一気に左サイドを活性化。本来の持ち味を十分に見せ付ける45分間
DF丹羽大輝
スピードで相手2トップに対抗。水際での対応で1失点に抑えたのは評価されるべき
DFキム・ジョンヤ
カウンターにさらされた最終盤は、必死の対応で最後まで試合の興味を保ち続ける
DFオ・ジェソク
左右のサイドバックをこなしたが、後半のクロスは長沢にしっかり合わせたい所
MF今野泰幸
狡猾な倒れ方でPKを奪取するも、持ち味の果敢な攻撃参加は多くなかった
MF遠藤保仁
1.5列目起用時はボールの落ち着きと推進力の低下が同居していた印象
MF阿部浩之
なかなかチャンスに絡み切れず、藤春の好クロスにもトラップが乱れてしまった
(→65' FW長沢駿□)
ゴール前に入っていく雰囲気はあったが、ボールがなかなか出て来なかった
MF倉田秋
ボールはチームで最も収まったが、そこから危険なエリアまで侵入できず
(→87' MF堂安律)
短い時間で2度のチャンスを創出。期待感は今のチームでもトップクラス
MF大森晃太郎
目まぐるしくポジションが変わる中、後半の左カットインはシュートを見たかった
FWアデミウソン
PK失敗もさることながら、常に退場の危険性も孕むなどメンタルが不安定だった


《選手寸評》
(神戸)
GKキム・スンギュ
ワンハンドでのPKストップは圧巻の一言。これぞ"守護神"という圧倒的な存在感
DF高橋峻希
後半は藤春に押し込まれるシーンも多かったが、守備面での破綻はほとんどなかった
DF岩波拓也
両足を攣りながらタイムアップの瞬間まで奮闘。この一戦への強い気持ちを感じた
DF高橋祥平
PKストップのシーンでいち早くクリアしたのは彼。能力の高さを証明する90分間に
DF橋本和
どちらかと言えば守備に軸足を置いた90分間。指揮官からの信頼は厚い
MF中坂勇人
ゴールに繋がる積極性も打ち出すなど、チャンスに顔を出す能力で猛アピール
(→73' MF小林成豪)
あの時間帯とあの位置でのボールロストは致命傷になりかねない
(→90+4' FW石津大介)
突然の登場にもしっかり勝利をピッチで味わうことに
MF三原雅俊
ニウトンのカバーも含めてチームのバランスを維持し切るハイパフォーマンス
(→87' MF藤田直之)
難しい時間帯での起用もしっかり時間を消し去り、クローズにきっちり貢献
MFニウトン
守備で三原に懸ける負担を考慮すれば、もう少し攻撃で明確な違いを生み出したい
MF渡邉千真
PK献上はやや不運も手を出した印象は良くない。2トップの勢いに埋もれた印象も
FWペドロ・ジュニオール
驚異的なスプリント数。決勝ゴールも含めて攻守両面で効きまくっていた
FWレアンドロ
ほぼ2人に任された終盤のアタックでもチャンスを創り切る能力はスーパー


再放送スケジュールは
8月26日(金)深夜2:00~午前4:15 J SPORTS 3
となっています。
是非このマッチレビューと共に再放送もお楽しみ下さい!


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.