1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 柔道・格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

J SPORTS J.LEAGUE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キンチョウスタジアムで行われた
2016 J1昇格プレーオフ決勝の
セレッソ大阪×ファジアーノ岡山は
1-0でC大阪が勝ち、J1昇格を決めました。
以下、試合後の記者会見における
岡山・長澤徹監督のコメントです。


(岡山・長澤徹監督)
まずゴール裏のサポーターの皆さま、岡山で応援をして下さっているサポーターの皆さま、この場を借りてお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございました。今日の試合だけではなく、シーズンを通してずっと応援してくれたサポーターの方の力というのは常に感じていて、本当に感謝しています。ありがとうございました。あの... 胸張って岡山に帰ろうと思います。選手は良く戦いました。うん。色々な細かい部分もあるんですが、そういうことではなく、しっかりやり切ってきたこと、最後まで諦めずに戦い切ることという意味で、非常に評価してますので、まだ選手と話していないんですけど、しっかりアイツらの正しい評価というか、そういうのをしっかり評価して、岡山に帰ろうと思います。


セレッソさんにも本当におめでとうと伝えたいです。昨年隣の長居で我々は、私自身もそうなのですが、その現場で福岡に敗れる姿を見ていました。そういう歴史の積み重ねで、やっぱり本当に最後の際という部分で押し込まれるとか、そういう部分があるのかなと、今ぼんやり思っています。我々は無念ではありますが、その無念がやはり次への想いとか願いとか祈りとかを輝かせると思っていますので、この敗退をしっかり受け止めて、選手と共にクラブでしっかり受け止めて、次に向かう一歩にしていきたいと思います。本日はありがとうございました。


Q:初のプレーオフ進出で決勝まで行って、今季はJ1まであと1勝まで迫りましたが、足りなかったモノやできたモノを現時点でどのように評価されていらっしゃるでしょうか?


A:はい。ちょっとまだ整理が付かない状況なので、何と言っていいのかはちょっと整理が付いていません。ただ、先ほど言ったように歴史、やっぱりこういう経験をしていって、それを糧にすることが必要なんだろうなと、今の所は思っています。ただ、全然無駄とかそういうものではないので、また一歩積み上げて、クラブとして進んでいける糧にすることが大事なのではないかなと思います。


Q:セレッソさんよりもチャンスの数は多かったのではないかなと思いますが、無得点に終わったことについてはどのように捉えてらっしゃるでしょうか?


A:そうですね。こういうゲームはそんなにオープンになる形ではないので、やはり最後はボックスの所で決めるか決めないか、止めるか止めないかという、最終的にはそこの勝負になる形が多いので、そういう意味では押し込まれたという、うん、そこの本当の一歩の部分って小さいようで大きい部分なので。ただ、これもしっかり糧にすることが必要だと思いますので、そこの部分でもう1回クラブとして、チームとして学び、また前進していくことが必要だと思います。


Q:今日は準決勝で先制ゴールを決めた押谷選手がいなかったですが、彼が欠場した部分というのが監督の中で痛かったのか、それともそこは関係なかったのか、そのあたりをお聞かせいただけますか?


A:はい。どこのチームもそうだと思うのですが、セレッソさんも柿谷選手がいない時に勝ち点を積み上げたり、前回対戦した山雅さんも那須川選手がいないという負傷とかあると思いますし、こういうことは我々は絶対に言い訳にはしない職業なので。一番アレなのは、本人が一番無念だったろうなということぐらいで、チームとしては1年間ずっと色々なことに対応するために準備してきたので、そこに関しては大きく問題があったとは思っていません。


Q:このタイミングですが、ファジアーノ岡山というチームは長澤監督にとってどんなチームと感じてらっしゃいますか?


