もう9月ですね

  • 2011年09月05日 11:03
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

どうもはじめまして。
リーガ好きなのにイニシャルはUK、今シーズンからプレミアリーグ担当になった歌書です。

Foot!班ではないのですが、今回は僕がブログを書かせていただきますね。

リミットギリギリまで本当に大きく動いた移籍マーケット。
9/1の朝、インターネットをみながら、「ぬおぉっ!」と叫んでしまったのは
僕だけではないはずです。

なんとなく事前から交渉は進んでいるんでしょうが、
ついこの間まで敵として戦っていたクラブに突然移籍が決まるってのは
サラリーマンの僕には想像もつかない世界です。

さて、ユナイテッド相手に8失点の大敗を喫したアーセナルはさすがに
大型補強に踏み切りました。

中でも、スペイン好きとして注目したい選手が、ミケル・アルテタです。

スペインのバスク出身のアルテタは少年時代、地元であのシャビ・アロンソとも
一緒にプレーする仲でした。

15歳でアルテタは、バスクを離れバルサBに入団。
後にレンジャーズで活躍した後、故郷のクラブ、ソシエダに入団します。
しかしソシエダで与えられた役割は、リヴァプールへ移籍した友人、
シャビ・アロンソの替わりを務める、という、ちょっと皮肉なものでした。

思うような活躍ができず、今度はグラベセンの後釜としてエバートンに入団
その後の活躍はご存知のとおりです。

そして今回は、おそらくセスクの替わりを託されてのアーセナル入団。
ベナユン、アンドレ・サントスらその他の新戦力とともに、
ガナーズを復活させることはできるでしょうか?

それにしても、応援してるクラブが負けると「金返せ!」って叫んでる人、
たまに見かけますけど、ホントに返ってくることってあるんですねぇ・・・。
(プレミア担当 U.K.)

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

J1第19節マッチプレビュー

  • 2011年07月29日 13:18
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

週末のJ1第19節を人間関係でプレビューしてみました。
マル数字は
①古巣対決②元チームメイト③Jリーグ以前のチームメイト④その他
です。以下、どうぞ!

【7月30日(土)】
19:00@NDソフトスタジアム山形 
モンテディオ山形×アルビレックス新潟

①宮沢克行(02~06)、大島秀夫(01~04)
②清水健太+小林亮+長谷川悠×石川直樹=柏
  下村東美×ミシェウ=千葉
  石川竜也+船山祐二+川島大地×小澤英明=鹿島
  石川竜也×内田潤=鹿島
  石川竜也×黒河貴矢=東京V
③船山祐二×三門雄大=流通経済大柏&流通経済大(船山が2年先輩)
  長谷川悠×三門雄大=流通経済大柏(三門が1年先輩)
  廣瀬智靖×田中亜土夢=前橋育英(田中が2年先輩)
  佐藤健太郎×村上佑介=順天堂大(同い年だが佐藤が1年先輩)
④小林亮×小林慶行=兄弟

19:00@等々力陸上競技場
川崎フロンターレ×浦和レッズ

①山瀬功治(03~04)
②矢島卓郎×原一樹=清水
  相澤貴志×青山準=C大阪
③菊地光将×原一樹+高崎寛之=駒澤大(原が2人の1年先輩)
  棗佑喜×高崎寛之(高崎が3年先輩)
  小宮山尊信×原一樹=市立船橋(同級生で全国制覇)
  田坂祐介×柏木陽介=広島ユース(田坂が2年先輩)
  横山知伸×田中達也=帝京(田中が2年先輩)
④稲本潤一×坪井慶介=06年W杯の日本代表でチームメイト

19:00@日産スタジアム
横浜F・マリノス×大宮アルディージャ

①波戸康弘(06~09)、村上和弘(99~00)
②谷口博之×村上和弘=川崎
  大黒将志×キム・ヨングォン=FC東京
③渡邉千真+兵藤慎剛×渡邉大剛=国見(右からそれぞれ1年先輩)
④渡邉千真×渡邉大剛=兄弟

19:00@ヤマハスタジアム
ジュビロ磐田×ガンバ大阪

①イ・グノ(09~10)
②菅沼実×中澤聡太+明神智和=柏
  金沢浄×加地亮=FC東京
③西紀寛×中澤聡太=市立船橋(西が2年先輩)
  那須大亮×遠藤保仁=鹿児島実業(遠藤が2年先輩)
  那須大亮×太洋一=駒澤大(那須が1年先輩)
④川口能活×明神智和=02年W杯日本代表のチームメイト
  川口能活+駒野友一×遠藤保仁+加地亮=06年W杯日本代表のチームメイト
  川口能活+駒野友一×遠藤保仁=10年W杯日本代表のチームメイト
  西紀寛×明神智和=00年五輪日本代表のチームメイト
  古賀正紘×山口智+明神智和=97年U-20W杯日本代表のチームメイト
  駒野友一+那須大亮+前田遼一×藤ヶ谷陽介+中澤聡太
  =01年U-20W杯日本代表のチームメイト

19:00@ホームズスタジアム神戸
ヴィッセル神戸×ヴァンフォーレ甲府

①三浦俊也監督(09~10)、荻晃太(02~07)、小林久晃(06~10)
  冨田大介(10)、内山俊彦(07~09)
②都倉賢×養父雄仁=川崎
  馬場賢治×阿部吉朗=湘南
  吉田孝之×ハーフナー・マイク=横浜FM
③大久保嘉人+徳重健太×松橋優=国見
  (左からそれぞれ1年先輩、徳重は小野中学でも松橋の1年先輩)
  相馬崇人×保坂一成=読売日本SCジュニアユース&東京Ⅴユース
  (相馬が1年先輩)
  相馬崇人×養父雄仁=国士舘大(相馬が3年先輩)
  馬場賢治×養父雄仁=平塚ジュニアユース(養父が1年先輩)
④宮本恒靖×市川大祐=02年W杯日本代表のチームメイト
  嘉味田隼+小川慶冶朗×堀米勇輝=09年U-17W杯日本代表のチームメイト
  徳重健太(国見)×荻晃太+片桐淳至(岐阜工業)=高校選手権決勝で対戦

19:00@広島ビッグアーチ
サンフレッチェ広島×清水エスパルス

①なし
②李忠成×杉山浩太=柏
  盛田剛平×永井雄一郎+小野伸二=浦和
  中島浩司×ボスナー=千葉
③石川大徳×大前元紀=流通経済大柏(石川が2年先輩)
④西川周作+水本裕貴+李忠成×山本海人=08年五輪日本代表のチームメイト
  山岸智×小林大悟=03年U-20W杯日本代表のチームメイト
  西川周作+水本裕貴×山本海人=05年U-20W杯日本代表のチームメイト

【7月31日(日)】
18:00@大阪長居スタジアム
セレッソ大阪×鹿島アントラーズ

①中後雅喜(05~08)
②中後雅喜×アレックス=千葉
  播戸竜二×新井場徹=G大阪
③田代有三×高橋大輔=福岡大(田代が1年先輩)
④茂庭照幸×中田浩二+小笠原満男=06年W杯日本代表のチームメイト
  茂庭照幸×曽ヶ端準=04年五輪日本代表のチームメイト
  播戸竜二×中田浩二+本山雅志+小笠原満男
  =99年U-20W杯日本代表のチームメイト
  夛田凌輔+杉本健勇×柴崎岳=09年U-17W杯日本代表のチームメイト

19:00@ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台×柏レイソル

①鎌田次郎(06、08~09)、島川俊郎(柏U-15、U-18出身)
②桜井繁×増嶋竜也=甲府
  赤嶺真吾×栗澤僚一+増嶋竜也=FC東京
  角田誠×安英学=名古屋
③渡辺広大×増嶋竜也=市立船橋(増嶋が1年先輩)
  鎌田次郎×栗澤僚一=流通経済大(栗澤が3年先輩)
  冨田晋伍+田村直也×菅野孝憲+林陵平=東京Vユース
  (田村&菅野が冨田&林の2年先輩)
④角田誠×近藤直也=03年U-20W杯日本代表のチームメイト

19:00@レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡×名古屋グランパス

①千代反田充(03~06)、増川隆洋(03~04)、永井謙佑(09・特別指定)
②和田拓三×高木義成=東京V
  田中隼磨×小原章吾+清水範久=横浜FM
③田中隼磨×小原章吾=横浜Fユース&横浜FMユース(同級生)
  山口和樹+宮路洋輔+末吉隼也×永井謙佑=福岡大
  (山口、宮路&末吉、永井が左からそれぞれ1年先輩)
④成岡翔×藤本淳吾=01年U-17W杯日本代表のチームメイト
  高橋泰(帝京)×千代反田充(東福岡)=高校選手権決勝で対戦

こんなプレビューどうですか??
007hitachinaka.jpg
元・AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

御礼

  • 2011年07月01日 21:28
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

突然であり、私事ではありますが
本日をもってFoot!スタッフを卒業することになりました。
2004年の3月以来、7年4ヶ月に渡って
視聴者時代から憧れ続けていた「Foot!」に携われたことは
自分の人生においてもかけがえのない経験となりました。
それもひとえに、皆さんが番組を温かく見守って下さっていたからだと思います。
本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

また、このホームページも
2006年8月にブログ形式へ変更してから
数多くの方にご覧いただき、数多くのコメントもいただきました。
ここに書き続けることは、自分の仕事に対する
大きなモチベーションになっていました。
こちらも重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。

ただ、これからも
“Foot!ファミリー”という立場は変わらないと勝手に思っていますので
今後とも「Foot!」を是非よろしくお願いいたします。

なお、このホームページは新シーズン開始まで準備中という形になります。
正式リニューアルは8月中旬を予定していますが、
過去のバックナンバーは閲覧できますので
そちらであと1ヶ月強くらいお楽しみください。

なお、Foot!スタッフの厚意により、
ゲームレポートのみはしばらくこちらのページで
更新させていただくことになりました。
相変わらず長い長いレポートを書き連ねるかと思いますが
何卒お付き合いの程、よろしくお願いいたします。
それでは、また!
DSCF2263sayonara.JPG
今日までAD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (10) | トラックバック (0) | ページトップ

今シーズンの御礼

  • 2011年06月30日 20:08
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

もうかなり今さらですけど、10/11シーズンのFoot!は
6月3日の“Foot!Meeting(仮)2011”放送回で終了しました。
今シーズンの放送は全部で41回。
せっかくですから全放送回をご一緒に振り返っちゃいましょう。
まずはアペルトゥーラ分からどうぞ!

福西さん
平畠さん
林さん.JPG

8/20 #01 藤原素材でマリーニョさん&
        亘さんの「新生ブラジル代表&南米代表監督特集」
8/27 #02 西部さん&金子さんで「10/11UEFAチャンピオンズリーグ展望」
9/03 #03 粕谷秀樹Presents「ヒデキングのプレミア講座10/11①」
9/10 #04 福西さん&平畠さんで「Jリーグの外国人選手インタビュー特集」
9/17 #05 中山さんでCL&ELグループステージ第1節ハイライト
9/24 #06 倉敷保雄のスペイン紀行①木村編集長との再会enセビージャ編&
        エルクレス・バルデスインタビューwith幸谷秀巳
10/01 #07 玉乃さんでCL&ELグループステージ第2節ハイライト
10/08 #08 倉敷保雄のスペイン紀行②
         木村編集長の指導風景enセビージャ編with亘崇詞
10/15 #09 マリーニョさんで「仙台カップ特集&コウチーニョインタビュー」
10/22 #10 福西さんでCL&ELグループステージ第3節ハイライト
10/29 #11 亘さんのアミーゴを訪ねて~ローマ編~
11/05 #12 林健太郎さんでCL&ELグループステージ第4節ハイライト
11/12 #13 亘さんのアミーゴを訪ねて~フィオレンティーナ編~
11/19 #14 藤原素材でマリーニョPresents 「フルミネンセ特集
         ベレッチ&デコ&ワシントン&エメルソンインタビュー」
11/26 #15 亘さんでCLグループステージ第5節ハイライト&
         「WATAカメのアルゼンチン代表潜入リポート」
12/03 #16 良平さんでレヴァークーゼン・ハインケス監督インタビュー&
         ELグループステージ第5節ハイライト
12/10 #17 幸谷さんでクラシコ分析&CLグループステージ第6節ハイライト
12/17 #18 マリーニョさんでELグループステージ第6節ハイライト&
         藤原素材でインテルナシオナル・ジュリアーノインタビュー
12/24 #19 良平さんPresents「ドイツの育成システム」

木村さん.JPG
西部さん.JPG
良平さん.JPG

この10/11アペルトゥーラ分の一口メモは
昨年12月28日分ブログ http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/12/post_569.html
に詳細がありますので、ご参照お願いいたします。
では続いて、10/11クラウスーラに行ってみましょう。

藤原さん.JPG
中山さん.JPG
幸谷さん1011.JPG

1/07 #20 木村編集長Presents「ヒロチュグの2011年上半期大予想」
1/14 #21 藤原さん&マリーニョさんでアドリアーノ&ニウマールインタビュー
1/21 #22 玉乃淳のスペイン紀行①~ヘタフェ編~
1/28 #23 玉乃淳のスペイン紀行②~スペインの軌跡編~
2/04 #24 粕谷秀樹Presents 「ヒデキのプレミアリーグ講座10/11②」
2/11 #25 中山淳Presents 「帰ってきたリーグ・アン特集」
2/18 #26 幸谷さん&宮澤ミシェルさんでCL&EL決勝R1回戦・1st-Legハイライト
2/25 #27 原さんでCL決勝R1回戦・1st-Leg&EL決勝R1回戦・2nd-Legハイライト
3/04 #28 亘さんでJリーグ開幕インタビュー特集
3/11 #29 休止
3/18 #30 幸谷さんでCL決勝R1回戦&EL決勝R2回戦・2nd-Legハイライト
3/25 #31 中山さんのフランス紀行2011①~ボルドー編~
4/01 #32 中山さんのフランス紀行2011②~レンヌ&リヨン編~
4/08 #33 西部さんでCLベスト8&ELベスト8・1st-Legハイライト
4/15 #34 城福浩さんでCLベスト8&ELベスト8・2nd-Legハイライト
4/22 #35 マリーニョさん&幸谷さんで兄弟インタビュー&エル・クラシコ特集
4/29 #36 良平さん&幸谷さんでCL&ELベスト4・1st-Legハイライト
5/06 #37 金子さんでCL&ELベスト4・2nd-Legハイライト
5/13 #38 亘さんのアミーゴを訪ねて①~アルメリア編~
5/20 #39 亘さんのアミーゴを訪ねて②~エルクレス編~
5/27 #40 粕谷秀樹Presents 「ヒデキのプレミアリーグ総括」
6/03 #41 番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」

#20→編集長にムチャブリ大予想をお願い(アデバイヨール的中!)
#21→アドリアーノも終盤は大事なキーマンに
#22→マヌ&淳の絶妙コンビが評判に
#23→昔の仲間との飲み会は感動的でした
#24→ユナイテッド優勝をこの時点でヒデキングは確信
#25→やっぱ中山さんはフランス話の回が一番楽しそう
#26→同級生コンビの登場に話題騒然
#27→技術委員長がアジアカップの裏話を
#28→トリポジさん…
#29→東日本大震災のため休止
#30→ワシントンがメッセージを送ってくれました
#31→ワイナリーで中山さん大興奮★
#32→ロリスのいいヤツっぷりがご紹介できて大満足
#33→ファルカオ・ガルシア点取りすぎ
#34→オチャメな城福節全開
#35→この双子は一生こうなんでしょうねえ
#36→意外とこの2人が合うんです
#37→琉球、調子良過ぎじゃないですか??
#38→とうとうバルガスに会えました!
#39→トレゼゲの1問に答える長さは番組史上屈指
#40→もはや他の追随を許さないキングっぷり
#41→皆さまのご協力で素晴らしい公開収録になりました

ミシェルさん.JPG
城福さん.JPG
原さん.JPG

あと今シーズン、ペアでご登場いただいた方々の
2ショット写真もこちらにバババっと掲載しておきます。

幸谷&良平.JPG幸谷&マリーニョ.JPG幸谷&玉乃.JPG
幸谷&ミシェル.JPGマリーニョ&藤原.JPG倉敷&木村.JPG
WATA&MARI.2.JPGN&K2.JPGH&F.JPG

まあ1つ思うのは、ここまでが長い!
出演者の方々の画像もありますが、とにかく長い!
皆さんついてきてますか~??
でも、これは後々見返すと非常に有用な資料にもなるんです。
ということで申し訳ないですが、もうちょっとだけお付き合い下さい。

金子さん.JPG
玉乃さん.JPG
マリーニョさん1011.JPG

さて、Foot!も今シーズンで11シーズン目。
ワールドカップのポストシーズンということで、
自分たちなりには皆さんに興味を持っていただけるよう、
色々な仕掛けを凝らしたつもりではいます。
ただ、やはり今シーズンを振り返る時、
どうしても3月11日のことに触れない訳にはいかないと思います。

我々は00/01シーズンに放送を開始して以来、初めて“休止”を体験しました。
倉敷さんに頂いたメッセージにもあった
“娯楽は娯楽を受け入れられる環境になければ成り立たない”
という言葉の意味を痛感し、
それでも我々にできることはないかという想いは常にスタッフの頭の中を占め、
今後もそれが変わることはないでしょう。

そういう中で、シーズン最終回の“Foot!Meeting”に際しては、
義援金という形ではあるものの、有料でのイベント開催という試みにも拘らず、
あれだけの方がその趣旨に賛同して下さり、
本当に多数のご応募を頂けたことは番組制作者冥利に尽きると共に、
Foot!ファミリーの温かさを肌で実感することができ、
我々スタッフにとっても忘れられない経験となりました。
本当にありがとうございました。

「フットボールがなくても、毎日の生活は進んでいく。
でもフットボールがないと、毎日の生活は進んでいかない」
矛盾して、相反することかもしれないけれど
そういうことなのかなあと何となく感じています。
そして、発信する立場にいる自分たちは
後者を多くの人が実感できるような何かを常に提供し続けられるよう、
真摯にフットボールへ向き合っていかなくてはいけないのだと思います。

Foot!は11/12シーズンから新たなステージに入ります。
願わくば、そのステージが視聴者の皆さんにとっても
出演者の皆さんにとっても、そしてスタッフにとっても幸多からんことを。

粕谷さん.JPG
亘さん.JPG
倉敷さん.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~ここまで決まってるヤツ編~

  • 2011年06月28日 23:57
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

U-17ワールドカップに、女子ワールドカップ。
そして来月からはコパ・アメリカ。
結局オフシーズンはないと言ってもいい、世界のフットボールシーン。
そんな中、来シーズンに向けて
着々と準備を進めているクラブも少なくありません。
ということで、今回は恒例の移籍情報~現状編~をどうぞ!

Kasper Schmeichel 1986・11・5 Denmark
Leeds(ENG)→Leicester City(ENG)
Ashley Young 1985・7・9 England
Aston Villa(ENG)→Manchester United(ENG)
Sebastian Larsson 1985・6・6 Sweden
Birmingham(ENG)→Sunderland(ENG)
Phil Jones 1992・2・21 England
Blackburn(ENG)→Manchester United(ENG)
Kevin Nolan 1982・6・24 England
Newcastle(ENG)→West Ham(ENG)
Brad Friedel 1971・5・28 United States
Aston Villa(ENG)→Tottenham(ENG)

Germán Gustavo Denis 1981・9・10 Argentina
Napoli(ITA)→Udinese(ITA)
Andrea Esposito 1986・5・17 Italy
Genoa(ITA)→Lecce(ITA)
Philippe Mexès 1982・3・30 France
Roma(ITA)→Milan(ITA)
Taye Taiwo 1985・4・16 Nigeria
Marseille(FRA)→Milan(ITA)
Miroslav Klose 1978・6・9 Germany
Bayern Munich(GER)→Lazio(ITA)
Andrea Pirlo 1979・5・19 Italy
Milan(ITA)→Juventus(ITA)

Joaquín Sánchez 1981・7・21 Spain
Valencia(ESP)→Málaga(ESP)
Jérémy Toulalan 1983・9・10 France
Lyon(FRA)→Málaga(ESP)
Ruud van Nistelrooy 1976・7・1 Netherlands
Hamburger SV(GER)→Málaga(ESP)
Joris Mathijsen 1980・4・5 Netherlands
Hamburger SV(GER)→Málaga(ESP)
Javier Farinós 1978・3・29 Spain
Hércules(ESP)→Levante(ESP)
Diego Alves 1985・6・24 Brazil
Almería(ESP)→Valencia(ESP)
Nuri Şahin 1988・9・5 Turkey
Borussia Dortmund(GER)→Real Madrid(ESP)
Hamit Altintop 1982・12・8 Turkey
Bayern Munich(GER)→Real Madrid(ESP)

Manuel Neuer 1986・3・27 Germany
Schalke04(GER)→Bayern Munich(GER)
Takashi Usami 1992・5・6 Japan
Gamba Osaka(JPN)→Bayern Munich(GER)
Christian Pander 1983・8・28 Germany
Schalke04(GER)→Hannover96(GER)

Florent Sinama Pongolle 1984・10・20 France
Sporting(POR)→Saint-Etienne(FRA) ※Loan
Kévin Gameiro 1987・5・9 France
Lorient(FRA)→Paris Saint-Germain(FRA)
Vincent Enyeama 1982・8・29 Nigeria
Hapoel Tel Aviv(ISR)→Lille(FRA)

Yoshiaki Takagi 1992・12・9 Japan
Tokyo Verdy(JPN)→Utrecht(NED)
Domenico Criscito 1986・12・30 Italy
Genoa(ITA)→Zenit Saint Petersburg(RUS) 
Scott Carson 1985・9・3 England
West Bromwich Albion(ENG)→Bursaspor(TUR)
Didier Zokora 1982・12・14 Côte d'Ivoire
Sevilla(ESP)→Trabzonspor(TUR)
Halil Altintop 1982・12・8 Turkey
Frankfurt(GER)→Trabzonspor(TUR)
Tomáš Ujfaluši 1978・3・24 Czech
Atlético Madrid(ESP)→Galatasaray(TUR)
Fernando Menegazzo 1981・3・5 Brazil
Bordeaux(FRA)→Al-Shabab(SAU)

私が今回一番言いたいのは、
「ホアキン、マラガかよっ!」ってことです。
092joa.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

Jリーグ得点率ランキング(J2編)

  • 2011年06月24日 17:50
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ちょうど1週間前にやったJリーグ得点率ランキング(J1編)の姉妹企画。
J2の得点率ランキングもやってみました。
対象は今シーズンのJ2リーグで3ゴール以上挙げている選手です。
では、以下どうぞ!

1位:チアゴ(岡山) 0.83…650分/6得点
2位:ドウグラス(徳島) 0.81…333分/3得点
3位:田邉草民(FC東京) 0.70…386分/3得点
4位:豊田陽平(鳥栖) 0.69…652分/5得点
5位:平繁龍一(東京V) 0.64…562分/4得点
6位:久保裕也(京都) 0.60…754分/5得点
6位:常盤聡(水戸) 0.60…449分/3得点
8位:ラフィーニャ(草津) 0.59…769分/5得点
9位:深井正樹(千葉) 0.55…990分/6得点
10位:崔根植(栃木) 0.54…500分/3得点
11位:ジョジマール(愛媛) 0.51…702分/4得点
12位:萬代宏樹(草津) 0.50…719分/4得点
13位:森島康仁(大分) 0.49…739分/4得点
13位:井上平(東京V) 0.49…556分/3得点
15位:早坂良太(鳥栖) 0.45…990分/5得点
16位:オーロイ(千葉) 0.44…826分/4得点
17位:アレックス(草津) 0.42…858分/4得点
18位:齋藤学(愛媛) 0.39…919分/4得点
19位:リカルド・ロボ(栃木) 0.36…990分/4得点
19位:竹内彬(千葉) 0.36…990分/4得点
19位:米倉恒貴(千葉) 0.36…989分/4得点

J2のランキングで目を引くのは外国人ストライカー。
J1ではアドリアーノとケネディしかいませんでしたが、
こちらには8人がランクインしています。
中でも岡山のチアゴは得点ランキングとゴール率ランキングの2冠。
33歳にして大ブレイクの予感が漂います。

あと、特筆すべきは17歳の高校生ストライカー久保裕也。
ユース所属の2種登録ながらガッチリとレギュラーを掴み、
ここまで10試合に出場して、堂々の5ゴール。
この間、正田スタでプレーを見てきましたが
まったく予備知識のない方に「この22人の中で誰が高校生でしょう?」という
クイズを出しても正解するのはかなり難しいくらい
完璧に馴染んでいます。末恐ろしいですよ。

なお、こちらも前回同様ですが
J2の全選手の中で最もゴール率が高かったのは
湘南の中村祐也で、
15分の出場で1得点は、ゴール率にして6.25。
昨シーズンはケガで出場機会が少なかったものの、
一昨シーズンはJ2で44試合に出場して14ゴール。
0.61という高いゴール率を記録しています。
彼の復活は湘南にとって大きな補強となるでしょう。

今年もJ2から目が離せません。
DSCF2626hiratsuka.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

皆様こんにちは!

  • 2011年06月23日 18:16
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

皆様こんにちは!

デスクのももです。
3月からデスクとして働き初め、もうすぐ4ヶ月が経とうとしています。
みなさんとっても個性的で面白くていい方ばかりなので、楽しく働かせて頂いています。
この4ヶ月で感じた事。
もともとサッカーが大好きだったのですが、改めて好きになりました。
プロフェッショナルな方達に囲まれていると
色々なお話が聞けるのでとても勉強になります。サッカーって本当に面白い。

そして太りました!!!!!さらに3キロも。(←今はもっと。)
体中についているお肉を日々感じています。体が重い。。。
シーズンオフ中に最低ジムに週3日は行こうと決めていたのですが、
夏休みで旅行に行くので無理という事が判明。
そして確実に太って帰ってくるという事も判明。
帰ってきてから頑張ります…。

そして、旅行の行き先はファッションウィーク真っ最中のパリ&ロンドンです!
残念ながらサッカー観戦はできませんが食べて、飲んで、買い物して楽しんできます。
ファッションウィークといえば、過去のパリコレやミラノコレクション会場では
松井大輔選手、ヒデ、スナイデル夫妻などサッカー選手も結構姿を見せていました。
パリコレでサッカー選手を見かけたらみなさんに報告しますね。

写真は私の外国人のお友達へのプレゼント率No.1の『ちっちゃくたってイタイワニー』。
ちょっとおしゃれな感じで写っていますが対象年齢は3歳からです。
コレをあげると年齢、国籍関係なく大人達が無邪気に楽しんで遊ぶんですよ。
もうパーティーの時なんて大盛り上がり!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
今回もコノ子と一緒におパリに行ってきます。
FxCam_1308584077016-1[1].jpg
デスク もも

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

Jリーグ得点率ランキング(J1編)

  • 2011年06月17日 17:54
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

水曜日に開催されたJ1第15節。
川崎が大宮にアウェイで0-5と大勝しましたが、
3点目を決めた小林悠がノリにノッています。
9節の磐田戦で途中出場ながら劇的な決勝ゴールを挙げると、
11節鹿島戦、12節C大阪戦と同じく途中出場で連続ゴール。
一気にスタメンを勝ち獲り、14節甲府戦、そして大宮戦とまたも2戦連発。
通算5ゴールとチームのリーディングスコアラーに躍り出ました。
そして、小林はその得点ペースも圧巻。
実質1点を決めるのに要する時間は70分。
90分間あたりのゴール数で換算するゴール率は驚異の1.29!
これからスタメンに定着すれば、この数字はおそらく下がっていきますが
それでも10試合を消化した段階で、1.29は凄い数字だと思います。
ということで、今回はこのゴール率のランキングを作ってみました。
対象は今シーズンのJリーグで3ゴール以上挙げている選手です。
では、以下どうぞ!

1位:金園英学(磐田) 1.95…139分/3得点
2位:小林悠(川崎) 1.29…348分/5得点
3位:アドリアーノ(G大阪) 1.13…716分/9得点
4位:玉田圭司(名古屋) 0.88…712分/7得点
5位:北嶋秀朗(柏) 0.80…563分/5得点
6位:ケネディ(名古屋) 0.67…540分/4得点
7位:高原直泰(清水) 0.64…565分/4得点
7位:大黒将志(横浜FM) 0.64…419分/3得点
9位:ハーフナー マイク(甲府) 0.60…900分/6得点
9位:前田遼一(磐田) 0.60…900分/6得点
11位:赤嶺真吾(仙台) 0.56…800分/5得点
12位:太田吉彰(仙台) 0.48…560分/3得点
13位:山瀬功治(川崎) 0.47…767分/4得点
14位:原口元気(浦和) 0.45…800分/4得点
14位:李忠成(広島) 0.45…802分/4得点
14位:清武弘嗣(C大阪) 0.45…598分/3得点
17位:田中順也(柏) 0.44…809分/4得点
17位:阿部吉朗(甲府) 0.44…611分/3得点
19位:渡邉千真(横浜FM) 0.42…637分/3得点
19位:山崎亮平(磐田) 0.42…648分/3得点

以上が、得点率ランキングのベスト20です。
何と言っても目を引くのは、燦然とトップに輝く金園!
開幕から7試合連続途中出場で2ゴールを奪い、
初スタメンとなった前節の柏戦では豪快なボレーで先制弾。
首位撃破に貢献しました。

また、好調柏からは北嶋と田中がランクインした他にも
玉田、李、阿部など元柏勢も3人の名前が。
元々在籍した外国人も、柏を出た後に移籍先で大活躍する法則があり、
選手を見極める目は確かなようです。

ちなみにJ1でゴール率が一番高かったのは
G大阪のルーキー川西翔太。
17分の出場で1得点は、ゴール率で見ると5.26。
今後の数字の推移にも注目したいと思います。
ただ、次の出場機会に90分フル出場してノーゴールだったら
数字は0.84まで下がるので、ご注意を。

もし、また機会があったらやりたいと思います。
DSCF3449ehime.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

北東北インターハイへの道

  • 2011年06月16日 23:57
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年は秋田で行われる全国高校総体、いわゆる“インターハイ”。
このホームページでも、先日東京の1回戦をレポートしました。
関東は基本的に予選の始まるタイミングが遅いために、
まだ1都7県で1つも代表が決まっていませんが、
実は北海道と福島以外は既にすべての代表が出揃っているんです。
今日は、そんな代表校を一覧でご紹介しましょう。 
 
【青森】青森山田(12年連続15回目)
【岩手】遠野(2年ぶり25度目)
【秋田】①西目(3年ぶり6回目)②秋田南(初出場)
【山形】羽黒(4年連続5回目)
【宮城】聖和学園(2年連続2回目)

【静岡】静岡学園(2年連続2回目)
【愛知】①東邦(2年連続7回目)②刈谷(3年ぶり7回目)
【岐阜】帝京大可児(初出場)
【三重】四日市中央工業(5年ぶり26回目)

【新潟】新潟明訓(11年ぶり4回目)
【長野】都市大塩尻(6年ぶり4回目)
【富山】富山第一(2年ぶり23回目)
【石川】金沢桜丘(15年ぶり11回目)
【福井】丸岡(10年連続27回目)

【滋賀】野洲(3年ぶり3回目)
【京都】福知山成美(初出場)
【大阪】①桃山学院(初出場)②大阪桐蔭(2年ぶり4回目)
【兵庫】滝川第二(2年連続20回目)
【奈良】奈良育英(4年連続16回目)
【和歌山】初芝橋本(3年ぶり12回目)

【岡山】玉野光南(2年ぶり9回目)
【広島】瀬戸内(2年連続2回目)
【鳥取】米子北(4年連続7回目)
【島根】立正大淞南(4年連続6回目)
【山口】高川学園(2年ぶり19回目)

【香川】香川西(5年連続8回目)
【徳島】徳島市立(6年ぶり12回目)
【愛媛】松山工業(2年ぶり8回目)
【高知】土佐(41年ぶり3回目)

【福岡】筑陽学園(2年連続2回目)
【佐賀】佐賀東(2年ぶり9回目)
【長崎】海星(3年ぶり3回目)
【熊本】大津(2年ぶり14回目)
【大分】大分(6年ぶり8回目)
【宮崎】日章学園(2年ぶり9回目)
【鹿児島】神村学園(2年ぶり3回目)
【沖縄】南風原(初出場)

ここまで41代表が決定しています。
ちょっとした番狂わせが起きた地区でいうと
まずは長崎。国見がベスト8で長崎南山に敗退。
決勝で長崎日大を延長の末に振り切った海星が3年ぶりの出場を決めました。
ただ、海星は今の高校3年生が、中学3年時に全中で3位入賞した代の選手たち。
まったくの番狂わせとは言えないかもしれません。

石川では絶対的本命の星稜がベスト4で敗れる波乱。
その星稜を4-2で下した金沢桜丘が、決勝でも勢いそのままにPK戦で勝利。
15年ぶりの全国切符を勝ち獲っています。

京都でもこの冬の選手権で旋風を巻き起こした久御山が
ベスト8で3-0と完敗。立命館宇治が選手権予選決勝のリベンジを果たしました。
ところがその立命館宇治も決勝で福知山成美にPK戦で屈し、全国には届かず。
ちなみに初出場の福知山成美は、予選5試合中3試合がPK戦での勝利。
全国でもこのチームがPK戦に入ったら、要注目ですね。

その他を見ると
冬の選手権で全国を制した滝川第二、
同じく選手権でベスト4まで躍進した立正大淞南、
差波優人や室屋成を中心に高円宮杯プレミアでも無敗を続ける青森山田、
逆に高円宮杯プレミアでは奮わないものの、実力十分の静岡学園あたりが
何となくでもわかる上位進出候補ではないでしょうか。

ここに北海道、福島と関東1都7県の代表が加わって、
真夏の祭典が繰り広げられる訳です。
今のところ、おそらく少なくとも2つの地区の代表決定ゲームは
レポートできるんじゃないかなあと思っているので
高校サッカーファンの方は楽しみにお待ち下さい!
高校サッカーファンじゃない方も是非楽しみにお待ち下さい!
153inter.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

ノヴァーラ昇格!

  • 2011年06月14日 23:05
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

Jリーグでも導入が検討されているという噂もある昇格プレーオフ。
毎年その昇格プレーオフが行われているイタリア・セリエBでも全日程が終了。
来シーズンからセリエAに昇格する
最後のチームが決定しました。
そのチームとは、ノヴァーラ!んっ?ノヴァーラ?

まあ、正直に言ってかろうじて名前を聞いたことがあるくらい。
ピエモンテ州に本拠地を置くらしいのですが、どうにもピンとこないですねえ。
ということで、ちょっとノヴァーラを調べてみました。

1948‐49から、1954‐55まではセリエAに在籍していたのですが、
以降はセリエBとセリエCを彷徨い続ける苦難の時代が続きます。
そんなノヴァーラが突如として脚光を浴びたのは昨シーズン。
3部相当のレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ(旧セリエC1)で
圧倒的な成績を残して、33シーズンぶりのセリエB昇格を果たすと、
勢いそのままに今シーズンも堂々3位でフィニッシュ。
プレーオフでもレッジーナとパドヴァを退け、
55シーズンぶりとなるセリエAに返り咲いたということです。

監督はアッティリオ・テッセル、53歳。
ウディネーゼとヴェネツィアのユース年代を指導した後、
トリエスティーナなどのトップチームを率い、
2005-06にカリアリで初のセリエAを経験したものの、シーズン途中で解任。
そして、2009-10シーズンにノヴァーラの監督へ就任すると、
そこからたったの2シーズンでセリエAまで到達させるなど、
その手腕に注目が集まっています。

選手もフル代表経験者はアルバニア代表GKのサミル・ウイカニくらいで
あとはチームトップの17ゴールを決めた
30歳のクリスティアン・ベルターニを筆頭に
かなり30代の選手が顔を揃えています。
果たしてこの昇格で、どういう選手たちが集まってくるのか。
それも楽しみですね。

2011-12シーズンはちょっと日本っぽい響きの
“ノヴァーラ”にも注目してみましょう!
P3020237bor.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

ベティス昇格!

  • 2011年06月10日 17:52
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いやはや、ベティスがやっとプリメーラに帰ってきます!

08/09シーズン、まさかの18位で8シーズンぶりに
セグンダ降格の憂き目を見たベティス。
それでもエマナ、パボーネ、セルヒオ・ガルシアなど主力クラスが残るなど、
メンバーも大幅に入れ替わった訳ではなく、
当然1シーズンでまた戻ってくるんだろ~くらいに考えてました。
ところが迎えた09/10シーズン…
エルクレス、レバンテと共に同勝ち点ながら
直接対決の成績で2クラブを上回れず、まさかの4位…
実は日本にも少なくない人数が存在しているベティコを
ガッカリさせまくった訳です。

背水の陣で臨んだ10/11シーズン。
開幕戦でグラナダを4-1で一蹴すると、
最初の10試合を8勝1分け1敗で突っ走り、スタートダッシュに成功。
クリスマス休暇の前までは17試合で41ゴールという
破壊的な攻撃力で各チームを震え上がらせ、
自動昇格となる2位以内はほぼ確定というような好調をキープします。
加えて、ヘタフェを下して臨んだコパ・デル・レイのバルセロナ戦でも、
カンプ・ノウでは5-0と沈黙させられたものの、
ベニート・ビジャマリンではそこまで公式戦28試合連続無敗を
継続していた世界最強クラブに3-1で快勝。
“バルサ敗れる”のニュースは世界を駆け巡り、
久しぶりに世界のフットボールファンから脚光を浴びちゃったんですねえ。

ただ、この後の成績が何ともベティス。
直後の7位(以下、順位はいずれも当時)ビジャレアルB戦に0-1で敗れると、
まるでバルサ戦ですべての力を使い果たしてしまったかのように
8位グラナダ、18位レクレアティーボ、12位エルチェ、13位バジャドリーと
中位から下位のチーム相手に怒涛の5連敗。
順位も3位まで急降下し、4位以下との勝ち点差も一気に吐き出してしまいます。
しかし、ここからが昨シーズンとは違いました。
苦しみながらも5試合連続負けなしで首位を奪還。
31節に行われたラージョとの首位攻防戦で敗れ、一度は2位に転落しましたが
33節から36節までの4試合で15ゴールを奪い、再びトップへ。
38節のテネリフェ戦に勝利すると、他クラブとの勝ち点比較で見事昇格を果たし、
すっかり同じ街のライバルに差を付けられっぱなしだった
クラブのサポーターも久々に溜飲を下げた格好となりました。

私が初めてベティスを見て、虜になったのは01/02シーズンぐらいから。
いわゆるホアキン、デニウソンを生かした超攻撃的サッカーに
一発で魅せられたのがキッカケでした。
当時のメンバーは、もう男前のアルスくらいしか残っていませんが
バルサ戦で確認できたアグレッシブなスタイルならば、
来シーズンのプリメーラに旋風を巻き起こす可能性は十分。
いやはや、ここから始まるベティスの猛反撃を皆さんお楽しみに!
でも、まず最大の目標は1シーズンで降格しないことですよ☆
ベティスshop.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」義援金報告

  • 2011年06月01日 17:45
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

5月29日(日)に番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」を開催し、
東日本大震災被災地への義援金の募金をお願いいたしました。
皆さまにご協力いただき、チャリティーオークションも含めて
集まった義援金合計額は411,200円になりました。
                                             
お預かりした義援金は本日、日本赤十字社を通じて全額を寄付いたしました。
ここに謹んでご報告させていただきます。

多くの皆様のご協力に深く御礼申し上げますとともに
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

Foot!スタッフ一同

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

公開収録の御礼

  • 2011年05月29日 21:37
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先程、結局残念ながらくっつかなかったTシャツなどを携えて、
画伯と会社へ帰ってきました。
自分のデスクに座ると、その空間があまりに日常過ぎて
さっきまで自分が身を置いていた熱狂が
まるで夢の中の出来事だったように思えます。

今日会場へお越し下さった皆さん、
“お足元の悪い中”ご参加いただきましてありがとうございました。
最初の前々説から数えれば、ざっと3時間強の長丁場となりましたが、
皆さんが例年以上に一体感のある雰囲気を作って下さり、
無事チャリティーオークションを含めた収録を終えることができました。

実は、今日盛岡からご参加下さる予定だった方がいらっしゃいました。
しかし、被災地の沿岸の宮古に被災者の医療救援活動に
急遽行くことが決まったとのことで、ご参加頂けなかったんです。
そのお話を聞いて、被災地の復興にゴールというものは
ないのだと改めて痛感しました。

ただ、仮にゴールがないのであれば
1つでも多くの“スタート”を増やしていくことが
大事なんじゃないかとも今は思っています。
Foot!も自分たちにできることを色々と考えて
今日まさに被災地の復興に微力ながら協力するためのスタートを切りました。
そして、会場にお越し下さっていた方の中には
既に様々な活動をされてきた方もいらっしゃるかもしれませんが、
「自分は何をしたらいいのだろう」
「自分には何が出来るのだろう」と考えてらっしゃった方にとっては
まさにスタートになったのではないかと思います。

今日あの会場で生まれたスタートが、さらなる多くのスタートを導くような
そんなFoot!Meetingになったのであれば、これ以上嬉しいことはありません。
そしてあの素晴らしい雰囲気を感じることができた私は
そんなFoot!Meetingになったことを確信しています。

あとはVTRの編集ですね。
なんやかんやで色々とスルーされ続けた結果、
20分弱ぐらいは時間をオーバーしていますから、
そこをどう切り貼りするかに是非ご注目下さい。
また、会場にお越しいただけなかった皆さんもご安心を。
どこをどう切り取っても間違いなく面白い1時間になりますから!
では、皆さんさすがにオヤスミナサイ☆
P5290315foot.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (6) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」観覧応募の御礼

  • 2011年05月17日 15:49
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

日曜日で応募を締め切らせて頂いた、
番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」。
今年は過去3回とは多少意味合いが異なる回となりましたが、
多くの方から今回の趣旨にご賛同をいただけた事、
本当に感謝しております。
改めてフットボールの持つ力、
そしてFoot!Peopleの温かさを感じることが出来ました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

趣旨を考えると、本来であれば応募して下さった全員の方々に
ご参加頂ければそれ以上のことはないことも重々承知しており、
大変心苦しくはありますが、
100人の方を厳正なる抽選で決定させて頂きました。
今日の午前中に当選通知を郵送にて発送いたしましたので
ご当選された方は明日か明後日に、当選通知が届くと思います。
今回は残念ながら外れてしまった皆さん、大変申し訳ありません。
実は今後番組として皆さんにもご協力を頂きたく思っている
チャリティ企画がありますので、是非そちらでのご協力もお願いいたします。
では、当選されたみなさん、
寝不足必至の29日に大崎でお待ちしています!
DSCF5548kokai.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2011」観覧希望者募集のお知らせ

  • 2011年05月06日 23:55
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今シーズンもそろそろ終了が近付いてきました。
ここ数年、シーズンの最終回として恒例になりつつある公開収録を
「Foot!Meeting(仮)2011」として今年も開催したいと思います。
ただ、今回は今まで開催してきた3回とはちょっと違う点があります。

3月11日に東北地方太平洋沖地震が起きてから、
倉敷さんをはじめとして我々Foot!スタッフは
このあまりにも大きな事態に対して
自分たちには何が出来るのかを自問自答してきました。

日本中で視聴して頂くことのできる我々の番組は
きっと被災された地域の方々にもご覧頂いていたはず。
そうした方々も含めた被災者の方々へ
無力な自分たちでも何か出来ることはないかと
ずっと考えてきました。

そんな中で至った結論は、やはりFoot!にできるのは
Foot!を通した貢献だろうということ。
ということで、今回の「Foot!Meeting」は
チャリティーイベントという形で開催させて頂きたいと思います。
過去3回は無料を貫いてきた会費を今回は2000円に設定し、
皆さまから頂いた会費は、その全額を義援金という形で
当社を通じて被災者の方々の救援および被災地の復興に
役立てて頂くために日本赤十字社へ寄付いたします。

また、当日は出演者の方からご提供頂いたグッズや
スタッフ秘蔵グッズなどによるチャリティーオークションを実施し、
その全額も当社を通じて日本赤十字社へ寄付いたします。

ということで、現時点ではこんなことが決まっています。

■日時:5月29日(日)13:00開場 14:00収録開始 
■会場:FooTNiK大崎店 
■出演者:粕谷秀樹、幸谷秀巳、倉敷保雄(MC)、ブルータス八戸(司会)
■観覧募集人数:100名 ※2人での申し込みも可。応募多数の場合は抽選。
■会費:2000円

収録はチャンピオンズリーグ決勝が終わったばかりの日曜午後。
出演して下さるお2人も決勝のカードを考えれば、納得でしょうか。
皆さんも寝不足でのご参加となるのは間違いないと思いますが、
是非我々Foot!Peopleのパワーを結集させましょう!

また、応募フォームには1人での観覧か、2人での観覧か、という欄があります。
2人での観覧を希望される方は、
お名前のみ代表者と同行者という形で
2人の情報を1つの応募フォーム上に入力して下さい。
名前以外の個人情報については代表者の方の情報のみで構いません。
今後、追加情報が発生した場合には随時HP上にアップしていきます。
なお、観覧応募の締め切りは5月15日(日)までとなります。
それでは多数のご応募お待ちしております!
公開収録0515-1[1].jpg


■必要事項を入力の上、ご応募ください。
■ご応募はお一人様1回のみとさせていただきます。
■締切は5/15(日)です。

※締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国壱部事情(2011・3)

  • 2011年03月20日 21:27
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2部の昇格争いに触れるなら、
1部の残留争いに触れない訳にはいきませんね。
でも、こっちは現状を数字だけでご紹介しておきます。
なお、勝手に降格圏と6ポイント以内を危険ゾーンと設定して掲載しました。
また、いずれも順位表は先週末のモノで
昨日と今日の結果は反映されていませんのでご注意を。

【イタリア・セリエA】
13位・キエーヴォ 32pts
13位・カターニア 32pts
15位・サンプドリア 31pts
16位・チェゼーナ 29pts
16位・パルマ 29pts
==============
18位・レッチェ 28pts
19位・ブレシア 26pts
20位・バーリ 17pts

【イングランド・プレミアリーグ】
9位・エヴァートン 37pts
10位・ニューカッスル 36pts
11位・フルアム 35pts
12位・ストーク・シティ 34pts
13位・アストン・ヴィラ 33pts
14位・ブラックバーン 32pts
15位・ブラックプール 32pts
16位・ウエストブロム 32pts
17位・バーミンガム 31pts
==============
18位・ウエストハム 31pts
19位・ウォルヴァーハンプトン 29pts
20位・ウィガン 27pts

【スペイン・リーガエスパニョーラ】
12位・レバンテ 32pts
13位・オサスナ 32pts
14位・デポルティーボ 31pts
15位・ラシン 30pts
16位・サラゴサ 30pts
17位・スポルティング・ヒホン 29pts
==============
18位・アルメリア 26pts
19位・エルクレス 26pts
20位・マラガ 26pts

【ドイツ・ブンデスリーガ】
10位・シャルケ04 33pts
11位・1FCケルン 32pts
12位・ブレーメン 32pts
13位・カイザースラウテルン 31pts
14位・フランクフルト 31pts
15位・シュトゥットガルト 28pts
==============
16位・ザンクトパウリ 28pts
==============
17位・ヴォルフスブルク 26pts
18位・ボルシア・メンヘングラートバッハ 23pts

【フランス・リーグアン】
11位・ソショー 35pts
12位・ブレスト 35pts
13位・ニース 34pts
14位・ヴァランシエンヌ 33pts
15位・オセール 32pts
16位・カーン 32pts
17位・ナンシー 32pts
==============
18位・モナコ 29pts
19位・ランス 28pts
20位・アルル 12pts

正直、どこの国のリーグも非常に混戦です。
いずれも残りは10ゲーム前後。
プロの世界に付き物とはいえ、厳しい戦いが続きますね。
写真は苦戦が続くけど頑張って欲しいウィガンのホーム、DWスタジアム。
003DW.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国弐部事情(2011・3)

  • 2011年03月19日 23:53
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

実はそこそこ恒例ながら、10/11シーズンは1回もやってなかったあの企画。
ということで、今回はそろそろ佳境を迎えつつある
欧州各国の2部リーグ事情をお届けしたいと思います。

まずは【イタリア・セリエB】から。
レギュレーションは1位と2位が自動昇格。3~6位はプレーオフです。
現在は31節まで消化して(2チームが1試合、1チームが2試合未消化)、
首位に立っているのは60ptsのアタランタ。
2011年に入ってからは1度も負けることなく、ここに来て14戦無敗。
キャプテンのクリスチャン・ドーニを擁するチームは、
一気に昇格争いの主役へ躍り出ることになりました。
また、自動昇格圏内の2位には3pts差で
アタランタと同じく降格組のシエナが入っています。
プレーオフ圏内へ目を移すと、
3位には55ptsでノヴァーラという聞き慣れない名前が。
ただ、10節から23節までは首位をキープし続けるなど、安定感は随一。
昨シーズンも圧倒的な成績でセリエC1を制しており、連続昇格を狙っています。
4位は50ptsで同じくセリエC1からの昇格組ヴァレーゼで、
5位は3シーズンぶりのセリエA復帰を目指す47ptsのレッジーナ。
そして6位には43ptsでリヴォルノが入っているものの、
そこから12位のエンポリまではわずかに3pts差。簡単に引っ繰り返る数字ですね。
得点ランクは1位が17得点でピアチェンツァのダニエレ・カーチャ。
2位には15得点でチッタデッラのフェデリコ・ピオヴァッカーリと、
パドヴァのダヴィデ・スッチ、エンポリのクラウディオ・コラッリが並んでいます。
上位陣のストライカーは意外とそれほどランクインしてませんでした。
今後の注目カードは、
ノヴァーラが4月22日開催予定の37節でレッジーナ、
5月7日開催予定の38節でシエナと続けて上位対決。
ヴァレーゼも39節レッジーナ戦と、5月22日開催予定の41節シエナ戦は
今後次第で自動昇格圏内を争う好カードに。
こう考えると、もうあまり上位陣との対戦を残していないアタランタは
非常に優位に立っていると言えるかもしれません。

次は【イングランド・チャンピオンシップ】。レギュレーションはセリエBと同様です。
現在、37試合を消化(4チームが1試合未消化)している段階で
首位は開幕以来、ほとんど首位をキープし続けている73ptsのQPR。
倉敷さんもフルネームで言いたがる傾向のある
クイーンズ・パーク・レンジャーズです。
元々非常に伝統のあるクラブでしたが、
1995/96シーズンを最後にトップディヴィジョンからは遠ざかっています。
チームの中心はスパーズから完全移籍を果たしたアデル・ターラブト。
ここまで驚異の15ゴール15アシストでチームを牽引。
来シーズンはロフタス・ロードへプレミアが帰ってくるかもしれません。
2位は66ptsのノリッジ。2004/05シーズンはプレミアで戦っていたものの、
一時は3部相当のリーグ・ワンまで降格。ようやくここまで戻ってきました。
そしてプレーオフ圏内には懐かしい顔もチラホラ。
3位はチェルシーから加入のスコット・シンクレアがブレイクした63ptsのスウォンジー。
4位はクレイグ・ベラミー率いる62ptsのカーディフ・シティ。
5位は私も個人的に大好きだった61ptsのリーズ・ユナイテッド。
3シーズンの3部生活を強いられ、ようやく戻ってきたチャンピオンシップで
昨年末くらいから徐々に調子を上げて、プレーオフ圏内へ入ってきました。
特徴はリーグトップの69得点と、リーグワースト3の58失点という
出入りの激しいゲーム内容。4対6で負けたり、5対2で勝ったりしているので、
見ている方にとっては面白いゲームが多いのかもしれませんね。
なお、レギュラーGKはあのカスパー・シュマイケルです。
6位は昨シーズン3位ながらプレーオフで敗退した60ptsのノッティンガム・フォレスト。
第1回トヨタカップの欧州代表も、1998/99シーズンにプレミアから降格して以降は
下部リーグを彷徨っていましたが、昨シーズンの躍進を受けて
やっとプレミア昇格も視野に入る位置まで帰ってきました。
以下は7位に57ptsのバーンリー、8位に56ptsのワトフォード、
阿部勇樹の所属するレスターは55ptsで10位となっています。
なお、降格組のハル・シティ、ポーツマスは
それぞれ9位、13位と苦戦を強いられてますね。
得点ランクは1位が21得点でワトフォードのダニー・グレアム。
2位が18得点でレディングのシェイン・ロング。
3位に16得点で前述のシンクレア、リーズのルシアーノ・ベッキオ、
ノリッジのグラント・ホルトと3人が並んでいます。
今後の注目カードは
4月2日開催予定のリーズ対ノッティンガム・フォレスト、
4月9日開催予定のスウォンジー対ノリッジ、
4月23日開催予定のカーディフ対QPR、といった感じです。

続いて、【スペイン・リーガアデランテ・セグンダディビシオン】
まさかのレギュレーション変更で、イタリア、イングランドと同様にプレーオフ導入!
29節終了時で、首位に立っているのは先日Foot!でも直撃した
テレサ・リベロが会長を務める57ptsのラージョ・バジェカーノ。
シーズン序盤から3位以内をキープし続け、ここへ来て首位を奪取しました。
2位はもういい加減にプリメーラへ帰って来て欲しい、56ptsのベティス。
全世界を震撼させた衝撃のバルサ撃破後、
反動からか悪夢のリーグ5連敗を喫しましたが
再び持ち直して現在は自動昇格圏内。メンバーで考えたら昇格は最低条件です。
そして、プレーオフ圏内の3位は54ptsのセルタ。
ここもセグンダ4シーズン目にして、とうとうやってきた昇格のチャンス。
全然試合には出てないですけど、キャプテンはあのボルハ・オウビーニャです!
この3つは往年のリーガファンにとって、グッと来るクラブですよねえ。
4位はルイス・エンリケ監督率いる47ptsのバルセロナB。
ここ4試合で18得点と、とんでもない確変ぶり。
でも残念ながらトップチームがプリメーラにいるため、
プレーオフ進出および昇格はできません。
5位は年明けから急上昇してきた45ptsのグラナダ。
1975/76シーズン以来、実に35シーズンぶりのプリメーラへ
今が最も近付いているのは間違いないところ。
得点ランクトップのアレシャンドレ・ヘイホがチームを牽引しています。
6位は44ptsのビジャレアルB。
こちらも年明けから4連勝と、調子を上げてきたものの
プレーオフ進出および昇格はできません。
となると、重要になってくるのは7位と8位。
ここには共に44ptsでエルチェとカルタヘナが付けています。
さらに、数字的には42ptsのジローナ、40ptsのアルコルコン、シェレスも
十分可能性がありそうですねえ。
得点ランクは1位が19得点で前述のヘイホと、バルサBのジョナタン・ソリアーノ。
3位が17得点でアルコルコンのキニ。
4位が16得点でバジャドリーのハビエル・ゲッラ。
5位が15得点でベティスのルベン・カストロとなっています。
なお、ルベン・カストロは2004年のデポル在籍時にインタビューしたことがあります。
今シーズンの目標を聞いた所、
「チームに残って活躍することだね」と話してくれましたが、
その1週間後に他のチームへレンタル移籍に出されてしまった過去があるので、
是非頑張って欲しいものです。
注目カードは
3月26日開催予定の31節ラージョ×ベティスの首位攻防戦、
4月2日開催予定の32節ベティス×セルタのこちらも自動昇格圏内攻防戦、
5月14日開催予定の38節セルタ×ラージョ、
5月28日開催予定の41節グラナダ×エルチェもプレーオフ圏内を争う
直接対決になりそうな予感がします。

なお、【ドイツ・ツヴァイテブンデスリーガ】
1位が56ptsのヘルタ・ベルリン、2位が51ptsの細貝萌が所属するアウグスブルク、
3位のプレーオフ枠は49ptsのチョン・テセが所属するボーフム。
相馬崇人が所属するコットブスは45ptsで6位となっています。
【フランス・リーグドゥ】は1位が45ptsのアジャクシオ、
2位が44ptsのル・アーブル、3位が同じく44ptsのル・マン、
4位には1pts差でエヴィアンが付けています。

次は各国ともプレーオフ進出クラブが出揃った頃にやりたいと思ってます。
写真は一昨年に訪れたので頑張って欲しいハル・シティのKCスタジアム。
003hull.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

ちょっと不思議な写真シリーズ③

  • 2011年03月17日 23:03
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日も前回のハイライトがないので第3弾として
過去に訪れた海外のロケ地に日本のロケ地(個人旅行含む)も加えてご紹介します。
なお、全体的なイメージはかの名作「VOW」を若干意識しております。

2006・1 スペイン・バルセロナ
DSCF1393luis.JPG
どっかの服屋。この頃が全盛期だったかな~

2008・4 スコットランド・グラスゴー
DSCF2835shun.JPG
セルティックパーク。俊!
でもこのコーナーがあったのはやっぱスゴイですねえ。

2008・4 スコットランド・マザウェル
DSCF2922mother.JPG
ゴッチャになっちゃった!