A:はい。一歩ずつ前進していくというチームですし、まだまだここから発展するチームだと信じています。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キンチョウスタジアムで行われた
2016 J1昇格プレーオフ決勝の
セレッソ大阪×ファジアーノ岡山は
1-0でC大阪が勝ち、J1昇格を決めました。
以下、試合後の記者会見における
C大阪・大熊清監督のコメントです。


(C大阪・大熊清監督)
まず雨の中、本当に多くのファン・サポーターの方が来ていただいて、また本当にセレッソに携わるすべての方々に感謝を申し上げたいと思います。そういう力が最後になって、やりたいサッカーというか、非常に攻守に充実した、かつ球際、切り替えを含めて、本当にセレッソの本来の目指すべきサッカーというものができたかなという風には思います。ただ、このセレッソにとっては普通かもしれないんですけど、それに戻る難しさと、それを持続する大変さというのを、もう1回クラブ、チームがしっかりと受け止めてやっていくという所が重要だと思うし、その上のアジアだったり世界だったりという所を、しっかりと足下を見つめながら(目指して)やっていくという所が、本当にチームというよりもクラブにとって非常に大切なのかなという風に思います。


ある意味、スタートラインに立ったということかもしれないんですけど、本当に頑張ってくれた選手と、本当に裏方で選手を支えたりしてくれたスタッフに心からお礼を申し上げたいし、ここにいらっしゃる皆さんからもグラウンドでも色々な力を戴いたりしましたし、それと本当に最後までチームを見捨てずに、本当に最後まで応援してくれた方々に心より感謝を申し上げて、次にまたしっかりと頑張っていくという所が、セレッソにとっては必要なのかなという風に思います。本当にどうもありがとうございました。以上です。


Q:岡山の赤嶺選手に対してどう対応するかという所で、山下選手がマッチアップする回数が多かった中で、西村主審が比較的流すことが多かったので、そのあたりはセレッソとしてやりやすかったでしょうか?


A:いや、何の違和感もなく、激しくお互い堂々と、(長澤)監督の彼の性格も含めて、本当に正々堂々とやれたかなという風に思うし、アジアや世界基準では至って普通の、お互いのファイトだったのかなという風には思います。ファウルに対して止まることもなく、かつお互い早くやろうともしていたし、攻守が途切れない切り替えというのもお互いあったと思います。ただ、戦術として山下のマッチアップというよりも、やはり2列目の飛び出しとか、矢島君のスルーパスもあるので、特にこっちからの指示を出していないんですけども、非常にタイトなマークを山下がやった上に、今日はサイドバックも矢島君のスルーパス(に対するケア)だったり、激しくはやるんですけど、頭だけは相手の特徴のイメージだけは持ちながら試合をやるということを、(岡山には)特徴がある選手がいるので、熱く激しくという中で相手のイメージを持っていれば、自然に頭と体が動くだろうという(中でも)準決勝の1失点の所もあったので、そういう意味では本当に(キム・)ジンヒョンも含めて、守備の集中力というのは非常に高かったのかなという風に思いました。


Q:千葉戦の後に自動昇格がなくなって、そこからこのプレーオフに向けて立て直してきた面で、特に守備面で残り5試合は非常に落ち着きが出てきて、失点も減ったことが大きかったと思いますが、そのあたりはどのようなアプローチをされたのでしょうか?


A:そうですね。ボールを運ぶというか、潤滑剤的な選手というのが、少し前にも言ったんですけど同時に2人抜けたことによって、やはり前で時間を創れることが守備の安定ももたらすし、それは(柿谷)曜一朗であったり、非常に攻守で連動の関係があるので、失点したのがディフェンスラインのせいだけだとは全然思っていなかったです。本来であれば今日のような4枚で、伝統あるセレッソのサッカーに上乗せをしたいというのも自分の中であったんですけど、やはり僕の中ではピッチ上では彼らというか、選手の移籍だったり、曜一朗のケガの長期の離脱だったりという所で、なかなか攻守のバランスというのが取れなかったという中で、どうにか勝利を、勝ち点をということでスタッフとも相談して、そういうことをやってきました。その中でやっぱり最後は悔いなく、曜一朗も戻ってきたということで、本来のセレッソがやっていた伝統なり、特徴なり、自分がやりたいそういうサッカーというのをチャレンジするというのが、セレッソにとっても良いし、それが勝ち点を稼げる、そういう要因にもなるであろうという風には思っていました。


それと個人的なことを言うと、個人の選手にシステムを当てはめるということが良いかどうかという所で、やっぱりケガで2年以上離脱していた藤本(康太)の復活というのは、非常にセレッソにとっては大きいかという風に思います。彼の復調というのが本来のセレッソだったり、その4枚でやれるというセレッソの自信とか、ウチ自身の確信というのが出てきたという所があるし、それに伴って攻守の安定度をもたらす曜一朗が戻ってきたことが、やっぱり流れの中で非常に大きいという所が、成績に繋がったのかなという風に思います。


Q:過去に2回J1に上がっていますが、役職の違いもあった中で、過去2回と今回の違う所というのはあったでしょうか?