2008・8 三重・鳥羽
029chusyakinshi.jpg
ちゅ~しゃきんし~

2008・12 岐阜・関ヶ原
063ocha.jpg
ロイヤルストレートフラッ~~シュ!!

2009・8 イングランド・ロンドン
DSCF4324kame.JPG
英語から読み取るに“カメさん”だと思うんですけど
やっぱり海外仕様の甘さが垣間見えます。

2009・8 イングランド・ストーク
DSCF4414stork.JPG
おっきいジョン・リッチーさんとちっちゃいジョン・リッチーさん

2009・8 イングランド・ストーク
DSCF4417darts.JPG
ラッパーは立入禁止。

2009・8 イングランド・リヴァプール
DSCF4428everton.JPG
エヴァートンのホームスタジアムであるグディソン・パークのすぐ横にて。
チームカラーに倣ったという解釈でいいでしょうか…

2009・8 イングランド・サンダーランド
DSCF4510sunder.JPG
クラブのレジェンド監督なんですけど
コートのはだけ方といい、走り方といい、ちょっと夜道では…

2009・8 イングランド・バーンリー
035coil.jpg
オーウェン・コイルのリアルお面。

2009・12 静岡・エコパ
019ecopa.jpg
何人??

2010・2 フランス・マルセイユ
DSCF5164tsubasa.JPG
ロベルト・セジーニョさんの存在感抜群。

2011・3 フランス・ボルドー
P3010216kyokudo.jpg
SUPER DRY RESCUE=極度乾燥しなさい☆

お付き合いいただき、ありがとうございました。
またストックが貯まったらいつの日かお会いしましょう。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

ちょっと不思議な写真シリーズ②

  • 2011年03月16日 20:19
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日も前回の楽曲紹介がないので第2弾として
過去に訪れた海外のロケ地にて
もしかしたら現地でも当たり前に受け入れられてないかもしれないけど
個人的には特に違和感を覚えたり、特に失笑を禁じえなかった写真をご紹介します。

2007・7 デンマーク・コペンハーゲン
DSCF2230SEMCO.JPG
“ALARM”って書いてあるんで
たぶんセキュリティシステム的なモノだと思うんですけど
なんか日本でも似たような社名を見たことある気が…

2007・7 スウェーデン・マルメ
DSCF2263MAC.JPG
なんかこの人は見たことあるんですけど
なんかよくわからない言葉しゃべってたんです。

DSCF2351MAC2.JPG
たぶん外にいたこの人と同一人物だと思うんですけど
こっちはこっちでしゃべらないんですよねえ。

2009・2 フランス・パリ
DSCF3699paris.JPG
エッフェル塔も観光地。

2009・2 フランス・パリ
DSCF3881paris2.JPG
シャンゼリゼ通りのそこそこオシャレセレクトショップにて
売られていたオシャレTシャツ的な。
のんちゃんって誰?

2009・2 フランス・リヨン
DSCF3871lyon.JPG
美食の街・リヨンのレストランにて出てきたナプキン。
意外と緊張感のあるイラストです。

2009・8 イングランド・ロンドン
DSCF4320spurs.JPG
ホワイト・ハート・レーンで僕と握手!

2009・8 イングランド・ロンドン
DSCF4227mune.JPG
胸トラップ男爵。

明日はこのシリーズの最終回として
第3弾を絞り出す予定です。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

ちょっと不思議な写真シリーズ①

  • 2011年03月13日 22:46
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日は過去に訪れた海外のロケ地にて
現地では当たり前に受け入れられてるっぽかったけど
個人的には違和感を覚えたり、失笑を禁じえなかった写真をご紹介します。

2006・1 バルセロナ
007サビオラ2.jpg
カンプノウのグッズショップ地下1階エスカレーター脇にて。
移籍してしまったサビオラのステッカーが
ゴミ箱の見えにくい所に貼ってありました…

2008・4 スキポール(アムステルダム)
137コージー.jpg
写真は何の問題もありません。
空港で知り合った東本さんとオッサンが意気投合したって話です。
でも、そこで盛り上がりすぎたためにもうちょっとで飛行機に乗り損ねる所だったんです。
以降、時間は私が管理することになりました。

2008・4 スコットランド・ネス湖
185ネス.jpg
ネス湖にもネッシーショップみたいなのがあるんですけど
あまりに商業ベースでちょっとビックリしました。
こんな色でしたっけ?

2008・7 オランダ・ユトレヒト
056ユトレヒト.jpg
倉敷さんも是非行きたいということで探したミッフィーの像がある公園。
でも、地元の人に聞いても「知らない」「わからない」ばかり。
ようやく辿り着き、感動の対面を果たしたミッフィー像がコレ。
イカみたいな落書きまであって、正直脱力しました…

2008・7 オランダ・アムステルダム
037レストラン.jpg
アムステルダムの日本/中華料理屋の店頭。
「美味で壁に掛けていた神佛もよだれを流し飛び降りてきて食べたくなる程の料理」
気になったけど、当然オーダーはしませんでした。

2008・8 トゥヴェンテ
005トゥヴェンテ.jpg
ウチにしては珍しく、クラブを通してスタジアム内部を取材したトゥヴェンテ。
するとクラブ広報が誇らしげに「ここにはオランダでも珍しい立派な浴槽があるんです」と。
それがコレ。「サ、サンキュー」って言ったのを覚えています。

2008・8 ロッテルダム
022ロッテルダム.jpg
コレは空が映ってるんじゃありません。プリントされてるんです。
しかもロッテルダムで、このイタリア仕様。目的が見えません。
思わず左端に映ってる倉敷さんも2度見しています。

2008・8 アイントホーフェン
014アイント.jpg
↑正面
012アイント側面.jpg
↑側面
もうトータルで意味わかりません…

オランダだけで結構ありますねえ。
今週は楽曲紹介や前回のハイライトもないので
このシリーズを何回かお届けしようかと思っています。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

本日の「Foot!#29」放送休止の件

  • 2011年03月11日 20:36
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いつも番組をご視聴頂きましてありがとうございます。
放送を予定していました「Foot!#29」は
本日3月11日に発生した地震の影響により、休止となりました。
なお、#29の放送を予定していた時間には
前回放送分の#28を放送いたします。

城福さんのご登場を楽しみにしていたみなさん、申し訳ありません。
近日中に再び番組へご出演頂けるよう調整いたしますので
今後とも宜しくお願いいたします。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2011(2)ジェルラン最寄りのジャパニーズ~おいしさにマジメです~

  • 2011年03月02日 08:29
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

リヨンで取材している間、
我々はスタッド・ドゥ・ジェルランから歩いて数分の所に宿泊していました。
ある夜、近場でディナーにしようとホテルを出て、
ほんの少し歩いていたら日本料理屋があったんですけど
店構えがコレ!
P2240082WATAMI1.jpg

なんか見たことあるじゃないですか!
でも、日本料理屋でしたっけ??
一気に興味をそそられた我々一行は魅入られるかのように店内へ。
すると鏡調になっている柱には衝撃のロゴが!
P2240084WATAMI2.jpg

なんか見たことあるじゃないですか!
出てきたメニューの表紙にも衝撃の言葉が!
P2240085WATAMI3.jpg

なんか聞いたことあるじゃないですか!
でも、おいしさにはマジメでも、権利関係にもマジメですか??
オーダーを取りに来た店員にどうしてこの店名なのかを聞くと
「香港にたくさんあるんですよね。私は中国人とカンボジア人のハーフですけど」
全然答えになってね~!!

しかもビュッフェ形式になってたんですけど
日本料理屋を謳っているにもかかわらず
P2240089WATAMI4.jpgP2240090WATAMI5.jpg
日本料理これだけ!!

他には
P2240091WATAMI7.jpgP2240092WATAMI8.jpg
P2240094WATAMI9.jpgP2240095WATAMI10.jpg
どうみても中華ビュッフェだろ~

しかも食後にはしっかり飲み干すと裸の女性と男性が出てくるという
しょうもないおちょこに入った紹興酒まで出てくる徹底ぶり。
P2240097WATAMI11.jpg

美味しかったですけどね☆
ディナー時はビュッフェ形式で1人21.8ユーロと居酒屋のコースレベル。
スタッド・ドゥ・ジェルランでゲームを見る際には
是非“日本料理”和民へ!
P2240074WATAMI STAD.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2011(1)偶然の再会~“日本人”の絆~

  • 2011年02月24日 17:15
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

突然ですが、中山さんとフランスに来ています。
なにげに3年連続なんですけど、過去2年同様で
一応取材の申請は出しているものの、果たしてそれが実際にいつできるのか、
はたまたちゃんとできるのかはまださっぱりわかりません。
これがフランス流と言えばフランス流なんですよねえ。
ただ、過去2年とは違って今回はせっかくリーグ・アンの放送もやっているので、
できる限りのことをやりきって、是非みなさんに中継を見るのが楽しくなるような
いい放送をお届けしたいと思ってます。
とりあえずリヨンの選手がファンサービスするシーンでは
それぞれのキャラクターが浮き彫りになるVTRを撮影できたのでお楽しみに!

さて、成田を出発した22日。
我々2人はフランクフルトから、パリではなくリヨンへ飛び、
荷物だけすぐ解いて、スタッド・ドゥ・ジェルランで行われた
CLのリヨン×レアル・マドリーへ向かいました。
ゲームの内容は先日ここで書いた通りなんですが、
そこでちょっとした再会があったので、そのお話を。

スタジアムの入口受付でアクレディ(取材許可証)を受け取り、
階段を上って記者席のゾーンに入っていくと、
キックオフ10分前ということもあってほとんど席は埋まっている中、
最上部の壁にもたれかかっている人影が。
しかもよく見ると日本人っぽい顔立ちをしています。
まあ、毎年お会いするフランス在住の方たちもいらっしゃいますし、
カードもいいので日本から来る人もいるわな、と思ってよく見ると

(土屋)「あれ、工藤くん??」(コレは頭の中で)
工藤君ぽかったんです。
(土屋)「あれ、工藤君??」(コレは声に出して)
(工藤)「んっ??」(コレは工藤君の頭の中の想像)
(土屋)「J SPORTSの土屋です」
(工藤)「えっ??」(声を失った感じ)
(土屋)「やっぱ工藤君か~」
(工藤)「なんでこんな所にいるんですか??」
(土屋)「実はフランスロケでさ~、久しぶりだね~」

今から7年前のある日、
私はそれこそ学生の頃からお世話になっている
スポーツショップ日本人にフラッと立ち寄ったんです。
すると、店内には若いお客さんが先にいらっしゃって、店員の方から
「この人はライターを志望していて、今度スペインに留学するんですよ」と
紹介されました。
どちらもフットボールバカだということは一目でわかり
散々アレコレとフットボールトークを繰り広げた後で
お互いに頑張ろうという話をして、その場は別れました。

後日、何回かメールのやりとりがあったので
彼がバルセロナへ留学したことや、EURO2004に行ったことは知っており、
当時入社2年目だった私もまだFoot!のスタッフになったばかりで
彼が頑張ってるのを聞いて、自分の励みにしていたのを覚えています。

数年後、あるWEBサイトで偶然彼の文章を目にしました。
それはまさにあの時、スポーツショップ日本人で会った時の
フットボールに対する熱量を感じさせるような内容で
彼がスペインで戦っていることがよくわかる文章でした。
きっと彼は文章を書く仕事に対する覚悟みたいなものを決めたんだなあと
思ったことを覚えています。

そして、さらに数年後、
Foot!とも色々な意味でかかわりの深い「footballista」に
彼の文章が掲載されるようになりました。
今ではスペインの主要担当として
ほぼ毎週彼の熱量を誌面上から感じることができるし、
木村編集長も「彼は頑張ってるよ」とおっしゃっています。

7年ぶりに会った工藤君は当然とはいえ
周囲のほとんどが外国人の中でも、堂々として見えたのが印象的でした。
あの時、原宿のスポーツショップ日本人で出会った2人の“日本人”が
まさか7年後にスタッド・ドゥ・ジェルランで再会することになるなんて
思いもしなかったけど、本当に嬉しかったなあ。
お互いにそれぞれの持ち場があってあんまり話はできなかったけど、
きっと彼とはまたどこかフットボールのある場所で会えるような気がします。
やっぱりフットボールは人を繋ぐということを改めて実感した夜でした。

凄い個人的なことですけど、ちょっとした思い出話でした。
P2230044gerland2.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

画伯と行く島原紀行(1)新人監督の確固たる決意

  • 2011年02月19日 21:46
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

実は木曜日に石神画伯と島原へ行ってきました。

こんな所を通過しながら
島原1-2.jpg

南国っぽい雰囲気も感じつつ
島原2.jpg

おジャマしたのはここ
島原3.jpg

島原でキャンプ中のギラヴァンツ北九州です
島原4.jpg

この日はあいにくの雨、というか豪雨…
島原5.jpg

そんな中でも、選手も含めて一番声を出していたのは間違いない
あの人にお話を聞いて来ました。
島原6.jpg

この模様は3月4日に放送予定の
Jリーグ開幕特集でお届けできると思いますので是非お楽しみに!
そう言えば島原にはこんな人もやってきていましたよ。
合成写真じゃありません☆
島原7.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

オーバーヘッド今昔物語

  • 2011年02月13日 22:18
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ご覧になった方も多いと思いますが、
昨日のルーニーはホント凄かったですねえ。
横からのクロスを完璧にジャストミートさせてのオーバーヘッドゴール!
しかもマンチェスターダービーの決勝ゴールですから、
意味合いも相当大きなモノだったでしょう。
おそらく悔しくて仕方がなかったであろうシティのサポーターまでもが
現場で見ていた人なら一生語り継いでいきそうな
スペシャルな一発だったと思います。
やっぱりオーバーヘッドっていうのは人の心を揺さぶりますね。
ということで、今日はなんとなく
アレは凄かったなあというオーバーヘッドを列挙してみます。

【1982年スペインワールドカップ準決勝 ドイツ 3×3 PK5×4 フランス】 
☆ドイツの3点目となったフィッシャーのオーバーヘッド

シチュエーションもビハインドを追い掛ける延長後半。
このフィッシャーのオーバーヘッドで同点に持ち込んだドイツが
PK戦で決勝進出を決めるという、ドラマも含めて。
私がこれを初めて見たのは倉敷&金子&戸塚というコメンタリーが入ったDVDでした。

【第66回全国高校選手権大会3回戦 四日市中央工 2×0 古河一】
☆四中工の2点目となった松本安司のオーバーヘッド

小学生だった自分がたぶんリアルタイムで見た最初のオーバーヘッド。
とにかくインパクトが強烈で「ああ、翼くんみたいだなあ」と
ちょっと放心状態になったのを覚えてますねえ。
松本さんは今、選手権にも出場した藤枝明誠でコーチを務めています。

【1996年アトランタオリンピックアジア最終予選決勝 日本 1×2 韓国】
☆日本の1点目となった城彰二のオーバーヘッド

準決勝でサウジと激戦を繰り広げた末、28年ぶりのオリンピック出場を
決めた直後の決勝でしたが、日韓戦ということもあってお互いに真剣勝負。
そんな中、1点のリードを許した状況で城がトラップからの鋭いオーバーヘッド。
城が代表で決めたゴールの中では、ジョホールバルと並んで
最も印象深いゴールの1つではないでしょうか。

【98/99セリエA第11節 ペルージャ 2×0 ピアツェンツア】
☆ペルージャの1点目となった中田英寿のオーバーヘッド

開幕戦でユヴェントス相手に2ゴールと華々しいデビューを飾り、
イタリア中の注目を集めつつあった中田英寿。
そしてやはりこのオーバーヘッドがイタリアでの評価を
決定付けたと言えそうです。アシストがラパイッチというのも懐かしいですね。

【00/01リーガ・エスパニョーラ第38節 バルセロナ 3×2 バレンシア】
☆バルセロナの3点目となったリバウドのオーバーヘッド

勝った方がチャンピオンズリーグ出場権を獲得する最終節。
スコアは2×2で迎えた終盤。このままならバレンシアがCLへ。
しかし88分、ゴールに背を向けてトラップしたリバウドはまさかのオーバーヘッド。
これがゴールに突き刺さり、バルサが逆転でCL出場権を獲得。
そしてこのオーバーヘッドはこの日リバウドの3点目。ハットトリックとなるゴールでした。

最近では等々力での宮本や、国立での平山なんかも印象深いですね。
でも、やっぱり私のベストオーバーヘッドゴールは
第1回フランス国際Jr.ユース大会の決勝で
西ドイツ相手に日本の優勝を決めるゴールとなった
大空翼の超低空ドライブオーバーヘッドです。
写真は翼がそのゴールを決めたパルク・デ・プランス。
009parc.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

2010年私的ベストゲーム

  • 2011年01月29日 15:43
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

そろそろ2010年も1ヶ月が経過。
月日が経つのは早いですねえ。
そこで勝手に恒例としちゃってる、コレをやっておきたいと思います。
2010年私的ベストゲームのお時間です。
昨年は現場観戦150試合、TV観戦711試合、計861試合と
TV観戦数が昨年、一昨年からはだいぶ減りましたが、
それでもそこそこ各種カテゴリーを幅広く見ることができたと思うので
TV観戦ベスト5と現場観戦ベスト5を選出してみています。
お付き合いください。

(TV観戦編)
第5位:1月28日 カーリングカップ準決勝2nd-Leg
マンチェスターU 3×1 マンチェスターC

ただでさえ、マンチェスターダービーという格好のシチュエーションなのに
1st-Legでユナイテッドからシティへ移籍したテベスが2ゴールを奪い、
堂々オールドトラッフォードに凱旋してきたゲームだったことが
一層このゲームの持つ意味合いを色濃くしていました。
前半はお互いに攻め合いながらもスコアレスで推移。
後半に入り、先にゴールを奪ったのはユナイテッド。
52分、スコールズ!アグリゲートスコアは2-2に。
次のゴールもユナイテッド。
70分、キャリック!アグリゲートスコアも3-2に。
次のゴールはシティ。
75分、テベス!右からのクロスにリオと競り合いながら、華麗にヒールで合わせます。
沈黙するオールドトラッフォード。歓喜するテベス。
アグリゲートスコアは3-3。まったくのイーブン。
そして試合を決めたのはやはりこの男。
91分、ギグスのクロスをヘディングで押し込んだのはルーニー!
180分間通じて魂がぶつかり合った、極上のダービーでした。

第4位:7月10日 ワールドカップ・3位決定戦
ウルグアイ 2×3 ドイツ

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/07/633.html
共にファイナルを逃して戦う、非常にモチベーションの難しいゲーム。
ただ、今回の3位決定戦は大会最高クラスと言っていい
素晴らしい一戦になりました。
生まれた5つのゴールは、生まれるたびに目まぐるしく入れ替わる
展開も含めて、すべてが印象的。
ラストプレーでフォルランのFKがクロスバーを叩いたシーンこそ、
ある意味では大会のハイライトだった気がします。
興味のある方は、上のリンクから超長文レポートをどうぞ!

第3位:1月24日 FA杯4回戦
トテナム 2×2 リーズ

3回戦ではユナイテッドを撃破して、ホワイト・ハート・レーンへ乗り込んできたリーズ。
90年代後半から00年代前半までの彼らに熱狂した日本のファンも多かったはず。
私も白の長袖“STRONGBOW”ユニ持ってます。
ゲームは序盤から仕掛けられた猛攻を耐えるとリーズに流れが傾く中、
ブレイク前夜のベイルが送った折り返しから最後はクラウチが押し込み、スパーズ先制。
ホワイト・ハート・レーンにも安堵の瞬間が訪れましたが、
後半に入ると52分に、ユナイテッドを沈めるゴールをマークした
ベックフォードがCKから泥臭く同点弾を叩き込みます。
ホームで負けられないスパーズも76分、
途中出場のパブリュチェンコがデフォーとの素晴らしいコンビネーションから勝ち越し弾。
リーズの快進撃もここまでかと誰もが思ったはずです。
ところが終了間際の94分、ドーソンがべックフォードをエリア内で倒すと、
主審のホイッスルが躊躇なく吹かれ、PKに。
凄まじいブーイングの中、ベックフォードは自ら確実に右スミへ流し込み、結果はドロー。
再試合では敗れたものの、リーズがこのFA杯で残したイメージは鮮烈でした。

第2位:6月24日 ワールドカップ・グループリーグ グループF
スロヴァキア 3×2 イタリア

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/06/41f.html
前回王者が2分けと絶体絶命で迎えたグループリーグ最終戦。
勝ち抜けるためには勝利が絶対条件にも関わらず、
デ・ロッシの信じられないミスでスロヴァキアに先制点を献上すると、
さらにキエッリーニが集中力を欠いて2点のビハインド。
一気に崖っぷちへ追い詰められます。
何とか81分にディ・ナターレが1点返し、追撃開始かと思いきや、
最後はスローインからのマークミスで3点目を奪われジ・エンド。
アズーリ陥落。スロヴァキアの奮闘も賞賛に値しますが、
とにかくイタリアの悲しい最期が印象に残っています。

第1位:6月24日 ワールドカップ・グループリーグ グループE 
日本 3×1 デンマーク

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/06/43e.html
説明不要。ただただ素晴らしかったです。

(現場観戦編)
5位:12月18日 インカレ1回戦@平塚
北海道教育大岩見沢校 2×3(延長) 浜松大

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/12/1_32.html

この日は4つの会場でそれぞれ2試合ずつが開催されました。
私は当初、関西大と福岡大が登場する成田に行こうと思ってたんです。
ただ、1年前に関東王者の流通経済大と素晴らしい激戦を繰り広げた
岩教大をもう1回見たくなったのと、かなり色々な言葉を持っている越山監督に
もう1度お話を聞きたくて、当日に平塚へ鞍替えしました。
ゲームは24分、30分と浜松大が連続ゴールで早くも2点差。
さらに後半開始早々には岩教大に退場者が出て、正直もう勝敗は決したと思いました。
しかし、岩教大にとってはここからが本当のキックオフだったんです。
63分、CKからCB鈴木雄太が頭から飛び込んで1点を返すと、
69分には大西洋平がゴール。数的不利の中、見事同点に。
その後、もつれ込んだ延長でも一進一退の攻防が続きましたが、
誰もがPK戦だと思った、延長後半終了間際の110分、
103分に投入された浜松大の1年生・大石明日希が頭で決勝弾。
壮絶なゲームは浜松大に軍配が上がりました。
それでも「最後まで頑張る所がウチのチームの愛おしい所」と
越山監督も話した岩教大の驚異的な粘りが見られて、
平塚に来て正解だったなあと思ったのを覚えています。

4位:12月4日 2010 J1第34節@埼スタ
浦和 0×4 神戸

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/12/j134.html

毎年、様々なドラマが生まれるJリーグの最終節。
個人的にここ数年は平塚や札幌ドーム、Ksスタなど
J2の昇格が決定するかもしれないゲームに赴き、
例外なく昇格の瞬間を目撃する幸運に恵まれてきたのですが、
昨年は最終節を前に昇格3クラブが決定。
ということで、迷わず埼玉スタジアム2002をチョイスしました。
神戸はTVで見ていてもわかるくらい、終盤は間違いなくJ1で一番強いチームでしたし、
間違いなくJ1で一番結束力の固いチームだったと思います。
この日はそれを存分に発揮した、素晴らしいゲームでした。
特に終盤戦のチームを牽引していた33歳の吉田と18歳の小川が
共にゴールを決めたあたりにチームの一体感が象徴されていたように感じました。
そして、何といっても和田監督の求心力。
どれだけの選手が「和田さんのために」という言葉を口にしていたことか。
試合後の会見で「とにかく選手たちは凄いとただただ思うだけ」と言い切ったあたりに
その求心力の一端を垣間見た気がしました。

3位:12月26日 Jユースカップ2010決勝@長居
横浜FMユース 4×3(延長) FC東京U-18

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/12/j2010fcu18f.html

まあ、このブログを熱心に見て下さっている方は既にお気付きだと思いますが、
私は昨年、FC東京U-18の試合を相当取材しました。
元々倉又監督や國保コーチと仲良くさせてもらってることもありましたが、
特にあのチームには不思議な魅力があったんですねえ。
実は高円宮杯の決勝で広島ユースに敗れた時、
倉又監督と「Jユースカップで決勝まで行ったら、絶対長居まで行きます」と
約束してたんです。で、チームはその約束を見事に果たしてくれました。
決勝もやはりこの年代では最高峰のレベルで、
3回追い付いたFC東京U-18も凄かったですけど、
3回突き放した横浜FMユースも凄かったですね。
高校生世代の様々な現場で
1年間色々と勉強させてもらった集大成みたいな、最高の110分間だったと思います。
そして試合後のポストマッチファンクションで
保田隆介、松藤正伸両キャプテンが話した挨拶はあまりにも立派!
まだまだ自分もやらなきゃいけないことがたくさんあるなあと
高校生の彼らに痛感させてもらった1日でした。

2位:11月17日 天皇杯4回戦@NACK5
大宮 2×2 PK3×4 福岡

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/11/4nack5.html

正直に白状します。
このゲーム、キックオフ前はまったく期待してませんでした。
スタメンも直近のリーグ戦から大宮は11人全員、福岡は10人を入れ替えてたし、
雨も結構降ってて、寒かったんですよねえ。
そんなシチュエーションもゲームへのモチベーションに拍車を掛けていたと思います。
でも、そんな気持ちで見始めたゲームが結果的に150試合の中で2位になりました。
フットボールっていうのは本当にゲームの格とかメンバーじゃないということを、
改めて教えてくれた両チームには心から謝りたいですし、
本当に感謝したいと思ってます。
そして、隣で一緒に見ていた戸塚啓大先生と途中から
その一挙手一投足に目が離せなくなるほど奮闘していた、
このゲームがプロ初スタメンの山口和樹という選手の存在を
知ることができたのも大きな収穫でした。是非J1の舞台に立って欲しい選手です!

1位:1月9日 高校選手権準決勝@聖地国立
関西大第一 2×2 PK2×3 青森山田

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2010/01/post_499.html

89分、久保綾祐の1点差に迫るゴールが決まった瞬間。
たぶんあの時、国立にいたほとんどの人が感じたと思うんです。
そして2分後、井村一貴の同点ゴールが決まった瞬間。
たぶんあの時、国立にいたほとんどの人が納得したと思うんです。
今まで結構たくさんのゲームを見てきた自負はありますが、
もう時間もほとんどなくて、まだ1点差があって、
リードしているチームの方が明らかに強いのに
「ああ、コレは絶対追い付くな」っていう雰囲気が
スタジアム中に充満した瞬間を、私はこの時初めて味わいました。
そして、試合後に取材したら
「スタッフもウチのチームがなぜここにいるのかわからんと。
選手たちもなかなか信じられなかったし、何がいいのかよくわからない」(佐野友章監督)
「プレーしている間は夢のようで、ゴールを決めてから現実に戻った感じ。
数分間だったから現実が短か過ぎましたね」(久保)
などと関西大第一サイドはコメントもいちいちキャッチー。
おなじみとなった“月まで走れ”のフレーズと共に、
試合中も試合後も実に魅力的なチームでした。
しかし、これだけ数々のフットボールを見る機会に恵まれていても、
いつどこでこういう新しい何かを感じられる瞬間に立ち会えるかわからないので、
現場に行くのはやめられませんねえ。

他に最後まで悩んだカードは、TV観戦が
1/13 FA杯3回戦 マンチェスターU 0×1 リーズ
4/2 CL準々決勝1st-Leg アーセナル 2×2 バルセロナ
6/14 ワールドカップ・グループリーグ 日本 1×0 カメルーン
6/15 ワールドカップ・グループリーグ ニュージーランド 1×1 スロヴァキア
7/3 ワールドカップ・準々決勝 ウルグアイ 1×1 PK4×2 ガーナ
11/22 2010 J2第35節 福岡 3×2 東京V
11/27 2010 J1第33節 神戸 1×0 清水

現場観戦が
2/6 リーグ・アン第23節 グルノーブル 5×0 オセール
8/21 2010 J2第23節 柏 2×2 甲府
9/19 2010 J2第26節 千葉 2×3 柏
10/11 高円宮杯決勝 広島ユース 2×1 FC東京U-18
11/3 ナビスコカップ決勝 磐田 5×3(延長) 広島
12/19 JFL入替戦第2戦 アルテ高崎 1×1 三洋電機洲本
12/25 天皇杯準々決勝 清水 1×1 PK5×4 山形

今年はどんな新しい何かに出会えるのでしょうか。楽しみです。
写真はTV観戦1位のデンマークよりエーレスンド橋から望む北海。
280denmark.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

第89回高校選手権・勝手に表彰式

  • 2011年01月19日 18:22
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

滝川第二の優勝で幕を閉じた高校選手権。
この大会が終わると、今年度も終わったなあと実感しますねえ。
ということで、今回もこの“勝手に表彰式”を勝手に行わせてもらいます。
それぞれ画伯とAD土屋が現場で見た選手の中から選出した各賞は
大会MVP、ベストイレブン、ベストゲームということで。
では画伯から。

大会MVP
足立拓眞(久御山・3年)
ベストイレブン
GK:三山大輝(立正大淞南・3年)
DF:濱田量也(滝川第二・3年)、土師直大(滝川第二・3年)
   平田雄己(滝川第二・2年)、塚本健介(久御山・2年)
MF:足立拓眞(久御山・3年)、宮本拓弥(流通経済大柏・2年)
   本城信晴(滝川第二・3年)
FW:樋口寛規(滝川第二・3年)、浜口孝太(滝川第二・3年)
    安川集治(久御山・3年)
SUB:GK樫根啓人(関大一・3年)、MF加藤大樹(立正大淞南・3年)
    進藤誠司(流通経済大柏・3年)、吉田眞紀人(流通経済大柏・3年)
    FW坂本是樹(久御山・3年)
ベストゲーム
準決勝 流通経済大柏×久御山
(両チームとも技術が高くて試合のテンポも速く時間が短く感じた。
 PKで負けたけど流経強し。)

続いてAD土屋はこちら。

大会MVP
足立拓眞(久御山・3年)
ベストイレブン
GK:緒方大樹(流通経済大柏・3年)
DF:濱田量也(滝川第二・3年)、増田繁人(流通経済大柏・3年)
   松下千馬(久御山・3年)
MF:古波津辰希(流通経済大柏・2年)、進藤誠司(流通経済大柏・3年)
   足立拓眞(久御山・3年)、池田拓生(立正大淞南・3年)
   湯川純平(前橋育英・3年)
FW:樋口寛規(滝川第二・3年)、清水慎太郎(西武台・3年)
SUB:DF川岸祐輔(前橋育英・3年)、MF小玉翼(室蘭大谷・3年)、
    白崎凌兵(山梨学院大附・2年)、黒木海人(駒澤大学高・3年)
    FW安川集治(久御山・3年)
ベストゲーム
準々決勝 西武台×立正大淞南
(どちらも持ち味を発揮し、終了間際の同点弾にも興奮)

次回は90回大会。
また1年間、この年代は定期的に追いかけていきたいと思ってます。
DSCF2433image high.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

2010/12/24 クリスマスプレゼント大会当選者発表

  • 2011年01月07日 23:54
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

皆さんから多数のご応募をいただいたクリスマスプレゼント大会。
本当にありがとうございました。
番組では確認しきれなかった方や、
確認はしたけれど諦めきれない方のために
こちらでもご当選された方をご紹介します!

①良平さんご提供
「ボルシア・メンヘングラートバッハの09/10ユニフォーム」
東京都足立区 黒澤貴さん
②マリーニョさんご提供
「フッキ着用済みカップ戦用ポルトユニフォーム」
群馬県前橋市 種子田雄作さん
③マリーニョさんご提供
「T-FALのスチームクッカー ウルトラコンパクト」(2名様)
埼玉県朝霞市 野田麻衣子さん
神奈川県川崎市 中山孝子さん

④粕谷さんご提供
「TAKEO KIKUCHIのショルダーバック」
東京都練馬区 若山拓也さん
⑤幸谷さんご提供
「アトレティコグッズ&ベビーグッズセット」
大阪府大阪市 横野尚美さん
⑥藤原清美さんご提供
「ベレッチ、デコ、ワシントン、エメルソンのサイン入り
 フルミネンセアウェイユニフォーム」
埼玉県さいたま市 鷺坂優太さん
⑦中山さんご提供
「南アフリカワールドカップTシャツ」
徳島県徳島市 高畠修子さん
⑧亘さんご提供
「アイマールサイン入りバレンシアTシャツ」
愛知県豊橋市 土井豆達郎さん
⑨亘さんご提供
「クルポビエサ&モレルサイン入りファナティコTシャツ」
兵庫県神戸市 細川奈央さん
⑩福西さんご提供
「本人直筆サイン入りDVD『ボランチ 23』」
山口県下関市 池田成さん
⑪倉敷さんご提供
「プレミアTシャツ3点セット」
神奈川県横浜市 吉田宏樹さん
⑫松尾にゃろめさんご提供
「ライゼンタール社製ベビーバッグ」
兵庫県高砂市 中尾友洋さん
⑬ブルータス八戸さんご提供
「バイク用ハードレザージャケット」
埼玉県川越市 四釜英孝さん
⑭内巻さんご提供
「オリジナルポストカード5点セット」(5名様)
北海道札幌市 寺田浩二さん
宮城県仙台市 南出美樹さん
東京都墨田区 伊藤真由美さん
岐阜県多治見市 安藤友紀さん
長崎県諫早市 朝長綾さん

⑮甲斐チーフ提供
「2011年ドイツ代表カレンダー&ザンクト・パウリのお財布」
岩手県盛岡市 十文字明日美さん
⑯石神画伯提供
「サンプドリア&エンポリマフラーセット」
愛媛県西条市 徳永総一さん
⑰デスク由樹子提供
「シエンシアーノユニフォーム」
東京都杉並区 一瀬仁さん
⑱AD土屋提供
「マフラー&ネックウォーマー&人形のバスクセット」(1名様)
愛知県一宮市 西尾真理さん

当選者の皆さん、おめでとうございます!

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

スポーツショップ日本人×Foot!コラボ企画リターンズ④

  • 2011年01月04日 18:26
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

数えて第4弾となる、スポーツショップ日本人さんとのコラボウェア!
明日が予約の締め切りとなります。
倉敷さんも「ようやく季節に合ったものをお届けできるようになりました!」と
おっしゃってくれた今回、皆さまにお届けするのは

①ベロアパーカー
↓グレー
gy_1.jpg
↓ブラック
bk_1.jpg
↓グリーン
gr_1.jpg

②ニットキャップ
↓グレー
ニットグレー1.JPG
ニットグレー2.JPG
↓ブラック
ニット黒1.JPG
ニット黒2.JPG

ベロアパーカーは少々お値段が張りますが、素材と着心地は抜群!
フードは収納可能になっており、
今年流行の“首盛り”スタイルにももってこいの逸品です。
また、ニットキャップは
ツバの付いているワークキャップスタイル。
サイドにはそれぞれスポーツショップ日本人さんと
Foot!のワッペンが付いています。
これから各地区で始まる高校サッカーの新人戦に最適な
あったかグッズでこの冬を乗り切ろう!と思って下さる方は、
是非J SPORTSオンラインショップを検索してみて下さい!
http://shop.jsports.co.jp/

皆さま、宜しくお願いいたします。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今年の御礼

  • 2010年12月28日 22:32
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年のFoot!もクリスマスイブに放送した#19でオシマイ。
あっという間に2010年の全プログラムが終了した訳です。
ワールドカップを挟んでいた今年は、
例年より中断期間に入るのが早かったので、放送は全部で40回。
まずはその前半、09/10シーズンのクラウスーラは以下の通りです!

1228_藤原.JPG
1228_粕谷.JPG
1228_関塚.JPG

1/15 #20 藤原さんで「ブラジル特集&南アフリカ現地レポート」withマリーニョさん
1/22 #21 粕谷秀樹Presents「ヒデキのプレミア講座④」
1/29 #22 木村浩嗣Presents「ヒロチュグのセビージャ・ビューティフルライフ&CL話」
2/05 #23 藤原素材でマリーニョPresents「ジーコチャリティマッチ」
2/12 #24 中山さんのフランス紀行①~グルノーブル編~
2/19 #25 関塚隆さんでCLベスト16&ELベスト32・1st-Legハイライト
2/26 #26 福西崇史さんでCLベスト16・1st-Leg&ELベスト32・2nd-Legハイライト
3/05 #27 中山さんのフランス紀行②~マルセイユ編~
3/12 #28 西部さんでCLベスト16・2nd-Leg&ELベスト16・1st-Legハイライト
3/19 #29 幸谷さんでCLベスト16・2nd-Leg&ELベスト16・2nd-Legハイライト
3/26 #30 藤原素材でマリーニョさんの帰郷~ミナスジェライス州ベロオリゾンチ~
4/02 #31 玉乃淳さんでCLベスト8&ELベスト8・1st-Legハイライト
4/09 #32 金子さんでCLベスト8&ELベスト8・2nd-Legハイライト
4/16 #33 福西さんで「小林、反町、高木監督&福田健二選手インタビュー」
4/23 #34 亘崇詞Presents CLベスト4&ELベスト4・1st-Legハイライト
        &「クラブW杯UAE2009」潜入レポート
4/30 #35 マリーニョさんでCLベスト4&ELベスト4・2nd-Leg&パトインタビュー
5/07 #36 幸谷秀巳の「マエストロ幸谷の戦術講座~今季のトレンド4-3-3分析~」
5/14 #37 粕谷秀樹Presents「ヒデキのプレミア講座⑤」
5/21 #38 藤原素材でマリーニョPresents マイコン&ルイス・ファビアーノインタビュー
5/28 #39 木村浩嗣Presents「CL決勝レビュー&全体総括」
6/04 #40 番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2010」

1228_福西.JPG
1228_中山.JPG
1228_西部.JPG

さっき気付いたんですけど
09/10シーズンの「今シーズンの御礼」って
ワールドカップ開幕から怒涛のレポート生活に入ってて
すっかりやってなかったんですねえ。ゴメンナサイ…
ということでこちらの一口メモもここでまとめてやっちゃいます。
今回はちょっと見やすいように一覧表っぽく並べます。

#20→否定派・マリーニョVS擁護派・藤原のドゥンガバトルは圧巻
#21→ここから“ヒデキング”の称号が贈られた
#22→木村さん、スペイン楽しみ過ぎ
#23→「トモダチナラアタリマエ~」
#24→結局松井選手も伊藤選手も祖母井さんもいなくなっちゃいました…
#25→関さん初登場もこの1回で代表スタッフへ
#26→マダムキラー福西さんのFoot!伝説開幕
#27→デシャンのインタビューは相当貴重
#28→リヨン、マドリーを堂々撃破!
#29→幸谷さん、突如“メガネ男子”に変身!
#30→エバートン、太り過ぎだってば…
#31→初々しさ満載の玉乃くん初登場回
#32→金子さん、意識が遠のき大事なシーン見逃す
#33→この企画はスタッフも毎年超楽しみにしてます
#34→アブドゥール・アル・ワタリの設定甘し
#35→メッシが封じられた理由をマリーニョさんが紐解く
#36→マエストロの巧みなマグネット捌き
#37→ここまでキッチリとプレミア総括できるのはヒデキングだけ
#38→マリーニョサン、キレタ!!
#39→木村さんのナレーションCMも登場!
#40→やっぱ熱気ハンパなかったっす

1228_亘.JPG
1228_公開収録.JPG

さらに、今年は10周年記念ということもあって、中断期間に
“期間限定企画!カリスマサッカーコメンテーター倉敷保雄が選ぶFoot!セレクション”
という超ロングタイトル企画も敢行したので、そのリストも挙げておきましょう。

(1)和製ホームズ、英国を駆ける
  ~倉敷保雄のイングランド紀行・プレミア全20クラブのスタジアム巡り~
(2)スペインの赤いトラック野郎
  ~原さんのスペイン紀行・サン・セバスチャン編&FC東京ラ・コルーニャ遠征~
(3)最後に残るのは友情だけだ
  ~亘さんのアミーゴを訪ねて・ビジャレアル&サラゴサ編~
(4)マエストロ vs.エントレナドール
  ~幸谷さんのスペインレポート・アラゴネス&デルボスケインタビュー~
(5)師匠との再会
  ~良平さんPresents・ヘリングス氏のGKレッスン第1弾&第2弾~
(6)ライシュウノフットミテネ!
  ~中山さんのフランス紀行・パリ&マルセイユ編~
(7)イタリアに舞い降りた小さな奇跡
  ~宮内さんのイタリア紀行・キエーボ&アタランタ編~
(8)ビスカ、バルサ!ビスカ、カタルーニャ!
  ~原さんのスペイン紀行・ライカールト&グアルディオラインタビュー~
(9)ナスカの大地にWATA降臨
  ~亘通信enペルー~
(10)永遠のアイドル 
  ~倉敷保雄の北欧紀行・リトマネンインタビュー~

こちらは、ガッツリ編集後記を書いているので
興味ある方はこちらをどうぞ。
http://www.jsports.co.jp/tv/foot/080foot/

ヒデミ1228.JPG
マリーニョ1228.JPG
1228_玉乃.JPG

そして、11シーズン目に突入した10/11のアペルトゥーラは以下の通り!

8/20 #01 藤原素材でマリーニョさん&亘さんの「新生ブラジル代表&南米代表監督特集」
8/27 #02 西部さん&金子さんで「10/11UEFAチャンピオンズリーグ展望」
9/03 #03 粕谷秀樹Presents「ヒデキングのプレミア講座10/11①」
9/10 #04 福西さん&平畠さんで「Jリーグの外国人選手インタビュー特集」
9/17 #05 中山さんでCL&ELグループステージ第1節ハイライト
9/24 #06 倉敷保雄のスペイン紀行①木村編集長との再会enセビージャ編
        &エルクレス・バルデスインタビューwith幸谷秀巳
10/01 #07 玉乃さんでCL&ELグループステージ第2節ハイライト
10/08 #08 倉敷保雄のスペイン紀行②木村編集長の指導風景enセビージャ編
         with亘崇詞
10/15 #09 マリーニョさんで「仙台カップ特集&コウチーニョインタビュー」
10/22 #10 福西さんでCL&ELグループステージ第3節ハイライト
10/29 #11 亘さんのアミーゴを訪ねて~ローマ編~
11/05 #12 林健太郎さんでCL&ELグループステージ第4節ハイライト
11/12 #13 亘さんのアミーゴを訪ねて~フィオレンティーナ編~
11/19 #14 藤原素材でマリーニョPresents 「フルミネンセ特集
         ベレッチ&デコ&ワシントン&エメルソンインタビュー」
11/26 #15 亘さんでCLグループステージ第5節ハイライト
         &「WATAカメのアルゼンチン代表潜入リポート」
12/03 #16 良平さんでレヴァークーゼン・ハインケス監督インタビュー
         &ELグループステージ第5節ハイライト
12/10 #17 幸谷さんでクラシコ分析&CLグループステージ第6節ハイライト
12/17 #18 マリーニョさんでELグループステージ第6節ハイライト
         &藤原素材でインテルナシオナル・ジュリアーノインタビュー
12/24 #19 良平さんPresents「ドイツの育成システム」

#1→とうとう動いてるネイマール&ガンソ登場
#2→この2人のトークバトルはかなりレア
#3→ヒデキングのリサーチ力はハンパない
#4→チョ・ヨンチョル選手の好きなタレントは佐々木希!
#5→ELゴール入り過ぎで画伯も疲労困憊
#6→バルデス、サイコー!!!
#7→玉乃くん、カナダで頑張ってます
#8→木村監督の熱血指導enセビージャを本邦初公開
#9→仙台カップはホント毎年楽しいんです!
#10→福西さんは控え室でも完全に馴染みまくり
#11→やっと念願のブルディッソに会えた!
#12→初登場・林さんの衣裳はWACKO MARIA!
#13→念願のバルガスには会えず…
#14→フルミネンセの豪華メンバーは欧州レベル
#15→WATAカメでとうとうテベスが番組初登場!
#16→ハインケスさんと30年以上ぶりの再会!
#17→マエストロの巧みなペン捌き
#18→だからタイミング悪過ぎだってば…
#19→この企画は歴代有数のしっかりさ

1228_平畠.JPG
1228_林.JPG
1228_木村.JPG

ここまで長いんで簡潔にまとめます。
私にとって今年大きな経験になったのは、Foot!セレクションを編集したことでした。
倉敷さんと一緒に過去の素材の中から、「コレ!」というものを厳選して
改めて見直し、1つの番組にしていった訳ですが、
これはセレクションの編集後記にも書いたんですけど
今回の選定にあたって、私がどうしても皆さんにご紹介したいと猛プッシュしたのが
01/02シーズンに放送された宮内さんのキエーボロケでした。
当時学生だった自分にとって、この放送のインパクトは絶大なものがあって、
「Foot!」という番組が自分の中で大きな位置を占めるキッカケになった回だったので、
それを約9年後に自分の手で再び皆さんの下へお届けできたというのは
本当にFoot!スタッフ冥利に尽きる出来事だったと思っています。

私は「Foot!」を視聴者として見ていて自分の中で決意したことを
「Foot!」の中で表現できるという物凄い幸運に恵まれた訳ですが、
あるいは我々が制作した「Foot!」が
誰かの人生を大きく左右してしまう可能性も十分にあるのだと
その編集をしながら、改めて感じることができました。
フットボールへの入り口というのは本当に広くて深く、
それこそ世界中にある、世界中で起こるあらゆる物事が
フットボールに繋がっていくと言っても過言ではないでしょう。
そんなフットボールへと続く入り口を覗くための
小さなキッカケを常に皆さんへ提供できるよう、
我々スタッフもいま一度襟を正して、また来年以降も頑張っていこうと思っています。
年明け一発目はフットボリスタ木村編集長が日本のスタジオに登場します。
7日の放送をお楽しみに!
では、2010年への感謝と2011年への希望を込めて。

1228_鈴木.JPG
1228_倉敷①.JPG

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

勝手に2010Jリーグアウォーズ

  • 2010年12月21日 18:23
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年で5回目となった“勝手にJリーグアウォーズ”。
ということはホームページがこのブログ形式になってから、
もう4年半近くになるんですねえ。早いもんです。
さて、今回も選出するのはベストイレブン。
甲斐チーフと私は5回目の参加になるので、
各受賞選手の選出回数も記載しています。
なお、今回は普段プレミアリーグのスタッフをやってて、
サッカー制作部という部署の若手では一番Jリーグを見ている
窪田俊彦ディレクターにも参加してもらいました。

では甲斐チーフから。

GK
清水健太(山形・2)
DF
茂木弘人(神戸・初)、田中マルクス闘莉王(名古屋・2)
深谷友基(大宮・初)、丸橋祐介(C大阪・初)
MF
ダニルソン(名古屋・初)、マルチネス(C大阪・初)
マルシオ・リシャルデス(新潟・2)、梁勇基(仙台・初)
FW
前田遼一(磐田・初)、ケネディ(名古屋・初)

《選考理由》
2000時間以上出場してインパクトのある選手を選びました。

続いて、初参加の窪田俊彦ディレクターが選んだのはこの11人!

GK
楢崎正剛(名古屋)
DF
新井場徹(鹿島)、田中マルクス闘莉王(名古屋)
岩政大樹(鹿島)、安田理大(G大阪)
MF
ダニルソン(名古屋)、マルシオ・リシャルデス(新潟)
細貝萌(浦和)
FW
家長昭博(C大阪)、宇佐美貴史(G大阪)
前田遼一(磐田)

《選考理由》
果敢なオーバーラップで高い位置を取れるサイドバックは不可欠。
その代わり中盤には1人で2・3人相手に出来るような選手を。
オフェンスは見ているだけでドキドキするプレーヤー&祝2年連続得点王に!

最後にAD土屋はこちら!