A:違うというよりも、まず「苦しい」というのが同じだというのはあります。それとちょっと指摘もされたんですけども、同時にイレギュラーがあった中で、フロントを兼務するという所のタイムリーさというのも、やっぱりチームが生き物だったり、色々なイレギュラーがあったりという所は難しかったんですけども、フロントスタッフが非常に助けてくれて、それで最後は目標を達成することができたのかなという風には思います。あえて違いということになると、やっぱりそれなりに(それぞれの)チームの色なり伝統というのはあるかなという風には思います。ここに来て、やっぱり継続する大切さだったり、我慢することだったりというのが、最後になってチームとしてちょっと出てきたかなと。


正直セレッソというチームは調子が良い時には良いんですけども、やはり流れが悪い時に我慢したり、勇気を持ってという所と、人もそうなんですけど、自分が頑張ればまた人も良くなるみたいな、チームの相乗効果というのが少しずつ出てきて、曜一朗もそういう悔しさを素に、彼が戻ってきてチームに我慢だったり、自分が我慢することによって周りも良くなるんだという、そういうことが出てきたというのが(大きかったなと)。前もそうだったんですけど、ちょっとそういう所があって、考えているようで本当に深く広くチームを考えられているかどうかと、それは苦しい時ですね。それが少しずつ、そういうことを考えるヤツが多くなってきたという所が非常に良いし、それは他のチームもそうだったんですけども、セレッソに限って言えばやっぱり苦しい時にそういうことができるように少しなってきたことが、今日の内容とか勝ち切るという所に繋がっているのかなという風に思います。


Q:岡山の長澤監督は大熊監督にとってもコーチと監督という間柄も含めて旧知の仲だと思いますが、改めてこういう舞台で長澤監督と対戦できたということに関してはいかがですか?


A:本当に優秀な監督でこれからが楽しみだし、正々堂々と戦えたというのは誇りに思うし、苦しい中を本当にプロとして一緒にやってきたヤツなので、心より敬意を本当に払うし、本当に今日(対戦)できて良かったですね。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉スタジアム2002で行われた
明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の
浦和レッズ×鹿島アントラーズは
1-2で鹿島が勝ち、優勝しました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
鹿島・山本脩斗、遠藤康のコメントです。


(鹿島・山本脩斗)
Q:こういうゲームでしっかり2点取って勝てるというのはやっぱり凄いですね。


A:でも、自分たちとしても普段のリーグ戦だったらこうも行かなかったかなという部分もありますし、やっぱりこのレギュレーションで最初の試合で1-0で負けて、今日は2点取らなきゃいけないというのはハッキリしていたので、逆に1失点は取られても良いと割り切ってできた部分はあった所がプラスに働いたかなと思います。


Q:1点取られても焦りは見えなかったですね。


A:そうですね。全然焦らなかったです。逆に1失点はしょうがないという部分で、リスクもしっかり負いながら攻撃するという形で、もちろんリスクがあるのはわかっていましたけど、前から人数を掛けてという部分が多かったので、そこで前半の内に1点取れたのが大きかったかなと思います。


Q:1点取った時、チームに「行ける」という雰囲気が出てきた感じはありましたか?


A:前半を0-1で行くのと、1-1で行くのは全然違うので、本当に大きかったですね。やっぱりもう1点取れば勝てるというのもありましたし、相手のメンタルからすれば、前半を終えてあと2点守ればいいというのと、1点しか守る点がないというのでは全然違うと思うので、そこの気持ちの部分でも逆にこっちがプラスになりましたし、そこは大きかったのかなと思います。


Q:遠藤選手の右足が今日は炸裂しましたね(笑)


A:良い所に行きましたね(笑) でも、ヤスがけっこうああいうボールを蹴れるのは知っているので、「来たな」という感じですよね。あまりちゃんとは覚えていないですけど、たぶん(柴崎)岳が中に引き連れて、ファーに(金崎)夢生が空いていたので、遠目から見ていて「そこに頼む」と思っていた中で、良い所に行ったのを見て嬉しかったですね。


Q:最後は浦和も槙野選手を上げてパワープレーに来ましたが、あのあたりの対応も落ち着いていましたね。


A:何回か危ない部分はありましたけど、ああなるのはわかっていましたし、ズラタン選手も高さがあるので、最初のボールに行く所もそうですけど、セカンドボールへの意識もみんな強く持っていたと思うので、そこで半歩だったり一歩だったり寄せることによって、相手もプレッシャーが掛かって外したのかなと思いますし、そこはみんなで90分通してできたかなと思います。


Q:リーグタイトルを獲りたいというのは鹿島に来た大きな理由だったと思いますが、実際に獲ってみていかがですか?


A:まだそんなに実感が湧かないですけど、最後の笛が鳴った瞬間はとりあえず最高で、もう「よっしゃ~」という感じで、ナビスコの時とはまた違った感覚もありましたし、やっぱりタイトルは良いなと思いましたね。


Q:リーグ優勝するってどんな心境なんですか?


A:何かあまり言葉で言えないような感じですね。力み過ぎて首が攣りそうな感じでした(笑) みんなで喜び合う時に力が入り過ぎて、ちょっと首が攣りそうでした(笑)


(鹿島・遠藤康)
Q:早い時間に1点取られた所はいかがでしたか?


A:ルール上、ウチらは1点取られても2点取れば良かったので、まあ1点取られても全然焦りはなかったですね。「あと2点取ればいいでしょ」みたいな感じでした。


Q:アシストシーンは右足でしたが、あのシーンはいかがでしたか?


A:(柴崎)岳がニアに釣ってくれたので、(金崎)夢生が空いたのが見えて、どフリーだったので正確に上げることだけを意識していました。何となく中がチラッと見えたので、夢生目掛けて蹴ったら、ああいうボールが蹴れました。


Q:この間の試合は右足で悔しいシュートがあったと思いますが、その右足でアシストしたということに関してはいかがですか?


A:この間は良いチャンスで止められてしまったので。でも、右足でも左足でもとりあえずチームの得点に繋がるプレーができれば良いと思っていたので、結果としてアシストになりましたけど、ゴールを決めた夢生に感謝したいと思います。


Q:裏への抜け出し方も秀逸でしたが、体を当てて裏へ抜けようというのは早い段階で決めていたんですか?


A:あれは岳がその前にああいうプレーをやっていて、「ああ、コレはファウル取らないんだ」と思って、(ファン・)ソッコから良いボールが来たので、お尻をトンと突き出したらあんな感じで抜け出せました。


Q:3連覇を知っている選手がだんだん少なくなってきている中で、それを知っている遠藤選手がずっと言い続けてきたことが実ってきているような実感はありますか?


A:今回の優勝はちょっと違うので何とも言えないですね。チャンピオンシップという中でウチらは勝てたということで、実際のJリーグチャンピオンはやっぱりレッズですし、年間であれだけ勝ち点を取るのは素晴らしいことです。今回はこういうJリーグのルールでウチらが優勝になったというだけで、ウチらにはまだレッズに敵わない部分もありますし、それはみんなわかっていると思うので、次はクラブワールドカップですけど、それに向けて切り替えてやっていきたいと思います。


(青山知雄さん)
Q:嬉しいというよりも、もっとやらなくてはいけないという想いの方が強いですか?


A:そうですね。これで喜んでもいいのかなという。みんなでも話しましたけど、やっぱり本当の優勝はレッズだとみんな思っていますしね。でも、結果的にウチらが最後に勝ったという事実は変わらないので、もう切り替えてやるだけですね。


Q:2点が必要なゲームで、しっかり2点を取って勝つ所に鹿島の強さを感じましたが、この試合に関してはそういう鹿島の強さのような部分を感じられましたか?


A:2点は取れるということをみんなで話していたので、別に焦りはなかったです。逆にレッズの方がやりづらかったのではないかなと、僕は凄く思いますね。ホームでウチらは1-0で負けて、やらなくてはいけないことが明確になりましたし、2点取らなきゃいけないというのも最低限の所だったので、それが良かったのかなという感じはしました。


(田中滋さん)
Q:前半の最初の方はリスタートがちょっとズレたりしていましたけど、そういう所は感じていましたか?


A:やっぱり「ちょっとみんな焦っているな」という感じはありました。でも、そこの部分でも良い時間帯に点が取れたなと思いますし、それで逆にレッズは凄く慌てたでしょうし、前半で1点取れたのが良かったと思います。


(田中滋さん)
Q:もう聞かれたと思いますけど、右足でのアシストはいかがでしたか?