GK
楢崎正剛(名古屋・初)
DF
西大伍(新潟・初)、増川隆洋(名古屋・初)
茂庭照幸(C大阪・初)、坪内秀介(大宮・初)
MF
チョ・ヨンチョル(新潟・初)、中田浩二(鹿島・初)
兵働昭弘(清水・初)、マルシオ・リシャルデス(新潟・初)
FW
ラファエル(大宮・初)、ケネディ(名古屋・初)

《選考理由》
絶対条件は勝利への貢献度が高い選手。
GKは清水健太(山形)も捨て難いが、やはり文句なし。
DFは阿部翔平(名古屋)を入れたかったんですけど、
勝利に占める個人の割合の大きさで坪内をチョイス。
MFは中田も兵働も何で本家の優秀選手に入ってないのか不思議。
私は真っ先にこの2人が決まりました。
北村知隆(山形)も右サイドで攻守に奮闘した上、
5ゴールを挙げるなどチームへの貢献度は相当高かったので
最後まで悩んだんですけど、ゴール&アシスト数と驚異的な成長度を考えて
チョ・ヨンチョルを選択しました。
あとは小椋祥平(横浜FM)、藤本淳吾(清水)も
シーズンを通して安定したパフォーマンスを披露していたと思います。
FWは即決。この2人はちょっとチームとしての依存度が高過ぎるくらい、
攻撃の軸として機能していたのではないでしょうか。
終わってみれば全員が初選出でした。

なお、例年通りJ2ベストイレブンはAD土屋のみ選出しています。

GK
菅野孝憲(柏)
DF
関根永悟(愛媛)、パク・ドンヒョク(柏)
土屋征夫(東京V)、山本英臣(甲府)
MF
大谷秀和(柏)、中町公祐(福岡)、レアンドロ・ドミンゲス(柏)
永里源気(福岡)、早坂良太(鳥栖)
FW
ハーフナー・マイク(甲府)
SUB
南雄太(熊本)、福王忠世(熊本)、高地系治(横浜FC)
高木善朗(東京V)、佐藤勇人(千葉)、津田知宏(徳島)
リカルド・ロボ(栃木)

やっぱりJ2はいつも相当難しいんですよねえ。
他にも候補としては
DFがルーキーながら全試合フル出場を果たした作田祐次(水戸)、
昨年から大幅に失点が減った愛媛のCBアライール、
MFは今年1月のインカレでいい選手だと思ったら、
すっかりJでもレギュラーを獲得しちゃった
藤田直之(鳥栖)と末吉隼也(福岡)の福岡大卒ルーキーコンビ、
そしてFWでは共にロンドン五輪代表でもある
工藤壮人(柏)と押谷祐樹(岐阜)の活躍も印象的でした。

みなさんの同調、あるいは異論反論も受け付けますので。
では、6回目となる2011年の年末にまたお会いしましょう!
DSCF1958 1221.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

J1第28節 湘南×大宮@平塚のはずが…

  • 2010年10月30日 15:56
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

実はこれから平塚に向かおうと思ってたんですけど、
ベルマーレの名物美人広報として有名な遠藤さんから
わざわざ直接お電話を頂きました。
曰く「中止になっちゃったんです」

理由は当然台風14号の接近。
東海道線も既に運転を見合わせていますし、
私が池袋から乗ろうと思っていた湘南新宿ラインは全線運休。
交通機関が確保できなくては、開催するのは難しいですよね。

過去のJリーグにおいて、
試合が始まってから中止になったゲームというのは
初めて中断した時間、74分からの再開となった
昨年のJ1第25節、鹿島×川崎を含めて6試合。
90分まるまる再試合になったのは以下の5試合です。

1997/5/17 1st第9節 浦和×横浜F@駒場
・雷雨、大雨のため41分に中断・中止
1999/8/18 J1 2nd第3節 広島×福岡@広島ス
・悪天候のため前半終了後に中断・中止
2004/9/26 J1 2nd第7節 大分×名古屋@熊本
・雷雨のため48分に中断・中止
2007/8/6 J2第32節 鳥栖×湘南@鳥栖
・雷のため前半終了後に中断・中止
2009/8/9 J2第33節 栃木×横浜FC@栃木グリーン
・雷雨のため58分に中断・中止
2010/7/25 J2第19節 水戸×大分@Ksスタ
・雷雨のため36分に中断・中止

そして今回のように試合前の時点で中止が決まった例は
ナビスコカップも含めれば、Jリーグで18例目。
1997年には神戸ユニバで開催予定だったオールスターが台風接近で中止。
翌日に延期されたという記録もあります。
また、J1、J2に分かれた1999年以降で、
J1のゲームが中止となったのは今回が2試合目。
奇しくも1試合目の例となった2004年の新潟×柏も
今日と同じ10月30日の開催予定でしたが、これは新潟県中越地震の影響。
悪天候による中止は初めての例となります。

ちょっと残念ですが、
今日はおとなしく家でいっぱいサッカー見ようと思います。
写真は鳥栖スタジアムの最寄り駅、
鳥栖駅名物のかしわうどん屋さん、中央軒。
016udon.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くスペイン紀行(3)マソメノスの国~天国と地獄のジェットコースター~

  • 2010年09月15日 14:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

当初、出発前に予定していたクラブの取材が
ゲームスケジュールに伴う練習スケジュールの変更で
できなくなったというか、限りなく難しくなったんです。
で、こっちに来る直前にちょっと面白そうなアイデアが思い浮かんだので
そっちにシフトしていってたんですけど
そのクラブからもなかなか取材OKの返答はなく、
こちらに来てからも、ハッキリとしたスケジュールはなかなか決まらないまま。
まあ、スペインですからそんなに先の練習予定が出るはずもなく
いつも通りではあるので、我々も泰然自若として過ごしていました。
そして昨日、そのクラブが本拠地を置く都市に移動し、
DSCI0326sea.jpg
街の風景を撮影している合間を縫って、コーディネーターの仲野さんが
(また近々に仲野さんのスペイン情報もここで再開します)
クラブに電話を掛けても、一向に繋がらず。
17時を過ぎてようやくコンタクトが取れたものの、
明日の練習は9時から9時15分の間に始まり、
場所は我々が訪れている都市名を教えるという、何ともアヤフヤな対応だったんですね。
ただ、少なくとも練習があることだけはわかったので
最悪は練習場に押し掛けて、サクッとインタビューをくらいで考えていました。
そして、インタビュー対象者のサインをもらうためのユニフォームを
先に購入しておこうということでグッズショップのあるスタジアムに移動し、
まだ値札が全商品に付けられていないという、
何とも悠長なショップで真新しいユニフォームの購入に成功。
また、店員に聞いたらクラブ事務所も
スタジアムの中に併設されているとのことだったので
一応明日の段取りが確認できればと思って
教えられた事務所に赴くと、週末のホームゲームに向けて
シーズンチケットの更新をしたい人で溢れかえっており、
しかも対応するスタッフの人数も極端に少なく、電話もひっきりなしに鳴りっぱなし。
おそらくアヤフヤな電話対応をしたと思われる女性なんか、
明らかに不快感丸出しでイライラしてるんです。
「ああ、こりゃあ大変だなあ」なんて思っていると、
ようやく広報担当が登場。すると、彼女の口からは信じられない一言が。
仲野さんの顔色も一気に変わります。曰く
「今日は練習したんだけど、監督の判断で急遽明日の練習はなくなったの」
いやいや、ウチら明後日午前中のフライトで日本に戻るんだから、
明日の練習撮れなかったらインタビューできないし…
つーか結構前からコンタクト取ってたんだから、
そんな大事なことはちゃんと連絡してくれなきゃ…
ありえないですよ。やれたら結構面白いネタになるなあと思ってたのに…
色々考えても明後日までその地に残るという選択肢はなく、
完全な空振りに終わったかと思われたその時、
もっと信じられない展開が待ち受けていたんですけど…
果たして我々はどこのクラブを訪れたのか?
そしてインタビューを行うことはできたのか?
(こんなクエスチョン方式を用いる時点で
「どうせインタビューはやれたんだろ」という余計な詮索は止めて下さいね)

そのあたりは来週の番組の中でご紹介したいと思います。
というか、来週の“今週のFoot!”で予告したいと思います。
では、これから日本に帰りま~す!
DSCI0292granada.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くスペイン紀行(2)スペイン急遽ガチバスツアー~シンクロ部長の戸惑い~

  • 2010年09月14日 14:59
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今回は確かにそうなんだけど、「エッ、本当に?」っていう類の話を。
ある区間の移動にモロモロの都合を考えて
電車や飛行機ではなく、バスという選択をした我々。
まあ、過去2年間の倉敷さんロケでは
オランダやイングランドの優に10は超える都市を
バスで回りまくった経緯があるので、
決して目新しい移動手段ではないし、
バスって言っても、だいたいはハイエースのような
大きめのワゴンというか、ライトバンみたいな感じなので
当然そういうのを想像してた訳ですよ。
で、移動当日。
ホテルをチェックアウトして外に出てみると、用意されていたのはコレ。
ドン。
DSCI0310bus.jpg

いやいや、コレは完全にバスじゃないですか!
軽い遠足で使用するレベルじゃないですか。
みんなで順番にカラオケ歌っちゃうレベルじゃないですか。
見よ、この贅沢な車内の使い方を↓
DSCI0312bus.jpg

どうやら、そもそもは7人乗りのバス(つまりワゴンやライトバン)を
発注したらしいんですけど、その発注先のバス会社が
「どうせ7人乗りも14人乗りも値段は一緒だから、広いほうにしたら~?」
という提案をしてくれたらしく、
実際に14人乗りのガチバスが登場したというカラクリだったようです。
思い思いの席に座ったはいいものの、
ガイドさんもカラオケもない車内ではせいぜいシンクロナイズドスイミングが精一杯。
DSCI0311bus.jpg

異国の地で“持て余す”という単語が持つ本当の意味を知り、
1時間あまりのバス旅行は、
「熱海の捜査官」みたいに我々を消し去ることもなく、
目的地への到着と共に終わりを告げたのでした。
最後の写真は地中海沿いの街、アリカンテ。こんな所にも来ています。
DSCI0325alicante.jpg

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くスペイン紀行(1)上司と部下。スタローンとビジャ。

  • 2010年09月11日 23:49
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先週の放送終了時に倉敷さんが予告した通り、
今、我々はスペインに来ています。
まあ最大の目標はあの人に会うためだった訳で、
そのミッションは既に遂行されたんですけど、
他にもいくつかやれそうなことがあるので、もうちょっとこちらにいる予定です。
ハッキリ言って、今回はムチャクチャ陽射しの強い地域に行ったので、
結構ロケ的にも過酷でした。
そんな過酷な仕事の過酷な仕事の合間を縫っての食事の1コマを
今回はご紹介したいと思います。

それはバルセロナの夜。
ディナーは田口P御用達、海産物ベースのレストラン。
過酷な仕事の合間を縫っての食事だけに
かなり楽しみにしていたんです。
まあ、いわゆるムール貝とか、タコとか、イカとかですよね。
その日の過酷な仕事を終えて、みんなでパクついてたんですけど、
なんか我々のテーブルに付いてくれた
ウェイターの兄ちゃんが誰かに似てたんです。
みんなで考えました。誰かに似てるんです。
するとおもむろに倉敷さんが口を開きました。
「シルベスタ・スタローンじゃない?」
ああ、確かに言われてみると、スタローン感を醸し出していると言えなくもありません。
ただ、正確に表現するなら“ちょっと崩れたスタローン”。
まあロッキーで軽くボコられた後、みたいなノリでしょうか。
本人に言ってみました。「(君)スタローン(に似てるね)」
そこそこのリアクション。苦笑いと愛想笑いの中間みたいな。
そんな崩れたスタローン、まあいいヤツだったんですよ。
でも、しばらく見てる内に、私には違うヤツにしか見えなくなってきたんです。
それは、いまやバルサの7番を背負う世界王者の1人、ダビド・ビジャ。
ただ、正確に表現するなら“ちょっと崩れたビジャ”。
まあ思いっきり前線からプレスを掛けまくった80分以降みたいなノリでしょうか。
で、それを口にしたところ、皆さんからシンパシーを頂きまして、
晴れて私は本人に言ってみました。「(君)ビジャ(に似てるね)」
突如として大爆笑。なんかやっぱりバルサ好きだったみたいなんですよ。
えらい喜んじゃって、「あなたたち親切だあ」みたいなことまで言っちゃって。
和やかムードで、結果的に味も含めて素晴らしい食事になりました。

あらかたメインディッシュ系も食べ終わり、デザートが登場。
私はスペインに行ったら必ず頼む、プリンのさらに甘いやつ、
“クレマ・カタラン”をズルズル食べて、すっかりお腹いっぱいモード。
そして田口Pは明らかに、ただチョコアイスが食べたかっただけなのに
付いてきちゃったチョコケーキをおもむろにフォークでぶっ刺し、
「ほれ、マサシ」と私の皿の横っちょへ無造作に盛り付けてくれました。
私は平社員。彼は部長。ここに縦社会の縮図が展開された訳で。
つまり「食えよ」っつーことです。
でも、私は懲罰覚悟でその事実をあたかもなかったかのように
やり過ごすという賭けに出ました。だってお腹いっぱいなんだもん。
「ありがとうございます」とか言って、そのまま何となく時間が過ぎるのを待つと。
お勘定しちゃえば、もうそこでチャラになると思っていたので、
ちょっとおしゃべりを弾ませる感じで、お勘定モードに持っていってたんです。

しかし、ここでまさかアイツがキラーパスをぶち込んで来ようとは…
現れたのは、満面の笑みを浮かべた“崩れたビジャ(元・崩れたスタローン)”。
しかもあろうことか、その手には頼んでもいない、いや、頼むはずもないのに
アホみたいに盛られた各種デザートが。
「アナタタチイイヒトダカラコレハサービスデス(想像)」
ビジャさん(崩れた)… しかもパサパサしたモンばっかり…
もう他の皆さんも間違いなくお腹いっぱいなので、何とか頑張ろうと思ったのですが、
なんか甘いパウダーが乗ったカステラ的なモノを2つ掻きこんだ所でギブアップ。
申し訳ないなあと思ってお皿を見たら、意外とデザート減ってるんです。
そうしたら、なんと田口P、チョコケーキはこっちによこしたくせに
アーモンドクッキーはほとんど1人で完食してました。
曰く「これ、うまいよ」だって。
いやはや、なんともわかりやすく素敵な上司に恵まれたもんだと実感した夜でした。
なお、チョコケーキの件は不問に付されています(今の所)。

あくまで過酷な仕事の合間に繰り広げられた一幕でした。
写真はそんな過酷な仕事の合間に撮った1枚。
このエンジのウェアを着た人を訪ねてきました。
DSCF5876footb.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

所信表明(風)

  • 2010年08月19日 19:25
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

田口です。
11年目のFoot!がはじまります。
いつものように、ゆるめで、雑音交じりのAMラジオっぽく、
のんびりと、すこやかに、生きていきたいと思います。
たまたまぼくとクラッキーは同い年で、
チーフ・ディレクターもこれまた同い年なんですけど、
1970年代半ばごろ、ぼくたちが中学生だった頃の、
あの、がさつでとぼけた、
日本的かつ無国籍な、
希望はないけど絶望もすっからかん、
そんなような、微かなやさしい体温を直に伝えられたら、と思っています。
今年もよろしくおねがいします。
DSCF4488taguchi.JPG


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

Foot!サミット開催★

  • 2010年08月13日 20:41
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

毎年恒例のシーズン開幕1週間前に行われるFoot!サミットが、定番だった外国人旅行者に大人気のスポットではなく、古書に彩られたあの街で開催されました。このサミットで、新しいシーズンに巻き起こらんとしているすべてのことが決まるんです。なんてことは、まるでない(このフレーズ、わかる方いますかね)。不思議なモノで、この新シーズン最初の会議で何かが決まるということは、まずないんです。みんながオフの間に体験した四方山話を持ち寄って、近況的なことを報告すると、あっという間に時間は経過していき、直に会議はお開きになります。今回はワールドカップ絡みの話とかが多かったかな。でも、シーズン開幕まではもう1週間しかない訳で、決めなくてはならないこともたくさんあるはず。さすがに我々スタッフも奔放な番組とはいえ、それを放置したまま初回の放送を迎えるほど、ムチャクチャではありません。そこでシーズン2回目の会議が行われるんです。いつ?もちろん今日。どこで?古書に彩られたあの街で。この会議で、今シーズンの大きな骨格は決まっていくんですよ。不思議ですね。1回目じゃ決まんないんです。いつも2回目なんですよ。でも、1回目は絶対に必要なんです。で、2回目は1回目と同じ日に同じ街で行われるんです。こういうことって皆さんの日常にもありませんか?まあ、そんなこんなでお待たせしたFoot!も、ちょうど1週間後には帰ってきます。今回の開幕戦は、ここ3シーズン続いていた“倉敷さんの○○紀行”ではなく、2014年に向けてスタートを切ったあの国を、あの人が語るという、少しいつもと趣を異にした内容になりそうです。それでは、1週間後をお楽しみに!    AD土屋




この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

各国親善試合雑感

  • 2010年08月12日 18:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日はインターナショナルマッチデイということで
各国代表がポストワールドカップとばかりに
こぞって親善試合に励んでいたようですので
気になるゲームの結果でもサクサク見て行きましょう。

アイルランド 0×1 アルゼンチン
アルゼンチンはガゴとバネガのボカ出身コンビが揃ってスタメン。
というか、中盤より前はマスチェラーノ以外、全員リーガ所属になってます。
決勝ゴールは、マドリーのディ・マリアでした。
なお、アイルランドはカニンガムやシェリダンなど20歳そこそこの選手も出てましたよ。
イングランド 2×1 ハンガリー
イングランドはジャギエルカのOGで先制されるも、ジェラード2発で逆転勝利。
ハートやアダム・ジョンソンら若手に加えて、
18歳のウィルシャーと20歳のギブスというアーセナルコンビが代表初出場。
さらに26歳のドーソン、29歳のザモラも代表初出場を果たしています。
ノルウェー 2×1 フランス
諸事情により全員ワールドカップ不参加メンバーで固められたブラン初陣。
ベン・アルファのゴールで先制するも、結果的には逆転で敗れています。
まあスタメン11人中6人が初キャップでは、期待するのも酷というもの。
次戦以降に期待しましょう。
メキシコ 1×1 スペイン
どっちもかなりメンバー替えてますけど、かなり面白かったんじゃないでしょうか。
メキシコはブレイクした感のあるハビエル・エルナンデスが先制弾。
スペインは土壇場の91分にシルバが同点ゴールを決めていました。
オサスナのモンレアル、ビジャレアルのブルーノも出場するなど、
世界王者にも続々と新しい顔触れが加わっていますね。
パラグアイ 2×0 コスタリカ
今やすっかり日本でもお馴染みになった感のあるパラグアイ。
ベラ、リベーロスと両ボランチの2発でコスタリカを一蹴したようです。
日本戦も出ていた、ダルマみたいな体型のオルティゴサは
90分間フル出場してますねえ。
アルカラス、ダ・シルバのプレミアCBコンビも健在ですよ。
ウクライナ 1×1 オランダ
ワールドカップファイナリストのオランダはウクライナと敵地でドロー。
まあワールドカップメンバー23人はGKのフォルム1人だけだったので
この結果もやむなしでしょう。
ウクライナの2トップはちゃんとシェフチェンコとヴォローニンでした。
デンマーク 2×2 ドイツ
ドイツがゴメスとヘルメスのFW陣で2点先制も
デンマークがしっかり追い付いてドロー決着。
ドイツもワールドカップのレギュラーは全員不参加。
ヴォルフスブルクのリーターが代表初出場となっています。
韓国 2×1 ナイジェリア
ワールドカップの再戦はホームの韓国に軍配。
FC東京のキム・ヨングン、新潟のチョ・ヨンチョルが
共に代表初キャップでいきなり90分間フル出場となりました。
しかし、代表デビュー戦でいきなりニアサイドを撃ち抜いて
韓国の1点目を取ったユン・ビットガラムって何者でしょう?
ハーフっぽくなさそうですけど。
イタリア 0×1 コートジボワール
プランデッリの初陣はバロテッリ&アマウリ&カッサーノという
ある意味夢のトリオがスタメンを張ったものの不発。
一方のコートジボワールはカルー、ドゥンビア、ジェルヴィーニョという
これまた次代を担うトリオがスタメンに名前を連ねましたが、
結局ゴールを決めたのはコロ・トゥーレでした。
アメリカ 0×2 ブラジル
マノ・メネゼス初陣は難敵アメリカに快勝で船出。
期待のサントスコンビ、ガンソとネイマールも揃ってスタメン。
しかもネイマールはきれいなヘディングで
代表初ゴールまで決めてみせました。
パトもしっかり追加点をマーク。新生セレソン面白いんじゃないですか。

また、新しい4年間が始まりましたね!
写真はイングランド×ハンガリーの会場、ウェンブリー。
DSCF4369wemb.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

ELへの道・最終章

  • 2010年08月11日 22:11
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨年から装いも新たに創設されたヨーロッパリーグ。
本大会は9月開幕ですが、いよいよ予備予選も19日からプレーオフに突入。
180分の決戦を勝ち抜けば少なくとも
ヨーロッパのコンペティションと呼ばれる6試合は確保される訳です。
ということで、今日はそのプレーオフのカードを
一言みどころと一緒にババッと上げておきます。

Paris Saint-Germain(FRA)×Maccabi Tel Aviv(ISR)
たぶんラストシーズンっぽいマケレレ
Bayer Leverkusen(GER)×Tavriya Simferopol(UKR)
9シーズンぶりに古巣復帰を決めたバラック
CSKA Moscow(RUS)×Anorthosis(CYP)
柏から世界へ羽ばたいたドゥンビア
Hajduk Split(CRO)×Unirea Urziceni(ROM)
木村編集長がサンチェス・ピスファンで会ったユニフォームを着てる記者
Feyenoord(NED)×Gent(BEL)
なぜかGentにいるスロヴェニア代表のワールドカップ戦士2人
Genk(BEL)×Porto(POR)
フッキとGenkにいるトニー・イェボアのいとこ
Debrecen(HUN)×Litex Lovech(BUL)
国旗の3色が同じ対決
Aris Thessaloniki(GRE)×Austria Wien(AUS)
昨シーズンからAris Thessalonikiを率いているクーペル
Galatasaray(TUR)×Karpaty Lviv(UKR)
ライカールトとエラーノとキュ-ウェル
Palermo(ITA)×Maribor(SVN)
Mariborのダイレクターを務めるザホヴィッチ
Club Brugge(BEL)×Dinamo Minsk(BLR)
代表唯一のゴールが2002年の日本戦だったファン・デル・ヘイデン
Omonia(CYP)×Metalist Kharkiv(UKR)
意外にもOmoniaに流れ着いたルアルア
Vaslui(ROM)×Lille(FRA)
Vasluiの監督やってるロペス・カロ
Napoli(ITA)×Elfsborg(SWE)
Elfsborg在籍5シーズン目のステファン・イシザキ君
Sporting CP(POR)×Brøndby(DEN)
噂の日本代表選手は行くのか?
Grasshopper(SWI)×Steaua Bucureşti(ROM)
Grasshopperの監督になったスフォルツァ
Liverpool(ENG)×Trabzonspor(TUR)
輝きを取り戻したいジョー・コール
Celtic(SCO)×Utrecht(NED)
今シーズンからチームメイトになったキ・ソンヨンとチャ・ドゥリ
Borussia Dortmund(GER)×Qarabağ(AZE)
キレキレの香川
AIK(SWE)×Levski Sofia(BUL)
今シーズンからAIKを率いる元千葉のアレックス・ミラー監督
Sturm Graz(AUS)×Juventus(ITA)
いまだ現役を続けるマリオ・ハース
Getafe(ESP)×APOEL(CYP)
APOELでプレーする有名なソラーリの弟
Dundee United(SCO)×AEK Athens(GRE)
キプロスから帰国したデラス
AZ(NED)×Aktobe(KAZ)
仙台カップでインタビューしたジョナタス
Dnipro Dnipropetrovsk(UKR)×Lech Poznań(POL)
特になし
Rapid Wien(AUS)×Aston Villa(ENG)
Aston Villaの新監督は誰?
CSKA Sofia(BUL)×The New Saints(WAL)
ウェールズ唯一のプレーオフ進出クラブ
Beşiktaş(TUR)×HJK Helsinki(FIN)
シュスターとグティの師弟愛
Slovan Bratislava(SVK)×Stuttgart(GER)
ロマンチックな名前のSlovan Bratislava所属MFフィリップ・キス
Sibir Novosibirsk(RUS)×PSV Eindhoven(NED)
昨シーズンにプチブレイクしたPSVのジョナタン・レイス
BATE(BLR)×Marítimo(POR)
ポルトガル人より多いMarítimoのブラジル人たち
Lausanne-Sport(SWI)×Lokomotiv Moscow(RUS)
2002年のワールドカップにも出ていたロシア代表のシチェフ
Győri ETO(HUN)×Dinamo Zagreb(CRO)
Dinamo Zagrebにいる元アルゼンチン代表のクフレ
Odense(DEN)×Motherwell(SCO)
Odenseのボランチ・懐かしのジェンバ-ジェンバ
PAOK(GRE)×Fenerbahçe(TUR)
PAOKの闘犬パブロ・ガルシア
Villarreal(ESP)×Dnepr Mogilev(BLR)
Villarrealに復帰した亘さんも大好きなソモサ
Timişoara(ROM)×Manchester City(ENG)
シルバとヤヤ・トゥーレとボアテンク

今シーズンのELも楽しみです。
写真は、Beşiktaşと対戦する
HJK Helsinkiのホームスタジアム、Sonera Stadiumの一部。
DSCF2250HJK.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~8月2週~

  • 2010年08月10日 23:07
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今週は、やや動きの少ない週ではありましたが
中にはワールドカップ出場組も含まれてはいるので
チェックしてみましょう。

Mame Biram Diouf 1987・12・16 Senegal
Manchester United(ENG)→Blackburn(ENG) ※Loan
Tal Ben Haim 1982・3・31 Israel
Portsmouth(ENG)→West Ham(ENG) ※Loan
Stephen Appiah 1980・12・24 Ghana
Bologna(ITA)→Cesena(ITA)
Sebastian Giovinco 1987・1・26 Italy
Juventus(ITA)→Parma(ITA) ※Loan
Rafinha 1985・9・7 Brazil
Schalke 04(GER)→Genoa(ITA)
Miguel Veloso 1986・5・11 Portugal
Sporting(POR)→Genoa(ITA)
Gustavo Munúa 1978・1・27 Uruguay
Málaga(ESP)→Levante(ESP)
Nicolás Bertolo 1986・1・2 Argentina
Palermo(ITA)→Zaragoza(ESP) ※Loan
Diego Godín 1986・2・16 Uruguay
Villarreal(ESP)→Atlético Madrid(ESP)
Philipp Degen 1983・2・15 Switzerland
Liverpool(ENG)→Stuttgart(GER) ※Loan
Alberto Zapater 1985・6・13 Spain
Genoa(ITA)→Sporting(POR)
André Ooijer 1974・7・11 Netherlands
PSV(NED)→Ajax(NED)

まあ、中には日本人プレイヤーにもちょっと関係してくるような
移籍もありますねえ。
例えば長友佑都が所属するチェゼーナには
ガーナの御大アッピアーが加入。
また、内田篤人が所属するシャルケからは
まさにポジションを争うライバルだったラフィーニャが
意外にもジェノアに移籍しています。
あとは、ジョヴィンコのパルマ移籍もちょっとしたトピックでしょう。
でも今週は正直相当地味ですねえ。まあこういう週もあるでしょう。
来週に期待します。
写真は全然関係ないシリーズより、今流行りのグラバーさん。
gra.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

はじめまして

  • 2010年08月07日 22:47
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

はじめまして

皆様こんにちは。
「Foot!」デスクのユッコと申します。
好きなチームはスペインのレアル・サラゴサです。
どうぞよろしくお願いします。

サラゴサといえば、亘さんがアミーゴ達に会いに行かれたことを
覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
私もその放送(2006年放送の第1回のほう)を見ていたのですが、
見ているうちにどうしてもどうしてもサラゴサに行きたくなってしまい、
半ば勢いでサラゴサ旅行を決めてしまいました。
サラゴサは想像以上に綺麗でのんびりとした素敵な街で、
「ラ・ロマレダ」も雰囲気のあるいいスタジアムだったし、
私の背中をどーんと押してくれた「Foot!」と亘さんに
すごく感謝をしたのをよく覚えています。

サラゴサはあまり強豪とは言えないチームなので、
選手がわりと短いターンでいなくなってしまったり、
オーナーの迷走ぶりに振り回されたり、時には降格したりと、
いろいろ悲しいこともありますが、勝っても負けても1部でも2部でも、
楽しんでサラゴサを応援していきたいと思っています。

それにしても、
当時はまさか自分が「Foot!」に関係のある仕事をするとは
夢にも思っていませんでした。本当に人生はなにがあるかわかりません。。。


写真はサラゴサのシンボル、「ピラール聖母教会」の後ろ姿
pilar.jpg

ユッコ

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

よみうりランドへの憧れ

  • 2010年08月05日 23:38
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

我々が小学生だった頃、サッカー少年たちにとって憧れの舞台といえば
それは間違いなく“よみうりランド”でした。
各都道府県大会を勝ち抜いたものだけが立つことを許される聖地。
立花兄弟がホームのこっちとむこうでパスしてやがった
「京王よみうりランド駅」で電車を降り、「よみうりランド会館」に宿泊。
“予選ブロックの試合は6面あるサッカー場のすべてを使い、
各グラウンドで午前 午後4試合ずつ行われる”という
キャプテン翼4巻の159ページに書かれていた脚注に思いを馳せ、
食堂でのチーム交流(日向と松山は揉めちゃいましたけど…)なんかも
素敵だなあなんて思ってたもんです。
そして私が小学校6年生の時に、たまたま関東大会が東京で行われ、
しかもその宿舎がなんと「よみうりランド会館」だった時の、あの感動。
建物の外観や、部屋の内装がキャプテン翼で見たのとまったく同じだったことに、
大興奮したことを今でも覚えています。
(なぜか大会自体の会場は、今のFC東京が練習している小平でしたが…)

そんな大会も、実は「よみうりランド」を使っていたのは2004年まで。
2005年からはJヴィレッジと西が丘の併用という形になっているんです。
我々「ランド」世代にとってはちょっと寂しい気もしますが、
これも時代の流れでしょうか。
とにかく、2006年以降は西が丘が準決勝以降の会場となったために、
今では“西が丘に行こう!”が、きっと各チームの合言葉なんでしょう。
そんな今年の大会も、昨日までに西が丘へと駒を進める4チームが決定しました。
栄えある4チームは
柏レイソルU-12(千葉・2年ぶり12回目)
バディーサッカークラブ(神奈川・初出場)
EXE90FC(大阪・2年連続3回目)
ディアブロッサ高田FC U-12(奈良・2年連続11回目)

となっています。
明日の準決勝は第1試合が14時からディアブロッサ高田×EXE90FC、
第2試合が15時からバディーSC×柏レイソルU-12と
近畿対決&関東対決となっています。
炎天下で繰り広げられる、日本最高峰の少年たちが競い合う祭典。
天気予報こそ32度ですけど、なんと入場料は無料!
お近くの方もそうでない方も、是非会場で声援を送ってみてはいかがでしょうか?
yomiuri land.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~8月1週~

  • 2010年08月03日 22:39
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ちょっとずつ各国ともリーグの開幕戦が近付いてきましたね。
今週も新天地を求めた選手たちの主なリストを掲載しましょう。

David James 1970・8・1 England
Portsmouth(ENG)→Bristol City(ENG)
Sol Campbell 1974・9・18 England
Arsenal(ENG)→Newcastle United(ENG)
(Manager)Mark Hughes 1963・11・1 Wales
FREE→Fulham(ENG)
Carlos Marchena 1979・7・31 Spain
Valencia(ESP)→Villarreal(ESP)
Sami Khedira 1987・4・4 Germany
Stuttgart(GER)→Real Madrid(ESP)
Raúl Tamudo 1977・10・19 Spain
Espanyol(ESP)→Real Sociedad(ESP)
Jonathan de Guzmán 1987・9・12 Netherlands
Feyenoord(NED)→Mallorca(ESP)
Raúl González 1977・6・27 Spain
Real Madrid(ESP)→Schalke04(GER)
Guti 1976・10・31 Spain
Real Madrid(ESP)→Beşiktaş(TUR)
Nicolás Pareja 1984・1・19 Argentina
Espanyol(ESP)→Spartak Moscow(RUS)
Jean-Alain Boumsong 1979・12・14 France
Lyon(FRA)→Panathinaikos(GRE)
Mounir El Hamdaoui 1984・7・14 Morocco
AZ(NED)→Ajax(NED)
Aleksandar Luković 1982・10・23 Serbia
Udinese(ITA)→Zenit(RUS)
Rafael Márquez 1979・2・13 Mexico
Barcelona(ESP)→New York Red Bulls(USA)

やっぱり今週最大のトピックはマドリーの2人でしょう。
まあラウールは元々アトレティコのユース出身ですけど、
グティは10歳からマドリー一筋ですからねえ。
ただ、ここ最近ではシュスター時代が一番輝いていた印象ですから
ベシクタシュというのはかなりいいチョイスでしょう。
グティのパスにクアレスマやニハトが走るというのもイメージできます。
是非まだまだできる所を証明して欲しいですね。
写真は、キャンベルが加入したニューカッスルのホームスタジアム
セント・ジェームズ・パーク。
015james.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国昇格事情~09/10決定版~

  • 2010年07月29日 19:27
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

実は11月に1回ポ~ンと投げてから
完全に投げっぱなしになっていた欧州各国弐部事情。
すっかりシーズンなんか終わっちゃいましたが、
来たるべきシーズンへの予習ということで
一応総括的なことをしておきたいと思います。

【イタリア・セリエB】
(昇格)1位・Lecce、2位・Cesena、プレーオフ勝者・Brescia

1位Lecce、2位Brescia、3位Cesenaまでが昇格の可能性を残して迎えた最終節。
それぞれポイントも74、72、71と拮抗していた。
まず、LecceはSassuoloとスコアレスドローながら、優勝での昇格決定。
Bresciaは下位に沈んでいたPadovaにまさかの敗戦で3位転落。
Piacenzaを1-0で下したCesenaが大逆転で20シーズンぶりのセリエA帰還を果たした。
昇格プレーオフ準決勝第1戦、6位CittadellaはBresciaにホームで1-0の先勝。
5位Torinoは4位Sassuoloと1-1で引き分ける。
第2戦はBresciaが1-0で勝利し、アグリゲートスコアが並んだ場合には
シーズン上位だった方が勝ち抜けというレギュレーションで薄氷の決勝進出。
もう1試合はSassuoloをアウェイで1-2と葬ったTorinoが決勝へ駒を進める。
スコアレスドローの第1戦を経て、迎えた運命の第2戦。
Bresciaが2点先制するも、86分にTorinoが追いつくなど、
白熱したゲームはそのままBresciaが何とか逃げ切り。
昨シーズンプレーオフ決勝で敗れたリベンジを果たして、6シーズンぶりの昇格を決めた。
(得点ランキング) 
※以下、2部のみ掲載。データは名前(所属クラブ・ゴール数)。
1位Éder(Empoli・26)、2位Mirko Antenucci(Ascoli・24)
Rolando Bianchi(Torino・24)、Mauricio Pinilla(Grosseto・24)

【イングランド・チャンピオンシップ】
(昇格)1位・Newcastle、2位・West Bromwich、プレーオフ勝者・Blackpool

シーズンを通じてほとんど首位だったNewcastleは
5試合を残した4月で早々に昇格決定。最後はポイントも102まで伸ばす。
また、2位のWest Bromwichも同じく4月中にプレミア復帰決定。
プレーオフに臨む4クラブは、1月以降ほとんど6位以内に入っていた
Nottingham Forest、Cardiff、Leicesterがすんなり決まり、
終盤に失速したSwanseaを残り2節でかわしたBlackpoolが最後の1枠に駆け込んだ。
プレーオフ準決勝第1戦は、まずBlackpoolがホームでNottingham Forestに2-1の勝利。
一方、LeicesterはホームでCardiffに0-1と痛恨の敗戦。
第2戦はどちらも凄まじい点の取り合いに。
Nottingham Forestのホームゲームは66分までは2-1とアグリゲートで並んでいたが、
72分にDobbieのゴールでBlackpoolが勝ち越すと、
Campbellが76分、79分のゴールでハットトリックを達成。
Nottingham Forestの12シーズンぶりプレミア復帰はここで潰える。
Cardiffのホームゲームも壮絶を極めた熱戦。
Cardiffが先制するも、アウェイのLeicesterがここから3点を奪って逆転に成功。
69分にPKで何とかCardiffも追い付き、アウェイゴールが適用されないルール上、
共にアウェイチームが勝利しての3-3で延長戦突入。
残り30分でも決着付かず、ファイナルへの切符はPK戦に委ねられる。
先攻のLeicester、後攻のCardiff共に3人目まで全員成功。
ちなみにLeicesterの3人目は元ペルー代表のNolberto Solanoだった。
しかし、Leicester4人目は痛恨の失敗。5人目も歩調を合わせ、
Cardiffが激闘を制して、最後の戦いに挑む。
迎えたファイナルは82244人で埋まったウェンブリー。
9分はCardiffのChopra、13分はBlackpoolのAdam、
36分はCardiffのLedley、39分はBlackpoolのTaylor-Fletcherと両者譲らず2-2。
前半終了間際の45+1分、BlackpoolはOrmerodが勝ち越しゴールを奪うと、
それがそのまま決勝点。Blackpoolが初のプレミア昇格を決めた。
(得点ランキング) 
1位Peter Whittingham(Cardiff・22)、2位Nicky Maynard(Bristol City・20)
3位Gary Hooper(Scunthorpe United・19)

【スペイン・リーガアデランテ・セグンダディビシオン】
(昇格)1位・Real Sociedad、2位・Hércules、3位・Levante

10月4日の第6節以降、一度たりとも昇格圏外に消えることのなかった
Real Sociedadが残り3節で首位に立つとそのまま優勝でフィニッシュ。
ゴール数はリーグ10位と、それほど得点力は高くなく、
失点も37と決して少なくはなかったが、1点差勝利が11試合と粘り強い戦いで、
最終節を残して4シーズンぶりの昇格を決めた。
また、年明けの段階では12位だったものの
4連勝を含む11戦負けなしと、3度の連勝で一時は首位にも躍り出るなど
底力を発揮したLevanteも最終節を前に昇格決定。
また、2節以降はほとんど昇格圏内に入っていた3部からの昇格組FC Cartagenaも、
41節終了時で3位以内に入る可能性を絶たれ、
残り1つの枠は68ポイントで並んだHérculesとBetisが争うことになる。
なお、ポイントが並んだ場合の順位決定は直接対決の結果。
両者は1勝1分けでHérculesが優位に立っていた。
迎えた最終節、Hérculesは降格が決まっていたReal Uniónとアウェイで、
Betisは昇格が決まっていたLevanteとホームでの対戦。
17分、HérculesのPortilloが先制弾。
18分、BetisのJuandeが先制弾。
28分、BetisのCaffaが追加点。
48分、BetisのJonathan Pereiraが3点目。ほぼBetisの勝利は決まる。
54分、Real UniónのDescargaがゴール。しかし自らのゴールに。
Hérculesが13シーズンぶりにプリメーラへ戻ってくる。
(得点ランキング) 
1位Jorge Molina(Elche・26)、2位Christian Stuani(Albacete・22)
3位Marco Rubén(Villarreal B・18)、Toché(FC Cartagena・18)

【ドイツ・ツヴァイテブンデスリーガ】
(昇格)1位・Kaiserslautern、2位・St. Pauli

13節以降、トータルで半年に渡って首位を守り続けたKaiserslauternは
2試合を残して5シーズンぶりの昇格決定。
また、14節以降はほとんど2位だったSt. Pauliも9シーズンぶりの1部復帰。
前回ブンデスから降格したシーズンは、翌シーズンに3部へ転落。
2007/2008シーズンに2部へ戻ってくると、それから3シーズンで再び1部へと返り咲いた。
3位に入り、ブンデス16位と戦うプレーオフへの挑戦権を得たのはAugsburg。
相手は昨シーズンもプレーオフを戦い、昇格したNürnberg。
プレーオフ好きですねえ。ただ、そこはプレーオフ好き。
2試合合計3-0で見事防衛。今シーズンの昇格は2チームとなった。
(得点ランキング) 
1位Michael Thurk (Augsburg・23)、2位Marius Ebbers(St. Pauli・20)
3位Erik Jendrisek(Kaiserslautern・15)、Mahir Saglik(Paderborn・15)
Christopher Nöthe(Greuther Fürth・15)

【フランス・リーグドゥ】
(昇格)1位・Caen、2位・Brest、3位・Arles-Avignon

驚異の5節から順位表の頂上に君臨し続けたCaenはアッサリ昇格。
2度の5連勝で、こちらも17節以降は2位をキープし続けたBrestも
1990/1991以来、20シーズンぶりとなるリーグアン昇格を早々に決めた。
最後の1枠は、Metzが2月以降キープしてきた3位から残り6節で転落。
最終節を前にして、Arles-Avignon(57pts)、Metz(56pts)、
Clermont(54pts)、Angers(54pts)と4チームに昇格の可能性があったが、
Metzは敗れ、Angersは引き分け、
Clermontとの直接対決を制したArles-Avignonが
クラブ創設97年目にして初めてトップディヴィジョンへ登り詰めた。
(得点ランキング) 
1位Olivier Giroud(Tours・21)、2位Anthony Modeste(Angers・20)
3位Sebastián Ribas(Dijon・16)

その他の国ではオランダのエールステ・ディビジからはDe GraafschapExcelsiorが、
ポルトガルのリーガ・デ・オンラからはBeira-MarPortimonenseが、
スコットランドのフットボール・リーグからはInverness Caledonian Thistleが、
ベルギーのセカンド・ディヴィジョンからはいまやすっかり有名になったLierseEupenが、
それぞれトップディヴィジョンへ昇格しています。
今シーズンの各国弐部にはどんなドラマが待ち受けているのか、
既に今から相当楽しみですねえ。
写真は5年前にミニ・エスタディでバルサBと戦っていた3部時代のエルクレス。
いよいよプリメーラまで来ましたか。
バルサB hel.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

勝手にJ2オールスター(前半戦終わったので)

  • 2010年07月27日 22:39
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨年も前半戦終了時にここで勝手に開催したJ2オールスター。
今年も19節を消化したこのタイミングで
是非やっておきたいということでやっちゃいます。
前回同様、まずチーム分けはJSL時代に敬意を表して東軍と西軍。
今年は19チームが所属していますので
甲府と富山の間を境に東9、西10という形で分けました。
また、昨年は全チームから1人以上+1チーム2人までというルールでやりましたが、
今年は全チームから1人以上は継続するものの、
1チーム2人までという縛りを撤廃して、現時点での最強チームを構成したつもりです。
今回も結構時間かけて選出させてもらったのは以下の選手たちです!

東軍(札幌、水戸、栃木、草津、千葉、柏、東京V、横浜FC、甲府)
21 GK菅野孝憲(柏)
15 DFキム・ユジン(横浜FC)
6 DFパク・ドンヒョク(柏)
30 DFヨ・ヒョジン(栃木)
26 MF松下裕樹(草津)
27 MF古田寛幸(札幌)
11 MFレアンドロ・ドミンゲス(柏)
20 MF片桐淳至(甲府)
14 FW倉田秋(千葉)
35 FWハーフナー・マイク(甲府)
19 FW工藤壮人(柏)
【SUB】
1 GK荻晃太(甲府)
4 DF石川直樹(札幌)
17 DF土屋征夫(東京V)
10 MF大橋正博(水戸)
7 MF佐藤勇人(千葉)
23 MF大谷秀和(柏)
36 MF高地系治(横浜FC)

フォーメーション(3-4-3)

-------ハーフナー-------
--工藤----------倉田--
-----レアンドロ・ドミンゲス-----
---片桐--------古田---
--------松下--------
-ヨ・ヒョジン-パク・ドンヒョク-キム・ユジン-
-------------------
--------菅野--------

(選考過程)
GKは菅野が文句なし。荻、柴崎邦博(栃木)、本間幸司(水戸)の中から荻を選択。
DFはコミュニケーションと迫力を考慮してコリアントリオに。
ヨ・ヒョジンとキム・ユジンの個は見るべきモノあり。
他には水戸のルーキー作田裕次と
大ベテランの藤山竜仁(札幌)も安定したプレーぶりが光る。
中盤は古田と片桐のレフティを左右に置いたダイヤモンドにして、
アンカーに草津で孤軍奮闘する松下を配し、
レアンドロ・ドミンゲスは攻撃に専念させる。
他には甲府のアンカー秋本倫孝と藤田健、千葉のアレックス、
栃木を再生させた佐藤悠介もかなり悩んだ結果、選外になってしまった。
FWの3人は単純に目立つ選手を選んだら、
結果的に得点ランクの上から3人になった。
中でも突如大化けした工藤はまだ20歳。のびしろも十分ある。
あとはネット(千葉)とラフィーニャ(草津)も個の能力は相当高い。
現在付けている背番号と異なる選手と意味合いは以下の通り。
松下→Jリーガーになって初めて付けた番号
ハーフナー→去年の番号
大谷→Jリーガーになって初めて付けた番号
高地→Jリーガーになって初めて付けた番号

西軍(富山、岐阜、岡山、徳島、愛媛、福岡、北九州、鳥栖、熊本、大分)
18 GK南雄太(熊本)
36 DF菊地直哉(大分)
22 DF小原章吾(愛媛)
6 DF福王忠世(熊本)
3 DFキム・ミヌ(鳥栖)
15 MF中町公祐(福岡)
30 MF永里源気(福岡)
25 MF早坂良太(鳥栖)
10 MFキム・ボギョン(大分)
11 FW津田知宏(徳島)
9 FWチェ・ジョンハン(大分)
【SUB】
1 GK真子秀徳(岡山)
7 MF朝日大輔(富山)
14 MF嶋田正吾(岐阜)
8 MF倉貫一毅(徳島)
20 MF関光博(北九州)
21 MF東慶悟(大分)
24 FW福田健二(愛媛)

フォーメーション(4-4‐2)

---チェ・ジョンハン----津田---
-------------------
-------キム・ボギョン-------
---早坂----------永里---
---------中町---------
-キム・ミヌ--福王--小原--菊地-
-------------------
---------南---------

(選考過程)
GKは南がすぐ決まり、真子と野田恭平(岐阜)との比較で真子をチョイス。
DFはCBもボランチもこなす菊地を右SBに置いて、
左SBのキム・ミヌがガンガン上がる分、バランスをとってもらう。
中央は失点数が昨年ワースト2位と3位だったチームの
安定した守備陣を支える2人を選んだ。
ペ・スンジンと三木隆司の徳島コンビ、
丹羽大輝(福岡)、関根永悟(愛媛)も好パフォーマンスが目立っている。
中盤はアンカーの中町も含めて攻撃的なダイヤモンド。
永里は得点ランキングでも上位なので目に付きやすいが
早坂も中盤より前のポリバレントさはJ2屈指。
Honda FCからの加入1年目で、この活躍はいい意味でサプライズだろう。
キム・ボギョンはJ2レベルを遥かに超えている。
他にはJ初挑戦のチームをまとめる佐野裕哉(北九州)、
末吉隼也(福岡)、藤田直之(鳥栖)の福岡大卒ルーキーコンビ、
吉井孝輔と原田拓の熊本ボランチコンビも候補として考えていた。
こちらの2トップも得点ランクの上から2人。
津田は負傷がなければもっとゴールを量産していたと思う。
現在付けている背番号と異なる選手と意味合いは以下の通り。
キム・ミヌ→2009年のU-20ワールドカップで付けていた番号
永里→Jリーガーとして初めて付けた番号
東→Jリーガーとして初めて付けた番号

チーム数も増えて、試合数も減ったことですし
そろそろこの企画、実現しないですかねえ。
スタジアムに行くと、写真のような光景にはいまだに足が止まっちゃいます。
324uni.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (677) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~7月のまとめ~

  • 2010年07月26日 19:17
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ジワジワとではありますが、動きが活発になり始めている移籍マーケット。
今回は7月中に決まった移籍情報を
超独断でご紹介しましょう。

Titus Bramble 1981・7・31 England
Wigan(ENG)→Sunderland(ENG)
Marcos Angeleri 1983・4・7 Argentina
Estudiantes(ARG)→Sunderland(ENG)
Daniel Gosling 1990・2・2 England
Everton(ENG)→Newcastle(ENG)
Joe Cole 1981・11・8 England
Chelsea(ENG)→Liverpool(ENG)
Danny Wilson 1991・12・27 Scotland
Rangers(SCO)→Liverpool(ENG)
Milan Jovanović 1981・4・18 Serbia
Standard Liège(BEL)→Liverpool(ENG)
Frédéric Piquionne 1978・12・8 France
Portsmouth(ENG)→West Ham(ENG)
Yossi Benayoun 1980・5・5 Israel
Liverpool(ENG)→Chelsea(ENG)
Yaya Touré 1983・5・13 Côte d'Ivoire
Barcelona(ESP)→Manchester City(ENG)
Aleksandar Kolarov 1985・11・10 Serbia
Lazio(ITA)→Manchester City(ENG)
Ali Al-Habsi 1981・12・30 Oman
Bolton(ENG)→Wigan(ENG) ※Loan
(Manager)Roy Hodgson 1947・8・9 England
Fulham(ENG)→Liverpool(ENG) 
Sokratis Papastathopoulos 1988・6・9 Greece
Genoa(ITA)→Milan(ITA)
Edinson Cavani 1987・2・14 Uruguay
Palermo(ITA)→Napoli(ITA)
Cristiano Lupatelli 1978・6・21 Italy
Cagliari(ITA)→Bologna(ITA)
Mark Bresciano 1980・2・11 Australia
Palermo(ITA)→Lazio(ITA)
Luca Toni 1977・5・26 Italy
Bayern Munich(GER)→Genoa(ITA)
Abdelkader Ghezzal 1984・12・5 Algeria
Siena(ITA)→Bari(ITA)
Yuto Nagatomo 1986・9・12 Japan
FC Tokyo(JPN)→Cesena(ITA) ※Loan
(Maneger)Zdeněk Zeman 1947・3・12 Czech
FREE→Foggia(ITA)
Filipe Luis 1985・8・9 Brazil
Deportivo(ESP)→Atlético Madrid(ESP)
Adriano Correia 1984・10・26 Brazil
Sevilla(ESP)→Barcelona(ESP)
Pedro León 1986・11・24 Spain
Getafe(ESP)→Real Madrid(ESP)
Jesús Dátolo 1984・5・19 Spain
Napoli(ITA)→Espanyol(ESP) ※Loan
Sebastián Eguren 1981・1・8 Uruguay
AIK(SWE)→Sporting Gijón(ESP)
Sergio González 1976・11・10 Spain
Deportivo(ESP)→Levante(ESP)
(Manager)Michael Laudrup 1964・6・15 Denmark
FREE→Mallorca(ESP)
Heiko Westermann 1983・8・14 Germany
Schalke04(GER)→Hamburger SV(GER)
Simon Kjær 1989・3・26 Denmark
Palermo(ITA)→Wolfsburg(GER)
Arne Friedrich 1979・5・29 Germany
Hertha BSC(ITA)→Wolfsburg(GER)
Jan Simunek 1987・2・20 Czech
Wolfsburg(GER)→Kaiserslautern(GER)
João Moutinho 1986・9・8 Portugal
Sporting(POR)→Porto(POR)
Cha Du-Ri 1980・7・25 Korea Republic
Freiburg(GER)→Celtic(SCO)
Albert Riera 1982・4・15 Spain
Liverpool(ENG)→Olympiacos(GRE)
Dennis Rommedahl 1978・7・22 Denmark
Ajax(NED)→Olympiacos(GRE)
Sidney Govou 1979・7・27 France
Lyon(FRA)→Panathinaikos(GRE)
Eduardo da Silva 1983・2・25 Croatia
Arsenal(ENG)→Shakhtar(UKR)
Obafemi Martins 1984・10・28 Nigeria
Wolfsburg(GER)→Rubin Kazan(RUS)
Juliano Belletti 1976・6・20 Brazil
Chelsea(ENG)→Fluminense(BRA)
Keirrison 1988・12・3 Brazil
Barcelona(ESP)→Santos(BRA) ※Loan
Thierry Henry 1977・8・17 France
Barcelona(ESP)→New York Red Bulls(USA)
Mista 1978・11・12 Spain
Deportivo(ESP)→Toronto FC(USA)

やっぱり大物ではジョー・コールとヤヤ・トゥーレ、アンリが目に付きます。
細かいところに目を移すと、
ボローニャに加入したルパテッリは、キエーボで10番を背負っていたGK。
Foot!セレクションにもインタビューで登場していました。
また、スーペル・デポルを支えたセルヒオはレバンテに移籍。
チャ・ドゥリのセルティックってのもちょっと意外な気がします。
あとはオリンピアコスの攻める姿勢にも注目が。
イバガサに続いて、リエラにロンメダールまで獲得。
パナシナイコスにはゴヴも加入しており、ギリシャに実力者集まってます。
そろそろヨーロッパもヨーロッパリーグやチャンピオンズに
強豪クラブが登場するだけに、ここ1、2週間でも結構動くかもしれないですね。
そんな中、個人的に最もグッと来たのはズデネク・ゼーマンの現場復帰。
しかも舞台はイタリア3部のフォッジャですよ。いや~、情熱あるなあ。
写真は、チャ・ドゥリにキ・ソンヨンと韓国人2人の活躍が期待されるセルティック・パーク。
DSCF2834celtic.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

たまにはお知らせを

  • 2010年07月23日 13:24
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

たまにはお知らせなんかを。
7月23日、まさに今日
倉敷さんと某番組でコラボレーションを繰り広げていた
パッカ君の出向元でもある「GIANT KILLING」の最新刊、16巻が発売されました。
私は頑なに単行本だけで読ませてもらってるんですけど、
ここ最近はずっと気になっていた達海の監督以前が展開されていて、
15巻も気になる感じで終わっていたので、かなり待ち望んでいました。
たぶん、今買うとパッカ君のステッカーも付いてくるので
パッカ君マニアの方は是非手に入れましょう!

また、ジャイアントキリング発サッカーエンターテインメントマガジン
(っていうんですね。さっき知りました)
「GIANT KILLING extra」のVol.2も本日発売になっています。
今回のテーマは“監督も、かつて選手だった”。
Foot!でもおなじみの中山淳さんによる
セレッソ大阪のレヴィー・クルピ監督インタビューの他に、
これまたFoot!でもおなじみの
ロアッソ熊本の高木“バンバン”琢也監督と
モンテディオ山形の小林伸二監督には、
僭越ながら私がお話を聞いてまいりました。
他にも清水エスパルスの長谷川健太監督、横浜F・マリノスの木村和司監督、
筑波大蹴球部監督の風間八宏監督、コンサドーレ札幌の石崎信弘監督の
インタビューも掲載。
また、こちらもFoot!出演者であるフットボリスタ編集長の木村さんが
「1対1ではなく11対11 スペインと日本、少年サッカーでも何が違うの?」を
テーマに文章を書かれています。
あと、個人的にイチ押しなのが
高校、大学の現場に行くと会わないことはないといっても過言ではないほど
精力的に取材活動をされている吉田太郎さんの「長澤和明」評と、
木下晋也さんの「ポテンサッカー」と、
岩本ナオさんの「ジャイキリ読んでJリーグの試合観に行ってきたんですよ」。
興味のある方はこちらもあわせて是非ご一読を。
005giant.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~7月より前に決まったヤツ編~

  • 2010年07月22日 23:34
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ワールドカップも終わり、
これから活発になることが予想されるストーブリーグ。
毎年恒例ではありますが、今年もここでチョコチョコと
移籍情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います。
第1回目の今日は、まず6月中、もしくはそれ以前に決まっていた
移籍の琴線に触れたモノをご紹介しましょう。

David Silva 1986・1・8 Spain
Valencia(ESP)→Manchester City(ENG)
Jérôme Boateng 1988・9・3 Germany
Hamberger SV(GER)→Manchester City(ENG)
Nikola Žigić 1980・9・25 Serbia
Valencia(ESP)→Birmingham City(ENG)
Martin Petrov 1979・1・15 Bulgaria
Manchester City(ENG)→Bolton(ENG)
Philippe Senderos 1985・2・14 Switzerland
Arsenal(ENG)→Fulham(ENG)
Philippe Senderos 1985・2・14 Switzerland
Arsenal(ENG)→Fulham(ENG)
Marouane Chamakh 1984・1・10 Morocco
Bordeaux(FRA)→Arsenal(ENG)
(Maneger)Avram Grant 1955・5・4 Israel
Portsmouth(FRA)→West Ham(ENG)
(Manager)Rafael Benítez 1960・4・16 Spain
Liverpool(ENG)→Inter(ITA)
(Manager)Massimiliano Allegri 1967・8・11 Italy
Cagliari(ITA)→Milan(ITA)
(Manager)Luigi Delneri 1950・8・23 Italy
Sampdoria(ITA)→Juventus(ITA)
(Manager)Siniša Mihajlović 1969・2・20 Serbia
Catania(ITA)→Fiorentina(ITA)
Simone Pepe 1983・8・30 Italy
Udinese(ITA)→Juventus(ITA) ※Loan
(Manager)José Mourinho 1963・1・26 Portugal
Inter(ITA)→Real Madrid(ESP)
(Maneger)Jesualdo Ferreira 1946・5・24 Portugal
Porto(POR)→Malaga(ESP)
Joseba Llorente 1979・11・24 Spain
Villarreal(ESP)→Real Sociedad(ESP)
Roberto Soldado 1985・5・27 Spain
Getafe(ESP)→Valencia(ESP)
Ricardo Costa 1981・5・16 Portugal
Lille(FRA)→Valencia(ESP)
David Villa 1981・11・3 Spain
Valencia(ESP)→Barcelona(ESP)
(Maneger)Steve McClaren 1961・5・3 England
Twente(NED)→Wolfsburg(GER)
Christoph Metzelder 1980・11・5 Germany
Real Madrid(ESP)→Schalke04(GER)
Michael Ballack 1976・9・26 Germany
Chelsea(ENG)→Bayer Leverkusen(GER)
Gerald Asamoah 1978・10・3 Germany
Schalke04(GER)→St. Pauli(GER)
(Maneger)Jean Tigana 1955・6・23 France
Free→Bordeaux(FRA)
César Azpilicueta 1989・8・28 Spain
Osasuna(ESP)→Marseille(FRA)
Robert Hilbert 1984・10・16 Germany
Stuttgart(GER)→Beşiktaş(TUR)
Ricardo Quaresma 1983・9・26 Portugal
Inter(ITA)→Beşiktaş(TUR)

なんかモウリーニョにベニテス、ジョゼ・フェレイラ、ティガナら大物に
アレグリやミハイロヴィッチなど若手も含めて監督の移動が目立ちますね。
これから選手もどんどん動いていくでしょう。うーん、楽しみ。
写真は、ゾラからグラントに監督を替えたウエストハムのホーム、アップトンパーク。
016westham.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

ムンディアルの思ひ出

  • 2010年07月18日 23:55
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

僕はスカパーでデイリーハイライトの制作に
携わらせてもらっていたのですが、大会が盛り上がる中
仕事を抜け出し7月上旬に1週間ほどスペインへ行っておりました。
実際、仕事では何度も行ったことのある国ですが
仕事じゃないと風景も全く違って見えてくるもんで。
マラガ滞在時にはスペインがパラグアイを破り
準決勝進出した瞬間を、バルセロナではドイツを破り
決勝進出を決めた瞬間を現地のバルで迎えました。
南アに行くほどではないですが、これも貴重な経験でした。
準々決勝のスペインの相手が日本だったら面白かったのになぁ。
と、今でも考えてますけどね。それで現地で改めて感じたこと。
やはり予想通り、決勝進出を決めたのにも関わらず
バルセロナの町の盛り上がりはイマイチでした。
比較的『スペイン好き』の多いアンダルシア地方のマラガでは
国旗を翻しながら車にハコ乗りしクラクションを鳴らしまくり
警官も出動するお祭り騒ぎを遠目で見てました。
準決勝はマドリード、セビージャ、パンプローナなどの都市では
パブリック・ビューイングでかなりの盛り上がりを見せていたようで
現地のニュースでもその様子を伝えていましたが、あれだけ
バルサの選手が出場していたのにも関わらずバルセロナではナシ。
決勝だけはバルセロナでもパブリック・ビューイングを行い
それなりに盛り上がったようですけど。
試合終了後、バルサの象徴プジョールとマドリーのカシージャスが
ピッチで真っ先に抱き合った姿にウルッとした一方、
チャビがカタルーニャの旗を身に纏った姿が見えたり、
これはかなり穿った見方かも知れませんが
改めて見ると国歌斉唱時もバルサの選手が連続して並んでいたり・・・。
もちろんバルセロナでもW杯優勝を素直に喜んでいる人はいますが
複雑な気持ちを抱えている人もいるのが事実のようです。
正直、日本人の僕らにはちょっとわからない感覚でしょうか。
『スペインとカタルーニャやバスク自治州』。
これまでの歴史を考えても、
この問題を解決するのは不可能に近いでしょう。
よく言う「フットボールと政治は別。」と言える日が
一日でも早く来ることを願います。
と、スペイン悲願の優勝を何だか複雑な気持ちで見ていたのは
僕だけではないでしょう。写真は準々決勝後の大通り@マラガ
IMG_0351.JPG
IMG_0340.JPG
石神

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

「癒し」の空間(麒麟風に)

  • 2010年07月13日 19:58
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

最近、字ばっかりだったので画面がワチャワチャしてましたから
今日は画像でお楽しみ下さい。
テーマは「癒し(基本サッカー関係なし)」です。

【スペイン・カディス】
DSCF1485cadiz.JPG

【オランダ・アムステルダム】
DSCF3155ams.JPG

【スコットランド・インヴァーネス】
DSCF2780inver.JPG

【スウェーデン・マルメ】
DSCF2312malmo.JPG

【山梨・甲府】
DSCF2717kohu0713.JPG

【フランス・リヨン】
DSCF3874lyon.JPG

【島根・出雲】
DSCF1770izumo.JPG

またそのうちやります。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

6/4放送分 プレゼント当選者発表!