A:この1年ずっと練習してきたので(笑)、最後の最後にこうなって、やっぱり練習は嘘をつかないというか、そういうことが証明できたのかなと思います。良い形になり過ぎましたけど、練習してきて良かったなと思います。


(田中滋さん)
Q:3連覇の時はまだ中心選手という立場ではなかったですけど、こうやって中心選手として優勝できたことはいかがですか?


A:うーん、それがあまり実感がないので、チャンピオンシップを獲ったという感じで、Jリーグを獲ったという感じが正直ないんですよね。でも、こういう形で獲れたので、また来年は本当にJリーグでタイトルを獲りたいなと思います。


(青山知雄さん)
Q:この強さを見に付けなくてはいけないという所で言うと、そのために今後はどういう所が必要になってくるでしょうか?


A:やっぱり1年間安定した戦いをできるかという所じゃないですか。それはチームの最初のやり方を1年間ずっとやり通せるかとか、どんな悪い試合でもウチらのやり方はずっと通さないといけないですし、そこでブレてはいけないので、それが最後になってやっと鹿島らしいサッカーができたかなと。前からみんなでプレスに行くという形ができたので、それが凄く良かったのかなと思いますね。誰かがミスしても違う誰かがカバーしてくれたり、そういうのがチームであって、サッカーですし、そういうことが当たり前にできるチームが鹿島だと思うので、来年はそれをずっと1年間続けてやっていけるようにしたいなと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

県立カシマサッカースタジアムで行われた
明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦の
鹿島アントラーズ×浦和レッズは
0-1で浦和が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
鹿島・山本脩斗、浦和・武藤雄樹のコメントです。


(鹿島・山本脩斗)
Q:かなり堅い試合になりましたが、ゲーム自体の印象はいかがですか?


A:やっぱりゼロで抑えたかったですけど、全体的な守備としてはしっかり守れた感じはあります。でも、ああいう形でPKになって、次が難しくなったかなという感じはありますけど、もう2点取って勝たないといけないので、やることはハッキリしたかなと思います。


Q:前半はそこまで無理して攻めるようなシーンは多くなかったと思いますが、そのあたりはいかがでしたか?


A:守備に関してはただ引くだけじゃなくて、前から積極的にプレスを掛けて、前に行こうというのはありましたけど、大前提としてまずは失点ゼロでというのはありました。リスクを冒して取りに行くという感じでもなかったですし、まずは守備をしっかりしながら、前からプレスを掛けながら、その中で良い攻撃ができればというのがありました。


Q:前半はたぶんシュートゼロだったと思うんですけど、そのあたりはそんなに気にならなかったですか?


A:相手も結構前から来ていましたし、なかなか攻撃の部分ではうまく行っていなかったですけど、そんなに焦っている感じはなかったですね。単純に(2試合の)4分の1という形で入りました。


Q:"4分の2"に当たる後半の45分間はどういう印象ですか?


A:ゼロで抑えながらも、どこかでチャンスがあれば、1点取って勝てれば一番良かったですけど、ああいう形で失点してしまいましたからね。やっぱりホームですし、リスクも冒しながら前半よりは点を取りに行った感じはありますけど、こっちが前掛かりになることによって、相手も時間帯によっては引かざるを得なくて、ゴール前までは行けていましたけど、最後の所で決められなかったので、負けてしまった感じですね。


Q:何回か山本選手の所に得意のヘディングができそうなチャンスが来ていましたね。


A:そうですね。何回かありましたし、最後のヤツも浮かせてしまったので、完全にミスしたなという気持ちは強かったですね。あの時間帯であそこまで押し上げられていたので、自分の所のマッチアップで身長差があったのもわかっていましたし、そこはチャンスになると思っていたので、良いボールが来たらと自分でも呼び込んでいましたけどね。今日の何回かで良いイメージはあるので、次もチャンスがあれば行きたいなと思います。


Q:実際に相手に崩されたシーンはほとんどなくて、相手の想定内の攻撃に対して守備面でのコントロールはできていたように見えましたが?


A:そうですね。守備面は全体的にチーム全員で守れたかなという感じはあります。それはしっかり次の試合でも続けていかないといけないと思いますし、しっかりその守備ができればそんな簡単に崩されないかなという感じはありますけど、あとはやっぱり点を取らないといけないという課題はありますね。


Q:今日のゲームで得た手応えの中で、どういう所が次のゲームのポイントになると思いますか?