  • 2010年06月09日 23:10
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先週6月4日放送分のプレゼント当選者ですが
番組でも告知した通り、こちらで発表させていただきます。
09/10シーズン最終回のプレゼントは、
①白夜書房より好評発売中、
後藤健生さん、加部究さん、亘崇詞さんの鼎談
「ワールドカップ最強伝説 歴史を変えた選手・チーム・戦術」(3名様)
②洋泉社より好評発売中
「ワールドサッカー『戦術』最前線」(3名様)
③「FIFA®ワールドカップコレクション DVD-BOX 1930−2006」(1名様)
というラインナップでした。では、発表いたしましょう!
今回の当選者はこちらの方です。

①白夜書房「ワールドカップ最強伝説 歴史を変えた選手・チーム・戦術」
愛知県蒲郡市 黒部護礼さん
兵庫県加東市 大久保愛子さん
香川県高松市 朝國功一さん

②洋泉社「ワールドサッカー『戦術』最前線」
新潟県新潟市 寺田知史さん
福井県福井市 西山明宏さん
熊本県熊本市 小田孝太郎さん

③「FIFA®ワールドカップコレクション DVD-BOX 1930−2006」
埼玉県さいたま市 稲村望さん

今シーズン最後の当選者は以上の皆さんです!おめでとうございます!
また、1シーズン通じて本当に多数の方から
プレゼントのご応募をいただきまして、ありがとうございました。
今後も皆さんの失笑を買うようなバッタもんとか、
アッと驚く大物サイン入りナントカとか、
色々考えて皆さんにプレゼントとしてご紹介したいと思っておりますので
今後のFoot!プレゼントにも、どうぞご期待下さい!

20100604プレゼント.jpg

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

公開収録の御礼

  • 2010年05月15日 19:55
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先程、画伯と共に帰社いたしました。
実は大崎だと会社まで電車で15分くらいなんですよねえ。
土曜日でそこそこ賑わうお台場のムーディーな街を
オッサン2人が闊歩しながら帰って来た訳です。
まず今日会場にお越し下さった皆さん、ありがとうございました。
そして、画伯の携帯ブルブル→出演者お出迎えにより、
まさかのADによる一人喋り(想定外、ノープラン、しかも長い!)にも
お付き合い頂きまして、こちらも重ねて御礼申し上げます。
しかし、やっぱりステージと客席の“近さ”もあって
非常に一体感のある公開収録だったのではないでしょうか。
騒いだり暴れたりする方もいらっしゃらず(当たり前ですかね)、
つつがなく収録を終えることができて、ホッとしました。
参加して下さった方々が、ほんのちょっとでも幸せな気持ちになって
帰宅の途へ着かれたことを祈っております。
また、今日は残念ながらご参加いただけなかった皆さんにも
会場のアットホームな雰囲気を感じてもらえるように
編集頑張ります。まあ放送は3週間後なんですけどね☆
ちなみに収録予定をオーバーした時間は過去最大の24分23秒…
つまり、実際の放送は今日の3分の2くらいということになる計算ですか。
でも、正直言って全部面白かったですからね。
途中で時間通りにやるのはとっくに諦めてました。
それもきっと会場の皆さんには完全に伝わっていましたね、ありゃ。
フットボール、またワールドカップの話題をこの3人にフッたら
ホント話が尽きないです。キリなさ過ぎ。
では、ちょっと放送は先になりますが
そんな感じの公開収録放送を楽しみにお待ち下さい。
公開収録0515-1.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (8) | トラックバック (0) | ページトップ

「Foot!Meeting(仮)2010」アンケート

  • 2010年05月09日 23:38
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよ来週末に迫ってきた「Foot!Meeting(仮)2010」。
当選者の方もこちらで決定させていただいた訳ですが、
残念ながら応募したけど外れてしまった方、
また、どうしても土曜日は用事があって断念した方、
さらに、東京での開催では地理的に難しくて諦めた方、
たくさんいらっしゃると思います。
そこで、番組でも告知した通り
そういう方々にもわずかばかりではありますが
公開収録へと間接的に参加してもらおうということで
今回の収録内容にも反映させるアンケートを実施いたします。
テーマは、“あなたが希望するワールドカップの決勝カード”と
“あなたがワールドカップで期待している若手選手”です。
「このカードをどうしても見たい!」とか、
「この選手の活躍を楽しみにしてます!」なんて
感じの想いを是非簡潔にぶつけて下さい!
なお、アンケートに回答して下さった皆さんの中から抽選で
公開収録当日に使用する台本(モロモロの資料込み)に
金子さん、亘さん、倉敷さんのサインが入ったモノを3名様にプレゼントします。
多数の皆さんのご参加をお待ちしております!

応募する

image sain.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2010」観覧応募の御礼

  • 2010年05月06日 19:10
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日で応募を締め切らせて頂いた、
番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2010」。
非常に多数の方から熱いメッセージと共にご応募いただきました。
スタッフ一同本当に感謝しております。ありがとうございました。
今回も前々回、前回に負けず劣らず観覧応募が殺到し、
ホントにみなさんからよくしてもらってる番組だなあと実感しております。

先程、ジャスト100人の方を厳正なる抽選で決定させて頂きました。
明日の午後には当選通知を発送いたしますので
ご当選された方には明後日か週明けて月曜日には
その通知が届くかと思います。
また、今回は残念ながら外れてしまった皆さんにも
公開収録へと間接的に参加していただき、
プレゼントもお届けできるような企画も考えておりますので
是非そちらへのご参加もお待ちしております。
その企画発表は明日いたしますので。
では、当選されたみなさん、15日に大崎でお待ちしてます!
Foot!公開収録01 0506.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (11) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2010」観覧希望者募集のお知らせ

  • 2010年04月21日 22:15
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

東京では今日、今年初めての夏日を迎えているようです。
全国的に寒暖差の激しい折、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、もはやシーズン最終回の恒例になりつつある
例の“ファン感謝祭”的なイベント、今年もやっちゃうことにしました。
そうです!公開収録です!
ここに「Foot!Meeting(仮)2010」開催を高らかに宣言いたします!
現時点ではこんなことが決まっています。

■日時:5月15日(土)13:00開場 14:00収録開始 
■会場:FooTNiK大崎店 
■出演者:金子達仁、亘崇詞、倉敷保雄(MC)、ブルータス八戸(司会)
■観覧募集人数:100名 ※2人での申し込みも可。応募多数の場合は抽選。
■会費:無料

実際この公開収録の模様が放送されるのは
シーズン最終回となる6月4日(金)なんですけど
まあ諸事情あって、今回はちょっと前のめりな日程になってます。
なお、当日はJリーグの開催もありますが
AD土屋もFC東京×清水@味スタ→草津×甲府@正田醤油、という
素晴らしいハシゴコースを断念して仕事に没頭しますのでご理解下さい。
収録時間は番組と同様の1時間(くらい。絶対オーバーしますけどね…)。
テーマは、この時期ですから当然“世界的蹴球祭”についてですよね。
果たしてFoot!が誇るゲストの皆さんとMCはどういった見立てで
“世界的蹴球祭”を楽しもうとしているか、をご堪能頂ければと思います。
また、応募フォームには1人での観覧か、2人での観覧か、という欄があります。
2人での観覧を希望される方は、どちらか1人の方の情報を入力して下さい。
今後いくつかは追加情報が発生しそうな予感も十分あるので
発生次第、随時HP上にアップしていきます。
観覧応募の締め切りは世間的にゴールデンウィークの真っ只中だったり
最終日だったりする5月5日(水)までとなります。
それでは多数のご応募お待ちしております!

Foot!公開収録2009&2010.JPG

*プレゼントの応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

■必要事項を入力の上、ご応募ください。
■ご応募はお一人様1回のみとさせていただきます。
■締切は5/5(水)です。

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

Foot!Tシャツ人気投票、締め切りは明日までです!

  • 2010年04月19日 12:05
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

番組でも先々週、先週とご紹介した
Foot!10周年企画の一環として行っている
過去のFoot!Tシャツ人気投票。
皆さんからの投票が多かった上位3デザインを
復刻して販売してしまおうという企画なんですけど、
いよいよ締め切りが明日に迫っています。
今回のラインナップは以下の通りです。
foot_tshirts web.jpg
(1)01/02 TURN,ON TUNE,IN DROP OUT!
ENGLAND AWAY
(2)01/02 TURN,ON TUNE,IN DROP OUT!
ESPAÑA AWAY
(3)01/02 TURN,ON TUNE,IN DROP OUT!
ITALIA AWAY
(4)EL CLÁSICO-CAMP NOU
EL AZUL GRANA 02/11/23
(5)EL CLÁSICO-SANTIAGO BERNABÉU
EL BLANCO 03/04/19
(6)FOOT! PEOPLE GET ON THE GOOD FOOT!
OLIVE
(7)FOOT! PEOPLE GET ON THE GOOD FOOT!
KHAKI
(8)03/04 GET ON THE GOOD FOOT!
RAINBOW BACK-WHITE
(9)03/04 GET ON THE GOOD FOOT!
RAINBOW BACK-NAVY
(10)03/04 POWER TO THE FOOT! PEOPLE
PASS THE PÁZ SET
(11)FUUT!
COGE DEL BUEN FUUT!

まあ(11)以降も結構な数のTシャツを作成していますが
今回は昔のものから復刻するという形を取らせてもらっています。
実は、(1)から(5)までっていうのは
すべて視聴者の方へのプレゼント用に制作したもので
販売は一切してなかったんです。
特に(1)から(3)までは既に会社にもほとんどストックがありません。
さらに(3)にいたっては、ワタクシ、見たこともありませんから。
で、初めて販売という形を取ったのが(6)(7)から。
ちなみに私は(6)を着て下さっている年配の方を
当時住んでいた自宅の最寄り駅でお見かけして
「あ~、Foot!T着てる人いるんだ~」と感動した覚えがあります。
また、(8)は社内販売があったんですけど、
我々番組スタッフが編集室で編集している間に
社内でも人気があり過ぎて完売してしまったようで
編集が終わって会社のメールボックスを確認したら、
“社内販売はじめます”と“完売しました”のメールが
続いて来ていたのだけ確認できた… という悲しい過去もあったりします。
(なので(8)も番組スタッフは誰も持ってないんじゃないかな)
さらに、(10)は最初の方の5点セットに入っていたものですね。
トートバッグ、CD、缶バッジに、このTシャツというセットでした。
あと、ちょっと毛色の違う(11)は、意外とレアもの。
弊社が2004年のコパ・アメリカを放送した際に
順位予想クイズキャンペーンというのを開催したんですけど、
その正解上位者へのプレゼントという形で制作しました。
このキャンペーンには、某大物ミュージシャンからも応募があり、
「ホントに本人か~?」という話題で盛り上がったのを覚えています。

まあ、我々スタッフもそういう思い出が色々とフラッシュバックする
懐かしいTシャツたちなんですねえ。
ひょっとしたら、皆さんの中にも
「当時付き合っていた彼氏が着てました」とか、
「このTシャツが縁で結婚することになりました」とか、
「このTシャツを着ていたことが番組出演のキッカケになりました」とか、
さまざまな思い出をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
そういうモロモロも含めて、是非皆さんからの1票をお待ちしています。
↓応募はこちらから!
http://www.jsports.co.jp/notice/notice_100405.html

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

スポーツショップ日本人×Foot!コラボ企画リターンズ締め切り迫る。

  • 2010年04月05日 20:26
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

AD土屋改め、D土屋がお届けした
某有名コメンテーターを起用したプロモ、見て頂けたでしょうか。
おかげさまで多方面からご好評をいただきまして、
絶賛ヘビーローテーション中でございます!
幸谷素材1.JPG

アレ、実際は12分くらいの撮影だったんです。
私と画伯が「思ったことを話してくれればいいです」という体の下に
ちょっとああいう感じの毒を吐きそうな質問を
ガンガンぶつけるような格好でカメラを回していたんですねえ。
まあ、そこはおなじみ幸谷さん某有名コメンテーターの方ですから
こっちの意図をしっかり汲んで、好き放題言喋ってくれました。
まあ、我々にとっては普段の幸谷さんH・Kさんそのまんまなんですけど
タメ口っていうのが皆さんには新鮮だったんじゃないでしょうか。
実際、相当“素”に近いと思いますよ。
ちなみに未公開部分で面白かったのは
「オレも一応ファッション業界にいたことあるからよ。知られてね~けどな」と
ボソッとつぶやいたシーン。最後まで使おうかどうしようか迷いました。
是非コメント欄に、このプロモの感想なんかを頂けると幸いです。
幸谷素材2.JPG

ということで、最後のお願いといったところでしょうか。
いよいよ予約締め切りが今週水曜日の7日に迫っています。
ポロシャツとスウェットハーフパンツをそれぞれ3色展開。
サイズも前回同様にS、M、Lというラインナップ。
ご購入頂いた方には5月中旬頃にお手元へ届くことになると思います。
↓詳しくは、J SPORTSオンラインショップを検索してみて下さい。
http://shop.jsports.co.jp/

ボタンダウンポロシャツ
foot-polo-black0405②.JPGfoot-polo-navy0405.JPGfoot-polo-white0405.JPG
スウェットハーフパンツ
foot-pants-black0405.JPGfoot-pants-grey0405.JPGfoot-pants-navy0405②.JPG

素材にも自信を持ってお届けしていますので、是非!

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

スポーツショップ日本人×Foot!コラボ企画リターンズ

  • 2010年03月17日 02:29
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回、ナイロンジャケットやジャージ、ロンTなどを取り揃えてのチャレンジを敢行し、
非常に好評をいただいた、あのコラボ企画が1年半ぶりに帰ってまいりました。
そうです!スポーツショップ日本人さんとのコラボウェアです!
先週の放送で西部さんと倉敷さんにもご紹介してもらいましたが、
トータルで言うと第3弾になる今回、皆さまにお届けするのは

①ボタンダウン機能素材ポロシャツ
↓ブラック 
foot-polo-black.JPG
↓ネイビー
foot-polo-navy5.JPG
↓ホワイト
foot-polo-white3.JPG

②ミニ裏毛スウェットハーフパンツ 
↓ブラック
foot-pants-black.JPG
↓ネイビー
foot-pants-navy.JPG
↓グレー
foot-pants-grey.JPG

ということで
ポロシャツとスウェットハーフパンツをそれぞれ3色展開という訳です。
サイズも前回同様にS、M、Lを取り揃えさせていただきました。
既に予約受付は開始しており、予約締め切りは4月7日(水)まで。
ご購入頂いた方には5月中旬頃にお手元へ届くことになるかと思います。
↓詳しくは、J SPORTSオンラインショップを検索
http://shop.jsports.co.jp/
昨日はかなり春めいた陽気でしたねえ。今日はこれから寒いらしいですけど
そろそろウチの画伯のように半袖短パンの季節だという人もいるんじゃないでしょうか。
そんな方は、是非一度どんな仕上がりになっているか
オンラインショップを覗いてみて下さい。宜しくお願いいたします!

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

2009年私的ベストゲーム

  • 2010年02月20日 22:08
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2010年も2カ月が過ぎ去ろうとしている今日この頃。
すっかり後回しにしてしまっていましたが
今年も、というか去年分もしっかりやっておこうと思い立ちました。
2009年私的ベストゲームのお時間です。
昨年は結局現場観戦151試合、TV観戦917試合、計1068試合と
一昨年をわずかに1試合上回るサッカー狂っぷりを発揮した中から、
TV観戦ベスト5と現場観戦ベスト5を選出してみています。
お付き合いください。

(TV観戦編)
第5位:12月11日 2009 J2第51節
鳥栖 2×1 C大阪

正直、結果は知ってました。見たのは開催のほぼ1週間後だったので。ただ、あれだけ鳥栖というクラブに愛された岸野靖之監督のラストゲームですから、コレは見ておいた方がいいだろうと、それくらいの気持ちで見始めたゲームだったんです。前半8分にC大阪の船山が先制弾。このゲームにJ2優勝を懸けていたC大阪は、まったく手を抜くことなく鳥栖ゴールに襲い掛かります。なかなかチャンスを創り切れない鳥栖。73分にC大阪は乾が2枚目のイエローで退場。数的優位に立った鳥栖、それでも経過する時間。追加タイム4分の表示が出た直後、野崎の縦パスに反応した高地はダイレクトで左足アウトという難しいシュートで同点弾。終わらない執念。2分後、奇跡の逆転ゴールはまたも高地の左足。5年間指揮官と苦楽を共にしてきた男の恩返し弾。ほぼ全員が岸野監督の元へ集まり、歓喜の抱擁。鹿島の優勝、湘南の昇格の裏で、こんなにも素晴らしい激闘が行われていたことを知って、見といてよかったなあと思いました。

第4位:1月23日 08/09 カーリングカップ準決勝2nd-Leg
バーンリー 3×2 (延長)トテナム

当時まだチャンピオンシップに所属していたバーンリーがフルアム、チェルシー、アーセナルとロンドンのプレミア勢を撃破して、カーリング準決勝へと躍進。またもやロンドンに本拠を置くトテナムと対戦したゲームです。1st-Legは4-1でトテナム。180分間でアウェイゴールは適用されないルールとあって、3点差以上での勝利でようやく追い付けるバーンリー。トテナムのスタメンを見ても、そこまでメンバーを落として臨んだ訳ではかったので、正直見なくてもいいかなあと思いながらも見始めた感じでした。34分、バーンリーのブレイクが先制点を取っても、まだ2点。73分、バーンリーのマッキャンが追加点を取っても、まだ1点ありました。でも俄然高まる期待。しかも結構押し続けるバーンリー。すると88分、ゴール前の混戦から19歳のロドリゲスがまさかの3点目。唯一の条件を華麗に満たした2部のクラブが、延長へとゲームをもつれさせます。なぜか突然出てきた“延長からはアウェイゴールルール導入”の妙によって、一気に優位に立ったバーンリー。焦るトテナムを尻目に、まさかのロンドンプレミア勢4連破で決勝への道は見えかかっていました。残り3分までは確かに。しかし118分パブリュチェンコ、120分デフォー。最後で潰えたバーンリーの冒険。鮮烈な印象を残してカーリングの舞台から去った彼らは、今シーズンからプレミアで戦っています。

第3位:5月6日 08/09 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2nd-Leg
チェルシー 1×1 バルセロナ

終わってみればリーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの3冠を見事達成し、文句無しで08/09シーズンにおけるヨーロッパの主役となったバルサ。そして、そのバルサを最も苦しめたのは、近年で最高のライバルと言えるチェルシーでした。ドログバ1枚を前線に残してカウンターの刃をちらつかせながら、後は徹底的に守備を固める戦術でカンプノウでのスコアレスドローを勝ち取った鬼才・ヒディンク。スタンフォード・ブリッジでもエッシェンのボレーで先制すると、早々に守備的な戦い方にシフト。バルサに付け入る隙をまったくと言っていいほど与えません。しかも、バルサはアビダルが微妙な判定の1発レッドで数的不利まで享受。93分までの枠内シュートはゼロ。勝てる要素はほとんどありませんでした。もはやこれまでと思われたラストプレー、輝いたのは金子達仁さん曰く“最も目力のないスーパースター”のイニエスタ。記録上では180分間、完璧にバルサを抑え込んだチェルシーが規定時間外で喫したたった1つのゴールが勝敗を分ける結果に。あまりの興奮で朝方にも関わらず絶叫した私が家族に顰蹙を買ったのは、言うまでもありません…

第2位:10月11日 ワールドカップ南米予選
アルゼンチン 2×1 ペルー

エクアドル、ブラジル、パラグアイとよもやの3連敗を喫したマラドーナ率いるアルゼンチン。とうとう5位にまで後退し、予選敗退の危機が現実のものとして迫りつつある中で迎えたのは下位に沈むペルー戦。唯一求められる結果は勝利。前半は低調なパフォーマンスに終始しましたが、後半開始早々の48分に帰ってきた“パジャッソ”アイマールのパスからイグアインが先制弾。何度かピンチに晒されながら、なんとか耐えて試合を終わらせようとDF陣も奮闘します。しかし89分、ペルーのレンヒフォが放ったシュートは無情にもゴールネットへ到達。まるで呪われているかのような展開。静まり返るモヌメンタル。おそらくアルゼンチン中が絶望へと叩き落とされたことでしょう。そんな苦境を救ったのは、10年ぶりに帰ってきた男、“エル・ロコ”ことパレルモ。こぼれ球を呼び込み、丁寧に丁寧にゴールへ。絶叫するパレルモ。ダイブするマラドーナ。その瞬間、私の頭の中にはパレルモが亘さんに送った、「人生は良いこともあれば悪いこともある。でも前に進んでかなきゃいけないんだ」という言葉が何度もリフレインされていました。

第1位:4月14日 08/09 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2nd-Leg
チェルシー 4×4 リヴァプール

これは文句なしではないでしょうか。試合を見終わった後に、アレだけの興奮と疲労を感じたゲームはなかなかないですよ。このゲームを現地で見ていた田口Pはうらやまし過ぎます。あんまり説明の必要もないと思うので、ゴール経過とアグリゲートスコアの推移だけ書いておきます。
19分 0-1(リヴァプール)ファビオ・アウレリオ Agt・3-2
28分 0-2(リヴァプール)シャビ・アロンソ Agt・3-3
52分 1-2(チェルシー)ドログバ Agt・4-3
57分 2-2(チェルシー)アレックス Agt・5-3
76分 3-2(チェルシー)ランパード Agt・6-3
81分 3-3(リヴァプール)ルーカス Agt・6-4
82分 3-4(リヴァプール)カイト Agt・6-5
89分 4-4(チェルシー)ランパード Agt・7-5

(現場観戦)
5位:10月10日 高円宮杯準決勝@国立
横浜FMユース 1×1 PK5×4 三菱養和ユース

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/10/fm.html
このゲーム自体ももちろん素晴らしいゲームだったんですけど、やはり去年の関東クラブユース界の中では、FC東京U-18と並んで、この2チームが突出していたと思うんです。その両者が、全国の準決勝という舞台で対戦したという意味でも、非常に印象に残るゲームになりました。横浜FMはトップ昇格が1人もいなかったのが不思議なくらい個の力もあるチーム。何試合か見た中でも、常に流動的に動き回る4-2-3-1の前線4枚は圧巻。関原凌河は結局富山に内定しましたね。あとは数カ月で大成長を遂げた熊谷アンドリューにも今年は期待したいです。一方の養和は、全部で4試合見たんですけど実は3分け1敗で勝った試合は見たことなかったんです。でも、4-3-3や4-1-4-1の中盤センターに入っていた玉城峻吾、加藤大、中垣内優太、サイドを切り裂いた田中豪紀に1年生の田鍋陵太など、とにかくタレントが豊富。斉藤和夫監督が本当にいいチーム、いい選手を育ててきたなあといった印象でした。

4位:10月18日 高校選手権東京Aブロック準々決勝@駒沢第2
都立駒場 1×1 PK3×4 暁星

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/10/a2_3.html
まあ1年間色々な所に行きましたけど、1日に現場で4試合見たのは後にも先にもこの日だけです。しかも選手権の準々決勝。メチャメチャ面白い4試合になるのは必至。朝から気合入れて会場入りした、1試合目がこのゲームでした。どちらも決定機を掴み合う中で、流れは徐々に暁星から駒場へ。そして、60分には素晴らしいヘディングシュートが決まって、駒場が先制します。追い込まれた暁星はここから攻勢にこそ出るものの、焦りもあってなかなかチャンスらしいチャンスを創れないまま、80分が経過。駒場勝利と思われた追加タイム5分に、しかし奇跡を呼び起こします。ラストプレー、CKから繋いだボールを最後はエースの平戸奨真。土壇場での同点。ゲームは延長へ。ここで本文にも書きましたが、駒場の応援席から「頑張れしか言えなくてごめん… でも頑張ってくれ〜!!」という、個人的選手権ベストフレーズが飛び出した訳です。最後はPK戦で暁星が準決勝へと駒を進めましたが、本当に応援席も含めて魂のこもった好ゲームでした。

3位:12月5日 2009 J2第51節@Ksスタ
水戸 2×3 湘南

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/12/j251_ks.html
行ってる試合数を考えれば、去年の私が湘南の昇格を応援していたのは一目瞭然だったと思います。中盤戦を過ぎた頃からは、都内から平塚までの電車、平塚駅から平塚競技場への徒歩も、あまり長さを感じなくなっていました。麻痺しちゃったんですね。でも、ただ応援していたからだけではなく、やっぱり去年の湘南は本当に面白いゲーム、劇的なゲームが多かったんです。ロスタイムのゴール数の多さが話題になりましたが、私もロスタイムでゴールが決まった試合に6回も立ち会いました。この日は、ロスタイムにゴールが決まった訳ではなかったんですけど、まさかの連続2失点→3点奪っての大逆転勝利と、去年1年間を象徴するかのような、実に湘南らしいゲームだったと思っています。個人的にはゲームが終わった後、J's Goalなどで苦しい時期から湘南を追い続けていたライターの隈元さんに、“ミスターベルマーレ”坂本紘司が最高の笑顔で「泣いちゃったよ~」と話しかけたシーンが、凄く印象に残っています。でも4年連続でJ1昇格の現場にいられたっていうのは、非常にラッキーですねえ。

2位:11月1日 高校選手権埼玉準々決勝@熊谷
大宮南 1×2 浦和南

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/11/post_470.html
友人にも指摘されたんですけど、昨年の後半から今年の年始までにかけて、完全に高校サッカーにハマってました。自分もやっていたという懐かしさもありますが、何より負けたら終わりという状況下で戦う高校生の熱い気持ちにすっかり魅せられていたんですね。ということで予選も結構レポートしてきた中で、ベストだと思ったゲームはこの1戦です。会場は2日連続の熊谷。ここがまた駅からのアクセスが悪く、満員バスに揺られながら到着しての第1試合。浦和南はよく聞きますが、大宮南はあまり聞いたことがなく、正直浦和南が勝つことを予想しながら、試合を見始めました。案の定、序盤こそまさかのハンドスプリングスローからのチャンスなど大宮南も攻勢でしたが、浦和南が45分までに2点をリード。決まったかなあという感じはあったんです。しかし、54分にCKから岡部圭裕がヘディングでゴールを奪い、1点差に詰め寄ると、62分にはPKを獲得。これは岡部がクロスバーにぶつけたものの、以降も押し続けるのは大宮南。そして84分のラストプレー、最高の形から同点に追いつく絶好機を迎えた大宮南。しかし、シュートはゴールの枠を捉えられず、直後に試合終了のホイッスル。それでも、キャプテンの河野純希が「思ったより自分たちのプレーはできた」と赤い目で胸を張り、森田洋正監督も「ものすごくよかった」と赤い目で語ってくれたように、大宮南はまさにグッドルーザーという言葉がふさわしい好チームだったと思います。

1位:11月21日 2009 J2第49節@小瀬
甲府 2×3 湘南

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/11/j249.html
このゲームは文句なしで1068試合の中でもベストだと思います。残り3節で迎えた4位甲府、3位湘南、共に勝ち点91同士の直接対決。ちょっと出来過ぎなくらいのシチュエーションで行われた小瀬での大一番。スタンドも16884人の大観衆で埋め尽くされ、最高の雰囲気でキックオフを迎えます。ゲームはいきなり6分中村、10分臼井で湘南が2点を先制。アウェイゴール裏の一角を除いて、音を無くしたスタジアム。それでも25分にはキム・シンヨン、61分にはマラニョンのPKで甲府も同点に。まさにJ2最高峰。物凄いテンションで時間が経過していきます。中盤から終盤にかけての勢いは甲府。「湘南の足が止まるのはわかっていた」と安間監督。小瀬の雰囲気にも後押しされ、決定機も何度か掴みます。しかし93分、アジエルのFK、ジャーンのヘディングはクロスバーに当たり、跳ね返ったボールは坂本の下へ。「みんなの気持ちを代表して蹴った」と左足一閃。決勝弾。ユナイテッド戦で見せたドラゴンのモウリーニョかのように、小瀬のアンツーカーを走り出した反町監督。死力を尽くした決戦は湘南に軍配。このゲームが結果として湘南の昇格を大きく手繰り寄せることになりました。2006年の柏×横浜FCというのが、私のJリーグベストゲームなんですけど、それに匹敵するぐらい、本当に素晴らしいエンターテイメントだったと思っています。

TV観戦で候補に挙がっていたのは
3/2 リーガ第25節 アトレティコ・マドリー 4×3 バルセロナ 
3/7 2009 J1開幕戦 磐田 2×6 山形
4/7 2009 J2第6節 鳥栖 4×3 湘南
4/22 プレミア第30週 リヴァプール 4×4 アーセナル
4/24 リーガ第32節 レアル・マドリー 3×2 ヘタフェ
6/17 W杯アジア最終予選 サウジアラビア 0×0 北朝鮮
7/12 2009 J2第27節 C大阪 3×4 湘南
12/5 2009 J1第34節 柏 2×3 川崎

現場観戦では
6/21 2009 J2第22節 湘南 3×2 札幌
7/11 2009 J1第17節 横浜FM 1×2 山形
10/10 高円宮杯準決勝 広島ユース 2×2 PK4×5 磐田ユース
10/25 高校選手権東京A準決勝 帝京 1×1 PK5×3 東海大菅生
11/22 関東大学リーグ第22節 中央大 2×1 慶應義塾大
12/23 インカレ準々決勝 中央大 2×3(延長) 福岡大

みなさんの2009年ベストゲームもお待ちしています。
写真はTV観戦第1位&第3位の舞台。
stanford.jpg
AD土屋
 
 


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2010(5)予想外の再訪~サムライたちの矜持~

  • 2010年02月07日 12:39
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

1月29日から始まったロケも今日で終了。
これからパリに向かって、日本へと帰国します。
最後に我々が訪れたのはココでした。
grenoble1.jpg
前回、そして今回と2年連続の来訪となったグルノーブルです。
去年も思いましたが、アルプスに囲まれた本当に綺麗な街で
ここも夏にバカンスとして来るには最高でしょう。
練習場からも当然アルプスを望むことができます。
grenoble2.jpg
異国への旅から学ぶことは、
自身の勉強不足のために言葉こそできないけれども、
しかし言葉ができないからこそ、
本来の人が持つ暖かさや優しさを、より感じることができるのかなあと。
また、同じ言語、同じ故郷を持つ者同士の
シンパシーやカインドネスを感じることができるのかなあと思います。
stade des alpes.jpg

グルノーブルでは、もちろん皆さんもご存じの通り、
何人もの“サムライ”たちが、日夜自分を取り巻く環境と、
そして自分自身と戦っていました。
それを幸運にも伝え聞くことができた我々には、
それを視聴者のみなさんにお届けする義務があります。
詳細は明日、帰国したら改めてご紹介しますので。
とりあえず5-0という信じられないような大勝の中、
2ゴール1アシストをきっちり決めた、あの人にも話を聞いてきていますので
お楽しみに!
5-0.jpg

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2010(4)マルセイユガチャガチャ~PATTYとROBERTOと、時々、JULIAN~

  • 2010年02月06日 08:40
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回の写真はマルセイユでした。
ということで、今回はそんな異国で出会ったサムライたちの話。
Marseille8.jpg
マルセイユ随一の観光スポット、“Vieux Port”周辺を撮影していた時、
不意に我々の目に飛び込んできたのはコレ。
captain tsubasa1.jpg

そうです、不朽の名作“Oliver y Benji”の
SUPER FIGURAS、しかもKING SIZEのガチャガチャ。
昨年のグルノーブルでもDRAGON BALLのガチャガチャがあって
ここでもご紹介しましたけど、購入まではしませんでしたが
こんなのをおフランスで見つけた上に、たった1ユーロとあっては
さすがに買わないわけにいきません。
震える手を抑えて、コインを入れて、取っ手を回すと
出てきたのはコレでした!
201002050038000.jpg

その名もPATTY AMOR。
いわゆる“あねご”にもえらくケッタイな名前が付いたもんです。
続いて中山さんも震える手を抑えて、コインを入れて、取っ手を回すと
出てきたのはBRUCE HARPER。
まるでハリウッドスターみたいな外国人丸出しのこの名前の人は、
顔面ブロック大好きなあの人のことなんですねえ。
ここで2人とも1ユーロコインが終了。
でも、ちょっと出てきたキャラに納得のいかなかったいい大人2人は
お店の中に入って両替をしてもらうという暴挙に。
改めて1ユーロを握りしめ、中山さんには申し訳ないと思いながら
先にやらせてもらった私へと降りてきたのがコレ!
201002050037000.jpg

ROBERTO CEDINHO。ロベルトまでは合ってるのに
なんでわざわざ“HONGO”を“CEDINHO”にする必要があるのか
よくわかりませんが、とりあえず渋いサブキャラが連発した私。
中山さんには申し訳ないと思いながら、連続でやらせてもらいました。
で、出てきたのがコレ!
201002050038001.jpg

JULIAN ROSS。ようやく現役の選手に巡り合えました。
ちなみにこの彼は、心臓病のハンデを克服したあの人。
個人的には好きなキャラベスト3には入るだけに
実際は履いたことのないはずの紫パンツ、
利き足じゃないけどなぜか蹴ろうとしている左足でのキックも許容範囲内です。
まあハッキリ言って悪くないヤツを出して、これで終わらせようと思っていた矢先、
中山さんが2回目のチャレンジで出したのは
S.G.G.Kでお馴染みのBENJI PRICE。
Oliver y BenjiのBENJI。主役を引き当てた訳です。
コレ、終われないじゃないですか。
中山さんがBENJIを出したなら、私はOLIVER ATOM、
あるいはOLIVERと永遠のゴールデンコンビを組むTOM BAKER、
あるいはOLIVERと永遠のライバルとも言うべきMARK LENDERS、
このクラスは出さないと終われません。
清水の舞台から飛び降りるような気持ちで4ユーロ目を投入して出てきたのは…
201002050038000.jpg

まさかの
201002050112000.jpg

この双子じゃ清水の舞台からスカイラブハリケーンもできません。
南仏の港町に消えた4ユーロ。人生とは無常であると改めて思い知った、
そんなうららかな午後のひとときでした。

ただ、こんなことばっかりしていた訳ではありませんよ。
ちゃんとした取材もしてきました。
OM1.jpg
ここのクラブにもちゃんと突撃してきたのでお楽しみに!

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2010(3)ラテン系異言語コミュニケーション~Sandrineのあやまち~

  • 2010年02月03日 03:08
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日のフランス紀行も舞台はモンペリエ。
イメージ的には南仏そのもので
気候もよく、人もよく、食事も美味しいというビューティフルスポット。
ちょっとしたバカンスを過ごすには、是非おススメだと思います。
Monp1.jpg
さて、パリからTGVでモンペリエへと移動してきた我々が
まず向かったのは、駅の、日本で言うと“みどりの窓口”的な場所。
ここで、今後の移動に必要な切符を押さえてしまおうということでやってきました。
時間は夕方の4時頃。意外と混んでいる中
ようやく空いた窓口で対応してくれたのはにこやかな女性。
まあ愛想よく発券してくれてたんですけど、
どうやら日本語をちょっと知ってるようで、披露したくなったんですね。
「Merci、○△×※■★(当然フランス語)、アリガト~!」と突如。
おそらく「“Merci”は日本語で“アリガト~”でしょ。知ってんのよ!」
ぐらいなことを言ったっぽかったので、こちらも
「おお、日本語知ってるじゃん!凄い凄い!アハハ」
なんて感じで異言語コミュニケ-ションが進んでいったんです。
しかし、彼女が続いて矢継ぎ早に口にしたのは
(彼女)「Bonjouer、○△×※■★(当然フランス語)、カリメロ~!」
(こちら)「ん??」
(彼女)「カリメロ~!」
(こちら)「んん??」
(彼女)「???」
カリメロ?何で??彼女もこちらもはてなマークばかりが浮かびます。
すると、それまで黙っていた隣の窓口の男性が突如として笑いだし、
「÷☆×◎◇♪(当然フランス語)」と言うと、
なんと頭をオカッパ風になぞったんです。
その動きは、まさにあのカリメロ。
TGV.jpg
彼女、騙されてたんですねえ。
まさかその「こんにちは=カリメロ」説を吹聴していたと思われる隣の男性も
実践する機会なんてないと思ってたんじゃないでしょうか。
さぞかし、彼女が「アリガト~」とか言い出した時には
「コリャオモシロイコトニナルゼ~」と思ったことでしょう。
ただ、そんな間違いなんか意に介せず
その後もにこやかにペチャクチャ喋っていた彼女。
名前は“Sandrine Lopez”さん。ラテン系の非常に明るい女性でした。
Lopez.jpg
この写真を撮った後も
フランス語で「ワタシ、何かに載っちゃうのよ~!!」と
周囲に話しかけていたそうで。何かに載っちゃいましたよ!
いやはや、南仏、楽しい所です。
ということで、モンペリエ市内も色々と撮影してきたので
観光ガイド的なVTRにもご期待下さい!
次に向かったのも、結構有名な南仏にある都市の予定です。
写真で言うとこんなとこ。
Mar1.jpg
次回はこの都市からお届けします。

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2010(2)必然のアップセット~ノストラダムスも予言困難~

  • 2010年01月31日 12:14
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

土曜日開催のリーグ・アンから
2位と4位の直接対決、今節屈指の注目カード
モンペリエ対マルセイユを取材してきたのでレポートします。

昇格組ながら、ここまで堂々の2位とフランス全土を驚かせているモンペリエ。
今節の相手は地理的にも順位的にもライバルと言える4位マルセイユ。
同じ南部のクラブ同士とあって、試合前から会場のスタッド・ドゥ・ラ・モソンは
凄まじい熱気に包まれました。
MOSSON1.jpg

1分にマルセイユはニアングがエリア内でルーズボールを拾って枠内シュート。
5分にモンペリエはモンターニョが左20mのFKをクロスバーにヒットさせるなど、
動きのある立ち上がりで、ハイスコアも予想されましたが
その後はどちらも主導権を取り切れずに膠着した展開が続きます。
モンペリエは4-3-3を敷く中で、中盤3枚の前方に位置する
マルヴォーとコスタがよくボールを引き出し、3トップ中央のモンターニョを
クサビに裏にと動かしながら、チャンスを窺います。
一方のマルセイユは、ブランドンがケガで欠場ということもあって
4-2-3-1の1トップにはニアングを起用。体の強さは見せるものの
基点とまではなりきれず、攻撃に連動性が生まれません。
期待していたベン・アルファも、パスにドリブルに単純なミスが目立ち、
28分にはエリア内での接触で倒されながらPKをもらえず、
逆に異議を唱えてイエローカードをもらうなど、精彩を欠くパフォーマンス。
43分にはクイックのリスタートから左サイドをアイト・ファナが抜け出しクロス、
中央どフリーのモンターニョはヘディングをバーの上に外してしまいますが、
全体的にはモンペリエが組織力でマルセイユを上回るような45分間を経て
ハーフタイムに入りました。
MOSSON2.jpg

すると迎えた後半は開始早々に動いたスコア。
48分、左サイドのスローインからピトーの浮き球パスをジュヌシャンが頭で繋ぐと、
受けたアイト・ファナはDFに挟まれながらエリア内をすり抜け、
右スミへ冷静に流し込みます。スタンド沸騰。先制ゴールはモンペリエが奪いました。
たまらずデシャン監督も、このゲーム初めてテクニカルエリアまで飛び出し、
何とか修正を図ろうと、指示の声を送ります。
以降はマルセイユも前への圧力を掛け始め、徐々に攻勢に。
ただ、62分にはバカリ・コネのクロスを、シュートも十分打てたフリーのアブリエルが
中へ折り返して簡単にDFにクリアされるなど、消極的な姿勢は拭えず。
決定機まではなかなか創出できません。
67分にはルチョ・ゴンサレスを投入して、流れを変えたい所でしたが、
そのルチョも周囲との呼吸が全く合わず、救世主とはなれず。
逆に72分にはコスタ、75分にはピトーのスルーパスから
モンターニョが抜け出し、惜しいシーンを創り出したのはモンペリエ。
前者はオフサイドになったものの、後者ではコーナーキックを獲得。
そのコーナーキック、コスタのボールをニアでゴールに押し込んだのは
なんとマルセイユのシェイルー。痛恨のオウンゴール。
2-0。スタジアムのボルテージは最高潮に。差は開きます。
82分にはユースから昇格したベランダを送り込み、4-2-3-1にシフトして、
中盤を引き締めたレネ・ジラール監督の采配も的確。
最後まで歯車が噛み合うことのなかったマルセイユは
終盤になってフラストレーションを爆発。
試合を通じて7枚のイエローカードを出したフォートレル主審の判定も
確かに曖昧な点が多かったとはいえ、あわや乱闘というシーンもあって
集中も欠き、必然の無得点。
止まらないモンペリエの躍進。強豪マルセイユ相手に
内容でも結果でも凌駕して、サポーターへと勝利を贈ることに成功しました。
MOSSON 3.jpg

モンペリエは初めて見たんですけど、まあしっかり組織された好チームでした。
中山さんもおっしゃっていた通り、主力が数人抜けると苦しいかもしれませんが、
このメンバーでやることはかなり意思統一されていて、現在の好調も頷けます。
サポーターも熱狂的で、非常にいい雰囲気でしたねえ。
一方のマルセイユは、ブランドン欠場もあってか前で収まり所を見い出せず、
どうしても単純なロングボールや無謀なドリブル突破に終始してしまいました。
前述したように、ベン・アルファも残念ながら期待はずれ。
少し今後のリーグやヨーロッパリーグに不安を覚えるような内容だったと言えそうです。

そんな中、帰り際に日本とゆかりのあるちょっと面白い人を見つけたので
ショートインタビューを撮ってみました。
いつになるかは未定ですが、帰国したら皆さんにもお届けできると思いますので
適度にお楽しみに!
MOSSON4.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行2010(1)もう1人の編集長リターンズ

  • 2010年01月30日 10:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日のFoot!では木村編集長が悠々自適なセビージャライフを
皆さんにご披露して下さったようですね。
打ち合わせの段階で、かなり面白いことになっていたので
きっと放送もかなり面白いことになっていただろうなあと思います。
“22歳男性との関係に悩む”の話題もちゃんと飛び出したみたいですね。

と、ちょっと他人事チックに書いているのは
昨日の収録に立ち会っていなかった訳で。
つーか昨日の放送もまだ見ていない訳で。
つーか既に日本にはいない訳で。
Paris rest.jpg
実は、↑こんな小粋な感じのレストランが
いちいち街角に出現してくる、あの国へやってきました。
ただ、このレストランのロゴ的なものはそんなに小粋でもなかったですけど。
↓蜂モチーフ?
Paris Logo.jpg

ご同行頂いているのは、こちらも
ワールドサッカーグラフィックからフットボール・ライフへと
編集長人生を辿り続けている、この国を熟知したこの方です。
Paris NAMAYAMA.jpg

ちなみに花の都に滞在するのは到着日の昨日のみ。
今日からは色々な所に突撃取材を敢行したいと思います。
時間とやる気がある限り、チョイチョイレポートしていきますので
皆さんもこのホームページをチョイチョイ気にしてみて下さい。
とりあえずこの後は南に向かいます!

AD“Monsieur”土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

帰って来た“The Whites”

  • 2010年01月24日 18:22
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いやあ、昨晩28時頃(今朝4時頃)にJ sports Plusを見ていた方は
静まり返った家中に響き渡る絶叫を挙げたのではないでしょうか。
確かにちょっと期待はしてました。
だって王者ユナイテッドをオールドトラッフォードで破ったんですから!
でも、今回の相手も“ヒデキング”がビッグ4を崩す最有力候補に推していたスパーズ。
さらに会場もホワイト・ハート・レーン。厳しい条件には変わりありません。
序盤から当たりまくっていたGKのアンケルグレンが
デフォーのPKをストップしたものの、前半の終盤にはクラウチの先制弾。
“シアター・オブ・ドリーム”を黙らせた男・ベックフォードが
狡猾な同点弾を叩き込んでも、素晴らしい形からのスパーズ勝ち越し弾。
その後もチョイチョイはチャンスになりかけながらもゴールは奪えず。
追加タイムの5分間も潰えそうになったその時でしたね。
自分で奪ったPKとはいえ、あの緊張感での冷静な一振り。
“ミスターナイスガイ”こと、実況の谷口広明さんもおっしゃっていましたが
ベックフォードは近々、J SPORTSでも頻繁にその姿を見ることになりそうです。

個人的にも、“ヤング・リーズ”が躍動していた時代は
海外のゲームを頻繁に見始めていた頃とマッチしていたこともあって
当時、一番好きなチームだったのをよく覚えています。
とりわけアラン・スミスのプレースタイルと
イアン・ハートの超絶左足キックは好きだったなあ。
(その後はさらに超イケイケスタイルのベティスに乗り換えるのですが…)
2002年のアイルランド×サウジはリーズ白の長袖ユニを着て
アイルランド人サポーターと一緒に観戦しましたし、
サークルの卒コンで在校生からもらったのは
キューウェルのネーム&10のナンバー入り黄色のリーズバッタもんユニでした。

今や当時のメンバーは1人も残っていないですけど
この2試合で、世界中のリーズファンを再び熱くさせるような
素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。
果たして新生リーズの大冒険はどこまで続くのか。
再試合は2月2日、舞台はいよいよエランド・ロードです。
LEEDS.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (5) | トラックバック (0) | ページトップ

凍てつき気味のマーケット

  • 2010年01月23日 21:22
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

イングランドやフランスでもゲームが延期されるなど
厳しい寒波に襲われていたヨーロッパ。
今年はワールドカップイヤーということで
代表候補に挙がりながらも、プレー機会を失っている選手は
出られるクラブへ環境を変える必要がありそうなものですが
厳しい気候と同様に、移籍マーケットも凍てつき気味でしょうか。
ただ、一部注目すべき移籍もないわけではないので
かる~くここでもご紹介したいと思います。

Luciano Fuigeroa 1981・5・11 Argentina
Genoa(ITA)→Rosario Central(ARG)
Maxi López 1984・4・3 Argentina
Grêmio(BRA)→Catania(ITA)
Mario Bolatti 1985・2・17 Argentina
Huracan(ARG)→Fiorentina(ITA)
Eduardo Salvio 1990・5・13 Argentina
Lanús(ARG)→Atlético Madrid(ESP)
Amr Zaki 1983・4・1 Egypt
Zamalek(EGP)→Hull City(ENG) ※Loan
Marco Storari 1977・1・7 Italy
Milan(ITA)→Sampdoria(ITA) ※Loan
Lucas Neill 1978・3・9 Australia
Everton(ENG)→Galatasaray(TUR)
Adem Ljajic 1991・9・28 Serbia
Partizan(SER)→Fiorentina(ITA)
Maxi Rodríguez 1981・1・2 Argentina
Atlético Madrid(ESP)→Liverpool(ENG)
Humberto Suazo 1981・5・10 Chile
Monterrey(MEX)→Zaragoza(ESP)
Andriy Voronin 1979・7・21 Ukraine
Liverpool(ENG)→Dynamo Moscow(RUS)
Tiago Mendes 1981・5・2 Portugal
Juventus(ESP)→Atlético Madrid(ESP) ※Loan
Patrick Vieira 1976・6・23 France
Inter(ITA)→Manchester City(ENG)
Andrea Dossena 1981・9・11 Italy
Liverpool(ENG)→Napoli(ITA)
Daniel Carvalho 1983・3・1 Brazil
CSKA Moscow(RUS)→Al-Arabi(QAT)
Cristian Molinaro 1983・7・30 Italy
Juventus(ITA)→Stuttgart (GER) ※Loan
Goran Pandev 1983・7・27 Macedonia
Lazio(ITA)→Inter(ITA)
Breno 1989・10・13 Brazil
Bayern Munich(GER)→Nuremberg(GER) ※Loan
Lomana LuaLua 1980・12・27 DR Congo
Al-Arabi(QAT)→Olympiakos(GRE)
Luca Toni 1977・5・26 Italy
Bayern Munich(GER)→Roma(ITA)
Keisuke Honda 1986・6・13 Japan
VVV Venlo(NED)→CSKA Moscow(RUS)
David Suazo 1979・11・5 Honduras
Inter(ITA)→Genoa(ITA) ※Loan
Florent Sinama Pongolle 1984・10・20 France
Atlético Madrid(ESP)→Sporting(POR)

結構長くなっちゃいました…
南米系の選手が多い気がします。特にアルゼンチン系。
あと1週間で大物の移籍はあるのでしょうか??
ファン・ニステルローイやロビーニョ、フンテラールあたりには注目ですね。
写真はザキが加入したハル・シティのホーム・KC Stadium。
ハル.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

Foot!ユニフォーム受付締め切り迫る!

  • 2010年01月17日 19:19
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

Foot!10周年を記念して番組史上初めて製作したユニフォーム。
こちらの予約受付締め切りが20日に迫っています。
ANN_0542前面.JPG
今回は非常にデザイン性にもこだわったということで
お値段は少々、いや、結構高くなっています。
ANN_0545側面.JPG
生地は速乾性を最大限に意識しているため、
やや薄手になっているのが特徴ですかね。
ANN_0547背面.JPG
今シーズンから初めて導入された
“エンブレム”もプリントではなくワッペン仕様で。
ANN_0541エンブレム.JPG

Foot!ユニフォーム、
懐に余裕のある方は、是非お求めになってみてはいかがでしょうか?
http://shop.jsports.co.jp/top/detail/asp/detail.asp?scode=0110891217001

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

クリスマスプレゼント大会当選者発表

  • 2010年01月15日 23:54
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

時間の都合上、サーッとご紹介した
クリスマスプレゼント大会の当選した皆さん。
改めてこちらでもご紹介いたします。

(1)良平さんご提供
ドイツの冬に使うオールインワントレーニングウェア
富山県高岡市 馬場陽大さん
(2)マリーニョさんご提供
マリーニョさんのネーム入りユニフォーム
広島県広島市 久都内悠治さん
(3)マリーニョさんご提供
T-FALのフライパンとアイロン(各1名様)
(フライパン)
東京都世田谷区 朝長浩さん
(アイロン)
長崎県諫早市 内田亜純さん
(4)粕谷さんご提供
ビリーズブートキャンプセット一式
東京都品川区 井上宗彦さん
(5)粕谷さんご提供
レイバンのサングラス&ライオンのホコリ取りセット
東京都町田市 吉田航さん
(6)原さんご提供
2010年日本代表カレンダー(各1名様)
東京都新宿区 若松憲佑さん
東京都国分寺市 白崎春夫さん
福岡県福岡市 花村慶一さん

(7)幸谷さんご提供
秋田国体記念ポロシャツ&アトレティコ・マドリーのニットキャップセット
神奈川県相模原市 平沼大さん
(8)金子さんご提供
FC琉球ヘルメット
岩手県盛岡市 遠山毅さん
(9)山口さんご提供
山口素弘コリンシアン・98年日本代表ヴァージョン
群馬県富岡市 石原雅教さん
(10)中山さんご提供
2009イタリア・スーペルコッパ記念Tシャツ
東京都板橋区 木幡健太さん
(11)亘さんご提供
FIFAクラブワールドカップ2009公式プログラム&公式ボードセット
東京都新宿区 増田みづえさん
(12)亘さんご提供
ビラルサイン入り gol. Tシャツ
岡山県倉敷市 横佐古章さん
(13)亘さんご提供
パラシオサイン入り fanatico Tシャツ
大阪府茨木市 南郷雄治さん
(14)倉敷さんご提供
プレゼント依頼があった時点でのプレミアトップ3グッズセット
千葉県市原市 松田翼さん
(15)ブルータス八戸さんご提供
スズキ・スコーピオンのヘルメット
埼玉県さいたま市 城之崎守さん
(16)内巻さんご提供
公開収録時に使用したイラストボードセット
福岡県福岡市 井上将仁さん
(17)田口P提供
チェルシーキャップ&『ブラジリアン・サウンド』セット
福島県会津若松市 濱田らうるさん
(18)甲斐チーフ提供
2010年ドイツ代表カレンダー
埼玉県さいたま市 後神勤さん
(19)甲斐チーフ提供
ポドルスキーのネーム、ナンバー入りケルンアウェイユニフォーム
愛知県名古屋市 鈴木知憲さん
(20)石神画伯提供
カターニャキャップ&ナポリマフラーセット
奈良県生駒郡 邑田翔さん
(21)デスク松尾提供
ムックのトートバッグ
東京都世田谷区 鵜飼壇さん
(22)AD土屋提供
カントナマグネット&バーンリーマウスパッド&バーミンガムキーホルダー
東京都武蔵野市 木村裕さん

当選者の皆さん、おめでとうございます!


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

第88回高校選手権・勝手に表彰式

  • 2010年01月13日 17:18
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今回は地区予選の段階から結構ガッツリとレポートしてきた高校選手権も一昨日で終了。
いやはや、ちょっと寂しさすら覚えてしまう自分がいたり…
ということで、今回もこの勝手に表彰式を執り行いたいと思います。
それぞれ画伯とAD土屋が現場で見た選手の中から選出した各賞は
大会MVP、ベストイレブン、ベストゲームということで。
では画伯から。
大会MVP
椎名伸志(青森山田・3年)
ベストイレブン
GK:田中豊(高知・3年)
DF:小島悠司(関西大第一・3年)、小谷祐喜(関西大第一・3年)
   内田錬平(旭川実・3年)、中島龍基(青森山田・3年)
MF:椎名伸志(青森山田・3年)、小谷健悟(神村学園・2年)
   長澤和輝(八千代・3年)
FW:野間涼太(青森山田・3年)、石川誠也(八千代・3年)
   久保綾祐(関大一・3年)
SUB:GK櫛引政敏(青森山田・2年)、DF宇田川卓馬(八千代・3年)
    MF梅鉢貴秀(関西大第一・2年)、柴崎岳(青森山田・2年)
   FW成田鷹晃(青森山田・2年)

ベストゲーム
関西大第一×八千代(八千代が勝つもんだと思って見てたけど関大の運動量にビックリ)

続いてAD土屋です。
大会MVP
碓井鉄平(山梨学院大附・3年)
ベストイレブン
GK:櫛引政敏(青森山田・2年)
DF:岡崎克也(境・3年)、小谷祐喜(関西大第一・3年)
   藤巻謙(山梨学院大附・3年)
MF:碓井鉄平(山梨学院大附・3年)、椎名伸志(青森山田・3年)
   宮本龍(山梨学院大附・2年)、鈴木周太(藤枝明誠・3年)
   益子直樹(矢板中央・3年)
FW:伊東拓弥(山梨学院大附・3年)、大山直哉(神村学園・3年)
SUB:DF小林祐輝(広島観音・3年)、MF小巻友希(徳島商業・2年)
    須郷智広(国見・3年)、FW黄順旻(神村学園・3年)
    松川智哉(境・1年)

ベストゲーム
関西大第一×青森山田(関西大第一が1点返した時、会場も同点を予感した)

いやはや、素晴らしい大会でした!
暗闇に浮かび上がっている写真の人も喜んでますかね。
SHINGEN.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

第58回インカレ(プチ)アウォーズ

  • 2010年01月07日 18:16
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日、国立で行われたファイナルで明治大学が福岡大学を下し、
見事にほぼ半世紀の時を経て、51年ぶりの日本一に輝き、幕を閉じたインカレ。
今大会は個人的にも全16校中10校を取材したこともあって、
かなり思い入れのある大会となりました。
ということもあって、せっかくなので(プチ)アウォーズをやってみることにしました。
大会の公式表彰一覧は以下の通りです。

ベストGK 高木駿(明治大学・2年)
ベストDF 田中政勝(明治大学・4年)
ベストMF 市川稔(福岡大学・3年)
ベストFW 山本紘之(明治大学・3年)
最優秀選手 小林裕紀(明治大学・3年)

あと、今大会に参加した選手の中でJリーグ入団が内定しているのは
以下になります。(2010/1/7現在)

【流通経済大学】
石川大徳(DF・流通経済大柏)→広島
宇賀神友弥(MF・浦和ユース)→浦和
千明聖典(MF・流通経済大柏)→岡山
金久保順(MF・水戸短期大附)→大宮
【中央大学】
小野博信(GK・韮崎)→水戸
新井辰也(DF・都立日野台)→名古屋
村田翔(MF・FC東京U-18)→水戸
【関西大学】
児玉剛(GK・京都U-18)→京都
【立命館大学】
福本尚純(MF・広島ユース)→岡山
内田昴輔(MF・滝川第二)→大分
【高知大学】
中野圭(DF・松山工業)→山形
【福岡大学】
河田晃兵(GK・大分鶴崎)→G大阪
宮路洋輔(DF・鵬翔)→福岡
末吉隼也(MF・東海第五)→福岡
藤田直之(MF・東海第五)→鳥栖

では、以下にFoot!的インカレベストイレブンを
プレースタイルが似ている海外のプレイヤーと共に発表します。

GK
高木駿(明治大学2年・東京Vユース)…スティーヴ・マンダンダ
DF
宮路洋輔(福岡大学4年・鵬翔)…ガブリエル・エインセ
中山友規(駒澤大学4年・駒澤大学高)…ブレデ・ハンゲランド
田中雄大(関西大学3年・野洲)…クリスティアン・キブ
久松秀樹(北海道教育大学岩見沢校3年・札幌U-18)…アシュリー・コール
MF
藤田直之(福岡大学4年・東海第五)…ジエゴ
山崎健太(駒澤大学4年・駒澤大学高)…ウェズレイ・スナイデル
中村祐哉(関西大学4年・大分U-18)…ライアン・ギグス
梶川諒太(関西学院大学2年・関西学院高)…ダビド・シルバ
FW
高橋祐太郎(福岡大学4年・三潴)…アマウリ
穴田大樹(北海道教育大学岩見沢校3年・帯広北)…アンドレイ・シェフチェンコ
SUB
山田大記(MF・明治大学3年・藤枝東)…アンドレイ・アルシャヴィン
末吉隼也(MF・福岡大学4年・東海第五)…チャビ・エルナンデス
村田翔(MF・中央大学4年・FC東京U-18)…セスク・ファブレガス
阿部浩之(MF・関西学院大学2年・大阪桐蔭)…ディエゴ・ペロッティ
三島康平(FW・駒澤大学4年・浦和東)…ルカ・トニ

MVPには決勝こそ封じられたものの、
1回戦と準決勝は共に途中出場で決勝ゴール、
空中戦に無類の強さを発揮して、切り札としての役割を十二分にまっとうした
福岡大学の高橋祐太郎選手を挙げたいと思います。
ちょっとファンになるくらい、素晴らしいパフォーマンスでしたよ。
いやあ、しかしホント楽しませてもらった大会でした。
インカレ.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今年の御礼

  • 2009年12月28日 20:15
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2009年のFoot!もまさに“どクリスマス”だった25日の放送で終了。
8月以降は記念すべき10シーズン目が開始ということで
気分も新たに…でもなかったですけど、一応の節目となるシーズンの
ちょうど半分が終わったことになりました。
2009年の放送は全部で42回。
まずはその前半、08/09シーズンのクラウスーラからご紹介!

藤原さん09.JPG
koji.JPG
上川さん09.JPG

1/16 #21 亘さんのクラブW杯潜入レポート~パチューカ、LDUキト、ユナイテッド~
1/23 #22 藤原素材でマリーニョPresents ジーニョインタビュー&チャリティーマッチ
1/30 #23 東本貢司Presents コージーのスコットランド&英国系講座
2/06 #24 粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集③
2/13 #25 祝・技術委員長就任!原博実のサッカー放談
2/20 #26 幸谷秀巳Presents ヒデミのスペイン特集~代理人事情やバルサの倒し方~
2/27 #27 藤原清美Presents ファビオ君&ハファエウ君にインタビューwith粕谷秀樹
3/06 #28 山口素弘さんで小林、反町、高木3監督インタビュー特集
3/13 #29 中山さんのフランス紀行①~パリ編~
3/20 #30 中山さんのフランス紀行②~サンテティエンヌ・松井大輔インタビューほか編~
3/27 #31 藤原素材でマリーニョさんの故郷を訪ねて~ベロオリゾンチ編~
4/03 #32 山口素弘Presents ピボーテを語る!
4/10 #33 上川徹Presents Foot!レフェリーカレッジ
4/17 #34 西部謙司&金子達仁Presents CL準々決勝レビュー&準決勝プレビュー
4/24 #35 藤原素材でマリーニョPresents ジョー&デニウソンインタビュー
5/01 #36 粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集④
5/08 #37 亘さんのアミーゴをたずねて~イタリア・カターニャ編~
5/15 #38 亘さんのアミーゴをつくろう~イタリア・ユヴェントス編~with(?)デラ富樫
5/22 #39 藤原素材でマリーニョPresents ポルトアレグレ特集
5/29 #40 木村浩嗣Presents 08-09CL回顧&楽しいセビージャ生活
6/05 #41 良平さんのフロインツを訪ねて~シュトゥットガルト編~
6/12 #42 良平さんのフロインツを訪ねて~ケルン・ヘリングス氏のGKレッスン編~
6/19 #43 番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」

木村さん09.JPG
中山さん09.JPG
Foot!公開収録09.JPG

こちら23回分の08/09クラウスーラ一口メモは
今年の6月26日分ブログ→http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/06/post_434.html
に詳細が掲載されていますのでご参照下さい。
そして、記念シーズンとなっている09/10のアペルトゥーラは以下の通りです。

原さん09.JPG
西部さん09.JPG
粕谷さん09.JPG

8/21 #01 倉敷保雄のイングランド紀行
         ~プレミア全20クラブ・スタジアム巡り~前編~with粕谷秀樹
8/28 #02 原団長が行くU-20日本代表アルクディア国際ユーストーナメント2009
9/04 #03 倉敷保雄のイングランド紀行
         ~プレミア全20クラブ・スタジアム巡り~後編~with粕谷秀樹
9/11 #04 亘さんのポルトガル紀行~マデイラ島~
9/18 #05 中山さんで09/10UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ開幕特集
9/25 #06 藤原素材でマリーニョPresents 新旧セレソン特集in仙台カップ
10/02 #07 西部さんで09/10UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ第2節特集
10/09 #08 粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミア講座①
10/16 #09 原博実のスペイン紀行~バレンシア編~
10/23 #10 幸谷さんで09/10UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ第3節特集
10/30 #11 藤原素材でマリーニョPresents ブラジル若手監督特集
11/06 #12 山口さんで09/10UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ第4節特集
11/13 #13 亘さんのアミーゴを訪ねて~ジェノア編~
11/20 #14 亘さんのアミーゴを訪ねて~ナポリ編~
11/27 #15 良平さんでレヴァークーゼン特集
          &09/10UEFAチャンピオンズリーグ第5節特集
12/04 #16 藤原素材でマリーニョPresents ベベットインタビュー
          &09/10UEFAヨーロッパリーグ第5節特集
12/11 #17 山口素弘&名波浩Presents 09/10UEFAチャンピオンズリーグ最終節特集
          &2010年W杯展望
12/18 #18 幸谷秀巳&金子達仁Presents 09/10UEFAヨーロッパリーグ最終節特集
          &09/10UEFAチャンピオンズリーグ決勝ラウンド展望
12/25 #19 良平さんPresents ~ケルン・ヘリングス氏のGKレッスン編・第2弾~

金子さん09.JPG
山口さん09.JPG
名波さん09.JPG

#1#3では再びクラッキー(和製ホームズ)と学生ノリ企画でプレミア20スタジアム(+2)を制覇。#2は若きサムライブルーの奮闘記をご紹介。指宿君しっかりしてました。#4ではポルトガルで1人戦う相馬選手に亘さんが突撃。#5では中山さんで映像大量に使える記念・一発目。毎年恒例仙台カップでセレソンに加えて話題のカクタ君にも遭遇したのが#6。西部さんに「おしなべ過ぎです」とご指摘を受けたのは#7。ヒデキがプレミアビッグ4を9文字タイトルでぶった斬ったのが#8#9では原さんが遠征の合間を縫ってウナイ・エメリ監督&シルバに直撃。#10は低迷アトレティコを嘆く、というより呆れるヒデミが今季初登場。#11はシャムスカにシーラスと日本ゆかりの2人のインタビューをお届け。#12ではモトさんがキーガンのポスターを貼っていた過去をカミングアウト。#13はもっと面白いヤツなのに…と亘さんも悔しがったクレスポとラーメンマンを訪ねてジェノアへ。続いて#14ではナポリのアルゼンチン人にもチャレンジしたもののラベッシのガード堅し。良平さんと出向いたレヴァークーゼンでハインケス監督に惜しくも接触できなかったのが#15。マリーニョさんが結構辛辣にベ○ットへと牙を剥いたのが#16#17では98年フランスW杯の日本代表中盤コンビで南アフリカの展望を。#18では“危険な2トップ”によるチャンピオンズリーグ決勝ラウンドの速報展望を。そして先週の#19で、帰ってきた大反響シリーズ第2弾・ヘリングスさんのGKレッスンをお届けしたという感じですね。

マリーニョさん09.JPG
幸谷さん09.JPG
亘さん09.JPG

番組のホームぺージをブログ形式にしてリニューアルしたのが2006年8月。
今ではこの“今年の御礼”や“今シーズンの御礼”、“勝手にJリーグアウォーズ”など
いくつか恒例となりつつあるエントリーもなんとなく確立されつつあり、
3年半くらい毎日更新を続けてきた意味があったなあなんて思ったりもしています。
今では番組は見てないけど、このホームぺージは見ていますなんて方まで!
(いやいや、番組見て下さいよ~☆)
実際、ここがこの形式になるまでは今ほどアホみたいに色々なカテゴリーの現場へと
足を運びまわる生活を送っていた訳ではなかったんですけど、
今ではすっかり「この試合をレポートしたら喜ぶ人がいるかなあ」とか、
「この試合はなかなかメディアで紹介されないだろうけど絶対面白いから行かなくちゃ」とか、
まあ軽い現場中毒みたいな感じになってきている自分がいます。
ついつい文章も長くなりがちで、しかも携帯から更新しているので改行が一切ないという
相当に読みづらいゲームレポートになっているにもかかわらず
色々と反響を頂けるのは嬉しい限りですね。年明けも高校選手権、ガッツリレポりますよ~

さて、Foot!の10周年記念シーズンも早いものでもう半分終わっちゃいました。
8月以降にご登場いただいたゲストの番組初登場VTRを探していると
10年という年月の積み重ねを実感しますねえ。
思えば、自分が熱狂的な視聴者として見ていた00/01から02/03までのVTRを
見返していると、学生だったその頃のことが甦ってきたり。
“コージーコーナー”なんて、今でも相当斬新だったと思いますよ。
少しずつ形を変えながら、10年という月日を生き抜き、重ねてきたこの番組が
自分を含めた決して少なくないフットボール好きに影響を与えてきたという自負を胸に、
今後も10年、20年と1人でも多くの人にフットボールへの興味を持ってもらうための
小さなキッカケを作れる番組であるように、スタッフ一同邁進していきたいと思っています。
では、2009年への感謝と2010年への希望を込めて。

良平さん09-2.JPG
倉敷さん09.JPG

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

勝手に2009Jリーグアウォーズ

  • 2009年12月27日 18:58
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年で4回目となった“勝手にJリーグアウォーズ”。
もはやこのホームページだけで考えれば本家と並ぶ恒例行事だと
言っちゃってもいいでしょうかねえ。
今回もベストイレブンを選出しているのですが、
過去3回甲斐チーフと私は選出し続けてきたことで、積み重ねもできたので
選出された選手の後に、何回目の受賞かを記載してみました。
回数は甲斐チーフが、また私がその選手を何回選出したかですので。

では甲斐チーフから。
GK
清水健太(山形・初)
DF
市川大祐(清水・2)、岩政大樹(鹿島・3)
マト(大宮・初)、ジウトン(新潟・初)
MF
小笠原満男(鹿島・2)、遠藤保仁(G大阪・初)
中村憲剛(川崎・3)、石川直宏(FC東京・初)
FW
イ・グノ(磐田・初)、佐藤寿人(広島・2)

《選考理由》
インパクトで!

続いてはAD土屋
GK
清水健太(山形・初)
DF
槙野智章(広島・初)、岩下敬輔(清水・初)
中澤聡太(G大阪・初)、新井場徹(鹿島・初)
MF
明神智和(G大阪・初)、松田直樹(横浜FM・初)
中村憲剛(川崎・初)、石川直宏(FC東京・初)
FW
興梠慎三(鹿島・初)、岡崎慎司(清水・初)

《選考理由》
今年も個々のパフォーマンスのみが選考基準。
どんなライバルが加入してきても結局最後はスタメンとして出場している中澤と、
一時期スタメンを外れながら、終盤には自らの存在意義をしっかり証明した新井場。
この2人は本当にメンタルも強くて凄いと思います。
槙野はDFながら8ゴールと驚異的な得点力を発揮。
岩下は今年一番伸びたCBだと個人的には思ったので。
MFの3人は即決。松田は苦しいチーム状況の中でボランチという新境地を開拓。
米本拓司、伊東輝悦との比較で松田を選びました。
FWは彼ら2人よりゴールを挙げている選手もいるんですけど、
チームの勝利への貢献度やゴールのインパクトで、
迷わずこの2人を選んでいます。

J2ベストイレブンはAD土屋のみで。
GK
野澤洋輔(湘南)
DF
渡辺広大(仙台)、村松大輔(湘南)、ダニエル(甲府)
MF
リャン・ヨンギ(仙台)、香川真司(C大阪)
坂本紘司(湘南)、藤田健(甲府)
FW
都倉賢(草津)、高崎寛之(水戸)、佐藤洸一(岐阜)
SUB
エリゼウ(仙台)、乾貴士(C大阪)、田村雄三(湘南)
ハーフナーマイク(鳥栖)、キム・シンヨン(甲府)

今年もJ2のベンチ入りメンバーと同様、16人を選出しました。
他にも
GKは中川雄二(富山)、
DFは入江利和(栃木)、土屋征夫(東京V)、羽田憲司(C大阪)、
MFは上里一将(札幌)、関口訓充(仙台)、中村祐也(湘南)、
マルチネス(C大阪)、徳重隆明(徳島)、
FWはマラニョン(甲府)、大久保哲哉(福岡)、
以上の選手も素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

来年の勝手にJリーグアウォーズもお楽しみに!
写真は湘南が昇格を決めた日のケーズデンキスタジアム水戸。
オーロラビジョンの裏側です。
k's.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

年に一度のお楽しみ

  • 2009年12月20日 17:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年もいよいよこの日がやってきました。
毎年クラブワールドカップと同じ時期に開催されるM‐1グランプリ。
出番順は以下の通りです。
(1)ナイツ(2)南海キャンディーズ(3)東京ダイナマイト(4)ハリセンボン
(5)笑い飯(6)ハライチ(7)モンスターエンジン(8)パンクブーブー(9)敗者復活枠
よしもと6組、非よしもと2組。初決勝が2組に返り咲きが3組、連続出場が3組。
ここ2年は初めて決勝に登場するコンビが多かったんですけど、
今回は史上最多の6組が決勝経験者。新鮮さより、安定感が評価された印象でしょうか。
出番順のポイントは、優勝候補筆頭とも目されているナイツが1番目ということ。
全体の基準となるこの1番目は、他との比較採点ではないのがどう出るか。
過去8回で1番目にネタをやったコンビで最終決戦まで行ったのは
第1回の中川家(だいぶ現在とは採点方法が異なる)と第5回の笑い飯のみ。
ナイツの出来が今回の全体を大きく左右することになりそうです。
個人的にはここ何年も推していたパンクブーブーがようやく決勝に出て来たのが
嬉しい限りなんですけど、本当は敗者復活から上がって来た方が
最終決戦へ行く確率が高かったのかなあとも思います。
ホント頑張って欲しいですね。
返り咲き組の中では、
去年のDVDドキュメントでも追いかけられていた南海キャンディーズと、
第7回で点数こそ高かったものの、サンドウィッチマンの敗者復活によって
明らかに人気者枠での決勝進出的な扱いになってしまった
ハリセンボンのリベンジが面白そうですねえ。
いわゆるダークホース枠はハライチ。ノリボケ漫才がハマるかどうか。
“○○なヤーツ”に注目です。
敗者復活は例年より決勝経験者が多いのが特徴。
千鳥、アジアン、タイムマシーン3号、POISON GIRL BAND、
ダイアン、NON STYLE、U字工事、キングコングが出場しています。
ここ2年のサンドウィッチマン、オードリーに共通していたのは勢いとフレッシュさ。
それを考えると、決勝経験者が9枠目に滑り込むより
初めて決勝に出てくるコンビが勝ち上がって来た方が最終決戦進出には近いのかなと。
こちらも毎年推してる三拍子と磁石以外にも、囲碁将棋、とろサーモン、
ギャロップ、ハマカーン、オリエンタルラジオに頑張ってほしいです。
以上、毎年1回のフットボール関係ないネタでした。
写真は大井川鐵道のSL。
SL.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

レッグマジック!?

  • 2009年12月02日 15:44
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

みなさまお久しぶりです。
デスクのまつおです。
ってあんた誰って感じですよね。
本当に久々に書いております。

こちらで働きだしてはや8ヶ月。
その間に変わったことといえば…

な、なんと6キロも太ってしまいました。
そういえば最近動きが鈍いというか、
動くのがだるいというかそんな気がしていました。
久々に体重計に乗ったら驚きの大増量でした~
あ~あ…

そして最近うちに登場したのが、

レッグマジック.JPG

こちらです。
その名も「レッグマジック」!!
素敵な名前ですね☆
足を左右に動かすやつです。
簡単そうに見えて意外と疲れます。
なんだか効きそうな気がしています。

こちらのマシーンを1日3分使うだけで、
なんと素敵な足ときれいなくびれが手に入るそうです。
ほんとかよって感じですが、
ひなのちゃんもこれでシェイプアップしたらしいし、

年末までにシェイプアップします!!!!
沖縄古宇利大橋2.JPG

写真は沖縄の古宇利大橋です。
あ~暖かい場所に行きたい!

デスク まつお

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

プレーオフ何となくレビュー

  • 2009年11月21日 23:26
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ご要望を頂いたので、プレーオフの簡単なレビューを。
1st-Legは1試合しか見られなかったので、基本は2nd-Legということで。
箇条書きに近い形でやっていきます。

UKRAINE 0×1 GREECE

ドンバス・アレーナのこけら落とし。大事なゲームもスタンドはガラガラ。
かなり慎重な立ち上がりの中、ウクライナは右SHのアリエフが積極的。
8分、18分とそのアリエフのシュートがギリシャのGKツォルヴァスにファインセーブを強いる。
ギリシャは4-3-3で入ったが、パパスタソプーロス負傷で
プリアツィカスを投入すると3-4-3、あるいは5-2-3というか5-4-1に変更。
直後の31分、ここまでよくボールを引き出していたサマラスのスルーパス、
完全にCB2枚の間を抜け出したサルピンギディスが1対1も冷静に右隅へ流し込み先制。
121分目にしてようやく均衡が破れる。
すると、もはやギリシャはある程度引き込んで前の3枚+どちらかのWBが攻撃に出る形。
ウクライナも必死に反撃開始。
39分、59分にシェフチェンコが得たチャンスもノーゴール。
61分、ルーズボール拾ったセレズニョフのシュートはわずかにゴール右へ。
68分、いい形から右サイド崩してこぼれ拾ったラキツキーのシュートはGK正面。
ミハイリチェンコ監督は69分にヤルモレンコを下げて、グセフを投入すると
シェフチェンコが左サイドにスライドしたが、実質4トップ気味の布陣に。
80分過ぎから雨も激しさを増す。ウクライナも必死に攻めるものの、
凄まじい集中力ですべてを跳ね返すギリシャディフェンス。
94分、セレズニョフのシュートはツォルヴァスがセーブ、グセフ詰めるもシュートは枠外に。
直後、ギリシャのW杯出場を告げるホイッスルが。
立ち尽くすミレフスキー、泣き崩れるシェフチェンコ、
毅然とスタンドに手を掲げながらロッカーへと立ち去るティモシュクが印象的だった。

BOSNIA AND HERZEGOVINA 0×1 PORTUGAL

3‐1‐4‐2のボスニアに対して4-2‐3‐1のポルトガル。
ボスニアホームのピッチは状態がかなり悪くデコボコ。
ポゼッションで上回るボスニアは簡単に縦へ送るシーンもあり、攻勢に出るも精度が低い。
それでも最初の決定機はポルトガル。25分R・メイレレスのパスを、ティアゴがヒールでワンツー、
受けたR・メイレレスのシュートはGKが超ファインセーブ。
ポルトガルはある程度前にボールを蹴るシーンが多い。
35分にはスタメン出場のピャニッチがフィード、ジェコ落として
イビシェヴィッチが狙うもバーの上へ。期待の3人がコンビネーションを見せる。
しかし先制はポルトガル。
56分、左サイドでナニが粘って右へ、R・メイレレスが落ち着いて左隅へゴール。
2戦合計でも、アウェイゴールを奪った上で2点のリードを得る。
高さやキープは十分通用していたジェコも、イライラして異議を唱えイエローカード。
さらに、75分にはサリホヴィッチ2枚目のイエローでレッドカード。
この後、副審の後頭部に観客の投げ入れたモノが当たる。スタジアムの雰囲気も険悪に。
数的不利となり、集中切れたボスニアは攻め手なく、
最後はポルトガルが悠々と逃げ切り、W杯進出を比較的淡々と決めた。

SLOVENIA 1×0 RUSSIA

アブラモヴィッチもスタンドに登場した中、素晴らしい規模で素晴らしい雰囲気のスタジアム。
10分、スロヴェニアが上げた左クロスはイグナシェヴィッチの膝に当たって左ポストへ。
あわやオウンゴールという幕開けとなる。
1st-Legを1-2で落とし、ゴールが必要なスロヴェニアは序盤から左サイド中心にかなり前へ。
ロシアは右サイドのアルシャヴィンも左サイドのジルコフもボールタッチが少ない。
27分はスロヴェニア、右から崩してビルサが繋ぎ、ノヴァコヴィッチがフリーでシュートもGKキャッチ。
41分はロシア、イグナシェヴィッチの20mFKは壁のノヴァコヴィッチを直撃。
そして迎えた44分はスロヴェニア、
GKからパスを6本繋いで右へ展開するとビルサの左足クロスが中へ。
ニアでデディッチが右足を伸ばして右隅へゴール。
スロヴェニアが2戦合計2-2ながら、アウェイゴールで優位に立った。
策士ヒディンクは後半開始からケルジャコフとセマクを投入し、
アルシャヴィンを前に出した4-4-2気味にシフト。
しかし66分、ゴール前に飛び込んだケルジャコフはGKがファンブルしかけた所に
足を出し、結果一発レッド。ますます窮地に追い込まれる。
77分、ヒディンクは中盤のビリャレトディノフを下げて、ポグレブニャクを投入。
早速アルシャヴィンの右クロスがポグレブニャクの頭に合うも、やや力なくGKへ。
ロシアは4‐3‐2で、アルシャヴィンとポグレブニャクの2トップにシフトしたが、
どうしても連動性に乏しく、個々の突破ばかりが目立ち攻撃が続かない。
85分、ジルコフがアルシャヴィンとのワンツーで抜け出しシュートも
GKハンダノヴィッチがファインセーブ。これはかなり惜しく、スタジアム中が息を呑んだはず。
90分、アルシャヴィンのFKにはGKのアキンフェエフも上がるがアッサリDFクリア。
焦るロシアは92分、ラインを割ったボールを渡さなかったスロヴェニアのサブの選手を
ジルコフが突き飛ばし、2枚目のイエローカードで退場に。募る焦燥感。
93分、アキンフェエフのFK、イグナシェヴィッチが頭で繋ぎ、ベレズツキーがボレー。
これもシュートかパスか、やや中途半端なままに枠外へ。
一体感のあるサポーターに後押しされ、シュート数でもポゼッションでも上回ったスロヴェニアが
以前の絶対的エース、ザホヴィッチと同じファーストネームを持つ
“ズラトコ”デディッチの一発で戦前の予想を覆して、南アフリカへと乗り込むことになった。

URUGUAY 1×1 COSTA RICA

一部で話題になっている長い国歌のくだりをまとめると、(歌い始めが00:00)
00:00~01:32…1回全体的に盛り上がって、歌い終えるチャンスはあった
01:32~03:19…選手も歌い終わった感満々だったのにまだ続けるんですかい?
03:19~04:26…もはやウルグアイの選手すら不満を表す中、4分26秒完唱
とんでもなくカラフルなもみあげの歌手が4分以上熱唱している間に、
並んでいる選手を撮影しているカメラマンは何往復しただろうか。
歌い終わった頃、コスタリカは集合写真も終えてとっくにアップを開始していた。
7分、フォルランのミドルは反応の遅れたGKナバスが頭でクリア。
これで得たCK、フォルランのキックはフリーのゴディンがヘディングもGK正面。
両チームともに3バックで帰陣も速く、基本は守備に重心を置いた手堅いゲーム。
それでもロデイロの積極性目立つウルグアイがわずかに攻勢。
ただ、金田さんも軽く嘆いたようにフィニッシュへのアイデアは少ない。
33分、ロデイロがドリブルから右へ送り、スアレスのシュートはバーの上へ。
コスタリカのチャンスは36分、ボラーニョスのミドルはGKムスレラが片手でファインセーブ。
全体的にピッチが靄がかっていて見にくい状態の中、
52分、ロデイロの左クロス、エグレンのヘディングはゴールわずかに左へ。超決定機。
57分、コスタリカが緩慢な動きでボールロスト、
スアレスが繋いでフォルランのシュートはGKファインセーブ。
65分、ウルグアイはスアレスを外してアブレウを投入。
直後にフォルランのクロスへアブレウが飛び込み、高さの脅威を見せる。
ゴールを奪わないと勝利がないコスタリカは69分、CBのマリンOUTでエースのサボリオIN。
しかし70分、スローインの流れからスコッティの右クロスに飛び込んだのはアブレウ!
3バックのセンターにスライドしたばかりのウマーニャが競り負け、貴重な先制点はウルグアイに!
強面のオスカル・タバレス監督も一瞬喜びながらすぐに交替選手を呼ぶと、
なぜか倒れていたスコッティに替わって、ビクトリーノが入る。
74分、コスタリカの反撃。フィードをサボリオが収めてシュート、
ルガーノがブロックするも、キャプテンのセンテノがこぼれに反応して再びシュート。
GK触るも右隅へ吸い込まれ、このゲームは1-1。2戦合計2-1。まだまだわからない。
80分にはコスタリカベンチに乱入者かなにかのトラブルが発生しゲーム中断。
87分のコスタリカ、サボリオがドリブルで抜け出し左足でシュートを放つもゴール左へ。
全体的にバタバタとして落ち着かない展開が続き、ロスタイムも7分を経過した頃、
ようやくブサッカ主審のホイッスル。
ウルグアイが作った歓喜の輪に変な水色の鳥が混ざっていたのも印象的だった。

FRANCE × REPUBLIC OF IRELANDは再放送がないのに気が付かず、
まだ延長以外が未視聴なので、観戦次第アップします。
また、NEW ZEALAND × BAHRAINは細かくメモりながら観戦していなかったので
割愛させて頂きます。ご了承下さい。
写真は、こちらも決戦の舞台となる小瀬の春。
kose final.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

W杯予選プレーオフ6試合何となくプレビュー

  • 2009年11月14日 01:52
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよ明日から、W杯に向けて最後の椅子を懸けた
プレーオフが開催されます(オセアニア・アジアは1st-Legが終了)。
そこで、ここではかなり何となくですが全6カードをプレビューしておきたいと思います。
なお、昨日の番組に出演して下さった倉敷さんと亘さん、
解説でもおなじみのバルサTVディレクター・菅原慎吾氏、
そしていつものFoot!スタッフ、7人の予想も添えてみました。

(OFC/AFC)
NEW ZEALAND × BAHRAIN
11/14 20:00 Westpac Stadium、Wellington

10/10に行われた1st-Legはバーレーンがホームで攻勢に出ながらスコアレスドロー。
1st-Legをドローで終えたのはドイツ大会のプレーオフ同様ですが、前回はアウェイが先。
それでもホームで戦った2nd-Legでトリニダード・トバゴに敗れたのは記憶に新しい所です。
日本ではかなりの知名度を誇るアラー・フバイルは今予選無得点と不調が続き、
もはや得点源とは言い難く、攻撃力には不安が残ります。
中心はナイジェリアからの帰化FWジェイシー・ジョンと3バックを束ねるモハメド・フセイン。
また、キャプテンのサルミーンを軸に中盤を支配できるかどうかも鍵を握るのではないでしょうか。
一方のニュージーランドはハッキリ言ってコンフェデでしか見たことありません。
しかも1点も取れなかったこともあって、そんなに得点は期待できなそう。
エース格のキレンもセルティックではベンチを温めてますし。
ということは、どっちもなかなかゴールが入りそうな感じはしないので
かなりのロースコアになるんじゃないですかねえ。

(予想)
ニュージーランド…倉敷、田口、甲斐
バーレーン…亘、石神、菅原、土屋

(CONCACAF/CONMEBOL)
COSTA RICA × URUGUAY
1st 11/14 20:00 Estadio Ricardo Saprissa Aymá、San José
2nd 11/18 21:00 Estadio Centenario、Montevideo

まさかの展開でプレーオフへと回ることになった、3大会連続出場を目指すコスタリカと、
もはやプレーオフはW杯予選における恒例行事となってきたウルグアイとの対戦。
最大の焦点は1st-Legでコスタリカがどのくらいの点差で勝利できるか。
というのも、ウルグアイはこのアウェイゲームにDFのスコッティとカセレス、
MFのマキシミリアーノ・ペレイラとペレス、FWのクリスティアン・ロドリゲスと
実に5人の選手を出場停止で欠くことになっています。
いかにフォルランとルイス・スアレスという強力2トップを抱えているとはいえ、これは大きな誤算。
ただ、逆に言えばこの5人が戻ってきて、FWの2枚看板を擁するホームは圧倒的有利。
コスタリカが1st-Legに全てを懸けなくてはならない理由はこんな感じです。
攻撃のキーマンは予選での得点の半数以上を挙げている
ルイス、センテノ、サボリオの前線3枚。
最終ラインは予選終盤でポジションを掴んだマーシャルがケガで欠場の可能性も。
やや、ウルグアイを迎え撃つのに心許ないのは否めません。
ちなみにマリーニョさんも言ってましたが、コスタリカホームの会場は人工芝です。

(予想)
コスタリカ…なし
ウルグアイ…倉敷、亘、田口、甲斐、石神、菅原、土屋

(UEFA)
REPUBLIC OF IRELAND × FRANCE
1st 11/14 20:00 Croke Park、Dublin
2nd 11/18 21:00 Stade de France、Saint-Denis

おそらく今回の予選で最大の注目カード。
実は無敗でグループ2位を勝ち取ったアイルランドと、
セルビアの後塵を拝してプレーオフに回ったフランスが1枠を競い合います。
アイルランドはオシェイ、ダン、セント・レジャー、キルバーンと並ぶ4バックに
守護神ギヴンで構成するDFラインが生命線。予選でも複数失点はイタリア戦の1試合のみ。
監督がトラパットーニというのも、守備組織構築に一役買ってる印象です。
攻撃のキーマンは、おそらく右サイドに入るマッギーディー。
対面となることが予想されるエヴラとのマッチアップで主導権を握れるかどうかに注目です。
絶対的なエースに成長したリベリーが負傷で欠場するフランスは、
最近の起用法を見ている限り、前の4枚中、ジニャク、アネルカ、グルキュフは当確。
マジョルカ戦で82分までプレーしたアンリもおそらく出てくることが予想されますが、
ホームに万全を期す場合は、1st-Legにはマルーダかゴヴを使ってくるかもしれません。
注目はジニャク。リーグ戦では11節まででわずか2ゴール。
予選最後の5試合で4得点と驚異的な決定力を誇った、代表での好調さを出せるでしょうか。
また、ドメネク監督との確執が表面化しているベンゼマがどこで使われるかも気になります。

(予想)
アイルランド…倉敷、田口、甲斐
フランス…亘、石神、菅原、土屋

PORTUGAL × BOSNIA AND HERZEGOVINA
1st 11/14 20:30 Estádio da Luz、Lisbon
2nd 11/18 21:00 Bilino Polje、Zenica

個人的に一番世間的なアップセットが起きるんじゃないかなあと思っているカード。
終盤の3連勝で何とか帳尻をプレーオフに合わせたポルトガルと、
スペインには2敗したものの実は今予選で25得点を奪っているボスニア・ヘルツェゴヴィナの対戦。
ポルトガルは言うまでもなくロナウドの欠場が及ぼす影響大。
ボジングワとペドロ・メンデスのレギュラー2人も負傷で欠場と、怪我人に祟られています。
1トップならリエジソン、2トップならそこにウーゴ・アウメイダが入りますが、正直得点力は不安。
両サイドに入ることが予想されるシモンとナニに依拠する部分は大きそうです。
対するボスニア・ヘルツェゴヴィナは何といってもジェコとイビセヴィッチのブンデス2トップと、
その下に入るミシモヴィッチで構成するトライアングルは、ポルトガルを大いに苦しめそう。
そんな中で、あえてキーマンはピャニッチを挙げたいと思います。
西部さんもFoot!出演時に注目選手としてご紹介下さった19歳のMF。
リヨンの“8番”は伊達ではない所を、CLでも存分に見せてくれています。
この全世界注目カードでの活躍次第では、一気にスターダムへと駆け上がるかもしれません。
お互いに攻め合うゲームを期待したいですね。

(予想)
ポルトガル…なし
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ…倉敷、亘、田口、甲斐、石神、菅原、土屋

GREECE × UKRAINE
1st 11/14 20:00 Olympic Stadium、Athens
2nd 11/18 20:00 Donbass Arena、Donetsk

EURO2004の優勝が記憶に新しいものの、W杯は94年以降遠ざかっているギリシャと
2度のプレーオフ敗退を経てようやく出場したドイツ大会でベスト8に躍進したウクライナ。
ギリシャはヨーロッパ王者の栄光を知る選手も次々に代表から外れ、
最終ラインは右SBのセイタリディス以外は違う選手に入れ替わっており、CBも流動的。
スイスには2試合とも2失点を喫して敗れるなど、自慢の堅守にも穴が開き始めています。
絶対的な中心は中盤アンカーが予想されるカツラニス。攻守のスイッチは彼次第ですかね。
あとは欧州予選得点王のゲカスがレヴァークーゼンで出番を失っているのも懸念材料です。
イングランドを破り、クロアチアをうっちゃってプレーオフ進出を決めたウクライナは、
今やディナモ・キエフでもチームメイトとなったシェフチェンコとミレフスキーが攻撃の中心。
特にクラブでも代表でも一皮剥けた感のあるミレフスキーには大仕事の予感が漂います。
メンバーを見渡しても、シャフタールとディナモ・キエフ勢の混成といった所で連携も万全。
コビンとラキツキーのシャフタール両SBにも注目ですね。

(予想)
ギリシャ…倉敷、石神
ウクライナ…亘、田口、甲斐、菅原、土屋

RUSSIA × SLOVENIA
1st 11/14 19:00 Luzhniki Stadium、Moscow
2nd 11/18 20:45 Stadion Ljudski vrt、Maribor

ドイツとのホーム決戦に敗れて2位となったロシアと、
直接対決では1分け1敗ながら勝ち点で強豪チェコを上回ったスロヴェニア。
ロシアはおそらく1トップか2トップを採用することが予想される中、
CF候補のパヴリュチェンコ、ポグレブニャクが揃って所属クラブで不振中。
ケルジャコフも信頼を勝ち得るまでには至らず、攻撃はアルシャヴィン頼みが顕著です。
守備陣での注目はGKのアキンフェエフ。田口Pも「ユナイテッドが狙ってんだよ~」と
一目置くほどの安定感あるセービングで、DFラインの不安を補います。
対するスロヴェニアは残念ながら1試合も見てないので、さっぱりわかりません。ごめんなさい。
ただ、予選の結果を見る限りは10試合で4失点と守備力は高そうですねえ。
ウディネーゼでもレギュラーを掴んでいるGKのハンダノヴィッチがいいらしいです。
ノヴァコヴィッチとデディッチというブンデス2トップもコンスタントに点取ってますし、
中盤センターに入るコレンはWBAで昨シーズン見たことがありました。
強いんですかねえ。でも、今回は試合が見られるので楽しみです。

(予想)
ロシア…倉敷、亘、田口、甲斐、石神、菅原、土屋
スロヴェニア…なし

こんな感じになりました。いやはや、楽しみ過ぎます。
まずは明日の夕方、アジア第5代表かオセアニア第1代表のW杯出場が決まります。
解説は、あの人みたいですよ☆
写真は、Lyonかと思いきや、Uozuで見つけたライオン。
uozu Lion.JPG

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (33) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国弐部事情(2009・11)

  • 2009年11月11日 21:25
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ヨーロッパのサッカーシーンも、開幕から3ヶ月余りが経過しました。
そろそろ上位と下位もなんとな~く見え始めたこの辺りで、
毎年恒例のこの企画、欧州各国弐部事情をやっときましょう!
まあ長くなりますが、お付き合い下さい。

まずは(イタリア・セリエB)から。
レギュレーションは1位と2位が自動昇格、3~6位はプレーオフを戦い、
勝ち抜いた1チームが昇格です。
ただし、3位と4位に10ポイント以上の勝ち点差が付いた場合には
3位が自動昇格となるルールもあるんですねえ。
13節終了時で、首位は昨シーズンのセリエA最下位で降格した、24ptsのLecce。
この20年で6回目の降格とすっかりエレベータークラブになっていますが、
この20年で6回目の昇格を目指して奮闘中。
2位は昨シーズン19位、プレーオフで何とか残留したAnconaが1pts差で追走。
03/04シーズンにセリエAを戦いながら、ブッチギリの最下位に加えて
クラブの倒産でセリエC2(4部)まで降格しながら、ジワジワと浮上してきました。
3位Cesena、4位Padovaは共にここまで22ptsを獲得。
この2クラブの共通項は、昨シーズンのLega Pro Prima Divisione組だということ。
この“Lega Pro Prima Divisione”というのは、以前の“セリエC1”、つまり3部の名称。
昨シーズンから改称されており、Girone A、Girone Bと各18クラブの2グループを形成し、
両グループの優勝2クラブは自動昇格。各グループ2位~5位で行われる
プレーオフを勝ち抜いたそれぞれの2クラブも昇格というレギュレーションの中で、
Cesenaが優勝、Padovaはリーグ4位ながらプレーオフで昇格。
昇格組としてセリエBでもここまで頑張っているようです。
以下はTorino、Sassuolo、Frosinone、Empoliが21pts、
Modenaが20pts、Brescia、GrossetoのセリエA昇格プレーオフ敗退組が18ptsで続くなど、
まだまだ相当な混戦模様を呈していますね。
得点ランクは、1位がFoot!でもインタビューをお届けした
TorinoのRolando Bianchiで11得点。
2位はバッジョとのコンビも懐かしい、BresciaのAndrea Caraccioloが8得点。
3位にはAnconaのSalvatore Mastronunzioが7得点で続いています。
また、こちらもシーズン頭の恒例、「あなた、ここで頑張ってたんですね!」は、
AlbinoLeffeにミランやサンプで活躍したDFのLuigi Sala
Ascoliにはアーセナル出身で、U-15以降イタリア年代別全代表のArturo Lupoli
Bresciaには中田と森本、2人の元チームメイトDavide Baiocco
Cesenaのゴールマウスを守るのは
ミラン、ローマなどに在籍した40歳のFrancesco Antonioli
毎回この企画に出てくるCristian Bucchiも加入しています。
Empoliには3度のレンタルの末、ようやく完全移籍となったLuca Saudati
Grossetoには、オーストラリア代表でキャプテンのCarl Valeriに、
若くしてヨーロッパに来たのになかなか芽が出ない、元チリ代表のMauricio Pinilla
LecceはさすがにセリエBの強豪だけあって、カカの弟Digão
元ウルグアイ代表でこのクラブにいるイメージが物凄く強いGuillermo Giacomazziも。
Regginaには名波さんがいた頃のベネツィアの主軸Sergio Volpi
中村俊輔在籍時からいる、点取れないFW・Emiliano Bonazzoli
ハマーズから戻ってきた主将David Di Michele
イタリア代表にも選出されていたAimo DianaがいるのはTorino。
Vicenzaには、柳沢敦とも小笠原満男ともチームメイトだったMarco Zanchi
中田のセリエデビュー戦でPKを蹴っちゃったAntonino Bernardiniも頑張ってます。
イタリアは日本人が在籍していたクラブも多いので、名前覚えてる選手も多いですねえ。

続いて、(イングランド・チャンピオンシップ)。レギュレーションはセリエBとまったく一緒です。
16節まで消化して、首位はNewcastleで33pts。2位は31ptsのWest Bromwich Albion。
やはり降格組が上位に食い込んできていますね。
3位から6位のプレーオフ圏内は全て27ptsの4チーム、
Cardiff City、Queens Park Rangers、Blackpool、Leicester Cityが追いかけます。
その他の注目クラブでいくと、
98/99以降プレミアから遠ざかっているNottingham Forestは25ptsの8位。
もう1つの降格組、Middlesbroughは24ptsで10位。
林くん獲得で話題を呼んだPlymouthは残留ギリギリの21位となっています。
得点ランクはMichael Chopraが11得点、
Peter Whittinghamが10得点とCardiffが1位2位独占。
3位がLeicester CityのMatty FryattとBristol CityのNicky Maynardで9得点。
今はCrystal PalaceのDarren Ambrose
Middlesbroughの俊英Adam Johnsonが8得点で追いかけています。
このリーグでも懐かしい顔を探し出すとキリがないんですけどやってみますと、
Bristol Cityには中村俊輔とセルティックでプレーしていたEvander Sno
33歳のトリニダード・トバゴ人ストライカーStern JohnはCrystal Palaceが新天地。
Derbyでは相変わらずRobbie Savageがキャプテン。
Doncaster Roversには39歳になった大御所GKのNeil Sullivan
元ユナイテッドで元南アフリカ代表のQuinton Fortuneが。
ロイ・キーンが指揮を執るIpswichには元イングランド代表GKのRichard Wright
Sunderlandから引き抜いたGrant Leadbitterの姿も。
降格したMiddlesbroughはまだまだ戦力十分。
Justin HoyteEmanuel PogatetzJérémie AliadièreSean St Ledger
Mohamed ShawkyMarcus BentDavid Wheaterと、まあ豪華です。
それはNewcastleも同様で、
Fabricio ColocciniPeter Løvenkrands
Jonás GutiérrezGeremiと各国代表がズラリ。
Kevin NolanJoey BartonAlan Smith
Shola Ameobiらイングランド人も軒並み残留。
この北部2クラブは下にいるような存在ではないですね。
PlymouthではBradley Wright-Phillipsがまたクラブを変えて燻り中。
Prestonには確固たるエースの座を掴んだ元リヴァプールのNeil Mellor
ReadingにはセルティックのCB・Darren O'Deaがローン移籍中。
Sheffield Unitedには常に英国圏をウロウロしているHenri Camaraに、
40歳ながら今シーズンの現役続行に意欲を燃やすGary Speed
Sheffield Wednesdayには元アーセナルのFrancis Jeffers
Swansea Cityはまず監督があのPaulo Sousa
選手では元セルティックのFW・Craig Beattieも在籍。
そしてRoberto Di Matteoを新監督に迎えたWest Bromwich Albionは
スロヴァキア代表のMarek Čech、イングランド代表候補のGK・Scott Carson
チリ代表のGonzalo Jaraと頭数揃っています。
まあまだ30試合ありますから、大きく順位が変わる可能性も十分でしょう。

最後は、(スペイン・セグンダディビシオン)
上位3チームが自動昇格。わかりやすい!
11節終了(暫定)時で、首位は23ptsのCartagena。Cartagena??どこ??
Cartagenaは1995年創設の新興クラブで、昨シーズンプレーオフを制して見事セグンダ昇格。
アーセナルやビジャレアルでプレーしていたフランス人DFのPascal Cygan
バジャドリーで城彰二とチームメイトだったVíctor
オサスナやビルバオで活躍したUnai Expósito
エスパニョールやチェルシーにも所属経験のあるEnrique de Lucasなど
今シーズン頭に結構な補強を敢行して、現在首位となっています。
2位はセグンダ生活も3シーズン目に突入した21ptsのReal Sociedad、
3位は昨シーズン3pts差で昇格を逃した、19ptsのHércules。
4位に17ptsでLevanteが入ると、5位から9位までの5クラブが16pts、
10位から14位までの5クラブも15ptsと、ハッキリ言ってまだまだ全然わかりません。
なお、無念の降格となったBetisは5位、すっかり1部で見なくなったRayo Vallecanoが6位、
昨シーズンも17位と苦しんだCeltaは降格圏の20位で、
そろそろ2部からもいなくなっちゃうかもしれませんねえ。
得点ランクは、Albaceteのウルグアイ人Christian Stuaniが8得点でトップ。
2位はFoot!の呪い継続中か?我々が2004年にインタビューして以来、
5チーム目のローン移籍先となるRayo Vallecanoに入ったRubén Castroが7得点。
同じく7得点で並んでいるのがCórdobaのPepe Díaz
6得点のMarco RubénはVillarreal B所属ですが、
アルゼンチン代表歴もあるストライカーです。
あとは、前述したCartagenaのVíctorも6得点挙げていました。
セグンダの「頑張ってるあの人たち」を見てみると、
Betisは主力の引き止めにあらかた成功。
Ricardo、ArzuSergio GarcíaMariano Pavone
David OdonkorAchille Emanaらはクラブに残留し、
バレンシアからはSunnyをローンで獲得しています。
Cádizにはエゲレス帰りのDiego Tristánが加入。
エル・クラシコでデビューしたMiguel PalancaはマドリーからCastellónにローン移籍。
デポルとスペイン代表のCBだったCésar Martínもここにいます。
凋落著しいCeltaには、今シーズンも平畠さんごヒイキのBorja Oubiñaが所属。
Gimnàsticには、シドニー五輪銀メダリストのJosé Mari
アラベスが長かったRubén Navarro、一見上手い風のMiguel Ángelも。
指宿くんで有名になったGironaの10番は、あのGerard López
他にもバルサから出されたGKのAlbert Jorqueraがいます。
ここ数シーズンで昇格争いの常連となったHérculesには
バルサB時代にかなりバルサTVでプッシュされてたCristianRodriが揃って所属。
バレンシア時代は大舞台に強いイメージがあったFrancisco Rufete
バレンシアやインテルでプレーしていたJavier Farinósなど充実の戦力です。
Las Palmasには元ビジャレアルのJosico、ラシンの元エースJavi Guerrero
スペイン代表キャップも持つAntonio Guayreも。
Murciaではいわゆる“パボネス”の1人、Álvaro Mejíaがキャプテンに就任。
Numanciaにはビルバオから完全移籍してきたGKのIñaki Lafuente
スキンヘッドJosé María MovillaはRayo Vallecanoへ。
Real Sociedadには、チリ代表の正GK・Claudio Bravoが在籍4シーズン目。
重鎮のキャプテンMikel Aranburuも当然プレー。
元ウルグアイ代表ストライカーのCarlos Buenoもローンで加わってます。
あと、10番はXabi Prietoですよ。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。
いやあ、2部もやっぱり奥が深いですねえ。
古豪が復活の兆しを見せれば、新興勢力もちゃんと登場してきて
毎年熱い戦いを繰り広げているわけです。
また、折に触れて弐部事情をご紹介していきますね。
写真はDiego Tristánが暮らし始めたCádizの街並み。
Cadiz Diego.JPG
AD土屋



この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

佳境も佳境~世界切符争奪バトル~

  • 2009年10月13日 16:44
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよワールドカップ予選も大詰め。
欧州、南米、アフリカ、北中米カリブ海ともあと1節を残すばかりとなりました。
ここは明日の開催を前に一覧でまとめとかなくてはと思って、
ちょっとそれをやっておきたいと思います。