A:守備の部分ではある程度しっかり守れたので、そこからの攻撃の部分に関して点を取らないと勝てないですし、優勝できないので、そこはどの時間帯から行くのかというのは、またチームで監督やみんなと話し合いながら、リスクを掛けないと点も取れないですし、そこの配分も含めて明日からまた良い準備をしていきたいと思います。


Q:システム的にはミスマッチの中で、今日は駒井選手と関根選手の2人と対峙していましたが、個人的には浦和の右サイドと山本選手との主導権争いが次のゲームのキーポイントだと思っています。そのあたりはいかがですか?


A:ウチとしては中からやられたくないですし、外に外に追い込む守備をチーム全体でやっているので、必然的にそこでサイドの1対1が大事になってくると思いますし、しっかり抑えられるようにしたいと思います。今までも対戦していますし、今日でまたさらにイメージもできたので、絶対に1対1の所では負けられないという部分を出していきたいと思います。


Q:今日も左サイドハーフは中村選手から柴崎選手に替わって、今の鹿島はサイドハーフから交替していくことが多いと思いますが、そのあたりの連携面はいかがですか?


A:それぞれ特徴はあると思いますし、その特徴を自分が生かしてあげられるようにしたいですね。相手も変則的なフォーメーションで、守備に回る部分も多いですけど、攻撃に入った時にできるだけ押し出してあげられるように、自分としても彼らにできるだけ高い位置を取らせてられるように、しっかり気を遣いながらそこを意識してきたいと思います。


(浦和・武藤雄樹)
Q:鹿島はそこまで前半は無理をして出てこなかったように見えましたが、そのあたりはどういうふうに感じてらっしゃいましたか?


A:ウチがボールを持って攻め込むシーンが多くなるだろうなとは思っていましたし、ウチが思い切り攻め込まれるとしたらボールを繋げない時ぐらいしかないので、そんなに普段と変わりはないかなと思いました。ただ、潰しに来る部分は本当に激しく来ていましたし、特にウチのクサビに対しては激しく来ていたので、そのへんでもうちょっと収めなくてはいけなかったなとは思います。収められたらだいぶウチが押し込めるシーンも多くなったと思うんですけど、今日はやっぱり取って取られてというシーンが多かったと思うので、そのへんでいつもほどリーグ戦でやっているような押し込む時間が少なかったかなとは思います。


Q:永木選手のプレスバックが鹿島では効いていたように見えましたが、そのあたりは実際にプレーされていていかがでしたか?


A:ディフェンスラインが僕にしっかり付いてきているというのがありましたし、小笠原選手も永木選手も強く来れる選手なので、もちろん普通のチーム以上に激しく来る分、ボールを受けるのは難しくなるなと思いましたけど、来ているということはスペースが空いてチャンスになるはずなので、そのへんはもっと上手くやりたかったなというのが、今日の自分で納得できなかった部分ではあります。


Q:前半終了間際のシュートに関してはいかがでしたか?


A:うーん... もう少し良い所にボールを置けたかなというのはあるので、ちょっと足下に入り過ぎてしまった結果、コースが甘くなってしまいました。あれはたぶん(興梠)慎三さんにボールが入って、阿部(勇樹)さんに落としてという形で、ああやって食い付いた所を剥がせればああいうチャンスが出てくるので、狙い通りの1つだったんですけど、もうちょっと良いトラップができたら、もうちょっと良いコースに打てたかなというのはあります。今日は内容が悪かったので「一発決めてやろう」と思っていたんですけど、残念な結果になってしまったので、次はシュートもそうですけど、もうちょっと試合全体での自分のクオリティを上げないとなとは思います。


Q:前半にはオフサイドで取り消されたゴールもありましたけど、そうするとあまり良い手応えはなかった感じですか?


A:正直なかったですね。もちろんプレーの内容が良くなくても点を決められる場合もあるんですけど、自分の中で内容自体を常に求めてやっているので、そういう意味ではかなり不満な出来だったなとは思います。ただ、もう1試合ありますし、出番がもらえればもうちょっと自分のしっかりしたプレーを見せたいですし、ああいう際どい所に入って行くのが僕の特徴でもあると思うので、あれがゴールになる時もありますからね。ギリギリの所で僕は戦っているつもりなので、次はオフサイドにならずにゴールに繋がればいいなと思いますし、狙って行きたいと思います。


Q:今日のゲームで、次のゲームに向けて生かせるような部分はありましたか?