(欧州予選)
【グループ1】
デンマーク(21pts)がW杯出場決定。
プレーオフ枠をポルトガル、スウェーデン、ハンガリーが争う。
ポルトガル(16pts)はホームでマルタ、スウェーデン(15pts)はホームでアルバニア、
ハンガリー(13pts)はアウェイでデンマークと対戦。
【グループ2】
スイス(20pts)、ギリシャ(17pts)がストレートインを争う。
スイスのプレーオフ出場権以上は確定。
スイスはホームでイスラエル、ギリシャはホームでルクセンブルクと対戦。
イスラエル(15pts)もスイスに勝利し、かつギリシャが敗れればプレーオフ進出へ。
【グループ3】
スロヴァキア(19pts)、スロヴェニア(17pts)にチェコ(15pts)が続く。
スロヴァキアのプレーオフ出場権以上は確定。
スロヴァキアはアウェイでポーランド、スロヴェニアはアウェイでサンマリノ、
チェコはホームで北アイルランドと対戦。
サンマリノが圧倒的最下位ということを考慮すると
チェコのW杯出場は限りなく厳しい状況に。
【グループ4】
ドイツ(25pts)がW杯出場決定。
ロシア(21pts)がプレーオフ進出決定。
【グループ5】
スペイン(27pts)がW杯出場決定。
ボスニア・ヘルツェゴビナ(19pts)がプレーオフ進出決定。
【グループ6】
イングランド(24pts)がW杯出場決定。
プレーオフ枠はウクライナ(18pts)とクロアチア(17pts)の一騎打ちに。
ウクライナはアウェイでアンドラ、クロアチアはアウェイでカザフスタンと対戦。
アンドラがここまで全敗の最下位ということでクロアチアは風前の灯。
10日にウクライナがホームでイングランドに勝ったのが予想外だったか。
【グループ7】
セルビア(22pts)がW杯出場決定。
フランス(18pts)がプレーオフ進出決定。
【グループ8】
イタリア(21pts)がW杯出場決定。
アイルランド(17pts)がプレーオフ進出決定。
【グループ9】
オランダ(24pts)がW杯出場決定。
ノルウェー(10pts)がグループ1の結果待ち。
※グループ9は5カ国による開催なので、他のグループは全日程終了後、
そのグループの最下位となった国との対戦を除外した成績が比較対象となる。
現在、ノルウェー(10pts、得失点差+2)が成績で上回る可能性があるのは
グループ1の2位にポルトガルが負けてスウェーデンが引き分けて入った場合のみ。
これにはポルトガルの4点差以上での負けが必要条件となる。可能性は薄い。

(北中米カリブ海予選)
アメリカメキシコがW杯出場決定。
残るストレートインの1枠をコスタリカ(15pts)、ホンジュラス(13pts)が争う。
共にプレーオフ出場権以上は確定。
コスタリカはアウェイでアメリカ、ホンジュラスはアウェイでエルサルバドルと対戦。
ちょっと読めません。ちなみにホンジュラスが出場すれば28年ぶり2回目。

(アフリカ予選) ※最終戦は11月14日
【グループA】
カメルーン(10pts)、ガボン(9pts)の一騎打ちに。
カメルーンはアウェイでモロッコ、ガボンはアウェイでトーゴと対戦。
最終戦を待たずに脱落したトーゴ(5pts)、モロッコ(3pts)が意地を見せるか。
ちなみにガボンの監督はアラン・ジレス。FWにはクザン(ハル・シティ)を擁している。
【グループB】
チュニジア(11pts)、ナイジェリア(9pts)の一騎打ちに。
チュニジアはアウェイでモザンビーク、ナイジェリアはアウェイでケニアと対戦。
【グループC】
アルジェリア(13pts)が限りなくW杯に近いが、エジプト(10pts)も追いすがる。
最終戦はエジプトホームでの直接対決。熱過ぎる!
両者の得失点差はアルジェリアが4点のアドバンテージ。
共に20年以上W杯から遠ざかっているので凄い試合になりそう。
【グループD】
ガーナがW杯出場決定。
【グループE】
コートジボワールがW杯出場決定。


(南米予選)
ブラジルパラグアイチリがW杯出場決定。
数字上はベネズエラ(21pts)にもプレーオフ出場の可能性は残るが、ほぼゼロに近い状況。
アルゼンチン(25pts)、ウルグアイ(24pts)、エクアドル(23pts)と3カ国に
ストレートイン、プレーオフ出場の可能性がある最終戦となった。
もうご存知の通り、ウルグアイとアルゼンチンはウルグアイホームで直接対決。
エクアドルはアウェイで、W杯出場は決めたものの監督がアルゼンチン人のチリと対戦。
ウルグアイとアルゼンチンは、勝者がそのままW杯へ。
エクアドルは引き分けだと、ウルグアイが12点差以上で負けない限り逆転はなし。
勝った場合でも、4位に入るにはアルゼンチンのドローと自らの5点差以上での勝利が必要。
願うのはアルゼンチンの勝利という所が現実的か。

(アジア・オセアニア大陸間プレーオフ)
初戦はバーレーンホームで0-0。ニュージーランドは悪くない結果を得た。
第2戦は11月14日に首都・ウェリントンで行われる。
なお、アジアからはオーストラリア日本韓国北朝鮮のW杯出場が決定している。

ということで太字がW杯出場決定国なので現時点で18カ国が決まったんですね。
総合すると明日の注目カードは
ポルトガル×マルタ、イスラエル×スイス、ポーランド×スロヴァキア、
アンドラ×ウクライナ、アメリカ×コスタリカ、ウルグアイ×アルゼンチンでしょうか。
いやはや、楽しみ過ぎます。
写真はこちらも風前の灯火、スウェーデンの夕景。
Sweden yugata.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

Foot!10周年記念Tシャツ、予約受付中なんです。

  • 2009年09月28日 18:59
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

9/11と9/18の放送内でも告知した通り、
Foot!の10周年記念ヴァージョン!というか、
まあ今シーズンのFoot!Tシャツの予約を現在受け付けております。
(ホワイト、前面)
WHITE FRONT.JPG
(ホワイト、前面、ロゴ)
WHITE LOGO.JPG
(ホワイト、背面)
WHITE BACK.JPG
(ホワイト、背面、ロゴ)
WHITE BACK LOGO.JPG
(ネイビー、前面)
NAVY FRONT.JPG
(ネイビー、前面、ロゴ)
NAVY LOGO.JPG
(ネイビー、背面)
NAVY BACK.JPG
(ネイビー、背面、ロゴ)
NAVY BACK LOGO.JPG

気になる価格は税込みで3990円。
色は上記の通り、ホワイトとネイビー(ネイヴィー?)の2種類。
サイズは150、S、M、L、XLとなっております。
予約受付は10月7日(水)まで。発送は10月下旬を予定しております。
一緒に携帯ストラップ(かなり大きめですが…)も予約受付しておりますので
興味のある方はJ SPORTS online shop↓
http://shop.jsports.co.jp/
までアクセスしてみて下さい。宜しくお願いいたします。

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

オランダ×日本雑感

  • 2009年09月05日 23:23
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

時系列になってます。

(試合前)
・エンスヘーデでマクラーレンとウィルクシャーに話聞いたなあ
・デ・アゴスティーニ儲かってんなあ
・スタメンは川島もいいけどたぶんGK以外は監督の考える現状のベスト
・まだフリットかいな
・エフシートゥヴェンテスタジオになったんだ
(前半)
・川島の配色はちょっと…
・でもダイビングヘッドでのクリアはさすが
・シンジオノ!
・ファン・マル・バイクの顔色!
・ロッベン×内田はなかなか好勝負
・苛立ち見えてるかはわからないけどスナイデルのタックルは悪質
・オランダちょっとよくないなあ
(後半)
・長友はクロスじゃなくて明らかにシュート打ったと思う
・「ウォーイ」ってのを聞くとちょっと心臓に悪い
・FKの際に起こった「ホンダ」コールはちょっと興味深い
・あら、ゲリラ豪雨だ
・凱旋のエリアは噂通りよさそう
・ハンドかどうかはわかんないけどエリアをエリアでフリーにしたことが問題
・スナイデルもやっぱり一撃は相変わらず持ってることを証明
・右足で蹴ってるんだから痛めたのは立ち足じゃないんじゃ…
・日本は70分過ぎからは相当全体の運動量が落ちてしまった
・日本は残念ながら交替選手が機能しなかった
・エリアはワールドカップまでにレギュラーまで行くかなあ HSVもチェックしないと
・何で交替枠が4つも残ってるの?あえてだろうか
・サンドニの時のような雰囲気はあるがそれより現状は厳しいか
・最後までオランダの“本気”は引き出せなかった感はある
(試合後)
・ああ、あのインタビューしてる場所通ったあ!
・香椎由宇の弾けた姿が見られるのはこのCMだけ
・真矢みき見たら鬼奴思い出した

エリア、去年行った時に話聞いとけばよかったなあ…
写真はスタジアム内のロッカールーム。
今日はオランダと日本、どっちが使ったんでしょう。
Twente.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (7) | トラックバック (0) | ページトップ

開幕前夜

  • 2009年08月20日 23:56
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよ明日から10周年を迎える09/10シーズンのFoot!が開幕します。
新しいオープニングVTR、
新しいオープニングテーマ、
新しいスタジオのバーチャルセットもすべて完成。
ようやく帰国直後から3日間根詰めて編集したVTR作成も終わり
あとは収録を待つだけとなりました。
皆さんはFoot!のなかった2ヵ月あまりを長く感じているでしょうか。
それともあっという間だなあと感じているでしょうか。

さて、そんな09/10シーズンです。
10周年だから!という意気込みは確かに我々にもありますが、
10周年だから!と意気込みすぎるのも我々っぽくない気もしますし
10周年だからこそ改めて見つめ直すモノも多々あると思います。

“Foot!らしさ”という皆さんから支持されているスタンスを崩すことなく、
ただ、その“Foot!らしさ”という言葉に甘えることなく、
より“Foot!らしさ”というものを追求していくことが大事かなあと。

果たしてどんなシーズンになるのか、我々も非常に大きな期待感を抱いています。
まずは明日、サッカーの母国イングランドと倉敷保雄の邂逅をお楽しみに!
Holmes.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (9) | トラックバック (0) | ページトップ

Jクラブへの挑戦権

  • 2009年08月19日 21:15
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年の天皇杯は2回戦からJリーグ勢が登場。
実際に出場しているのはほとんどがアマチュアクラブだけあって
例年以上にモチベーション高く望むクラブの多い大会になるかもしれません。
全てではありませんが、J強豪クラブのホームに乗り込む可能性のある
都道府県の状況を一部ご紹介しましょう。

①鹿島アントラーズ@カシマスタジアム
群馬県代表×山梨県代表の勝者が対戦。
(群馬)
高校総体で悲願の全国初優勝を遂げた前橋育英tonan前橋が準決勝。
勝者がスーパーシードのアルテ高崎と決勝で激突。
(山梨)
準決勝は高校総体県代表の日本航空FC甲運
昨年4連覇を阻まれた韮崎アストロスヴァンフォーレユースの対戦。
②ヴィッセル神戸@ホームズスタジアム神戸
神奈川県代表×千葉県代表の勝者が対戦。
(神奈川)
準決勝は桐蔭横浜大×東海大厚木マーカス×神奈川大と大学が3チーム。
注目のSC相模原は決勝トーナメント初戦で桐蔭横浜大に2-1で敗れる。
(千葉)
関東2部のS.A.I市原ジェフユースのある種市原ダービー、
順天堂大明海大の大学対決が準決勝。
③ガンバ大阪@万博競技場
茨城県代表×山形県代表の勝者が対戦。
(茨城)
現状で6チームに可能性。流通経済大筑波大鹿島ユースの勝者が挑む。
場合によっては流経とクラブ・ドラゴンズの決勝になる可能性も。
(山形)
決勝は山形大と県リーグに所属するFCパラフレンチ米沢
④川崎フロンターレ@等々力陸上競技場
岡山県代表×山口県代表の勝者が対戦。
(岡山)
準決勝はJFLの三菱水島FCと吉備国際大学の社会人登録チーム“工華”、
吉備国際大学と亘さんの古巣・新日本石油精製水島という対戦。吉備国際ダービーも。
(山口)
日立笠戸×レノファ山口FC宇部YAHHH-MAN×山口合同ガスの準決勝。
なお、山口合同ガス以外の3チームはいずれも中国リーグに参加している。
⑤FC東京@味の素スタジアム
香川県代表×鳥取県代表の勝者が対戦。
(香川)
羽中田さんのカマタマーレ讃岐が鉄板か。準決勝は高松商業と対戦。
もう一方は香川西と四国リーグ所属の南クラブ
(鳥取)
以前もここでご紹介した元気SCSC鳥取ドリームスがとりぎんバードで決勝。
FC東京×元気SCというのも字面的にはいい感じ。

この太字のどこかがJクラブを食っちゃうかもしれません。ロマンは広がりますねえ。
また来週辺りに続きをやろうかなあと思ってます。
写真はカマタマーレ讃岐の練習風景。
sanuki0819.JPG

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

帰国しました。

  • 2009年08月17日 23:51
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

帰国しました。
明日から3日間怒涛の編集頑張ります。

Portsmouth
portsmouth.jpg
London
LOndon.jpg
Eastbourne
Eastbourn.jpg

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くイングランド紀行(4)Football is not a matter of life and death. It's much more important than that.

  • 2009年08月15日 12:51
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

この人を見た時、一瞬危ない人かと思いました。
近付いてきたら思わずよけてしまうかもしれません@Sunderland
Sunderland1.jpg

ジョン・トラボルタとその仲間たちではありません。
クラブ史に残る本物の歴史的トリオです@Manchester
United1.jpg

一見バスケ部の顧問風ですが
この人もとんでもないレジェンドです@Manchester
United2.jpg

「バンザイ、なしよ」という声が聞こえてきそうな手の上げっぷり。
でもこの人もクラブに多大な貢献を果たしたオーナーでした@Blackburn
Rovers1.jpg

「おい、鬼太郎」的な@Stoke-on-Trent
kitaro.jpg

Football is not a matter of life and death.
It's much more important than that@Liverpool
Liverpool1.jpg

胸トラの達人@London
この人だけフットボール関係ありません。
mune trap.jpg

色々な所に行ってきました。
どうぞ放送をお楽しみに!

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くイングランド紀行(3)光の射す方へ~33年越しの刺客~

  • 2009年08月14日 14:45
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昇格組の中でも個人的に特に注目したいのはバーンリー。
昨シーズン、得点の多さは優勝したウルヴスに次ぐ2位だったものの
失点も降格した3クラブを含めて下から7番目の多さという豪快そうな成績。
3位には4ポイント離され、7位とはたった2ポイント差の5位でプレーオフへ。
レディングを倒して迎えたウェンブリーでのプレーオフファイナルも
シェフィールド・ユナイテッドを1-0で下して、プレミアリーグになってからは初昇格。
今シーズンは実に1976年以来、33年ぶりのトップリーグになります。
ちなみに一昨シーズンは13位だったのに、一気に5位へとジャンプアップして昇格
という意味では、前シーズンの15位から3位へと大躍進して昇格したハルに
ちょっとノリ的には似ているかもしれませんね。
Burnley1.jpg
写真のように、彼らのホームスタジアム“Turf Moor”もこじんまりしたいい感じ。
8月19日のホーム開幕戦を前に、急ピッチって雰囲気はたいしてなかったですけど
まあ色々と整備をしている様子は何となく窺えました。
ちなみに相手は、あのマンチェスター・ユナイテッドです。
Burnley2.jpg
そしてここを率いているのが
スコットランド生まれで元アイルランド代表のOwen Coyle、43歳。
2005年から2シーズンは、昨年東本さんと観戦したスコティッシュFAカップ準決勝で
レンジャーズ相手に惜しくPK戦で敗れたセント・ジョンストン(スコットランド2部)にて
プレイヤーマネージャーとして活躍。
2007/2008シーズンからバーンリーを率いて2シーズンで
プレミア昇格へと導いた新進気鋭の監督さん。
もはやすっかりクラブの救世主的な存在のようですね。
Owen.jpg
なお、昨シーズンのバーンリーはカップ戦に強さを発揮。
特にカーリングカップではフラム、チェルシー、アーセナルとロンドン勢を次々撃破。
準決勝でもやはりロンドンのトテナムに1st-Legを1-4で落としておきながら
2nd-Legを3-0で制して延長へ。アウェイゴールでそのまま行けば決勝進出という
118分の失点で力尽きましたが、強烈なインパクトを残してくれました。
J SPORTSをご覧の皆さんの中にも覚えている方は多いんじゃないかなあ。
FAカップのアーセナル戦も放送されてましたしね。
昨シーズンはピンポイントでしか見られなかったそんなバーンリーも
今シーズンはきっとたくさん見られることでしょう。
とりあえず開幕戦は15日(土)22:54よりストークとのアウェイゲームを
J sports ESPNでライブ放送!
続いてホーム開幕のユナイテッド戦も19日(水)27:39より
J sports Plusでライブ放送!
1週置いて29日(土)20:39よりチェルシーとのアウェイゲームも
J sports 2でライブ放送!
なんと8月は3試合をライブ放送でお届けできるようです。
バーンリー見るならJ SPORTSで!!
写真は15日の舞台、Britannia Stadiumで躍動しているレジェンド。
Stoke.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

お久しぶりです。

  • 2009年08月13日 14:30
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

久しぶりの登場です。
デスクのエリです。
皆さま夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
いよいよ新しいシーズンが始まりますね!
オフシーズンは手が空いていたので、
普段あまりできない片付けなどをしていました。
時間がありすぎるなぁなんて思っていたのですが、
過ぎてしまえばあっという間でした。
4月からデスクとして働き始め、少し慣れたと思ったら
すぐオフシーズンだったので、仕事を忘れかけている気がします…。
約2ヶ月デスク周りが閑散としていたのですが、
今週に入り、人が増えてきてなんだかそわそわします。

そういえば、先日北海道旅行に行ってきました。
大自然を眺めていたら、心が洗われました。
美瑛①.BMP
美瑛⑧.BMP
美瑛⑤.BMP
美瑛②.BMP
支笏湖②.BMP

小さいことを気にしていてもしょうがないですね。
わかちこわかちこです。

もっと素直にもっと自由に生きて行きたいです。
カピバラ.BMP

今シーズンもよろしくお願いいたします。

まつお

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くイングランド紀行(2)髭男爵の誘惑~開けたら最後、いや、取ったら最後~

  • 2009年08月12日 09:28
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ロンドンの次にやって来たのはバーミンガム。
人口で言うとイギリス第2の都市ですが、あまりそんな印象は受けず。
ちょっと言葉は悪いかもしれませんがうらぶれている感すらあります。
そんなバーミンガムといえばやはり行くのはここ。
Aston Villa1.jpg
そう、アストンヴィラのホームスタジアムであるヴィラ・パークです。
まあとにかく雰囲気は最高。歴史をひしひしと感じさせてくれる建築具合。
ちょっと感動すら覚えるような我々一行でした。
スタンドの下を道路が普通に通ってたりもしていましたよ。
Aston Villa2.jpg
ここは番組でもゆっくりご紹介できると思うのでお楽しみに!
さて、今日はそんなバーミンガムのホテルでの出来事を。
部屋の戸棚にですね、プリングルスが置いてあったんです。
(正確に発音すると“プリングルズ”らしいですけど、ここではプリングルスで)
他にもコーヒーメーカーや紅茶のティーバッグも置いてあって
「いや~、実にサービスが行き届いてるなあ」なんて思ったりして。
その中でもちょっと目を付けていたのはプリングルスでした。
バーミンガムには1泊だったので、なかなか手を出さずにいたんですけど
一夜を共に過ごし、いよいよ出発という段になって名残惜しくなったんですね。
「やっぱり連れて行こう」と結局スーツケースの中に放り込み、
しばらく一緒に旅を続けることを選択したんです。
それがまさかの事態を呼び起こすことになるなんて知る由もなく。

チェックアウトを済ませると、同行している田口Pが呼んでます。
(田口P)「マサシ~、精算してくれや~」
(AD土屋)(はあ?精算?田口さんまとめてやってくれてたじゃん)「はい?」
(田口P)「なんか飲んだか食ったろ」
(AD土屋)(はあ?飲んでないし食ってないし…)「いや、何ですかねえ?」
(田口P)「はい、レシート」
そこに記載されていたのはこれでした。

11.08.09 Mini Bar #521:Pringles 2.50GBP

お~い、あんな無造作に置いてあったのに有料かよ… 
しかも2.50ポンドってどういうことだよ…
ミディアム缶じゃなくてスモール缶だったくせに…
まさかのボ○タクリプリングルス、バーミンガムに降臨。
ミニバー絡みは自己負担のため、腑に落ちないまま2.50ポンドをホテルに奉納。
次の宿泊先のホテルに着くや否や、とっととお腹の中に供養してやりましたよ。
どうもセンサーが付いていて、プリングルスを持ち上げたら
きっちり課金されるシステムだったそうで。
ピックアップからチェックアウトまで、その間約5分程度。しっかりしてます。
皆さんにもいつ降りかかるかわからない食いしん坊ミス。十分お気を付け下さい。
ただ、プリングルス自体に罪はないので美味しく頂いたことは間違いないんですけど。
pringles.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

倉敷さんと行くイングランド紀行(1)ナポリを見て死ね~まあまあ死ななくても…~

  • 2009年08月11日 11:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ということで、倉敷さんを日本から連れ出しイングランドに来ています。
まずはコミュニティ・シールドを見に行った所からご紹介しましたが
まあロンドンに来たなら、育成型のビッグクラブやロシアンマネー型ビッグクラブ、
いくつか強いクラブもありますけど、やはり昨シーズンはロンドン最下位という
憂き目を見たものの、伝統あるあのクラブにも行かなきゃだろ~と考え、
訪れたのはBoleyn Ground。俗に言う“アップトンパーク”ってヤツです。
hammer 1.jpg
ウェストハムが生んだ最大のスターと言えば、
やはりイングランドにこれまで唯一のワールドカップをもたらした
1966年地元開催時のキャプテンであるボビー・ムーア。
当然スタジアムには彼の名をあしらったスタンドも。
hammer 2.jpg
右下にいるヨッパライ集団に占拠はされていましたが、
スタジアム近くにある銅像にもやはりボビー・ムーアの姿が。
(ヨッパライに気を取られたか、交通事故も発生してました)
ちなみにこの銅像4兄弟風は
1966年決勝の対西ドイツ戦でいまだに論争となることもあるくらい有名な
決勝ゴールを含んでハットトリックをかましたジェフ・ハースト、
ハーストの陰に隠れがちながら1966年決勝で一時は勝ち越しゴールとなる
一発をぶちこんでいるマーティン・ピータース、
そしてボビー・ムーアというウェストハム3人衆プラス
1966年のイングランド代表最年長だったエヴァートンのレイ・ウィルソン。
いわゆる往年のファンにはたまらないカルテットといった所でしょうか。
hammer 3.jpg
まあ何にもイベントがないのにヨッパライが集団発生するはずもなく、
全然知らずにスタジアムに行ったんですけど、この日はプレシーズンマッチ開催デー。
開幕1週間前とあってかなりのサポーターが大挙してスタジアムに押し寄せてました。
それはあまりのごった返しにグッズショップ見るのを諦めるくらい。
いよいよ始まるシーズンへの期待感をヒシヒシと感じる光景でしたねえ。
対戦相手はどこだろうねえなんて話していると、
徐々に目立ち始めたのはジローラモ的な伊達男。つまりイタリア的な。
そしてこんなユニを着てるサポもいました。“10 MARADONA”。
そう、この日はウェストハム対ナポリのプレシーズンマッチだったんです。
で、そのナポリサポーターがまあそれはそれは気合い入りまくり。
hammer 4.jpg
統一感溢れる歌声、というより叫び声でチャントを熱唱。
突き上げる拳。浮き上がる血管。その数、150人ほど。
横断幕にも書いてありますがいつも“CURVA”で叫びまくってる人たちなんでしょう。
止まって叫んで、移動して叫んで。いやあ、凄かったっす。
そしてそれをニコニコ笑って写真撮ってるウェストハムサポっていう。
人数は全然違うのに正直ナポリサポの方が試合前は圧勝でしたね。
それがアップトンパークで一番印象に残った出来事でした。
むしろ、スタディオ・サン・パオロにちょっと行きたくなっちゃいましたよ。
ちなみに、このプレシーズンマッチはボビー・ムーアカップというタイトル。
ゲームもサポの勢いそのままにクアリャレッラの一発でナポリが勝ったそうです。
なお、ボビー・ムーアはウェンブリーでもこんな感じで周囲に目を光らせてました。
いやあ、“ボビー・ムーア”が単語の予測機能に入っちゃうくらいよく出てくる文章でしたね。
moore we.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

空想旅行~メキシコ編②~

  • 2009年08月09日 15:29
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

AD土屋はイングランドを満喫しているようですねぇ。
こっちは空想ですけど、留守番組も負けてはいられません。
おなじみ『ミステル・アメリカ』の故郷、メキシコ編の第2弾。

トルーカ.JPG
”ドクトール”ペケルマンを訪ねた『トルーカ』の町。標高およそ2700m

アステカ.JPG
亘さんが伝説の『エア・マラドーナ5人抜き』を披露してくれた
聖地『アステカ・スタジアム』

wata.JPG
まさかこのピッチに立てる日が来るなんて・・・

ルチャ.JPG
コレを見るだけでもメキシコに行く価値あり。本場の『ルチャ・リブレ』

ルチャ2.JPG
会場も満員でスゴイ盛り上がりでした。
この時は『ミステル・アメリカ』は見かけませんでしたね・・・

お店.JPG
出店もアツい。こちらはTシャツ

マスク.JPG
僕もマスクをゴッソリ買いました。


写真を見てるだけでまた行きたくなります。
そろそろ南米にも行きたいですねぇ。

石神

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

空想旅行~メキシコ編①~

  • 2009年08月07日 10:25
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよお盆休みも本番ですが、今回の空想旅行はメキシコ。
テキーラとタコスでも食べながら見てもらえると雰囲気が出るかもです。

サボテン.JPG
サボテン。町中には生えてません。

テオティワカン.JPG
世界遺産『テオティワカン』。紀元前2世紀~6世紀に存在した
巨大宗教都市で『テオティワカン』とは『神々の都市』という意味。

太陽.JPG
僕が頂上でプチ高山病でぶっ倒れかけた『太陽のピラミッド』

太陽2.JPG
空気薄いのにみんな登ります。

上.JPG
頂上からの眺め

死者の大通り.JPG
『月のピラミッド』へ続く『死者の大通り』

月.JPG
『月のピラミッド』


メキシコシティの標高は2000m超。
今でもあの高山病の忌まわしき思い出がよみがえってきます。
高地をナメちゃいけません。

石神

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

○○さんと行く○○紀行~予告編~

  • 2009年08月06日 12:08
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日予告した通り、現地に着いたんですけど
ちょっといきなり個人的幸福が機内で訪れたのでまずはそれからご紹介。

基本、フライトの2時間前までには空港に到着というのが1つのルール。
ただ、ちょっと海外ロケにも免疫のできてきた私は
怠惰にも本当にジャスト2時間前に到着。それからチェックインとなりました。
実は先日、旅行会社の方に座席指定ができるのかどうかお尋ねした所、
「ちょっとできなかったので空港でお願いします」との旨、伝えられており
希望の通路側は難しいかなあ、と半ば諦めながらチェックイン手続きしてると、
付き添ってくれてた係のオネエサンが一言。
(オネエサン)「えー、満席になっていますのであっぷぐれいどになりますね」
(私)「(あっぷぐれいど??)はあ」
(オネエサン)「座席もこれしかないんですけど…」
(私)「(通路側空いてるじゃん)じゃあここで」
(オネエサン)「かしこまりました」
座席決まりました。通路側だし、言うことないじゃんと。
ただ、あっぷぐれいどって何でしたっけ?
あっぷぐれいど。あっぷぐれいど。あ!!アップグレイド!
そう、まさかのチェックインが遅かったことが奏功し、
エコノミーからビジネスへの“アップグレード”が成立してたんです。
これぞ、“棚からぼた餅”。いや、“棚から唐揚げ”クラス!
軽い緊張感と共に、機内へと乗り込むことにあいなりました。

「スペース広過ぎるだろ~」という、銀河系時代のマケレレが思ってそうな
フレーズが座席を見た第一印象。中でもビックリしたのはこれです。
zaseki.jpg
なんか、シートに施せるさまざまな仕掛け多過ぎ。
シートの上下はもはや初歩中の初歩。
ワンタッチでレッグレストが浮上し、もうワンタッチでフットレストも浮上。
リクライニングの角度は130度までで調節可能。
さらに、ランバーなる腰に負担を与えないようなエアバッグ機能も完備。
しかもなんか20分間作動の低刺激まで味わえるらしんです。このランバー。
到着まで大して使いこなせずに終わったのは言うまでもありません。

さらに座席1つで既にビビッていた私にさらなる刺客が。それは食事。
なんか青いテーブルクロスは敷かれちゃうし、グラスに入ったお水まで出てくる始末。
アップルジュースを頼んでも、ガラスのグラスでご登場。
そしてメニューを見て、またビックリ。
menu.jpg
和食か洋食かはエコノミーでもチョイスできますけど、
特筆すべきは機内食にもかかわらずメニューに“前菜として”って書いてあったこと。
前菜ですか。なんか披露宴での食事みたいだなあと。しかも書いてあったのは
“舌平目と赤ピーマンのテリーヌ
ハーブ風味のソース
フレッシュガーデンサラダとともに”
ますます披露宴での食事みたいな長ったらしいタイトル。
後半は具体性に欠けるイメージフレーズ満載。
“とともに”とか普通なかなか言わないですからねえ。
まあ、ハッキリ言って私、舌平目とかたぶん苦手なんですけど
なんか雰囲気で食べちゃった感じでした。
メインディッシュは3種類の中から
“牛フィレ肉のステーキ 青葱風味 古酒のソース”を。
まあ、牛は美味しく頂いたんですけど、なんかフライ的なものが添えてあり。
口に入れても何だかわからずじまいで。まあややスカスカ気味で。
その古酒のソースってやつを塗りたくって食べたんです。
その時は雰囲気で「うーん、ちょっとスカスカ気味だけど食べれるなあ」と思って
2つを完食しましたけど、冷静になった今なら何だかわかります。
あのスカスカ感は、間違いなく私がどんな調理をしても食べたくない、
納豆と双璧をなすレベルでのワーストフード、“おナス”でしたね、ありゃ。
マーボーだろうと田楽だろうと漬物だろうと焼きだろうと
日本にいたら絶対に口をつけない、あのスカスカ野郎を
いとも簡単に摂取させてしまったビジネスクラス、恐るべし。

あと、ビデオプログラムの豊富さも感動を呼ぶ1つだった中、
個人的ヒットは機内に同乗している人がナレーションしているプログラムが
普通に上映されていたことでした。
mundial.jpg
ナシオナル(ウルグアイ)の復活、ブルガリアのソフィアダービー他という
激シブ企画を、同乗している人が涼やかに話していました。
ああ、あと「おっぱいバレー」も見ましたけどね。泣けますよ。

まあ他にも水引ストラップを頂いたり、いつでも軽食頼み放題だったり
添乗員のお姉さんが自分の名前を把握していたりと、
驚くポイントはいっぱいありましたけど、
結局、雰囲気に飲まれておナスを食べちゃう辺りに
まだ自分にとってビジネスは時期尚早だったという結論に達しました。
次もこういう機会あって、気付かずにお納豆でも食べさせられたらたまんないし。

ああ、どこに来たかを書くスペースがなくなっちゃったよ…
こんなん走ってます。詳しくはまた。
bus1.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (6) | トラックバック (0) | ページトップ

旅立ちの朝

  • 2009年08月05日 06:44
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

Foot!の再開も21日に迫ってきました。
そろそろロケにでも行って来ないといけませんね。
ということでそろそろロケに行って来ます。
まさに今から出発です。
今回はどんな旅になるのやら。
明日には目的地に着いている事でしょうから
現地から何らかの更新をするつもりです。
それじゃあいってきま~す。
写真は去年の目的地のメイン的な。
Fusha.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~8月1週~

  • 2009年08月04日 19:33
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回から8月1週までの主な移籍をまとめてみました。

Samuel Eto'o 1981・3・10 Cameroon
Barcelona(ESP)→Inter(ITA)
Valeri Bojinov 1986・2・15 Bulgaria
Manchester City(ENG)→Parma(ITA) ※Loan
Christian Panucci 1973・4・12 Italy
Roma(ITA)→Parma(ITA)
Alberto Zapater 1985・6・13 Spain
Zaragoza(ESP)→Genoa(ITA)
Pablo Amo 1978・1・15 Spain
Deportivo La Coruña(ESP)→Zaragoza(ESP)
Zlatan Ibrahimović 1981・10・3 Sweden
Inter(ITA)→Barcelona(ESP)
Álvaro Arbeloa 1983・1・17 Spain
Liverpool(ENG)→Real Madrid(ESP)
Franco Di Santo 1989・4・7 Argentina
Chelsea(ENG)→Blackburn(ENG) ※Loan
Peter Crouch 1981・1・30 England
Portsmouth(ENG)→Tottenham(ENG)
Kolo Touré 1981・3・19 Côte d'Ivoire
Arsenal(ENG)→Manchester City(ENG)
Steve Finnan 1976・4・24 Ireland
Espanyol(ESP)→Portsmouth(ENG)
Aliaksandr Hleb 1981・5・1 Belarus
Barcelona(ESP)→Stuttgart(GER)
Pavel Pogrebnyak 1983・11・8 Russia
Zenit Saint Petersburg(RUS)→Stuttgart(GER)
David Rozehnal 1980・7・5 Czech Republic
Lazio(ITA)→Hamburger SV(GER)
Dmitri Bulykin 1979・11・20 Russia
Anderlecht(BEL)→Fortuna Düsseldorf(GER)
Obafemi Martins 1984・10・28 Nigeria
Newcastle(ENG)→Wolfsburg(GER)
Bafétimbi Gomis 1985・8・6 France
Saint-Étienne(FRA)→Lyon(FRA)
Gabriel Heinze 1978・4・19 Argentina
Real Madrid(ESP)→Marseille(FRA)
Keirrison 1988・12・3 Brazil
Barcelona(ESP)→Benfica(POR) ※Loan
Hugo Viana 1983・1・15 Portugal
Valencia(ESP)→Braga(POR) ※Loan
Elano 1981・6・14 Brazil
Manchester City(ENG)→Galatasaray(TUR)
Wilson Oruma 1976・12・30 Nigeria
Guingamp(FRA)→AO Kavala(GRE)
Alessandro Rosina 1984・1・31 Italy
Torino(ITA)→Zenit Saint Petersburg(RUS)
Mido 1983・1・23 Egypt
Middlesbrough(ENG)→El Zamalek(EZP) ※Loan

1981年生まれの大物に動きの多い週でした。
Bojinov、Bulykin、Hugo Vianaらの
明らかに頑張らないと次はないんじゃない組、頑張って下さい。
今週、個人的に心を揺さぶられたのはWilson Orumaですかね。
93年U-17、96年アトランタ五輪、98年フランスW杯と
順調にキャリアを積み上げたナイジェリアン。
彼は98年W杯のPanini製ステッカーがダブりまくったので覚えてます。
リーグ・ドゥを経て、行き着いたのはギリシャの1部昇格クラブ。
なぜかディナモ・キエフにいたRincónもチームメイト。
ちょっとAO Kavalaという名前、気にしてみたいと思います。
写真はGomisもMatsuiもいなくなった
サンテのスタジアム、Stade Geoffroy-Guichard。
Gomis Matsui.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

世界のオブジェから

  • 2009年08月03日 17:38
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

世界には至るところに何らかの意味がありそうなオブジェがたくさんあります。
今回は石神画伯の企画をちょっとパクッた感じで
世界のオブジェシリーズをお送りしますね。

cadiz nazo.JPG
Cádiz・謎のおっさん

HAARMS.JPG
Amsterdam・亀仙人BOBBY HAARMS像

rikujyo.JPG
Twente・ハードルの人(たぶん)

Malmo100.JPG
Malmö・なんかの王様(たぶん)
ikatsui.JPG
Edinburgh・いかつい軍人風

lyon.JPG
Lyon・Saint-Exupéry像

shingen.JPG
Kofu・武田信玄像

sorin.JPG
Oita・大友宗麟像

これ、あと2回くらいはできそうです。
なぜかオブジェ系には心惹かれてパチパチやっちゃってますんで。
武将モノはカッコいいですよねえ。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

空想旅行~イタリア編~

  • 2009年07月31日 23:55
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

僕は毎年恒例の堕落したオフシーズンを過ごしてますが
迫り来る新シーズンに向けてそろそろ社会復帰します。
まずその手始めに、お盆休みも関係なく仕事&勉強という方々に
気分転換にひと時の夏休み旅行気分を・・・。

エトナ火山.JPG
シチリア島東部にそびえるヨーロッパ最大の活火山『エトナ火山』

象の噴水.JPG
カターニャのシンボル『象の噴水』

タオルミーナ.JPG
シチリアの観光名所『タオルミーナ』。まさに風光明媚

タオルミーナ2.JPG
『タオルミーナ』のラピュタっぽかったところ

夜.JPG
僕らは夜も働いています。

アルプス山脈.JPG
眼前に広がる『アルプス山脈』

エジプト博物館.JPG
これから東京でも開催される『トリノ・エジプト展』の本家
『エジプト博物館@トリノ』

うまいもん.JPG
旅といえばやっぱりコレでしょ。


少しは旅行気分に浸っていただけたでしょうか?
まだまだ暑い日が続きますが仕事&勉強がんばって下さい。
僕もぼちぼち始動します。次はどこへ行こうかなぁ。

石神

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

3本ラインに懸ける青春

  • 2009年07月28日 18:08
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前もちょっとやったユニフォームシリーズ。
今日はまず写真を撮ってみました。
私物、左はフランス代表で右は柏レイソルです。
イメージ的に、左はパパン、右はカレカって感じですかねえ。
ちなみにこの右は、1999年11月3日に着用していた現物でもあります。
フランスは92年のEUROでこのモデルを採用。
ただ、このEUROにはスウェーデン、ドイツ、CISがアディダスで参加していましたが
フランスと同じモデルを採用していたのはCISだけ。
赤ベースに白のラインというカラーリングでした(2ndはその逆)。
なお、1994年のアメリカワールドカップでは既にこのモデルは使用されず、
肩の3本ラインは脇腹に移行しています。
例えばブルガリア、ルーアニアの東欧勢やスウェーデン、ノルウェーの北欧勢など。
意外と陽の目を見なかったモデルとも言えるかもしれません。
まあ、日本だと確かにレイソルもこのモデルでしたが
当時Jリーグはミズノが全チームのサプライヤーだったため、
JFL時代のみ使用されていた、ちょっと貴重な逸品。
ただ、どちらかというと川口能活、安永聡太郎、佐藤由紀彦らを擁して
第72回の選手権で優勝した清水商業のイメージの方が強いかも。
準決勝で清商に敗れた、城彰二の鹿児島実業も
赤ベースに白と黒のラインが入ったこのモデルで大会に臨んでいます。
やっぱりトレンドだったんでしょうねえ。
72回でいうと矢板東、出雲、熊本商大付属はまったく同じ、
宮城県工、前橋育英の2nd(1stはプーマなのに!)、松商学園、
徳島市立、南宇和が片方の肩にだけ3本ラインモデルで試合してます。
71回は習志野のみ、73回は沼田のみで清商すらモデルチェンジしているので
やはり1993年とかがトレンドのピークだったという考察を導き出してみました。以上。
adidas f k.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (6) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~7月4週~

  • 2009年07月27日 22:22
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回から7月4週までの主な移籍をまとめてみました。

Rodrigo Palacio 1982・2・5 Argentina
Boca Juniors(ARG)→Genoa(ITA)
Morgan De Sanctis 1977・3・26 Italy
Sevilla(ESP)→Napoli(ITA)
Lúcio 1978・5・8 Brazil
Bayern Munich(GER)→Intel(ITA)
Felipe Melo 1983・6・26 Brazil
Fiorentina(ITA)→Juventus(ITA)
Nilmar 1984・7・14 Brazil
Internacional(BRA)→Villarreal(ESP)
Juan Pablo Carrizo 1984・5・6 Argentina
Lazio(ITA)→Zaragoza(ESP) ※Loan
Ikechukwu Uche 1984・1・5 Nigeria
Getafe(ESP)→Zaragoza(ESP)
Esteban Granero 1987・7・2 Spain
Getafe(ESP)→Real Madrid(ESP)
Daniel Parejo Muñoz 1989・4・16 Spain
Real Madrid(ESP)→Getafe(ESP)
Diego Tristán 1976・1・5 Spain
West Ham(ENG)→Cádiz(ESP)
Antonio Guayre 1980・4・23 Spain
Numancia(ESP)→Las Palmas(ESP)
Keirrison 1988・12・3 Brazil
Palmeiras(BRA)→Barcelona(ESP)
Maxwell 1981・8・27 Brazil
Inter(ITA)→Barcelona(ESP)
Francisco Rufete 1976・11・20 Spain
Espanyol(ESP)→Hércules(ESP)
Zat Knight 1980・5・2 England
Aston Villa(ENG)→Bolton(ENG)
Dean Whitehead 1982・1・21 England
Sunderland(ENG)→Stoke City(ENG)
Bjørn Helge Riise 1983・6・21 Norway
Lillestrøm(NOR)→Fulham(ENG)
Emmanuel Adebayor 1984・2・26 Togo
Arsenal(ENG)→Manchester City(ENG)
Carlos Tevez 1984・2・5 Argentina
Manchester United(ENG)→Manchester City(ENG)
Barry Ferguson 1978・2・2 Scotland
Rangers(SCO)→Birmingham(ENG)
Stewart Downing 1984・7・22 England
Middlesbrough(ENG)→Aston Villa(ENG)
Tim Borowski 1980・5・2 Germany
Bayern Munich(GER)→Bremen(GER)
Maniche 1977・11・11 Portugal
Atlético Madrid(ESP)→Köln(GER)
Gervinho 1987・5・27 Côte d'Ivoire
Le Mans(FRA)→Lille(FRA)
Aly Cissokho 1987・9・15 France
Porto(POR)→Lyon(FRA)
Demy de Zeeuw 1983・5・26 Netherlands
AZ(NED)→Ajax(NED)
Bernard Parker 1986・3・16 South Africa
Red Star(SER)→Twente(NED)
Felipe Caicedo 1988・9・5 Ecuador
Manchester City(ENG)→Sporting(POR) ※Loan
Darius Vassell 1980・6・13 England
Manchester City(ENG)→Ankaragücü(TUR) 
Javi García 1987・2・8 Spain
Real Madrid(ESP)→Benfica(POR)
André Santos 1983・3・8 Brazil
Corinthians(BRA)→Fenerbahçe(TUR)
Alexander Frei 1979・7・15 Switzerland
Borussia Dortmund(GER)→Basel(SUI)
Santiago Solari 1976・10・7 Argentina
San Lorenzo(ARG)→CF Atlante(MEX)

暑中見舞いを出したので、2週分ということでいささか長めです。
今回目立ったのはFWの積極的な動き出しでしょうかねえ。
Palacio、Nilmar、Keirrisonと南米飛び出し組、
Adebayor、Tevezの大物シティ入り組、
Uche、Gervinho、Parkerのステップアップ狙ってます組、
色々ある中で、個人的には再起を期すベテランの皆さんに心惹かれてます。
Diego Tristánはセグンダに、Vassellは遥かトルコに、
Freiは母国スイスに(彼はドイツでも活躍してましたが)戦いの場を求めました。
そして一番応援したいのは、FWじゃないですけどRufete。
03/04のバレンシア2冠に大きく貢献した彼も、
キケ就任以降は居場所を失い、エスパニョールへ。
そして来シーズンはプリメーラ昇格を狙うエルクレスでプレーすることになりました。
現在32歳。またあのロン毛を靡かせて走る姿を見たいものです。
写真はDiego Tristánがホームとして戦うカディスのラモン・デ・カランサ。
Ramon de.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

4部から3部へのとてつもなく高いハードル

  • 2009年07月24日 23:23
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

日本フットボール界のリーグ構成をJ1が1部、J2が2部、
JFLが3部リーグだとしたら、地域リーグは4部ということになるでしょうか。
この地域リーグからJFL昇格というのが、どのクラブにとっても
とてつもなく高いハードルになっているんですけど
今年もまたこのハードルを飛び越えるべく、全国で熱い戦いが繰り広げられています。

(北海道・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】6チーム総当たりの2回戦制
5連覇中のクラブフィールズ・ノルブリッツ北海道FCの1人天下に異変。
今シーズン昇格してきた札大GOAL PLUNDERERSが8節終了時でトップ。
ここは札幌大学サッカー部がJFL参入を目指して組織したチームで
2位のノルブリッツとは5pts差がついており、ほぼ決勝大会進出を手中に。

(東北・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
ほぼ11節終了時で首位は昇格組の福島ユナイテッドFC。
同じptsで2連覇中のグルージャ盛岡(岩手)が並走し、
3pts離れて、企業サッカー部からクラブチーム化したNEC TOKIN FC(宮城)が追う。
福島ユナイテッドには元Jリーガーが10人以上在籍。
グルージャにも仙台→横浜FCの中田洋介や、
山本郁弥(横浜FM)、鈴木弾(仙台)とJからのレンタル組もいる。

(関東・決勝大会出場枠は2)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
後期5節終了時で首位は31ptsの日立栃木ウーヴァSC。
2位さいたまSCが26pts、3位Y.S.C.C(神奈川)が25pts。
そして流通経済大サッカー部が母体のクラブドラゴンズ(茨城)が24ptsとなっている。

(北信越・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
言わずと知れた最激戦ブロック。
12節終了時で首位はJAPANサッカーカレッジ(新潟・32pts)。
2位松本山雅FC(長野・29pts)、3位AC長野パルセイロ(28pts)。
全国への切符はこの3チームに絞られた。今週末、首位と2位が新潟で激突。
パルセイロはツエーゲン金沢と最終節のJSC連破が大逆転への最低条件となる。
なにげにJSCには渡邊圭二や宇野沢祐次も在籍。選手層は厚い。
4位ツエーゲンにも木寺浩一、ビジュ、根本裕一がいて何ともたまらない感じ。
なお、このリーグの4強4弱っぷりは凄まじく、上位から得失点差を見てみると
+20、+30、+44、+36、-24、-39、-27、-40となっていた。

(東海・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
試合消化数がまちまち過ぎて、まだ先行きは不透明。
現状は首位が矢崎バレンテ(静岡・8試合消化・17pts)、以下は
浜松大学FC(静岡・9試合消化・16pts)、
藤枝市役所(静岡・9試合消化・14pts)と静岡勢が続く。
2連覇中の静岡FCは11ptsの4位と苦戦。
監督は元フリューゲルス、横浜FCの高田昌明が務めている。

(関西・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
14節終了時で4連覇中だったバンディオンセ加古川が既に脱落。
首位の三洋電機洲本(兵庫・28pts)と2位のAS.Laranja Kyoto(26pts)が一騎打ちに。
未消化の8節が10月4日に行われ、そこで王者が決まる。
Laranjaの監督は上田滋夢氏。元広島のDF中尾真那が9番を付けて在籍。

(中国・決勝大会出場枠は2)
【レギュレーション】10チーム総当たりの2回戦制
ここも試合消化数がチームによってまちまち。
首位はNTN岡山サッカー部(14試合消化・32pts)、以下は
2位佐川急便中国サッカー部(広島・11試合消化・29pts)、
3位レノファ山口FC(12試合消化・25pts)、
4位FC宇部ヤーマン(山口・12試合消化・23pts)とここまでが圏内。
最下位だけどネーミングセンス抜群の元気SC(鳥取)もガンバって!