A:もうウチは基本的に自分次第のチームだと思っているので。ただ、守備に関してもみんな凄くしっかりやっていましたし、遠藤(康)選手の1対1以外はみんな本当に集中して球際も戦っていたと思うので、問題は攻撃の部分で前がもうちょっと収められれば、中から外という攻撃がもうちょっとできるかなと。今日は中が収まらなかった分、外もうまく使えなかったなという印象もあるので、特に李(忠成)選手が凄く収まっていたのに、僕がもうちょっと収めていれば攻撃も幅も広がったと思うので、ちょっと次は頑張りたいと思います。


以上です。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本平広域公園総合球技場で行われた
2016 J1昇格プレーオフ準決勝の
松本山雅FC×ファジアーノ岡山は
1-2で岡山が勝ち、決勝進出を決めました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
岡山・中林洋次、篠原弘次郎のコメントです。


(岡山・中林洋次)
Q:宮阪選手が入って、キッカーが変わったタイミングの連続したセットプレーでやられてしまったと思いますが、そのあたりで彼が入って来ることやキッカーが変わるということに対する事前の分析や、ピッチ内での守備はどういう感じでしたか?


A:宮阪選手は前にいたチームの時から、セットプレーのキックは非常に精度が高いというのがありましたし、試合が始まる前も途中出場で出てきて、セットプレーのキッカーになることで、キッカーが変わるというのは頭に入っていました。その時にピッチの中でも「球質が変わるよ」というのは僕としてもチームでも声を掛けていましたし、それは個人の準備としても、チームの準備としても必要だと思ったので、それはやっていました。


Q:最後の残り5分くらいはチームのパワープレーを後方から見る形になったと思いますが、あのあたりはどういう心境でしたか?


A:やはりチャンスですし、今シーズンも何点も決めてきていることなので、非常に期待を持って後ろから見ていましたし、もちろんチャンスの裏にはカウンターのピンチというのもあるので、そういった所はチームとして考えていました。


Q:中林選手のスローインの流れが奇跡的なゴールに繋がった印象もあって、あのワンプレーにそういう強い気持ちが現れていたように見えました。


A:たまたまだと思いますけど、その一瞬で「僕が投げる訳ない」という風に山雅さんが止まってくれたのであれば、それは奇跡の1つ前のプレーで山雅さんの油断だったのかなと思う所もありますけど、まあ関係ないでしょう(笑) 継続してゴールを狙う姿勢を常に持っていた意志の結果だと思いますし、点を取りにしっかり行っているという所だと思います。


Q:後半の頭にポストに救われてから、相手のシュートをディフェンダーと中林選手が体に当てて凌いだシーンがありましたが、あれはチームの執念が見えたシーンだった気がしました。あのシーンはいかがでしたか?


A:マイナスのクロスからシュートを打たれた時に「やられたかな」というのは一瞬ありましたけど、ポストに当たってくれて、その後は非常に冷静でした。こぼれた所が真ん中だったので、相手が2人いて、ウチのディフェンスも2人いて、その間に落ちてというのは見えていたので、あの場面では非常に冷静にボールへ対応できたと思いますし、シュートブロックもうまいタイミングで入れたなというのはありますね。あそこは落ち着いてプレーできました。


Q:あのポストからのリバウンドに一瞬で間合いを詰められるのが、中林選手の最大の武器ではないですか?


A:プレースタイル的には非常にアグレッシブにプレーするタイプではあるので、そうやって見ていただくことも多いかなと思います。


Q:失点した瞬間はいかがでしたか?


A:非常に速いボールがニアに来て、相手と重なって片山(瑛一)選手の頭を越えてしまった時点で「ヤバイ」とは思いました。ただ、監督も含めて何点差であろうが最後までやることが大事という気持ちはチームで持っていたので、やられた後も逆にみんなも「点を取りに行く」というハッキリした目標ができたというのもあります。


Q:決勝点が入った瞬間はいかがでしたか?


A:うーん... あの時に僕は時間を気にしていなくて、もうロスタイムだったんですよね?それであのゴールで「ああ、今ロスタイムなんだ」と気付いた感じでしたし、それぐらい集中していたので、非常に嬉しかったですけど、ただ「次に決められたら意味がない」とすぐに切り替えて思いました。


Q:長澤監督が会見の中で「ファジアーノのDNAは『絶対に諦めない』ということで、これは10年間クラブがずっと言い続けてきたことだ」という趣旨のことをおっしゃっていたんですけど、それは普段から感じますか?