(四国・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】8チーム総当たりの2回戦制
もはや徳島ヴォルティス・セカンド(28pts)と
カマタマーレ讃岐(香川・27pts)の2強体制が確立。
10月10日、最終節の直接対決が全てを決める。
南クラブ(香川)となんこくトラスターFC(高知)も惹かれるネーミング。

(九州・決勝大会出場枠は1)
【レギュレーション】9チーム総当たりの2回戦制
今年の地域リーグでは唯一参加チームが奇数構成のため、
消化試合数はバラバラも、どのチームも11から12試合は終了。
ちなみに引き分けはなく、90分終了時に同点の場合はPK戦。
PK勝ちには2pts、PK負けにも1ptsという昔のJリーグ的な制度が導入されている。
現状、首位ヴォルカ鹿児島(32pts)、2位沖縄かりゆしFC(29pts)が2強。
ギリギリ新日鐵大分(23pts)にも可能性といった所か。
かりゆしに早稲田大を卒業した塗師亮がいるのも熱い。

4部リーグ、興味のある方はお近くの会場へ是非。
写真はこちらも4部リーグ(フランス)を戦う、
Racing Club de France Football 92のホームスタジアム入口。
DIVISION4.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

CAF Champions League 2009

  • 2009年07月23日 20:04
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先日エストゥディアンテスが感動の優勝を果たしたリベルタドーレス。
これでクラブワールドカップの出場クラブが決まっていないのは
アジアとアフリカだけになりました。つーことでアフリカは今どうなってるのかが
今回のテーマ、“CAF Champions League”です。

まあ、当然のように予備予選なんかもあって、それは今年の1月2月で終了。
3月4月の1回戦、4月5月の2回戦を経て、勝ち残った精鋭は8チーム。
これを半分ずつ2グループに分けて、今月18日からサバイバルが再開されました。
グループAは以下の4チーム。
Al-Merreikh(Sudan)
Al-Hilal(Sudan)
Kano Pillars(Nigeria)
ZESCO United(Zambia)

Al-Merreikhはスーダンチャンピオン。昨年、Al-Hilalの6連覇をストップしました。
そのAl-Hilalはスーダン2位。1987年、1992年と過去2回CL準優勝の経験アリ。
(なお、厳密に言うとCAF Champions Leagueという名称は1997年から。
それ以前はAfrican Cup of Championsでしたが、以下CLで統一します)
早速初戦でスーダン対決が実現。スコアレスドローに終わっています。
Kano Pillarsは1990年創立で今回が初のナイジェリアチャンピオン。
しかし、2回戦ではエジプト王者にして前回のCL王者、
クラブW杯3回出場のAl-Ahlyを3-3のアウェイゴールで下しての躍進。侮れません。
そしてZESCO Unitedはザンビア連覇を果たしてCL進出。
歴史はあるものの、ここ数年で台頭してきたようです。
この2チームの対戦は1-1のドロー。4チームが勝ち点1となりました。

グループBは以下の4チーム。
TP Mazembe(DR Congo)
Monomotapa United(Zimbabwe)
Étoile du Sahel(Tunisia)
Heartland(Nigeria)

TP Mazembeは1967年、1968年と連覇を達成し、1969年、1970年は準優勝。
CL4年連続ファイナリストという栄誉を持っています。
Monomotapa Unitedは昨年CLベスト4のDynamosを退けてジンバブエチャンピオンに。
予備予選から確実に勝ち抜き、2回戦では常連ASEC Mimosasを撃破。
ジンバブエ史上初のアフリカ戴冠を目指します。
Étoile du Sahelは今回残った8チームの中では最もビッグネーム。
ここ5年で3度の決勝進出はAl-Ahlyと双璧をなし、安定感抜群。
2007年にはクラブワールドカップで来日。試合を見た方もいらっしゃるのでは。
HeartlandはCLでは意外と1988年準優勝、1990年、1991年連続ベスト4と黄金期。
しかしリーグ優勝もこの時期の4連覇+1回と最近は停滞気味。復活を期します。
ここは、Monomotapa United 2×1 Étoile du Sahel、TP Mazembe 2×0 Heartlandと
勝ち負けがハッキリ分かれました。

グループリーグは9月中旬まで。
両グループの上位2チームが勝ち抜け。
準決勝は1st-Legが10月初旬、2nd-Legが10月中旬、
そして決勝は同じくホーム&アウェイで11月初旬にアフリカ王者が決定します。
あんま映像見らんないけど、アフリカでも頑張ってる人たちのことを
たま~に思い出してみて下さい。
写真はアフリカ人選手の上陸地としてはポピュラーなフランスはパリ。
凱旋門より望むシャンゼリゼ通り。
Paris street.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

Jリーグ救世主(候補)一覧

  • 2009年07月21日 23:47
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

J1、J2共に折り返し地点を通過。
各クラブがそれぞれの目標に向かって、軌道修正を図っています。
そこで、5月以降に各クラブへ加入した救世主(候補)を一覧にしてみました。

(山形)
34DF西河翔吾(←広島)…デビュー戦でJ1初ゴールに加え、2連勝に大きく貢献
35MF赤星貴文(←浦和)…ポリバレントさがチーム戦術の幅を広げるジョーカーに
(大宮)
34MFソ・ヨンドク(←延世大学)…急遽デビューも強烈ミドルやドリブル突破に可能性
18FWドゥドゥ(←トンベンセ)…試合勘の無さからかミス連発で厳しいデビューに
(千葉)
24MF太田圭輔(←柏)…もう1つの“チバ”で頑張って下さい
7FWネット・バイアーノ(←ヴィトーリア)…未出場
(柏)
40MF小林慶行(←大宮)…中盤でボールの収まり所として機能も負傷欠場多い
6DFパク・ドンヒョク(←G大阪)…未出場
16FWアンセウモ・ハモン(←カボフィエンセ)…未出場
(磐田)
FWイ・グノ(←無所属)…復帰後未出場
(名古屋)
16FWケネディ(←カールスルーエ)…丁寧なポストワークにデビュー戦初ゴールも
(神戸)
50FW大久保嘉人(←ヴォルフスブルク)…やはりいるのといないのでは大違い
(大分)
17MFフェルナンジーニョ(←ヴァスコ・ダ・ガマ)…未出場
35FWチェ・ジョンハン(←延世大学)…未出場
(札幌)
29DF石川直樹(←柏)…未出場
10MFハファエル(←ヴィトーリア)…未出場
(仙台)
19FWサーレス(←モジミリン)…未出場
(水戸)
16MF下田光平(←FC東京)…デビュー戦はCBも今はボランチとして存在感
(横浜FC)
10FW安孝錬(←全南)…正確な技術は披露、今後の活躍がチームを大きく左右
(湘南)
40MF鈴木修人(←鹿島)…未出場
9FWアドリアーノ(←カスタニャオ エスポルチ クルービ)…未出場
15FWネネ(←カスタニャオ エスポルチ クルービ)…未出場
(甲府)
15FWガウボン(←ヴィラ・ノヴァ)…遠慮からかまだ積極的なシュートは見られず
33FW片桐淳至(←岐阜)…アシストも記録するなど、既にジョーカーとして活躍
(岐阜)
27FW押谷祐樹(←磐田)…短い出場時間で早速J初ゴールと結果残す
28DF須崎恭平…(←磐田)…5分ほどながらJ初出場、レギュラー奪取なるか
(C大阪)
11MF船山祐二(←鹿島)…未出場
18MFブルーノ(←サンパウロ)…未出場
(岡山)
48FW青木孝太(←千葉)…再三あった決定機をすべて外していまだ無得点
46FW三木良太(←G大阪)…スタメン出場も完全移籍だけに結果が全てか
(徳島)
13MF柿谷曜一郎(←C大阪)…加入直後はハイパフォーマンスもチームと共に停滞
(愛媛)
31GK加藤慎也(←柏)…ようやくJでの定位置確保に安定感も出てきた
24MF永井俊太(←柏)…ボランチとしてもはやチームの中心的役割担う
(福岡)
31MF阿部嵩(←柏)…未出場
(鳥栖)
34MF山瀬幸宏(←横浜FM)…FW起用多いが内容、結果共に十分及第点
35FWハーフナーマイク(←横浜FM)…ゴールからは遠ざかるも高さの脅威は満点
(熊本)
29MF原田拓(←川崎)…左SBとして攻撃の起点になりプレースキッカーも務める

こうやって見ると柏はINも多いですけどOUTも多いですね。
この辺りがシーズン前のチーム編成に問題があった証明でしょうか。
あとはオーストラリア代表ぐらいでしか見るチャンスのなかったケネディ。
高さは当然ですけど、タッチは柔らかくないもののポストワークも実に巧み。
いきなりゴール決めちゃいましたし、名古屋のサイド攻撃が復活すれば脅威ですね。
あと、風貌でいうと大宮のドゥドゥ。ジャイキリの夏木かと思いましたよ。
まだもう少し加入リリースはいくつかのクラブから出そうですね。
でも、どこのクラブでもいいんで久々にプチ大物クラスでいいから獲ってくれないですかね。
ブラジルだったらニウマール、フレッジ、マキシ・ロペスにダレッサンドロとか。
アルゼンチンだったらフィゲロア、モンテネグロ、シルベラにモラレス君とか。
1億ぐらいだったら彼らにとっても悪い話じゃないはず。
このクラスで十分なので、是非Jで見たいっす。
この写真の人もそろそろ日本でやってくれてもよさそうな気がするんですけどねえ。
ronaldo.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

暑中お見舞い申し上げます。

  • 2009年07月20日 21:25
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いつも長文なのでたまには写真先行でシンプルに。皆さん、暑中お見舞い申し上げます。   AD土屋




この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

スタジアムの風景から②~in Northern Europe~

  • 2009年07月17日 22:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2年半ぶりのスタジアム写真企画。
急に思い立ってやってみました。

【Finland】
ラーデン・スタディオン(Lahden stadion)
1981年完成 収容人員:14,500人

finland stu.JPG
向こうに見えるスキーのジャンプ台が何とも印象的。

【Sweden】
ボーラース・アレーナ(Borås Arena)
2005年完成 収容人員:17,800人

elfs.JPG
人工芝。帰国後すぐ、倉敷さんがここでのCL予備予選を実況しました。

マルメ・スタディオン(Malmö Stadion)
1958年完成 収容人員:26,500人

Malmo.JPG
リトマネンmeets倉敷保雄・記念の地。

【Scotland】
セルティック・パーク(Celtic Park)
1892年完成 収容人員:60,832人

celtic.JPG
ナカム~ラは偉大でした。

ハンプデン・パーク(Hampden Park)
1903年完成 収容人員:52,063人

Hampden.JPG
セント・ジョンストン(2部)がゴールした時に東本さんが固まったスタジアム。

ピトドリー・スタジアム(Pittodrie Stadium)
1899年完成 収容人員:22,199人

pittdrie.JPG
名将ファーガソンがその名を世に知らしめた時のホームスタジアム。

ファー・パーク(Fir Park)
1895年完成 収容人員:13,742人

FirPark.JPG
Phil O'Donnellを偲びました。

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

金杯(中山、京都ではなく)

  • 2009年07月16日 22:36
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

非常に注目を浴びることなく、ヒッソリと行われている2009ゴールドカップ。
7月3日に開幕して、7月26日の決勝までさりげなく試合が重ねられていきます。
ちょっと世間の注目度があまりにも低過ぎやしないかと思うんですけど、
カップとメダル以外に優勝チームへ与えられる最大のメリットの
“コンフェデ出場権”も、次の2013年ブラジル大会は
2011年のゴールドカップ王者が出場権を得るので、特に今回は…って感じです。
以前はCONCACAF Championshipだった名前が
1991年からCONCACAF Gold Cupに改称。
実は今回がゴールドカップとしては第10回の記念大会なんですよ。
基本はアメリカの単独開催で、回によってはメキシコもチョイチョイ混じったり。
優勝もアメリカとメキシコが4回ずつにカナダが1回。偏ってます。
ただ、96年にはブラジルが招待されてU-23を派遣。
準優勝したんですけど、この時はDida、Zé María、Zé Roberto、Flavio Conceição、
Jamelli、Sávioらが参戦。1月開催で、この半年後日本に敗れるメンバーも含まれてました。
98年にはブラジルもフル代表でガチ参戦。Taffarel、Mauro Silva、Edmundo、
Denilson、Romarioらそこそこマトモなメンツで臨むも
準決勝でアメリカに敗れ、またもや優勝できず。
2003年にも再びU-23で臨むブラジル。ここにもMaicon、Luisão、
Júlio Baptista、Kaká、Diego、Robinhoら現在のセレソン常連組に
Gomes、Alex(現チェルシー)、Ewerthon、Nilmar、Mottaなど実力者も揃えながら
決勝でメキシコに延長で0-1と惜敗。ブラジル、優勝したことないんです。
ちなみに、2000年、2002年大会には韓国も出場。
2000年はホン・ミョンボ、ノ・ジュンユン、ユン・ジョンファン、ユ・サンチョルら
Jリーガーも参加しつつ、結果はサクッとグループリーグ敗退。
2002年は1分け1敗でGL突破→準々決勝はPK勝ちで準決勝敗退と実質1勝もできず
半年後の大躍進を予感させることなく、アメリカを去りました。
なお、CONCACAF以外の参加チームは
上記のブラジル、韓国以外だと2000年のペルーとコロンビア、
2002年のエクアドル、2003年のコロンビア、2005年の南アフリカ、コロンビアと
結構雑多なので、時期さえ合えば日本も混ぜてもらえそうなノリはあります。
さて、今回は既にGLが終了。ベスト8の組み合わせは、
カナダ×ホンジュラス、アメリカ×パナマ、グアドループ×コスタリカ、メキシコ×ハイチ
とマニア垂涎のカードが続々。
最初の2試合は18日、フィラデルフィアのLincoln Financial Fieldで。
あとの2試合は19日、アーリントンのCowboys Stadiumで。
準決勝は23日、シカゴのSoldier Fieldで2試合が開催され、
決勝は26日、イーストルーサーフォードのGiants Stadiumで行われます。
興味ある方は是非!(是非ナンだ??)
写真はグアドループの20番Larry Clavierが所属している
Racing Parisがホームとして使っているらしいグラウンド@パリ。
Racing Paris.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

シャムスカ監督の思い出

  • 2009年07月14日 23:46
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日、大分トリニータのシャムスカ監督解任が発表されました。
思い出すと、あれはまだ監督が来日して1ヶ月。
2005年の10月、当時「Foot!Thursday」のディレクターも兼任していた私は
トリニータの聖地とも呼ばれる、大分市営陸上競技場の会議室で
30分近いインタビューを撮影させて頂いたんです。
柔らかい物腰でユーモアを交えながらチームへの信頼を語り、
自身のキャリアなども仔細に説明して下さって、
非常に実りあるインタビューができたのを記憶しています。
特に印象的だったのは、すべての質問に対して、
シャムスカ監督はずっとインタビュアーである私の眼を見ながら答えてくれたこと。
実際はポルトガル語ですから通訳の方に話している訳で、
特に外国人選手や監督の場合は、基本通訳の方に向かって話すことが多く、
自分もそれに何の違和感も感じていなかったのですが、
彼の質問者に対して丁寧に答えようとしてくれる姿勢に強く感銘を受けました。
そしてインタビューが終わり、通訳の方を介して雑談している最中、
シャムスカ監督はこんなことを提案してくれます。
「せっかくこうやってインタビューをしてもらったし、
もしよかったら私のブラジル時代の映像をお貸ししましょうか?」と。
私が「せっかくですが権利上難しいと思います」と言うと、
彼は「ブラジルで映像の権利を持っている会社には知り合いがいますから
もし本当に必要であれば、私が直接連絡をして交渉しますよ」と。
「何かあればいつでも私に言って下さい」とまでおっしゃって下さったんです。
結局、その映像を使用することはなかったんですけど
当時まだ明らかに見た目もペーペーの若造だった自分に(今もそんな感じですけど)
“超”が付くほどの協力的な姿勢を見せてくれたシャムスカ監督。
「いやあ、メチャクチャいい人だなあ。こういう監督に成功して欲しいなあ」と
いたく感動して帰路に着いたことをよく覚えています。

2006年、ワールドカップイヤーには画伯と2人で大分まで飛んで
シャムスカ監督にセレソンについての話も聞いてきました。
その時も、やはり真摯に自身の想いを語って頂き
画伯も“質問者の眼をまっすぐ見据えて回答”の洗礼を受けて
「いやあ、やっぱりホンモノは違う」と感動してました。
(完全な余談ですが、その日がワールドカップメンバー発表の日で
大分市内の定食屋で昼飯食いながらTVを見てて
ジーコの「マキー」に2人で興奮したのもいい思い出です)

初めてインタビューした時にも、将来的な夢は
「もちろん母国の代表を率いること」と躊躇なく言い切ったシャムスカ監督。
きっと、今後も幾度となく彼の名前をサッカーシーンで聞くことが必ずあるでしょう。
大分での冒険は幕を閉じましたが、次はどんな新しい道を切り開いていくのか、
本当に楽しみです。
DSCF1065[1].jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~7月2週~

  • 2009年07月13日 20:42
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回から7月2週までの主な移籍をまとめてみました。

Oguchi Onyewu 1982・5・13 United States
Standard Liège(BEL)→Miran(ITA)
Marco Marchionni 1980・7・22 Italy
Juventus(ITA)→Fiorentina(ITA)
Emiliano Moretti 1981・6・11 Italy
Valencia(ESP)→Genoa(ITA)
Jermaine Pennant 1983・1・15 England
Liverpool(ENG)→Zaragoza(ESP)
Sergio Asenjo 1989・6・28 Spain
Valladolid(ESP)→Atlético Madrid(ESP)
Didier Zokora 1980・12・14 Cote d'Ivoire
Tottenham(ENG)→Sevilla(ESP)
Gabriel Obertan 1989・2・26 France
Bordeaux(FRA)→Manchester United(ENG)
Lee Bowyer 1977・1・3 England
West Ham(ENG)→Birmingham(ENG)
Yuri Zhirkov 1983・8・20 Russia
CSKA Moscow(RUS)→Chelsea(ENG)
Karim Ziani 1982・8・17 Algeria
Marseille(FRA)→Wolfsburg(GER)
Lisandro López 1983・3・2 Argentina
Porto(POR)→Lyon(FRA)
Gelson Fernandes 1986・9・2 Switzerland
Manchester City(ENG)→Saint-Étienne(FRA)
Jaroslav Plašil 1982・1・5 Czech
Osasuna(ESP)→Bordeaux(FRA)
Souleymane Diawara 1978・12・24 Senegal
Bordeaux(FRA)→Marseille(FRA)
Édouard Cissé 1978・5・30 France
Besiktas(TUR)→Marseille(FRA)
Patrick Paauwe 1975・12・27 Netherlands
Borussia Mönchengladbach(GER)→VVV-Venlo(NED)
Timothée Atouba 1982・2・17 Cameroon
Hamburger SV(GER)→Ajax(NED)
Enzo Maresca 1980・2・10 Italy
Sevilla(ESP)→Olympiacos(GRE)
Aquivaldo Mosquera 1981・6・22 Colombia
Sevilla(ESP)→Club America(MEX)
Fernando Belluschi 1983・9・10 Argentina
Olympiacos(GRE)→Porto(POR)
Émile Mpenza 1978・7・4 Belgium
Plymouth(ENG)→FC Sion(SUI)

一番移籍金が高かったのがZhirkov、
一番のビッグネーム風がPennantと近年稀に見る地味な週。
Émile Mpenzaは2003年にシャルケを出て以降、早6クラブ目。
ドイツ→ベルギー→ドイツ→カタール→イングランド→スイスとすっかり渡り鳥化。
ちなみに兄のMbo Mpenzaは昨年ギリシャのLarissaでヒッソリと引退しています。
人生イロイロ。男もイロイロ。皆さん、まだまだ咲き乱れて下さい。
写真はリサ・ロペが引っ越すリヨン。マジいいとこっす。
Lyon Lopez.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

MEXICO1986→SOUTH AFRICA2010

  • 2009年07月09日 18:11
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

最近、神保町の古本屋で1986年ワールドカップの特集号を買いまして。
定価850円が2000円だったので、まあ安い買い物だったんですけど(自分感覚で)。
それを見てて気になったのはユニフォームの雰囲気。
今から考えれば相当シンプルなんですけど、やっぱカッコいいんですよねえ。
特に西ドイツとメキシコのアディダス緑ユニは相当なクオリティ。
素材さえ今風にすれば、十分通用するオシャレさでした。
あとはメーカーですよね。アルゼンチンのルコックは有名ですけど、
スペインもこの時代はルコック。黒ベースに黄赤ラインのソックスもイケてます。
ちょっと、現在使用されているメーカーとの違いをまとめてみました。

左から国名:86年のメーカー→現在のメーカー
アルゼンチン:ルコック→アディダス 西ドイツ(ドイツ):アディダス→アディダス
フランス:アディダス→アディダス ベルギー:アディダス→ナイキ
ブラジル:トッパー→ナイキ イングランド:アンブロ→アンブロ
スペイン:ルコック→アディダス メキシコ:アディダス→アディダス
ウルグアイ:ルコック→プーマ パラグアイ:RAINIA(たぶん…)→アディダス
ソ連(ロシア):アディダス→アディダス デンマーク:ヒュンメル→アディダス
イタリア:ノーメーカー→プーマ ポーランド:アディダス→プーマ
ブルガリア:アディダス→プーマ モロッコ:アディダス→プーマ

以上がベスト16以上の国です。
アディダス帝国の安定感、意外とプーマ躍進の雰囲気、
チョイチョイまじるマイナーメーカー、グッと来ます。
でもブラジルとデンマークは母国のブランド捨てて流行に飛び付いちゃうなんて
ちょっと残念ですねえ。まあ、ユニフォームはいつの時代もワクワクするものです。
写真はオススメスポットシリーズより、日光東照宮。かの有名なおサルさんたちです。
NIKKO.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (5) | トラックバック (0) | ページトップ

勝手にJ2オールスター(七夕なので)

  • 2009年07月07日 14:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日、JOMO CUP2009に臨むメンバーが発表されました。
一昨年までは国内でのオールスターだった訳ですが、
昨年から始まったJ対Kの構図。今年は何とかJに頑張って欲しいものです。
そんな中、51節という長丁場をひたすら戦い続けるJ2も
ちょうどほぼ半分の25節が終了したタイミングで今日は七夕!
なんかロマンティックなことが起きちゃうかもしれない日です。
ということで、相当強引ですが実現したら相当ロマンティックな
J2オールスターを独断で選んでみました!
勝手なルールとして、まずチーム分けはJSL時代に敬意を表して東軍と西軍。
9チームを東西で分けちゃってます。また、選手の偏りをなくすため
全チームから1人以上+1チーム2人まで、というローカルルールも追加。
いやあ、結構時間かけて選出させてもらったのは以下の選手たちです!

東軍(札幌、仙台、水戸、栃木、草津、東京V、横浜FC、湘南、甲府)
1 GK荻晃太(甲府)
17 DF土屋征夫(東京V)
6 DFエリゼウ(仙台)
19 DF村松大輔(湘南)
10 MF藤田健(甲府)
30 MFリャン・ヨンギ(仙台)
8 MF坂本紘司(湘南)
15 MFクライトン(札幌)
9 FW大黒将志(東京V)
11 FW高崎寛之(水戸)
27 FW都倉賢(草津)
【SUB】
5 DF入江利和(栃木)
23 MF遠藤敬佑(水戸)
7 MF廣山望(草津)
25 FW宮澤裕樹(札幌)
18 FW西田剛(横浜FC)

フォーメーション(3-4‐3)

             高崎
     都倉              大黒
            クライトン
   坂本                 リャン
             藤田

    村松     エリゼウ     土屋

              荻

(選考過程)
GKは荻、林(仙台)、土肥(東京V)の中、1チーム2人というバランスから荻に。
3バックも割とすんなり決定。ジャーン(湘南)、山本(甲府)も捨て難いが…
中盤は基本的に攻撃的な4人を配置。チームでもアンカーを務めることのある
藤田がバランサー。坂本は同じチームの田村、アジエルとの比較で選出。
今季はハットトリックなど攻撃性が際立っている。
ちなみに、サブとして選出した5人は全員中盤としての出場が可能なマルチっぷり。
FWは得点ランクの上位から3名をチョイス。全員3トップ中央に適性を感じるが、
レフティーの都倉を左、裏への抜けだしを考えて大黒が右、
中央に強さでは今季J2随一の高崎をチョイスした。
ここには栃木のトップスコアラー河原、湘南のトップスコアラー中村、
そして好調甲府を牽引するキム・シンヨン、マラニョンも最後まで悩んだ所。
現在付けている背番号と異なる選手と意味合いは以下の通り。
リャン・ヨンギ→仙台加入時の背番号
クライトン、宮澤→札幌加入時の背番号
入江→左SBなのでなんとなく
廣山→番号固定制になって最初に固定された背番号

西軍(富山、岐阜、C大阪、岡山、徳島、愛媛、福岡、鳥栖、熊本)
1 GK中川雄二(富山)
4 DF澤口雅彦(岡山)
6 DF濱野勇気(富山)
33 DF鈴木惇(福岡)
18 MF石井俊也(熊本)
14 MF高橋義希(鳥栖)
10 MF藤田俊哉(熊本)
31 MF乾貴士(C大阪)
8 MF香川真司(C大阪)
35 FWハーフナーマイク(鳥栖)
7 FW徳重隆明(徳島)
【SUB】
20 MF染矢一樹(岐阜)
30 MF倉貫一毅(徳島)
16 MF赤井秀一(愛媛)
26 FW内村圭宏(愛媛)
19 FW大久保哲哉(福岡)

フォーメーション(3‐2‐3‐2)

         徳重    ハーフナー
          
    香川       乾       藤田 
                    
        高橋      石井

    鈴木      濱野      澤口

             中川

(選考過程)
GKは昇格組から中川かリ・チャンガン(岡山)のチョイス。
高校時代は都築(浦和)とレギュラーを争い、YKK APの正GKを7シーズン務め、
ようやくJの舞台に立つこととなった中川をここは贔屓した。
DFは1チーム2人のバランスも含めてやや難航。
CBタイプではペ・スンジン(徳島)、飯尾(鳥栖)、SBでは秋田(岐阜)も考えたが、
結局澤口はどうしても入れたかったので、左もSB起用が可能な鈴木に落ち着いた。
おそらく最注目パートは中盤前目の3枚。配置も色々と可能性がある中、
乾と香川は隣同士に置きたい、香川は左サイドからのカットインシュートが得意、
ピンポイントのクロスなら右からの藤田、などを考慮してこの並びに。
きっと3バックのサイドはガンガン上がっちゃうので、高橋と石井はバランス取ってね。
当然マルチネス(C大阪)は乾&香川との比較で。ボランチでは間違いなくJ2屈指。
FWは8戦6発と凄いことになってるハーフナーと、躍進徳島を支える徳重で決まり。
ここにはそれぞれ大久保、内村と同タイプの選手も控えている。
木島(熊本)、佐藤洸(岐阜)も候補としては考えた。
現在付けている背番号と異なる選手と意味合いは以下の通り。
鈴木→福岡加入時の背番号
藤田→やっぱり10でしょ
乾→C大阪加入時の番号
倉貫→Jリーガーとして初めて付けた背番号
内村→愛媛加入時の背番号

こんなんやってみました。
ちなみに明日は湘南が七夕記念ユニフォームで甲府戦に臨みます。
カード含めて楽しみ楽しみ。
写真は2007年7月7日の栃木グリーンスタジアム。
この時、多くの人が短冊に託した願いも今ではちゃんと成就しましたね。
TOCHIGIGREEN.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~7月1週~

  • 2009年07月06日 19:13
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

前回から7月1週までの主な移籍をまとめてみました。

Vincenzo Montella 1974・6・18 Italy
Roma(ITA)→retirement
Thiago Motta 1981・8・28 Brazil
Genoa(ITA)→Inter(ITA)
Diego Milito 1979・6・12 Argentina
Genoa(ITA)→Inter(ITA)
José Ángel Crespo 1987・2・9 Spain
Sevilla(ESP)→Racing Santander(ESP) ※Loan
Karim Benzema 1987・12・19 France
Lyon(FRA)→Real Madrid(ESP)
Raúl Albiol 1985・9・4 Spain
Valencia(ESP)→Real Madrid(ESP)
Juanito 1976・7・23 Spain
Betis(ESP)→Atlético Madrid(ESP)
Michael Owen 1979・12・14 England
Newcastle(ENG)→Manchester United(ENG)
Antonio Valencia 1985・8・4 Ecuador
Wigan(ENG)→Manchester United(ENG)
Daniel Sturridge 1989・9・1 England
Manchester City(ENG)→Chelsea(ENG)
Glen Johnson 1984・8・23 England
Portsmouth(ENG)→Liverpool(ENG)
Zé Roberto 1974・7・6 Brazil
Bayern Munich(GER)→Hamburger SV(GER)
Josip Šimunić 1978・2・18 Croatia
Hertha Berlin(GER)→Hoffenheim(GER)
Juan Arango 1980・5・16 Venezuela
Mallorca(ESP)→Borussia Mönchengladbach(GER)
Bernd Schneider 1973・11・17 Germany
Bayer Leverkusen(GER)→retirement
Ismaël Bangoura 1985・1・2 Guinea
Dynamo Kyiv(UKR)→Rennes(FRA)
Grégory Coupet 1972・12・31 France
Atlético Madrid(ESP)→Paris Saint-Germain(FRA)
Mickaël Landreau 1979・5・14 France
Paris Saint-Germain(FRA)→Lille(FRA)
Yohann Pelé 1982・11・4 France
Le Mans(FRA)→Toulouse(FRA)
Cédric Carrasso 1981・12・30 France
Toulouse(FRA)→Bordeaux(FRA)
Daisuke Matsui 1981・5・11 Japan
Saint-Étienne(FRA)→Grenoble(FRA)
Norio Suzuki 1984・2・14 Japan
Vissel Kobe(JPN)→Angers(FRA)
Rodrigo Possebon 1989・2・13 Italy/Brazil
Manchester United(ENG)→Braga(POR) ※Loan
Leo Franco 1977・5・20 Argentina
Atlético Madrid(ESP)→Galatasaray(TUR) 
Abdul Kader Keïta 1981・8・6 Côte d'Ivoire
Lyon(FRA)→Galatasaray(TUR)
Sebastián Leto 1986・8・30 Argentina
Liverpool(ENG)→Panathinaikos(GRE)
Kostas Katsouranis 1979・6・21 Greece
Benfica(POR)→Panathinaikos(GRE)
Djibril Cissé 1981・8・12 France
Marseille(FRA)→Panathinaikos(GRE)
Javier Saviola 1981・12・11 Argentina
Real Madrid(ESP)→Benfica(POR)

相変わらずトルコ、ギリシャ精力的じゃないですか。
今回はGalatasarayとPanathinaikosが目に付きました。いいメンツ揃い始めてますねえ。
そして何つってもMontellaの引退。
中田英寿がデビュー戦以来、最も輝いた00-01のアウェイ・ユヴェントス戦。
彼のミドルに詰めて、貴重な同点ゴールを叩き出したのが飛行機男・Montellaでした。
とりあえずRomaの下部組織でコーチをやるみたいですよ。
あとはフランスで起きているGK大移動。
Grégory Coupet、Mickaël Landreau、Yohann Pelé、Cédric Carrassoは全員GK。
まだまだ動くかもしれませんよ。ココ密かに大注目です。
写真は“さようならArango”で揺れるマジョルカ島。
Mallorca.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

ELっす。そう、ELっすよ。

  • 2009年07月03日 21:21
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

09/10シーズンから名称も新たに生まれ変わった旧UEFAカップ。
その名も“UEFAヨーロッパリーグ”!
2010年5月12日にハンブルクで行われるファイナルを目指して、
早くも本大会に進むための予選1回戦1st-Legが行われました。
以下、結果です。何か言いたいことあるゲームは※で補足してます。

FC Olimpi Rustavi(Georgia) 2×0 B36 Tórshavn(Faroes)
Simurq Zaqatala(Azerbaijan) 0×1 Bnei Yehuda(Israel)
Dinaburg(Latvia) 2×1 Nõmme Kalju(Estonia)

※DinaburgはHong Kum Songという北朝鮮の選手がスタメンに
Banants(Armenia) 0×2 Široki Brijeg(Bosnia and Herzegovina)
Sutjeska Nikšić(Montenegro) 1×1 MTZ-RIPO(Belarus)
Lahti(Finland) 4×1 Dinamo Tirana(Albania)

※Lahtiのリトマネン90分フル出場
Valletta(Malta) 3×0 Keflavík(Iceland)
Zimbru Chişinău(Moldova) 1×2 Okzhetpes(Kazakhstan)

※Zimbru Chişinăuは過去CL予備予選3回戦に2度進出
Dinamo Minsk(Belarus) 2×1 Renova(Republic of Macedonia)
※Dinamo Minskは84/85UEFAカップベスト8
Narva Trans(Estonia) 0×3 Rudar Velenje(Slovenia)
Szombathelyi Haladás(Hungary) 1×0 Irtysh Pavlodar(Kazakhstan)
Spartak Trnava(Slovakia) 2×1 Inter Baku(Azerbaijan)
Slaven Koprivnica(Croatia) 1×0 Birkirkara(Malta)
Grevenmacher(Luxembourg) 0×3 Vėtra(Lithuania)
Anorthosis Famagusta(Cyprus) 5×0 Käerjéng(Luxembourg)

※Anorthosisのデラス79分から登場、サビオは引退した模様
Randers(Denmark) 4×0 Linfield(Northern Ireland)
※Randersにはなぜかガーナ代表が2人いて
  しかも監督はEURO92の決勝で先制点を決めたイェンセン
  Linfieldには北アイルランド代表も2人(このゲームは1人のみ出場)
NSÍ Runavík(Faroes) 0×3 Rosenborg(Norway)
※Rosenborgにはスウェーデン、スロヴァキア、ウルグアイ、
  ブルキナファソ、ガーナ、コスタリカ代表が在籍
Sligo Rovers(Ireland) 1×2 Vllaznia Shkodër(Albania)
Budućnost(Montenegro) 0×2 Polonia Warszawa(Poland)
Lisburn Distillery(Northern Ireland) 1×5 Zestaponi(Georgia)
Helsingborg(Sweden) 3×1 MIKA(Armenia)

※Helsingborgのラーション2ゴールで存在感
Knattspyrnufélagið Fram(Iceland) 2×1 The New Saints(Wales)
※チェルシー育ちのTillen兄弟が在籍するKnattspyrnufélagið Fram
Motherwell(SCO) 0×1 Llanelli(Wales)

頂点まではあと22試合。頑張って下さい。
写真はこの中だったらご贔屓クラブ、MotherwellのFir Park Stadium。
Fir Park.JPG
AD土屋



この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

質問にお答えしましょうの回

  • 2009年07月02日 20:56
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

えーと、今シーズン(昨シーズン?ビミョ~な時期だなあ)の平日は
月曜:今週のFoot! 
火曜:内巻敦子イラストギャラリー
水曜:Foot!楽曲紹介
木曜:前回のハイライト
金曜:今週のプレゼント、本日の補足
というローテーションが決まってたので
毎日なんかネタ考えてご紹介するってのが、妙に新鮮で。
番組オフシーズンにも関わらず、このHPも結構見て頂いてるみたいですし
実にありがたいですね。
ということで、今日はシーズン中はお答えできなかった質問に答える日にします。

Q、私のワールドカップのベストゴールとして、90年イタリア大会の予選リーグ、
  西ドイツ対コロンビアの終了間際のリンコンのゴールを挙げたいのですが、
  吟味いただけませんでしょうか(そのコロンビアの置かれた状況を踏まえて)。

A、自分が初めてちゃんと見たワールドカップが90年イタリア大会でした。
  しかも、あの大会で一番インパクトを受けたのがコロンビアでしたねえ。
  当時は勝利の勝ち点が2だったので、引き分け以上で決勝トーナメント進出という中、
  優勝候補西ドイツ相手に健闘しながら、終了間際にリティに決められ0-1に。
  しかも同組のユーゴはその時点で大勝しており、2位も厳しい状況でした。
  そこで生まれたのがそのゴールですね。やっぱりスルーパスはバルデラマ。
  勿論リンコンのイルクナーの股を抜いたシュートも凄かったんですけど、  
  個人的にはバルデラマの代名詞とも言える、インサイドキックが印象深いです。
  結果、1994年も含めてあの魅力的なコロンビアのベストゲームではないでしょうか。
  ちなみに私の1990年大会ベストゴールは、
  スペイン戦で見せたピクシーのFKじゃない方です。

Q、倉敷さんはいつもとてもお洒落なジャケットを着用していらっしゃいますが、
  あれは私物ですか?それとも番組の衣装なのでしょうか?  

A、100%私物です。

Q、倉敷さんのジャケットにいつも色々付いてますが、
  あれは自前の物なのでしょうか?

A、100%自前です。

Q、シーズンオフになり残念ながらオンエアがお休みになりますね。
  月1で結構ですので、月刊FOOT!みたいな企画はできませんか?

A、これが一番多いご意見です。ありがたい限りです。
  でも、唯一ゆっくりできる時期にはお休みしたいです。ご勘弁を。

Q、スタッフの皆さんでボールを蹴ったりとかはしているんですか?
A、田口P以外はみんなサッカー経験者ですが、最近ボール蹴ってないですねえ。
  田口Pは以前フットサルに誘ったら「俺、メガネだから」と言って断ってました。

Q、幸谷さんは元気ですか?
A、私が知ってる限りはかなり元気です。

Q、ぜひこのキャスト&スタッフの皆さんで、国内サッカー番組も
  作っていただきたいと思います。。。
  って、これ以上は忙しくって大変ですよね?(笑)

A、ええ(笑)

Q、プレゼント当選者で兵庫県民があまりみられないのは気のせいでしょうか?
A、都道府県で選んではないですよ。でも振り返ってみると確かに。何ででしょう??

Q、海外に取材に行くときに何故、あんなに取材時間が短いんですか?
A、貧乏性なのでついつい色々詰め込んでしまうからです。

Q、私は向笠さんの伝説のグリーンジャンパーの話を知りません。
  ぜひまたお話をしていただけたら幸いです。

A、凄く簡潔に言うと、緑のモノは透明になるスタジオの仕組みをわかってて
  イタズラ好きの向笠さんが緑のジャンパーを着用して登場したら、
  やっぱり透けちゃったって話です。

他にも、なにかご質問がありましたらコメント欄で受け付けますので。
写真はメガネの田口P@フィンランド
DSCF2260.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

コンフェデモロモロ

  • 2009年06月30日 18:41
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

まず、南アフリカには行ってないです。当然ご承知だと思いますが。
つまり全部TV観戦なんで、大体で読んで下さい。

マリーニョさんの微妙な笑顔が浮かんできそうなコンフェデ決勝の結果。
ビハインドを追っている時間の長さは違ったとはいえ
スペインも跳ね返せなかった、アメリカ相手の2失点。
今大会最高のストライカーが2発ぶち込んで追いつき、
最後はスタメンの座を失ったエラーノのCKからキャプテン・ルシオの決勝ゴール。
準決勝、決勝は苦しんだとはいえ、今回はブラジルの大会でした。
また、優勝という結果は勿論、チームとしても色々なものを得た大会だったのでは。
まず初戦はベンチスタートだったラミレスとアンドレ・サントスが定位置を確保。
そして中盤はジョズエからフェリペ・メロがすっかりレギュラーを奪取。
さらにオプションで言うと、劣勢時にはアンドレ・サントスとダニエウ・アウヴェスを
スイッチして攻撃モードを高めていくと。準決勝では見事にこれが奏功しました。
あえて課題を挙げるなら、L・ファビアーノのパートナーでしょうか。
ロビーニョも十分なパフォーマンスを見せたものの決定力にはやや疑問符が。
一列下がった位置での起用がいいような気がします。
ただ、現状のパト、ニウマールではまだ役不足。
個人的にはやはりロナウドの復帰を期待してしまいますね。
しかし、ドゥンガは2回目の国際主要大会で2回目のタイトル獲得。
やっぱり持ってるんじゃないですか。ここまでは。ねえ、マリーニョさん☆

期待されたスペインは、やっぱりイニエスタの欠場が響いた印象です。
中盤に“弓”はたくさんいたけれど、“矢”になれる選手がいなかったかなあと。
グループリーグの相手(南アフリカ、ニュージーランド、イラク)には
それでも勝ててしまいましたが、ようやく世界トップ20くらいのクラスと当たった
準決勝ではアメリカの3倍近いシュートを放ちながら、ノーゴールに終わりました。
リエラとサンティ・カソルラも、まだまだレギュラー奪取には至りませんね。
ブラジルともイタリアとも対戦できなかったことを考えても、連勝が3試合伸びたことと、
現地の雰囲気に慣れたことくらいが収穫だったのではないでしょうか。

面白かったのはエジプトでしょう。
ハニ・サイードがスイーパー気味に余る(スイーパーですよ!)
5-3-2、もしくは5-4-1に近いシステムでブラジル、イタリアとも互角に戦いました。
結果として、おそらく唯一勝ちに行ったゲームで4-3-1-2で臨み、
粉砕される辺りに、まだまだ感はあったんですけど。
でも、アブトレイカと偽ジダン改めモハメド・ジダンのコンビは強烈。
中盤のシャウキーも3戦続けて奮闘。W杯でも見てみたいチームですね。

その他でいうと、アメリカはよう立ち直りましたよ。
イタリア戦は前半で不運な退場(アレで一発レッドは厳しいっしょ)もあって
サクッと逆転負け。ブラジル戦でも退場者を出して(アレは一発レッド相当)完敗。
エジプトに大勝したとはいえ、スペインに勝つとは誰も思ってなかったんですから。
おそらく決勝の2点目みたいな形が理想的かつ一番の強みですね。
デイヴィスとアルティドールは相当スピードあります。
本大会のポッド分けで考えれば、日本は十分対戦する可能性はあるし、
GL突破を考えれば、負けられない相手になるはずですが、相性は悪いと思います。
イタリアはどうするんでしょう。とりあえず4バックは誰が出ても相当キツいですね。
前線もハッキリ言ってロッシ以外はほとんど使えない状況。
アマウリの招集、カッサーノやディ・バイオの復帰も現実味を帯びてきました。
ホスト国の南アフリカも、まったくもって侮れません。
SBも攻撃的ですし、パーカー、ピーナール、シャバララの個の力はなかなかのもの。
現状で日本が同じグループに入る可能性、結構高いのでは。
こんな感じでしょうかね。
では、最後に個人的大会ベストイレブンをベンチ5人も含めてどうぞ!

GK:ジュリオ・セーザル(BRA)
DF:ガクサ(RSA)、ルシオ(BRA)、アンドレ・サントス(BRA)
MF:モディセ(RSA)、デンプシー(USA)、カカ(BRA)
FW:L・ファビアーノ(BRA)、ビジャ(ESP)、ジダン(EGY)、アブトレイカ(EGY)
SUB:ハワード(USA)、シャビ・アロンソ(ESP)、ドノヴァン(USA)、
   ロッシ(ITA)、シャウキー(EGY)

写真はひたちなか最寄りの駅、勝田駅前。「であい」。
katsuta.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

ネーミングの魔力

  • 2009年06月29日 19:16
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

何においてもネーミングって凄く大事だと思うんです。
例えば、“キャプテン翼”って今じゃしっくり来てますけど
“エースの翼”や“ストライカー翼”“ソレ行け翼”とかでもよかった訳で。
でも、そうするとエスツバとかストツバとかソレツバとか、やっぱしっくり来ない気がします。
例えば、“あしたのジョー”って今じゃしっくり来てますけど
“きのうのジョー”“きょうのジョー”“あさってのジョー”とかでもよかった訳で。
でも、きのうとかきょうとかあさってとかだと語呂も時系列もイマイチですよねえ。
例えば、…ってもうやめときますが、まあネーミングは大事だってことです。
で、世界中にはその周辺で暮らしている人にはしっくり来ているんだろうけど
こんな日本の片隅からみたら、「エッ?」て思うフットボールのクラブ名があるんですよ。
そんなのを思いついたタイミングでムダにご紹介しようと思います。
第1回は南米編をどうぞ!

(パクっちゃった編)
Barcelona Sporting Club(ECU)
創立:1925年 ホームタウン:Guayaquil
昨シーズンの順位:Serie A de Ecuador・5位
命名理由:バルセロナからやってきたカタラン人が創設したので
Club Social de Deportes Rangers(CHL)
創立:1902年 ホームタウン:Talca
昨シーズンの順位:Campeonato Nacional BancoEstado・11位
命名理由:クラブ創設者の1人にスコットランド人がいたので
Corporación Deportiva Everton de Viña del Mar(CHL)
創立:1909年 ホームタウン:Viña del Mar
昨シーズンの順位:Campeonato Nacional BancoEstado・4位
命名理由:リヴァプールから来た水兵がエヴァートン(ENG)にちなんで名付けたため
Deportivo Italia(VEN)
創立:1948年 ホームタウン:Caracas
昨シーズンの順位:Primera División Venezolana・4位
命名理由:9人のイタリア人移民が創設したので
※6/30訂正しました。11031さん、ありがとうございます。
Liverpool FC(URY)
創立:1915年 ホームタウン:Montevideo
昨シーズンの順位:Primera División Uruguaya・8位
命名理由:モンテビデオとリヴァプールに多くの文化的共通点を見出したので
Arsenal de Sarandí(ARG)
創立:1957年 ホームタウン:Avellaneda
昨シーズンの順位:Primera División Argentina・6位
命名理由:グロンドーナ兄弟がアーセナル(ENG)に着想を得たため
Clube Atlético Juventus(BRA)
創立:1924年 ホームタウン:São Paulo
昨シーズンの順位:Campeonato Paulista・17位
命名理由:創設者がユヴェントスファンだったため

(単純にソレでいいの?編)
ABC Futebol Clube(BRA)
創立:1915年 ホームタウン:Natal
昨シーズンの順位:Campeonato Brasileiro Série B・13位
命名理由:アルゼンチンのA、ブラジルのB、チリのCを取ったため
Olé Brasil Futebol Clube(BRA)
創立:2006年 ホームタウン:Ribeirão Preto
昨シーズンの順位:不明(今季はCampeonato Paulista Série Bに所属)
命名理由:不明(何となくわかる気がするけど)
Club de Deportes Santiago Morning(CHL)
創立:1903年 ホームタウン:La Pintana
昨シーズンの順位:Campeonato Nacional BancoEstado・9位
命名理由:Santiago FCとMorning Starという2クラブが合併したため
Club Destroyers(BOL)
創立:1948年 ホームタウン:Santa Cruz
昨シーズンの順位:不明
命名理由:不明
The Strongest(BOL)
創立:1908年 ホームタウン:La Paz
昨シーズンの順位:Liga de Fútbol Profesional Boliviano・8位
命名理由:ボリビア最古のクラブで強かったから(以前はThe Strong FCだった)
Club Bamin Real Potosí(BOL)
創立:1986年 ホームタウン:Potosí
昨シーズンの順位:Liga de Fútbol Profesional Boliviano・1位
命名理由:レアル・マドリー好きのスペイン人が命名したから
Total Clean F.B.C.(PER)
創立:2004年 ホームタウン:Callao
昨シーズンの順位:Segunda División Peruana・1位
命名理由:当初はTotal Cleanという地元クリーニング店のチームだったので

色々調べた感触では、アフリカとかカリブ海にまだまだ
ネーミング界の金銀財宝が眠っている感じなので、思い出したらやってみますわ。
写真はホンモノのRangers@Hampden Park
DSCF2858.JPG

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

今週の移籍情報~ここまで決まった案件で渋いヤツ~

  • 2009年06月27日 09:56
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

コンフェデの決勝もブラジルは予想通りでしたが、アメリカが躍進。
結構渋いカードになりました。
そして、リベルタドーレスで残っているのも
クルゼイロ、グレミオ、ナシオナル、エストゥディアンテスと割と渋い所揃い。
6月は渋い所月間でしょうか。
つーことで、かなりムリヤリな流れであることは重々承知ながら、
ここまで決まった移籍の中で、ちょっとグッと来る渋いメンツをご紹介しましょう。

Mariano Andújar 1983・7・30 Argentina
Estudiantes(ARG)→Catania(ITA)
Bernardo Corradi 1976・3・30 Italy
Reggina(ITA)→Udinese(ITA)
(Manager)Ernesto Valverde 1964・2・9 Spain
Olympiacos(GRE)→Villarreal(ESP)
Alberto Rivera Pizarro 1978・2・16 Spain
Betis(ESP)→Sporting Gijón(ESP)
Joe Hart 1987・4・19 England
Manchester City(ENG)→Birmingham City(ENG) ※Loan
Stuart Taylor 1980・11・28 England
Aston Villa(ENG)→Manchester City(ENG)
Christian Benítez 1986・5・1 Ecuador
Santos Laguna(MEX)→Birmingham City(ENG)
(Maneger)Roberto Martínez 1973・7・13 Spain
Swansea(ENG)→Wigan(ENG)
Marko Marin 1989・3・13 Germany
Borussia Mönchengladbach(GER)→Bremen(GER)
Sami Hyypiä 1973・10・7 Finland
Liverpool(ENG)→Bayer Leverkusen(GER)
(Manager)Michael Skibbe 1965・8・4 Germany
Galatasaray(TUR)→Frankfurt(GER)
(Manager)Zvonimir Soldo 1967・11・2 Croatia
Dinamo Zagreb(CRO)→1. FC Köln(GER)
Nihat Kahveci 1979・11・23 Turkey
Villarreal(ESP)→Beşiktaş(TUR)
(Manager)Thomas Doll 1966・4・9 Germany
FREE→Gençlerbirliği(TUR)
Matías Fernández 1986・5・15 Chile
Villarreal(ESP)→Sporting(POR)
Olof Mellberg 1977・9・3 Sweden
Juventus(ITA)→Olympiacos(GRE)
Leandro Gracián 1982・8・6 Argentina
Boca Juniors(ARG)→Aris Thessaloniki(GRE) ※Loan
(Manager)Mark McGhee 1957・5・25 Scotland
Motherwell(SCO)→Aberdeen(SCO)
(Manager)Tony Mowbray 1963・11・22 England
West Bromwich Albion(ENG)→Celtic(SCO)
(Manager)Lothar Matthäus 1961・3・21 Germany
FREE→FC Fehérvár(HUN)

なんか、アナタそこに行きますか~みたいな監督多いですよね。
特にドイツ周辺は監督がかなり動いてますよ。
他にも、Felix Magath、Jupp Heynckes、Armin Veh、そしてLouis van Gaal!
あと、ここ数年思うんですけど
トルコやギリシャはいい選手やいい監督獲ってますよねえ。
フラッと見に行っても楽しいリーグなんじゃないかなあ。
まあフラッと見に行ける距離じゃないんですけど。
そして何つっても松井大輔選手!グルノーブルですか~
メッチャいい所でしたからねえ。こりゃまた行かなきゃいけないな。
この企画は今後も例年通り、定期的にやってきます。
写真はグルノーブルのホームスタジアム、Stade des Alpes。いい感じです。
DSCF3818.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

今シーズンの御礼。

  • 2009年06月26日 18:51
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

たった2回なのに、もはや恒例となりつつある公開収録の放送を最後に
さよ~なら~となった08/09シーズン。
今シーズンも結構“初めて”が多かったですねえ。
前半戦で言うと、
①番組史上初めてオランダ上陸
②番組史上初めてペレとマラドーナが特別出演(VTRのみ)
③番組史上初めて女性の現役選手がスタジオに登場
④番組史上初めて女性2人がゲスト
⑤日本のTVメディアで初めて(たぶん)ホッフェンハイムを取材
⑥番組史上初めて金子さんがコスプレで登場
⑦番組史上初めてポルトガル上陸
後半戦では
⑧原さん、技術委員長就任後初めてのTV出演
⑨日本のTVメディアで初めて(たぶん)ユナイテッドの双子インタビューを放送
⑩番組史上初めて山口素弘さんがスタジオ登場
⑪番組史上初めてフランス上陸
⑫番組史上初めてマリーニョさんのフットサルシーンを放送
⑬番組史上初めて上川徹さんがスタジオ登場
⑭番組史上初めてデラ富樫がスタジオ登場
⑮番組史上初めてGK特集を放送

パッと思いつく“初めて”はとりあえずこんなもんです。まだまだあるでしょうけど。
では、08/09シーズンの全放送回を一挙に振り返りましょう。
まずはアペルトゥーラからどうぞ!

kurashiki2.JPG
sawa2.JPG
hibino2.JPG

8/15 #01  倉敷保雄のオランダ紀行~和蘭・十八箇所スタジアム巡り①with中山淳 
8/22 #02  藤原素材でマリーニョPresents セレソンインタビュー
8/29 #03  原博実&木村浩嗣Presents どこよりも早いCLグループリーグプレビュー
9/05 #04  粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集①
9/12 #05  倉敷保雄のオランダ紀行~和蘭・十八箇所スタジアム巡り②with中山淳
9/19 #06  亘さんの北京五輪アルゼンチン代表潜入レポート
9/26 #07  マリーニョさんの仙台カップロケ&藤原さん素材
10/03 #08  澤穂希&日々野真理Presents色々お話聞いてみました
10/10 #09  幸谷秀巳&金子達仁Presents CLグループリーグ2節終わって大放談
10/17 #10  良平さんのドイツ紀行①~ホッフェンハイム編~
10/24 #11  藤原素材でマリーニョPresents エラーノ&ホドリゴ・メンデスインタビュー
10/31 #12  良平さんのドイツ紀行②~メンヘングラートバッハ編~with金子達仁
11/07 #13  良平さんのドイツ紀行③~ケルン編~
11/14 #14  木村浩嗣Presents CLグループリーグ4節を終えての中間考査
11/21 #15  粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集②
11/28 #16  亘さんのアミーゴを訪ねて~レアル・マドリー編~
12/05 #17  藤原素材でマリーニョPresents フルミネンセ特集
12/12 #18  亘さんのアミーゴを訪ねて~アトレティコ・マドリー編~
12/19 #19  亘さんのアミーゴを訪ねて~ベンフィカ編~
12/26 #20  西部謙司&幸谷秀巳Presents CL決勝トーナメント1回戦完全プレビュー
kasuya2.JPG
ryohei2.JPG
kotani2.JPG

この08/09アペルトゥーラ分の一口メモは
昨年12月28日分ブログhttp://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/12/post_384.html
に詳細ありますので、ご参照お願いいたします。
では続いて、08/09クラウスーラに行ってみましょう。

hara.JPG
yamaguchi.JPG
kamikawa.JPG

1/16 #21 亘さんのクラブW杯潜入レポート~パチューカ、LDUキト、ユナイテッド~
1/23 #22 藤原素材でマリーニョPresents ジーニョインタビュー&チャリティーマッチ
1/30 #23 東本貢司Presents コージーのスコットランド&英国系講座
2/06 #24 粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集③
2/13 #25 祝・技術委員長就任!原博実のサッカー放談
2/20 #26 幸谷秀巳Presents ヒデミのスペイン特集~代理人事情やバルサの倒し方~
2/27 #27 藤原清美Presents ファビオ君&ハファエウ君にインタビューwith粕谷秀樹
3/06 #28 山口素弘さんで小林、反町、高木3監督インタビュー特集
3/13 #29 中山さんのフランス紀行①~パリ編~
3/20 #30 中山さんのフランス紀行②~サンテティエンヌ・松井大輔インタビューほか編~
3/27 #31 藤原素材でマリーニョさんの故郷を訪ねて~ベロオリゾンチ編~
4/03 #32 山口素弘Presents ピボーテを語る!
4/10 #33 上川徹Presents Foot!レフェリーカレッジ
4/17 #34 西部謙司&金子達仁Presents CL準々決勝レビュー&準決勝プレビュー
4/24 #35 藤原素材でマリーニョPresents ジョー&デニウソンインタビュー
5/01 #36 粕谷秀樹Presents ヒデキのプレミアリーグ特集④
5/08 #37 亘さんのアミーゴをたずねて~イタリア・カターニャ編~
5/15 #38 亘さんのアミーゴをつくろう~イタリア・ユヴェントス編~with(?)デラ富樫
5/22 #39 藤原素材でマリーニョPresents ポルトアレグレ特集
5/29 #40 木村浩嗣Presents 08-09CL回顧&楽しいセビージャ生活
6/05 #41 良平さんのフロインツを訪ねて~シュトゥットガルト編~
6/12 #42 良平さんのフロインツを訪ねて~ケルン・ヘリングス氏のGKレッスン編~
6/19 #43 番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」

nakayama.JPG
fujiwara.JPG
nishibe.JPG

#21はお得意の潜入モノでヒメネス、アラウーホに突撃。#22はマイアミで頑張るジーニョインタビュー。#23ではスコットランドよりついつい英国系の話をしたいコージーが登場。#24ではムーミンを知らない粕谷さんに倉敷さんが“ムーミンクイズ”出してました。協会のエラ~いポストに就任した直後に原さんが来たのが#25。幸谷さんが代理人事情を嬉々として話してくれたのは#26。そして#27ではファビオ&ハファエウとヒデキ&キヨミのコラボが実現。#28では番組初登場の山口さんが反町監督との関係を色々と明かしてくれました。中山さん初ロケはフランスに行った#29#30。マケレレ、ル・グエン、松井大輔が登場しましたねえ。#31は故郷に帰ったマリーニョさんのプライベート映像満載だった“マリーニョ祭”。#32では山口さんのピボーテに対する想いが伝わってきました。#33はスタジオがレフェリーカレッジに。上川さん男前です。#34はカリスマライター同士がちょっと火花を散らした感じ。結構レアなヤングブラジリアンをご紹介したのは#35。粕谷さんがクイズで逆襲したのが#36。そして、#37#38ではWATAがイタリア初上陸。ボルサリーノで登場しました。#39は田口Pご指名でユナイテッド加入候補2人のインタビュー。#40ではすっかりスペイン生活を満喫している編集長が久々登場。おなじみ良平さんのドイツ紀行は#41#42。ギドのシュトゥットガルト案内、ヘリングスさんのGKレッスンと相当スペシャルでしたねえ。そして、番組史上2回目の公開収録を#43でお届けして、幕を閉じたという訳です。

kimura.JPG
koji.JPG
kaneko.JPG

なお、オマケとして今シーズンの出演者コラボシリーズをミニ画像でどうぞ!
hara-kimura2.JPGsawa-hibino2.JPGkotani-kaneko2.JPG
ryohei-kaneko2.JPGkotani-nisibe.JPGfujiwara-kasuya.JPG
nishibe-kaneko.JPGmarinho-watari.JPG

今回で3回目となる“今シーズンの御礼”なんですが、
コレをやると改めてシーズンを振り返れて、自分にとっても意味あるなあって思ったり。
いやはや、しかし今シーズンも色んなことをやったもんですなあ。
まあ、現状で使用できる試合映像があんまりない状況は続いており、
例えばブンデスの放映権がなくなってから良平さんにドイツへ行って頂いたり、
例えばリーグアンの放映権がなくなってから中山さんにフランスへ行って頂いたり、
例えばエールディビジの放映権がないのに倉敷さんにオランダへ行って頂いたり、
みたいなことをやっているにも関わらず、
これだけ多くの皆さんに支持して頂いているという事実だけでも本当にありがたいことです。
来シーズンはいよいよ10周年なんですねえ。
ちなみにここまでの9シーズン中、
制作スタッフの中で全てに携わっている生き残りは田口Pと甲斐チーフのみ。
(石神画伯は04/05シーズンより、AD土屋は03/04シーズンの3月より)
スタッフだけをとっても、人から人へ色々なものが受け継がれて、
ようやく10シーズンという節目の時を迎えようとしている訳です。
もちろん全力を尽くして新シーズンに臨む所存ではありますが、
公開収録時に答えて頂いたアンケートでも特に多かった番組の色、
「フランク」「フレンドリー」「ゆるい」なんて部分を失わないように
適度な全力でこれからも頑張っていこうと思います。
これからも「Foot!」を宜しくお願いいたします。

marinho0809.JPG
watari dera.JPG

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

6/19放送分 プレゼント当選者発表!