A:僕も5年間ファジアーノにいさせてもらってますけど、それは非常に思うことですし、『最後まで走り切る』とかそういうことは、物凄いエネルギーがそこにあったというのは事実ですね。それは感じます。


Q:長澤監督は「まだ何も成し遂げていない」ということも、しきりに会見でおっしゃっていましたが、それもチームの共通認識という形でしょうか?


A:ここで浮かれていたら意味がないと思いますし、僕らは6位なので、もう1回勝たなくてはいけないという非常に難しいミッションが残っているので、J1に上がるためにはまだ非常に大きな壁が残っていますし、そこをしっかりとぶち破れるような準備はしていかないといけないというのは思っています。


(岡山・篠原弘次郎)
Q:凄まじい試合でしたが、ディフェンダーとしてはいかがでしたか?


A:「いつやられるか」という感じで守っていたんですけど、セットプレーが相手は脅威でしたし、後半だけでも相当な数のセットプレーを与えたので、まず与えないということも大事だなと思っていました。1点取られましたけど、結果的に1失点で抑えられましたし、あの粘り強さは次に繋がると思います。


Q:前半の点を取るまでの時間帯は、前へのボールもほとんど捨て球になってしまって、相手に拾われてという時間が続いていましたが、あのあたりは少しキツかったですか?


A:相手もかなり前から来ていましたし、ウチがボールを持ってもプレッシャーに来て、なかなか繋いで逆サイドというプレーができなかったですね。でも、「しゃあないな」ぐらいに僕は割り切ってやっていたので、そういう風に割り切ることも大事だなと思いました。


Q:前半15分ぐらいに、岡山の左サイドから工藤選手が上げたクロスを篠原選手がクリアしたシーンがあって、結構難しいプレーだったと思うのですが、あれはいかがでしたか?


A:クロスが上がってくるときに「ヤバい、後ろが見えない」と思って、「とりあえず触ろう」と思ってクリアできたので良かったですね。


Q:終盤は岩政選手も前線に上がって、篠原選手はフィードを供給する側に回っていたと思いますが、あのあたりはどういうことを考えながらプレーされていましたか?


A:僕たちは勝ちにいかないといけない時間帯でしたし、(岩政)大樹さんも上がって後ろは4枚気味にして、ずっと僕は失点しないことだけを考えてプレーしていましたね。


Q:決勝点が入った瞬間はいかがでしたか?


A:もう「マジか?」みたいな(笑) 「勝っちゃうぞ、コレ」みたいな感じでしたね。みんな気持ちが入っていたので、本当に良かったです。ファジスピリッツじゃないですけど、諦めずにやってこれて良かったと思います。


Q:長澤監督が会見の中で「ファジアーノのDNAは『絶対に諦めない』ということで、これは10年間クラブがずっと言い続けてきたことだ」という趣旨のことをおっしゃっていたんですけど、そういう部分は日頃から感じますか?


A:少なからず代々ずっと1年1年やってきた中で、それは間違いなくあると思いますし、なかなかハードなキャンプもしてきましたし(笑)、ハードなトレーニングもしてきたので、そういう積み重ねがこういう結果に出てくるのだと思います。


Q:ハードなキャンプは評判のヤツですよね。


A:「意味があるのか?」という声もあるかもしれないですけど(笑)、ああいう所で仲間を想って自分が犠牲になるとか、そういう本当に小さなことがこうやって積み重なってくるんだなと思います。


(寺田弘幸さん)
Q:プレーオフで自分のプレーが出せた実感はあるんじゃないですか?


A:とりあえずもう守備しかしていないイメージなので、そこでセットプレーでやられましたけど、今日はしっかりプレーできたと思います。次はセレッソでムチャクチャ楽しみなので、彼らに一泡吹かせてやりたいです!


Q:一緒にやっていた選手も結構いますよね?


A:山口蛍、(杉本)健勇、丸橋(祐介)とあのあたりはずっと一緒にやっていました。彼らも良い選手ですけど絶対に負けたくないので、「なめるなよ」いうぐらいの気持ちでやってやりたいですね。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのJリーグ中継班がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2016 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.