     
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先週6月19日放送分のプレゼント当選者ですが
番組でも告知した通り、こちらで発表させていただきます。
08/09シーズン最終回のプレゼントは、
Foot!復刻版Tシャツに公開収録のメンバー、
マリーニョさん、亘さん、倉敷さんに加えて、
当日遊びに来て下さったカジヒデキさんの
サインを入れた間違いなく全世界1点モノを
1名様にプレゼント、ということになっていました。
今回の当選者はこちらの方です。

神奈川県川崎市 佐藤篤さん

今シーズン最後の当選者は神奈川県にお住まいの佐藤さんです!おめでとうございます!
来シーズンはどんなプレゼントを皆さんにお届けできるでしょうか。
ハッキリ言って出たとこ勝負な感じもある毎週のプレゼントですが
皆さんに喜んで頂けるようなモノを極力ご用意できるように頑張ってみます。
今シーズンもたくさんのご応募、本当にありがとうございました。
present

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (1) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国昇降格事情~08/09決定版~

  • 2009年06月22日 18:22
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ヨーロッパのシーズンもすっかり終わり…
なんてことを昨日以前に軽々しく口にしていた覚えのある皆さん、
まだ終わってなかったリーグがあったんですよ!
もちろん春開幕のロシアだとか北欧だとか、そういうトリック的なことじゃありません。
そのリーグとは、リーガ・エスパニョーラ2部。
すなわちLiga Adelante Segunda divisionです。
なんと国の代表チームがコンフェデ戦っている裏で、最終節やってたんですよ!
ということで、昨日をもって欧州各国リーグの順位は出揃いました。(たぶん)
これが、08/09シーズンの昇格、降格情報決定版です。
【イタリア・セリエA】
(降格)18位・Torino、19位・Reggina、20位・Lecce

最終節を前にRegginaとLecceは降格が決定。
34ptsで並ぶTorinoとBolognaの一騎打ちに。
ただ、直接対決で優位に立つBolognaは勝てば無条件で残留を果たす。
共に先制する立ち上がりだった最終節、
Bolognaは追加点を奪い、Torinoは同点ゴールを献上。
そのまま逆転を許し、敗れたTorinoが4シーズンぶりにセリエBへ降格した。
【イタリア・セリエB】
(昇格)1位・Bari、2位・Parma、プレーオフ勝者・Livorno

BariとParmaは3位以下に大差を付けて、早々に昇格決定。
残る1枠はプレーオフの行方に委ねられる。
準決勝第1戦、6位Grossetoは3位のLivornoに2-0で先勝。
5位Empoliは4位のBresciaとホームで1-1と引き分ける。
第2戦、Livornoが意地を見せ、4-1で逆転勝利。決勝へ。
初の昇格を狙ったGrossetoは退場者4人を出し、力尽きた。
もう1試合はBresciaが3-0で圧勝。やはり3位と4位が雌雄を決する。
6/14、決勝第1戦はLivornoが2点先制も、Bresciaが追いつきドロー。
そして第2戦はLivornoが後半一気の3ゴール!見事1シーズンでの復帰を決めた。
(得点ランキング) 
※以下、2部のみ掲載。データは名前(所属クラブ・ゴール数)。
1位Francesco Tavano(Livorno・24)、2位Barreto(Bari・23)
3位Salvatore Bruno(Modena・18)、Riccardo Meggiorini(Cittadella・18)

【イングランド・プレミアリーグ】
(降格)18位・Newcastle、19位・Middlesbrough、
20位・West Bromwich Albion

J SPORTSの放送リーグなので割愛。
【イングランド・チャンピオンシップ】
(昇格)1位・Wolverhampton、2位・Birmingham、プレーオフ勝者・Burnley

10月から首位を独走したWolverhamptonが一抜け。
2月から2位をキープしていたBirminghamも最後ヨロつきながら自動昇格。
プレーオフは、ずっと圏内にいながらラスト4試合勝ちのなかったCardiffが脱落。
替わってギリギリでPrestonが6位に滑り込んだ。
準決勝第1戦、6位Prestonは3位Sheffield Unitedと1-1のドロー。
5位BurnleyはPK職人の37歳AlexanderがPKを決め、4位Readingに1-0で競り勝つ。
第2戦、Sheffield Unitedは後半に挙げた1点を守り切って決勝進出。
もう一方は、アウェイBurnleyが2点を奪って完勝。34シーズンぶりの1部が目前に。
5/25、聖地ウェンブリーに8万以上の観衆を集めて行われた決勝。
13分にBurnleyがElliottのゴールで先制。これが結果的に決勝点。
カップ戦でJ SPORTS的にはおなじみだったBurnleyが上がってきます!
(得点ランキング)
1位Sylvan Ebanks-Blake(Wolverhampton・25)、
2位Ross McCormack(Cardiff・21)、Jason Scotland(Swansea・21)

【スペイン・リーガBBVA・プリメーラディビシオン】
(降格)18位・Betis、19位・Numancia、20位・Recreativo

下2つは既に降格が決まって迎えた最終節。
42ptsの14位Valladolid、41ptsの15位Getafe、16位Betis、
40ptsの17位Sporting de Gijón、18位Osasunaと5チームに降格の可能性があった。
まず動いたのはOsasuna。11分に失点。しかし4分後に追い付く。
次に動いたのはGijón。23分、降格の決まったRecreativoに先制を許す。
34分、Getafe失点。しかし4分後に同点。崖っぷちの反発力は相当なもの。
前半を終えて、18位にいたのはGijónだった。
後半開始早々、唯一の直接対決にゴールが生まれる。
Valladolid先制。しかしこちらも50分にBetisが追い付き、1-1。
58分、Gijónが同点弾。再び、Osasunaが降格圏に。
しかし60分、JuanfranのゴラッソでOsasunaがリード。
一気に14位まで跳ね上がり、またもGijónが18位に沈む。
そして、この4試合で記録された最後のスコアは67分。
決めたのはGijónのLuis Morán。これで沈んだのは、なんとBetis!
結局、42ptsで並んだ17位Getafeと18位Betisを分けたのは
たった1つの得失点差だった。
【スペイン・リーガアデランテ・セグンダディビシオン】
(昇格)1位・Xerez、2位・Zaragoza、3位・Tenerife

前回、3月に弐部情報をお伝えした時点では
Tenerife(55pts)、Xerez(54pts)、Hércules(53pts)、
Rayo Vallecano(52pts)、Zaragoza(51pts)となっていた。
そこから一つの負けも喫しなかった驚異のクラブはZaragoza。
昇格を決めた41節までの11試合で、なんと9勝2分け。
3試合連続3-0勝利を含む、23得点6失点!
2位に入り、1年でのプリメーラ復帰を決めた。ROKOさん、おめでとうございます!
Tenerifeも41節で8シーズンぶりとなる昇格決定。
1月以降、常に3位以内をキープする抜群の安定感。
28ゴールのNino、20ゴールのAlejandro Alfaro、2人の存在が大きかった。
そして、堂々1位での昇格は昨シーズン15位のXerez。1月以降はほとんど首位で推移。
ライバルのTenerifeとZaragozaに敗れた節は2位に落ちたものの、
最終的には優勝でクラブ初の1部昇格に花を添えた。
(得点ランキング)
1位Ewerthon(Zaragoza・28)、Nino(Tenerife・28)
3位Alejandro Alfaro(Tenerife・20)

【ドイツ・ブンデスリーガ】
(降格)17位・Karlsruher、18位・Bielefeld、プレーオフ敗者・Cottbus

Karlsruherは降格済み。
最終節は27ptsのCottbus、Bielefeld、30ptsのBorussia MGの三つ巴に。
Bielefeldは先制しながら逆転され、追い付くも勝ち点及ばず自動降格。
17位だったCottbusは退場者を出したLeverkusenを3-0で粉砕し、30ptsでプレーオフへ。
Borussia MGは追い付かれるもドローで残留を決める。
しかし、注目のプレーオフではNürnbergに2戦合計0-5で完敗。
結果3チームが降格することとなった。
【ドイツ・ツヴァイテブンデスリーガ】
(昇格)1位・Freiburg、2位・Mainz 05、プレーオフ勝者・Nürnberg

ウィンターブレイク明けは1度も首位を譲らなかったFreiburgは文句なし。
Mainz 05は間隙を縫ってスルスルと2位へ。
後半戦で9ゴールを奪った、ブルキナファソ代表Aristide Bancéが存在感を示した。
中断前は8位だったNürnbergも、後半戦は12試合で完封と守備が安定。
懐かしのMarek Mintálも得点王に輝く活躍で1部に帰ってくる。
(得点ランキング)
1位Benjamin Auer(Aachen・16)、Marek Mintál(Nürnberg・16)
Cédric Makiadi(Duisburg・16)

【フランス・リーグアン】
(降格)18位・Caen、19位・Nantes、20位・Le Havre

Le Havreは3試合を残して降格。Nantesも最終節前に得失点差で事実上降格。
39ptsのSochaux、Le Mans、37ptsのCaen、St. Etienneが残留を目指す。
同時開催の最終節。前半を終えてSochaux、St. Etienneは1点リード。
Le Mansは1-1のドロー。Caenは0-0のドロー。Caenが18位に後退する。
そして結果、Sochaux、St. Etienneは勝利、Le Mansはそのままドロー、
後半1点を奪われたCaenが敗れ、2シーズンの1部暮らしに別れを告げた。
【フランス・リーグドゥ】
(昇格)1位・Lens、2位・Montpellier、3位・Boulogne

12月以降はほとんど首位のLensが最後3連敗しながらも余裕の優勝。
37節終了時点で65ptsのStrasbourg、63ptsのMontpellier、Boulogne、
61ptsのToursと4チームが2枠を争うこととなった。
同時開催の最終節は、Boulogneがいきなり17分までに2点を奪う上々の立ち上がり。
そして最注目の直接対決Montpellier×StrasbourgもMontpellierが2点を奪う。
次に動いたのも直接対決。45分、Strasbourgが1点を返す。
48分、Toursは先に失点し、ほとんど可能性が消える。
63分、Boulogneは得点ランクトップのGregory Thilが3点目。
この時点でBoulogneは得失点+14。+12のStrasbourgはドローでも苦しくなった。
84分、Boulogneがトドメの4点目。そしてMontpellierが勝利。
年明け以降調子を落としていたBoulogneが、最後の最後で
創立110周年を飾る初の1部昇格を決めた。
(得点ランキング)
1位Gregory Thil(Boulogne・19)、
2位Papiss Cissé(Metz・15)、Victor Hugo Montaño(Montpellier・15)

こんな所でしょうか。
結構、初昇格や久々の昇格クラブが多く、今から来シーズンの開幕が楽しみですね。
さて、実は今日J SPORTSの会社説明会に参加してきました。
6月というと、そろそろ内定の出ていない就活生は焦りが出てくる頃でしょうか。
でも、実は自分もJ SPORTSから内定が出たのは大学5年の12月。
しかもそれが就活における最初で最後の内定だったんです。
まあこういう例もあるので、この蒸し暑い時期にスーツを着て戦っている皆さんも
暇な時はこのホームページでも見ながら気分転換を図って
気合入れ過ぎたり、根詰めたりし過ぎない程度で頑張って下さい!
写真は大社駅に続くオススメスポット。岩手・花巻の宮沢賢治記念館横。
あの、「注文の多い料理店」でおなじみの山猫軒です。
山猫軒.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

2010W杯アジア最終予選 オーストラリア×日本雑感

  • 2009年06月17日 21:40
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

“絶対に負けられない戦い”雑感を箇条書きで。時系列になってます。

(試合前)
・ナンだ?今、土屋アンナ流行ってんのか?
・ナンだ?今、眞鍋かをり流行ってんのか?
・松井、10番!!!!!
・ケネディは黄緑じゃなくて赤のヘアバンドしとかないと
・集合写真のカウントは闘莉王なんだ
(前半)
・カモメ飛びすぎ
・ケネディの足長ポストは脅威
・オーストラリアは中盤中央でのプレス相当速い
・見た目より芝はだいぶボコボコしているような弾み方
・ボランチから展開できない分、細かく繋いで崩す意識は高いか
・ニールは次藤くん並に強いなあ(ちょっと足元アヤしいけど)
・カールはW杯にも進出できるがハリウッドにも進出できそう
・失点時のシュウォーツァーは芝生でプレーしてきたからこそ後方に躊躇なく倒れられる
(ハーフタイム)
・さあ来いって言われて抱きかかえられる“リスク”がちょっとうらやましい
・ザスパの守護神、キター!!
・やっぱり今、眞鍋かをり流行ってんのか?
・幹久はガキSPでの“渋谷押し”がキャラ決定にダメを押した感アリ
(後半)
・タクミ、勝ち点差にこだわる熱い姿勢見せた
・ケイヒル、キッチリ闘莉王にリベンジ(ケネディとのサンドも見逃せない)
・松井のボレー直前、「サイド!サイド!」という神の声がプレーに反映された
・シュウォーツァーのヘディングは珍しい
・「決まっても入んないですよ、入んない!」
・アチャー、ナラザキー!ヘリングスさんのVTR見てもらっとけば…
・でもケイヒルやっぱスゲー!!
・うーん、オーストラリア強し
(試合後)
・全部ゴールはセットプレーだったかあ
・大塚愛のこの曲はEUROを思い出す
・セルジオさん、ご立腹
・内野聖陽、スベっちゃった… 
・セクスィー部長のプライベート映像

勝てないっすねえ…
写真はまったく関係ないですけど出雲にある大社駅。
廃駅ですが国の重要文化財。オススメスポットです。
DSCF1745.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

公開収録の御礼

  • 2009年06月14日 22:32
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

なんやかんやで先程会社に帰ってきました。
いやー、今回もまたもや凄まじい熱気を感じる空間でしたねえ。
あまりに熱気があり過ぎたことで、予定より早くオープニング部分が始まってしまい、
倉敷さんに内巻さんのイラストが描かれているパネルを渡す暇がないほど…
亘さんはまだリハーサルだと思い、台本を持ってきていなかったほど…でした。
(でも亘さんが舞台に出る直前、「まだリハーサルだけですよ」と言ったのは私でした)
ただ、前回もそうだったのですが非常に分別あるオトナな皆さまに恵まれて
何一つ問題なくイベントを開催できたことをお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
そして、今回はお越し頂けなかった皆さまにも
いい雰囲気だったんだなあというのが少しでも伝わるように
全力に近い形で木曜日の編集作業を進めたいと思っています。
まあですね、一つだけ例を挙げさせてもらうと
CM①が明けて、アルゼンチンの話題を話すコーナーは合計で12分予定と
台本には明記されていましたが、実際には20分近くやってたんです。
こういう部分がバコバコ編集されていく可能性の高い所ですので
来場して下さった方は、「ここは使われた」とか、「ここは使われなかった」とか、
そういう部分も楽しみにしていて下さい。
ちなみにいつもは収録が時間通りに収まるよう、タイムキーパさんがいるんですけど
今日はいなかったので、大体でしかわかりませんが
全体で予定より15分以上はオーバーしていると思います。頑張ります…
写真の一番右、ネプチューンマンみたいなマスク被ったカラテカはブルータスさんですよ~
meeting0614.JPG
AD土屋“マサシ”

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (13) | トラックバック (0) | ページトップ

ウズベキスタン戦直前情報

  • 2009年06月06日 22:27
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ウズベキスタン戦直前情報をお届けします。

国名:ウズベキスタン共和国(Republic of Uzbekistan)
面積:447,400km²(世界55位) 
※54位はスウェーデン、56位はモロッコ、日本は60位
人口:27,488,220人(世界44位)
※43位はアフガニスタン、45位はマレーシア、日本は10位
人口密度:59人/km²
公用語:ウズベク語、ロシア語の使用も多い
首都:タシケント(人口216万人、ほぼ名古屋と同等)
※パフタコール・タシュケント、ロコモティフ・タシュケント、FCブニョドコルの本拠地
宗教:イスラム教スンニ派が主
民族:ウズベク人(80%)、ロシア人(5.5%)、タジク人(5%)、
    カザフ人(3%)、カラカルパク人(2.5%)
通貨:スム(Sum)
日本との時差:-4時間
政体:共和制
大統領:イスラム・カリモフ(71歳、4選、読書とテニスが趣味)
首相:シャヴカト・ミルズィヤエフ(51歳)
主要産業:綿繊維産業、食品加工、機械製作、金、石油、天然ガス
GDP:27億ドル(2008年IMF調べ、世界84位、日本は2位)
1人当たりのGDP:1026ドル(2008年IMF調べ、世界140位、日本は23位)
失業率:0.4%(2007年EBRD推定)

ライバルを丸裸にしてみました。
ガンバレ、ニッポン!
062.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」観覧応募の御礼

  • 2009年06月02日 20:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先週木曜日で応募を締め切らせて頂いた、
番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」。
前回に負けず劣らず多数のご応募ありがとうございました。
色々なご意見ご感想を頂いて、考えるトコロが多かったですねえ。
そして、皆さまの“イベント”に対するご期待も大いに感じる事ができました。

先日、ジャスト100人の方を厳正なる抽選で決定させて頂きました。
本日の午後、最寄の郵便局に赴き
しかと局員さんに手渡しで当選通知の封筒を託して参りましたので
ご当選された方には明日か明後日にはその通知が届くと思います。
残念ながら今回はお越し頂けなくなってしまった皆さん、ごめんなさい。
ただ、実際に今年は開催するかどうか全く決めてなかったにも関らず
最終回が近付いて来たら、倉敷さん、スタッフ含め
みんな普通にやるノリになってましたから、
来シーズンは10周年記念ですし、是非そちらにご期待下さい。
重ねて多数のご応募、誠にありがとうございました。
では、当選された方は14日にお会いしましょう!
公開収録.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

キリンカップ2009 日本×ベルギー雑感

  • 2009年05月31日 21:29
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

久々に代表戦雑感を箇条書きで。一応時系列になってます。


(試合前)
・イチロー、キャラ変わってきたなあ
(前半)
・主審がロブ・スタイルズ!
・これだけ綺麗な芝なのに“ぬかるんでいる”?
・ベルギーは4‐1‐4‐1じゃなくて4-2-3-1じゃないかなあ
・オランダの強豪エーゼット!って聞くと水木一郎を思い出す
・ベルギーはブロック作ってるのに回されるとバイタル空き過ぎ
・長友のゴールはクラシコのピケゴールを思い出した
・スティーネン、基本的に動くの早過ぎ
・ローランツの1対1は楢崎のポジショニング抜群
・内田はオーバーラップし放題
・さすがカズ!デラ同様にボルサリーノスタイル
・ああ、ドゥラートってハル戦に出てたヤツか
(ハーフタイム)
・あっ、本物のデラがビール飲んでる!
・確かに人生を考えナイト…
・前半のシュート数16対1は凄い
(後半)
・“土の味を知る男”は代表での決定力、ハンパないな
・このケンゴシステムは岡田ジャパン史上最も機能してるのでは
・ドゥラート、チームメイトの対策話しちゃダメだろー
・矢野は高さが持ち味じゃないからJ見てれば長身FWってイメージはない
・大久保、ツイてないなあ…
・ベルギー、枠内シュートゼロ…
・本田は相当ゴールへの意識高くなった
・広島でも実質左SB気味にプレーしてる槙野を短い時間でも見てみたかった
(試合後)
・相手がアレだったとはいえ、2試合連続4-0は内容含め本当にお見事!
・槙野、俊輔と楽しそうにしゃべってるなあ
・祝・“3年連続”10回目の優勝!
・地中海が地元とは、さすがジローラモさん

いい大会だったんじゃないでしょうか。
ウズベキスタン戦が楽しみです。
写真はアーゼット!のホームタウン・アルクマール。
アルクマール.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (5) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」追加情報

  • 2009年05月27日 20:00
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

いよいよ応募締め切りが明日に迫った「Foot!Meeting(仮)2009」。
今回も前回に負けず劣らず多数のご応募を頂いています。
やっぱり皆さん、公開モノを楽しみにして下さってるんですねえ。
いや~、マジありがたいっす。
昨日会場の下見も終わり、大体の構想も形になってきました。
まあ、そんな中からいくつか追加情報が出てきましたので、
以下に掲載いたします。

~追加情報①~
番組収録後には、出演者とのゲーム(ジャンケン大会が濃厚)を決行!
ゲームの勝者には出演者から直接、多分豪華景品が手渡されます。
~追加情報②~
当日は特設ブースを設置。
おなじみのイラストレーター・内巻敦子さん作成の特製イラストグッズを販売します。
~追加情報③~
こちらも昨年同様、収録に関する諸注意を行う前説は、ブルータス&画伯が担当!

なお、大変申し訳ありませんが、出演者のサイン会は
会場の都合と時間の関係上、今回は行いませんのでご了承下さい。
では、あと締め切りまで28時間あまり。
ラストスパート、お待ちしております。
応募はコチラ↓
http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2009/05/footmeeting2009.html
ミステル.jpg

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

番組公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」観覧希望者募集のお知らせ

  • 2009年05月14日 19:44
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今週末の結果次第ではプレミア、リーガ、セリエの優勝が決定。
欧州のカップ戦もあとはファイナルを残すのみとなり
すっかりシーズンの終焉を感じるようになった今日この頃。
皆さんに今年も大事なお知らせがあります。
MC以下、スタッフ一同、完全に味をしめました。
やっちゃいます!やっちゃいますとも!
公開収録「Foot!Meeting(仮)2009」を開催いたします!
現時点で内定しているのはこんな感じです。

■日時:6月14日(日)13:30開場 14:00収録開始 
■会場:パセラ リゾーツ グランデ渋谷 ※基本は全員着席を予定。
■出演者:アデマール・ペレイラ・マリーニョ、亘崇詞、
       倉敷保雄(MC)、ブルータス八戸(一部司会)
■観覧募集人数:100名 ※2人での申し込みも可。応募多数の場合は抽選。
■会費:無料

 
収録時間は前回同様に1時間程度(に収めたい…)。
テーマもまだ詳細は決まっていませんが、このお2人がご出演されるということで
“南米”的なものになるのは間違いないと思って下さい。
あと、前回は平日の夜開催という“過酷なJ2”のようなスケジュールだったために
泣く泣く断念された方が多かったのではないかという予想の下、
今回は日曜の昼開催というスケジュールをご用意いたしました。
また、応募フォームには1人での観覧か、2人での観覧か、という欄があります。
2人での観覧を希望される方は、どちらか1人の方の情報を入力して下さい。
まあ間違いなく追加情報がポロポロ出てくると思いますので
ポロポロ出て来次第、随時HP上にアップしていきます。
それでは多数のご応募お待ちしております!
なお、締め切りは5月28日(木)までとなります。

マリーニョさんA.jpg亘さんC.jpg

*締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (9) | トラックバック (0) | ページトップ

はじめまして♪

  • 2009年05月12日 15:06
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

みなさま、はじめまして☆
新任デスクのえりちゃんことまつおです。
自分でえりちゃんとか言ったら恥ずかしいですね…。
よろしくお願いいたします↓↓
ニャン太郎.JPG

あっちがうか!!
これは私の部屋の、電気のひもについているニャン太郎です。
なんとも言えない目つきが気になって家に連れ帰って早3年です。
おなかを押すと「ニャ-ン」と鳴きます。
ものすごく電気のひもがひっぱりにくいです…。

関係ない話はさておき、
4月からデスクとして働き初め、1ヶ月が経ちました。
ようやく色々なことに慣れてきました。
みなさん個性的でマイペースですが、いい方ばかりです。
とても働きやすい環境だと思います。

私が今までやってきたスポーツはというと、「剣道」、「空手」と武道のみで、
サッカーは全くの初心者です。

少しでも勉強しようとこんな本を買ってみました↓↓
ワールドサッカー歴史年表.JPG

日々勉強、日々成長していきたいと思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

デスク まつお

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

世界への扉~Jリーグから欧州へ~

  • 2009年04月08日 22:21
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今朝のユナイテッド×ポルトは相当面白かったですねえ。
ポルトも撃ち合ったら前線の破壊力は凄いモノがありましたから
来週のセカンドレグも思いっきりガチでぶつかり合って欲しいものです。
そんなポルトの中でも、前半は強力な個を見せ付けていたフッキ。
(後半は完全に封じちゃうところがユナイテッドの凄さでもありますが)
そして途中交替したものの、抜群の運動量を見せていたパク・チソン。
この2人がJリーグでプレーしてたというのもなかなかなことでしょう。
で、ふと思ったんです。
Jリーグで腕を磨いた後、移籍してUEFAチャンピオンズリーグ出場を勝ち取った
選手って今までにどのくらいいるのかなあと。
これは結構壮大なリサーチになりそうでしたが、せっかくなので調べてみました。
なお、UEFAチャンピオンズリーグ出場後にJリーグへ来た選手は除きます。
以下の選手がそんな出世魚たちです。
①はJリーグ在籍歴、②は出場記録、③はUEFAチャンピオンズリーグ出場歴。

アドリアーノ MF・1982/11/14 Brazil
①2001・名古屋 2007・横浜FC 
②リーグ4試合0得点、リーグカップ5試合2得点
③2005/2006・FC Thun(SUI)
アモローゾ FW・1974/7/5 Brazil 
①1992~1993・V川崎 
②出場なし
③2001/2002、2002/2003・Borussia Dortmund(GER)
  2005/2006・Miran(ITA)
アルジェウ DF・1974/9/4 Brazil 
①1996~1997・東京V
②リーグ32試合0得点、リーグカップ20試合3得点、天皇杯5試合1得点
③1999/2000・Porto(POR)
※追加しました。penguinjumpさん、ありがとうございます。
アントニオ DF・1969/5/18 Brazil
①1996~1997・柏
②リーグ24試合0得点、リーグカップ11試合0得点、天皇杯2試合0得点
③2001/2002・Roma(ITA)
  2003/2004・Beşiktaş(TUR)
稲本潤一 MF・1979/9/18 Japan
①1997~2001・G大阪
②リーグ118試合16得点、リーグカップ17試合1得点、天皇杯8試合0得点
③2001/2002・Arsenal(ENG)
  2006/2007・Galatasaray(TUR)
小野伸二 MF・1979/9/27 Japan
①1998~2001、2006~2007・浦和
②リーグ108試合21得点(J1)24試合7得点(J2)
  リーグカップ7試合5得点、天皇杯10試合4得点
③2001/2002、2002/2003・Feyenoord(NED)
カポネ DF・1972/5/23 Brazil 
①1997・京都
②リーグ10試合0得点、リーグカップ5試合0得点、天皇杯1試合0得点
③2000/2001、2001/2002・Galatasaray(TUR)
ジュシエ FW・1983/9/19 Brazil
①2003・柏
②リーグ17試合5得点、リーグカップ2試合0得点、天皇杯1試合0得点
③2008/2009・Bordeaux(FRA)
シルバ FW・1975/7/19 Brazil
①1997~1998・柏
②リーグ22試合10得点、リーグカップ2試合0得点、天皇杯5試合2得点
③2001/2002・Boavista(POR)
鈴木隆行 FW・1976/6/5 Japan
①1996、1998、1999、2000~2005・鹿島 1998・市原 2000・川崎 2007・横浜FM
②リーグ108試合17得点、リーグカップ18試合4得点、天皇杯15試合6得点
③2002/2003・Genk(BEL)
ドゥッダ FW・1974/3/15 Brazil
①1998・柏
②リーグ5試合3得点、リーグカップ4試合2得点
③2001/2002・Boavista(POR)
ドゥドゥ MF・1983/4/15 Brazil
①2004・柏
②リーグ11試合2得点、リーグカップ3試合0得点
③2006/2007、2007/2008・CSKA MOSCOW(RUS)
中村俊輔 MF・1978/6/24 Japan
①1997~2002・横浜M/横浜FM
②リーグ148試合33得点、リーグカップ21試合4得点、天皇杯7試合1得点
③2006/2007~2008/2009・Certic(SCO)
ネイハイス DF・1966/3/23 Netherlands
①1997~1998・浦和
②リーグ27試合6得点、リーグカップ6試合1得点、天皇杯2試合0得点
③1999/2000・Borussia Dortmund(GER)
パク・チソン MF・1981/2/25 Republic of Korea
①2000~2002・京都
②リーグ38試合8得点(J1)38試合3得点(J2)、
  リーグカップ3試合0得点、天皇杯6試合1得点
③2002/2003~2004/2005・PSV(NED)
  2005/2006~2008/2009・Manchester United(ENG)
フッキ FW・1986/7/25 Brazil
①2005、2008・川崎 2006・札幌 2007、2008・東京V
②リーグ22試合8得点(J1)80試合62得点(J2)、
 リーグカップ4試合1得点、天皇杯5試合3得点
③2008/2009・Porto(POR)
ホベルチ FW・1981/2/27 Brazil
①2003・川崎
②リーグ16試合6得点(J2)
③2004/2005・PSV(NED)
  2005/2006・Betis(ESP)
フェレイラ MF・1978/3/12 Portugal
①1998・横浜F 
②出場なし
③2003/2004・Porto(POR)
マルシオ FW・1980/11/6 Turkey(Brazil)
①2003・柏
②リーグ13試合0得点、リーグカップ4試合1得点
③2004/2005、2005/2006・Fenerbahçe(TUR)
  2007/2008・Beşiktaş(TUR)
マルセロ MF・1984/2/10 Brazil
①2002・FC東京 2002・大分
②リーグ1試合0得点(J1)1試合0得点(J2)、リーグカップ1試合0得点
③2008/2009・Panathinaikos(GRE)
ロッシ FW・1977/2/22 Argentina
①1997・福岡
②リーグ11試合0得点
③2002~2003・Basel(SUI)

かなり調べたのでほぼ以上の人たちだと思いますが、
1試合も出なかった選手の記録を探すのはかなり難しいので
もしかしたら他にも何人かいる可能性はあります。
コイツ忘れてるじゃん、という選手がいれば是非コメント欄に通報して下さい。
まあ、結局この企画からわかったことは
“レ●ソル、見る目あるじゃん!!”と
“レ●ソル、何で素材を活かせないのよ!!”という
おおまかに言えば2つの事でした。
写真は、そんな元レ●ソルのジュシエ君が出ていたサンテティエンヌ×ボルドー。
DSCF3848.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

欧州各国弐部事情(2009・3)

  • 2009年03月31日 18:52
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ちょっとごぶさたしてしまいましたが、そろそろ各国2部リーグも大詰め。
またワクワク、そしてドキドキ、ヒヤヒヤする季節がやってまいりました。
3ヵ月ぶりの欧州各国弐部事情、いってみましょう!

手始めに(イタリア・セリエB)から。
レギュレーションは1位と2位が自動昇格、3~6位はプレーオフです。
33節まで消化して(2チームが1試合未消化)、首位は63ptsのBari。
もはやセリエB暮らしも8シーズン目。ムカデパフォーマンスも今は昔です。
現在16戦負けなしと絶好調。トバリエーリも喜んでるかな?
そして4pts差の2位はParma。さらにそこから5pts差の3位はLivorno。
この2チームは昨年の降格組ですね。
それに続くのは51ptsで共に4位となる、BresciaとAlbinoLeffe。
この2チームは昨年のプレーオフ敗退組なんですねえ。
ここに現在圏内である6位のSassuolo(1試合未消化で50pts)。
もうチョイで圏内の7位Empoli(50pts)、8位Triestina(49pts)、
9位Grosseto(46ots)と、ここぐらいまでですか。
得点ランクは1位が18得点でLivornoのFrancesco Tavano
2位が16得点、1月の移籍でRiminiからParmaに移籍したDaniele Vantaggiato
3位がBariのBarretoとAnconaのSalvatore Mastronunzioで15得点。
懐かし所では、13得点のAndrea Caracciolo(Brescia)、
11得点のCristiano Lucarelli(Parma)なんかの頑張る姿が確認されています。
今後の注目カードは、今週末の34節でBariとParmaが直接対決。
5月2日開催予定の38節でAlbinoLeffeとBresciaが激突。
そして5月23日開催予定の41節ではなんと
Livorno×AlbinoLeffe、Brescia×Sassuolo、Empoli×Triestinaが同時対決。
間違いなく、この41節がドラマの行方を左右する大事な一戦になるでしょう。

お次は(イングランド・チャンピオンシップ)。レギュレーションはセリエBと一緒。
消化試合数はまちまちですが概ね38~40試合くらい。
ここはWolverhamptonが10月以降、ずっと首位を堅持し続けています。
2位には5pts差の72ptsでBirmingham City。
落ちてもAlex McLeish監督を信じた効果が出ているかもしれません。
3位は68ptsでReading、4位は66ptsでSheffield United。
この2チームは1位、2位より1試合消化が少ないので、
まだまだ自動昇格圏内も十分狙えます。
続いて5位が、Jスポでは存在感を放ったBurnley(40試合消化で65pts)。
6位がCardiff City(38試合消化で63pts)、7位がPreston(40試合消化で61pts)。
Sheffield UnitedやCardiff Cityが試合数を多く残していることを考えると
実質、Prestonまでの昇格争いに絞られた感はありますね。
得点ランク1位はWolverhamptonのSylvan Ebanks-Blake
メッチャカッコイイ名前の上に24得点挙げてます。ちなみにユナイテッド下部組織出身。
2位は18得点でSwanseaのJason Scotland(トリニダード・トバゴ人)と
ReadingのKevin Doyleが2人ランクイン。
4位は16得点でCardiffのRoss McCormack
5位は15得点で、Watford所属、まさに外人って名前のTommy Smith
Birmingham CityのKevin Phillips(13得点)、Cardiff CityのJay Bothroyd(10得点)
なんかも懐かしい名前です。もう残りは6試合前後。
今後の注目カードは、4月11日開催予定のReading×Sheffield United、
4月13日開催予定のCardiff City×Burnley、
そして4月18日開催予定のBurnley×Sheffield United、Preston×Cardiff City、
などなど。楽しみです。

続いて(スペイン・セグンダディビシオン)。わかりやすく上位3チームが自動昇格。
30節終了現在で、1位から5位まで1pts差で綺麗に並んでいます。
1位Tenerife(55pts)、2位Xerez(54pts)、3位Hércules(53pts)、
4位Rayo Vallecano(52pts)、5位Zaragoza(51pts)。
5位から3pts差の6位がReal Sociedad(48pts)、そこから3pts差で7位Salamanca(45pts)。
以下、8位Castellón(44pts)、9位Huesca(44pts)、10位Levante(43pts)。
残り12試合ということを考えると、このくらいまでが可能性ありますかねえ。
現在首位のTenerifeは、2001/02で降格してからもう7シーズン目の2部生活。
Fernando RedondoRoy Makaayらも輩出している名門だけにそろそろ帰ってこないと。
また、ちょっとビックリは3位のHérculesです。
2005年の1月にミニ・エスタディでバルサBとやってたのを見た時は
まだセグンダBの中堅レベルだったのに、今や1部昇格も狙える位置に。
まあ1996/97にはプリメーラで戦ってたし、昨シーズンはも6位なんですけどね。
あとはやはり4位、“蜂のマーク”でおなじみ・Rayo Vallecano。
ここも2002/03に2部落ち、翌2003/04には3部落ちして6シーズン目。
御年73歳のMaría Teresa Rivero会長も健在ですよ。ここもまた1部で見たいなあ。
得点ランク1位は20得点のZaragoza所属・Ewerthon
2位はTenerifeのNinoで18得点、3位はLas PalmasのMarcos Márquezで17得点。
4位Antoñito(13得点)、5位Momo(12得点)は共にXerez。
他に有名どころでは、4年半前にデポルでインタビューした時に
「今シーズンの目標はここに残ってプレーすることだ」と話してくれた直後に放出されるという
“Foot!の呪い”を思いっきり受けてしまったRubén CastroがHuescaで11得点。
Rubén NavarroがHérculesで8得点とそこそこ頑張ってますね。
今後の注目カードとしては、4月5日開催予定の31節、Rayo Vallecano×Tenerife。
4月12日開催予定の32節、Xerez×Hércules。
6月7日開催予定の40節、Tenerife×Xerezは間違いなく大一番になるでしょう。
個人的にはHérculesとRayo Vallecanoは是非上で見たいと思います。

なお、簡単ではありますがその他の主な2部リーグ情報を。
(ドイツ・ツヴァイテリーガ)は25節消化時点で
1位Freiburg(48pts)、2位Greuther Fürth(45pts)、3位Mainz 05(44pts)が昇格圏。
4位Kaiserslautern(41pts)、5位Duisburg(40pts)、6位Nürnberg(40pts)は可能性が。
(フランス・リーグドゥ)は29節消化時点で
1位Lens(54pts)、2位Strasbourg(52pts)、3位Metz(52pts)が昇格圏。
4位Montpellier(47pts)、5位Angers(46pts)、6位Boulogne(45pts)は可能性が。
(オランダ・エールストディビジ)は32節終了時点で
1位VVV-Venlo(67pts)が自動昇格圏。上がっても本田圭佑はいなそうですけど。
2位はRKC Waalwijk(61pts)ですが、3位は54ptsなので関係ないですね。
とりあえずこんな所で。
次は昇格チームが決まった頃にやろうかなあと思ってます。
写真は前述した4年半前のセグンダB・Barca B×Hércules。
バルサB.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

BBS終了のお知らせ ※追記あり

  • 2009年03月17日 15:29
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2005年8月から3年半近くに渡って
皆さまにご愛顧頂きましたFoot!BBSですが
今月の19日木曜日をもって終了させて頂く事になりました。
当初、このBBSを始めた時にはまだホームページもリニューアル前で
皆さまからのご意見を伺える唯一の場として機能してきましたが、
今後は現行のブログ・コメント欄に統一させて頂こうと思います。
ですので、例えばスタッフにお聞きになりたいことや
視聴者の皆さんでお互いに意見を交換したいことなどありましたら
ブログ本文と関係のない内容でも構いませんので
コメント欄を活用してもらえればと考えています。
今後とも、番組ともどもホームページも宜しくお願い致します。

(3/18 14:00追記)
と、いうのを昨日書いたのですが社内でも勘違いしているモノがおりますので
もっと正確に書きますと、
今回終了するのはあくまでFoot!のBBSです。
現在のトップページだと、中央の【Foot!とは】、【J SPORTS視聴方法】と
いう欄の下にある【Foot!BBS】と書かれている部分、
いわゆる“自由に投稿できる掲示板”です。
ブログ自体は今後も変わらず継続していきますし、
それに付随したコメント欄も継続していくので
今までBBSに投稿して下さっていたような内容を
ブログのコメント欄に書き込んでくださいね、というお知らせでした。
わかりにくくて申し訳ありませんでした。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (3) | トラックバック (0) | ページトップ

“今週のFoot!”のさらに予告

  • 2009年03月01日 17:41
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日は珍しくJリーグの練習場にカメラを持ってオジャマしてきました。
行き先はココです。
馬入グラウンド.JPG

そう、湘南ベルマーレが練習場として使用している馬入ふれあい公園。
湘南が、今シーズンからJFLに昇格した町田ゼルビアと
トレーニングマッチをしていたんですねえ。

なんで馬入を訪れたかというと、もちろん6日放送の番組用VTR撮影のため。
となれば、お話を聞いたのはもちろんこの人です。
反町監督.JPG

11年ぶりに復帰したベルマーレのこと、
五輪代表のこと、
Foot!を見てあのドイツのクラブ行ったんじゃないの疑惑、などなど
色々と語っていただきました。詳しくは金曜日の放送をお楽しみに!
ソリさん、以前と全然変わってない所がオモシロかったです。
シャイでついつい口が悪くなる時もありますけど基本は凄くいい人ですからねえ。
本人は否定するでしょうけど☆

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行(4)Saint-Étienne et Saint-Exupéry~聖☆おじさんと聖☆おにいさん~

  • 2009年02月25日 18:21
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

1週間にも及んだロケも終了。今日、日本へと帰ります。
最後のロケ地はリヨンとなりました。
bercurl.jpg
こんな所から街を眺めたり
Lyon2.jpg
こんな所から街を眺めたり
Lyon3.jpg
こんな所から街を眺めたりしてきました。
本当に綺麗な街だと思います。

ただ、リヨンが生んだ作家でもありパイロットでもあるサン・テグジュペリが書いた
かの有名な「星の王子さま」の中にこういうフレーズがあります。
“ぼくの秘密を教えてあげるよ。とても簡単なことさ。
 心で見ないと、なにも見えない。いちばん大事なことは、目に見えない。”
saint.jpg

この1週間、色々な人と出会い、色々な風景と出会い、
色々なフットボールと出会ってきた時間をちゃんと心で見ることができていたのか。
帰国したら撮影してきたテープと向き合い、大事なことが映像を通して
しっかりと皆さんに伝わるようなVTRをお届けしたいと思います。
もちろん異国で奮闘しているあのサムライにも話を聞いてきているので、
そちらにもご期待下さい。
サンテ.jpg

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行(3)恐るべしMANGAの力~超サイヤ人のバーゲンセール~

  • 2009年02月22日 13:18
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

大都会パリを後にしてやってきたのはグルノーブル。
とりあえず景色メチャメチャ綺麗です。
gronoble1.jpg

この街最大の観光スポットはバスティーユ要塞。
まあ日本で言うと岐阜城みたいなノリですかね。
こんなのに乗って小高い丘を上っていきます。
Cable.jpg

登頂後、要塞周りをフラフラしているとどこからともなく日本語が聞こえた気が。
「がんばれKakarotto…おまえがNumber Oneだ!!」「死ぬなよ、Végéta」
goku.jpg

どうもところどころフランス語っぽい発音だなあと思っていたら
こういうことだったんですねえ。しかもちゃんとTOMY社製。
“SUPER SAIYAN COLLECTION”は全10体。
気になるラインナップは、
①VEGETA②GOGETA③GOHAN④GOKU⑤BULMA
⑥TRUNKS⑦KRILLIN⑧BROLY⑨BARDOCK⑩SAIBAMAN
ぶっちゃけ⑤⑦⑩はSUPERどころかSAIYANですらないですけどね。
一部では最強説が唱えられているBROLY、大抜擢です。
でもそれ以上の大抜擢はなぜかこのメンツで浮きまくってるSAIBAMAN。
ちょっとシティーハンターみたいになってるのが気になりますが
こっちではそういう風に呼ばれてるんでしょうか。
“栽培”がモチーフなんて知らないでしょうからねえ。
いやはや、グルノーブルでドラゴンボールとは恐れ入りました。

ああ、ちゃんとしたお仕事もしてますよ。
(風景撮影だってちゃんとした仕事ですけど)
中山さんにはこの人にインタビューして頂きました。
paul.jpg

なんでもメディアの単独インタビューは約1年ぶりとのこと。
こちらもお楽しみに!

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行(2)忘れられた空間~盛者必衰の理を顕す~

  • 2009年02月21日 15:20
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

皆さんは、“Racing Club de Paris”というクラブをご存知でしょうか。
1896年創設。1935-36シーズンのフランスリーグチャンピオン。
Coupe de France優勝5回を誇る、フランス国内でも名門中の名門。
1983年に実業家のJean-Luc Lagardèreがクラブを買収した後は、
EURO84の優勝メンバーかつ82年ワールドカップ準決勝・西ドイツ戦の
PK戦6人目で登場して失敗したMaxime Bossis、
ビルバオやエスパニョール、PSGの監督を歴任、
同じくEURO84の優勝メンバーでもあるLuis Fernández、
いかにもフランス人の男前然としていたDavid Ginola、
トヨタカップの「ぐあ~、入ったぁ~!!マジェール!!マジェール…!!」
で日本での知名度は抜群のRabah Madjer、
もはや日本語もペラペラの域まで達しているPierre Littbarski、
そしてあのジダンも憧れていたウルグアイの英雄Enzo Francescoli、などなど
キラ星の如く輝くスターたちを買い漁ったものの結果は出せず、
会長Jean-Luc Lagardère退任の翌年となる1990年にクラブは破産。
アマチュアリーグへの降格を余儀なくされ、以降表舞台から姿を消しました。
Racing1.jpg

現在のチーム名は“Racing Club de France Football 92”。
Ligue 1、Ligue 2、Nationalの下に当たる4部リーグ相当の
CFA(Championnat de France Amateurs)に所属しているそうです。
今回は、そのクラブが使っていると思われるスタジアムに行ってきました。
Racing2.jpg

Stade olympique Yves-du-Manoir。通称“Colombes”。
1907年建設。1938年ワールドカップ決勝イタリア対ハンガリーの会場でもあり、
1970年代まではフランスフットボールとラグビーの聖地だったとされる
“Colombes”の今は果たしてどうなっているのかを探ってきています。
詳しくは是非来月放送予定の番組をご覧下さい!
ああ、ちゃんとこういう王道も撮影してますのでご安心を。
gate.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

中山さんと行くフランス紀行(1)世界へと繋がる扉~長谷部くんと大久保くん編~

  • 2009年02月19日 13:39
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

来シーズンからの改称が予定されているため、
1972年から行われてきた現行の呼称では最後の大会となる“UEFAカップ”。
今日は、そんなカップが行われるこの会場を訪れました。
park de princes.jpg
闇夜の中、幻想的に浮かび上がるのは
日本にとっていわゆる黄金世代が初めて獲得した国際大会でのタイトル、
“第1回フランス国際Jr.ユース大会”の舞台でもある、“Parc des Princes”。
翼くんと岬くんが3年ぶりにコンビを組み、
翼くんが師匠であるロベルト本郷と感動の再会を果たしたあのスタジアムに、
日本人である長谷部くんと大久保くんがチームメートとして今夜襲来。
対戦カードはパリ・サンジェルマン対ヴォルフスブルクです。

長谷部くんはスタメン、大久保くんはベンチスタート。
序盤はリーグ戦にプライオリティを置くPSGがややメンバーを落としたこともあって
ヴォルフスブルクが左サイドのゲントナーくんを中心に攻め込みましたが、
なかなかゴールを奪えずにいると、30分過ぎに4-2-3-1から4-4-2へとシフトした
PSGの2トップ、リュインドゥラくんとオアローくんに積極性が出てきて
ホームチームが終盤は押し込んだまま、前半が終わります。
後半に入ると、長谷部くんも前半より高めの位置を取り出し、攻撃に関与。
お互いにチャンスを作りあうオープンな戦いの中、
61分にはミシモビッチくんに替わって大久保くんも登場します。
一進一退のまま迎えた78分、残念ながら長谷部くんはリカルド・コスタくんと交替。
するとその1分後に先制点。ゴールを挙げたのはホームPSG。
途中出場パルトゥシェくんのFKに合わせたのはオアローくん。
パルク・デ・プランスは大騒ぎ!ゴール裏は一気に煙でモクモクし始めます。
さらに83分、シャントムくんのCKに頭から飛び込んだのはまたもオアローくん。
ゲームはそのまま終了し、PSGがホームでの1st-Legを2-0で制しました。
UEFA CUP.jpg

ということで、今やってきているのはおフランスでした。
おフランスと言えば一緒に来ているのは勿論この人です。
Mr nakayama.jpg
翼くんと岬くんが運命的に再会したエッフェル塔の下で茶目っ気たっぷり、
“数えきれない程”回目のフランス訪問となる中山さんと
番組同様に初のフランス訪問となる私が色々とやっとります。
滞在中、また何回かはこちらからアップしますので
適度な期待感でお楽しみに!

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

ここではない何処かへ

  • 2009年02月15日 18:44
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

ちょっくら海外ロケに出てきます。
Foot!史上、ロケ同行は初めての方と初めての土地に行ってきます。
なお、AD土屋の直近海外ロケは
2008・7~8 オランダ
風車.JPG

2008・4 スコットランド
ネッシー.JPG

2007・7~8 フィンランド・スウェーデン
橋.JPG

ここではない何処かに行ってきたいと思います。
おそらく木曜日ぐらいには向こうから何かしらアップできる予定ですので。
では皆さん、またお会いしましょう。ごきげんよう。

AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

ロン(麻雀ではなく)

  • 2009年02月14日 22:51
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先日、木村さんでお馴染みのfootballistaを読んでいると
ライターの中田徹さん(この人も相当精力的です)が
FC Groningenの監督、Ron Jansにインタビューされてたんです。
まあ昨年7月~8月の5日間で18スタジアムを制覇した国ですから
オランダのことはそれ以降、憎からず思って気にしている訳で
しかもその発音のことでかなり苦戦したGroningenでしたし
オッと思って、読み進めていた訳です。
すると、インタビュー中に日本でプレーしていたような内容のやり取りが
出て来たんですね。オフトに呼ばれてマツダに行ったみたいなことが。
「ん?日本?マツダ?ロン・ヤンス?ロン…???あーっ!!!」
思い出したんです。私と彼との繋がりを。それはコレ↓
ron2.jpg

ロンって日本では凄く珍しい名前じゃないですか。
ロンは1987年の1シーズンしか日本にいなかったようなので
計算すると私は小学校低学年だったんですけど、サッカーチップス(当時)を
親に買ってもらって、ロンが出た時の「何、この外人??」という
ちょっと残念な感覚は今でもなんとなく覚えていますよ。
そんなロンが、今や次期PSVの監督候補にまでなってるらしいじゃないですか。
いやあ、このカードも一気にお宝度が上昇しつつあるでしょう。
まあ、そもそもこの年代のマツダからは
松田浩、信藤克義(現・健仁)、高橋真一郎、風間八宏、小林伸二など
現在も一線で活躍している指導者がボッコボコ輩出されてます。
このあたりはその内に以前からずっとそれについて話している甲斐チーフが
特集企画を組む可能性もありますので、気長にお楽しみに。
このスタジアムでロンが指揮を執ってるんですねえ。
Groningen2.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

I'm Looking Through You

  • 2009年02月07日 21:50
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨日はイングランド・プレミア特集だったので、
今日はそれ以外の主な移籍を超独断でまとめてみました。

Ricardo Oliveira(Zaragoza→Betis)
Iván Alonso(Murcia→Espanyol)
Dudu Aouate(Deportivo→Mallorca)
Raúl Bravo(Olympiacos→Numancia)
Sergio Fernández(Zaragoza→Osasuna)
Nikola Žigić(Valencia→Racing)
Julien Faubert(West Ham→Real Madrid)
Iñaki Lafuente(Bilbao→Sporting Gijón)
César Sánchez(Tottenham→Valencia)
José Mari(Betis→Gimnàstic)
Roberto Abbondanzieri(Getafe→Boca Juniors)
Jozy Altidore(Villarreal→Xerez)
Leonardo Ponzio(River Plate→Zaragoza)
Jesús Dátolo(Boca Juniors→Napoli)
Nicola Amoruso(Torino→Siena)
Stefano Okaka Chuka(Roma→Brescia)
Emiliano Bonazzoli(Sampdoria→Fiorentina)
Mikhail Sivakov(BATE→Cagliari)
Albert Streit(Schalke→Hamburger SV)
Toni Kroos(Bayern→Leverkusen)
Leandro Cufré(Monaco→Hertha Berlin)
Kevin-Prince Boateng(Tottenham→Borussia Dortmund)
Alexandros Tziolis(Panathinaikos→Bremen)
Sylvain Wiltord(Rennes→Marseille)
Brandão(Shakhtar→Marseille)
Gabriel Obertan(Bordeaux→Lorient)
Dennis Rommedahl(Ajax→NEC)
Ben Sahar(Chelsea→De Graafschap)
Reimond Manco(PSV→WillemⅡ)
Fabian Ernst(Schalke→Beşiktaş)
Matt Derbyshire(Blackburn→Olympiacos)
Pável Pardo(Stuttgart→Club America)
Maximiliano Moralez(Racing Club→Vélez)

ちょっと渋めどころですが、即効性のありそうな移籍を集めてみました。
Ricardo Oliveiraには是非恐るべき決定力不足のBetisを救ってほしいです。
あとは、アルゼンチン人の多いNapoliに加入したDátolo、
チャンピオンズでも頑張ってたBATEからCagliariへ移ったMikhail Sivakov、
倉敷さんと木村さんの間でも評価が揺れたBrandão、
以前番組でもご紹介した潜在能力は抜群なはずのObertan、
Vélezに新天地を求めたチビッコ・モラレス君には注目していきたいと思います。
写真は、Ben SaharがプレーすることになったDe Graafschapのスタジアム。
メチャクチャいい所だったけどメチャクチャ田舎でした。
デフラーフスシャーフ.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

2008年私的ベストゲーム

  • 2009年01月31日 22:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今日で1月もオシマイですね。
2009年も早1ヶ月が過ぎ去ってしまいました。
そこで忘れない内に、2008年の私的ベストゲームってのを選んでおこうと思います。
昨年も自身でフットボールパワー年間と位置付けた結果、
現場観戦:137試合、TV観戦:930試合、計1067試合を観戦する運びとなりました。
我ながらアホかと思いますが、コレだけ見た人もなかなかいないと思うので、
TV観戦ベスト5、現場観戦ベスト5をそれぞれ選んでみます。

(TV観戦編)
第5位:4月4日 07/08 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1st 
フェネルバフチェ 2×1 チェルシー

セビージャとのPK戦までもつれ込む激戦を制したジーコ・フェネルバフチェ。この日も前半、もはやホームではお馴染みのオウンゴールで先制を許してしまいます。しかしこの大会、まるで何かに取り憑かれたかのような冴えを見せたジーコ采配がまたも的中。後半に入り、切り札・カズム=リチャーズが投入10分後に同点弾を叩き込むと、81分に決勝点を挙げたのは、オウンゴールの憂き目を見たデイヴィッジ。男を感じる名誉挽回の一撃でフェネルバフチェがホームで先勝。結果的に2nd-Legで敗退しますが、ファイナリストになったチェルシーがこの大会で唯一負けたのがこのゲームでした。この頃のジーコは本当に神々しくさえ見える感じのオーラがありましたね。

第4位:11月4日 08/09 イングランド・プレミアリーグ第10週 
トテナム 2×1 リヴァプール

大型補強を敢行したにも拘らず、開幕から絶不調に陥ったスパーズ。ファンデ・ラモスに見切りをつけ、ポーツマスからハリー・レドナップを引き抜いてきます。3日前のアーセナル戦では2点差をつけられた終盤にまさかの同点劇を演じて迎えたゲームは開始早々の3分、カイトに先制弾を許す最悪の立ち上がり。ここまでカップ戦含めて16戦無敗のリヴァプールということも相まって、嫌な空気が流れます。しかし、ハリーマジックはまずキャラガーに信じられないオウンゴールを献上させて同点に。さらに、ほぼノータイムの90分、後半から入ったパブリュチェンコが執念で流し込む決勝ゴール。その後も大して調子が上がって来ないだけに、余計この試合の不思議さが際立っているように思います。

第3位:4月9日 07/08 UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2nd 
リヴァプール 4×2 アーセナル

プレミア勢が大躍進を遂げた昨シーズンのチャンピオンズ。準々決勝でぶつかった同国対決の1st-Legは1対1。まったく勝敗の趨勢が読めないままに迎えた2nd-Legは目まぐるしく勝ち抜けチームが入れ替わる展開になりました。13分ディアビー先制、これでアーセナルがリード。30分ヒューピア、これで同点に。69分、エースのフェルナンド・トーレスがゴラッソ、これでリヴァプールが1点勝ち越し。そして84分、ウォルコットがサイドをぶっちぎる驚異的なドリブルから折り返すとアデバイヨール。これで再びアーセナルがリード。しかしその1分後、終盤に投入されたバベルをコロ・トゥーレが倒してPK。ジェラード冷静に流し込み、再びリヴァプールが勝ち越し。さらに、追加タイムにはバベルがダメ押しの4点目。アウェイゴールの妙が存分に発揮された名勝負でした。

第2位:6月14日 EURO2008 グループリーグ 
ロシア 2×0 スウェーデン

ヒディンクが率いていることで日本でも注目を集めていたロシアでしたが、初戦でスペインに粉砕されると、ギリシャにも最少得点差で何とか勝利。決勝トーナメントに進出するには、このゲームの勝利が絶対条件でした。ここまで出場停止だったアルシャビンが初スタメンだったとはいえ、正直ロシアはもうダメだろうなあと思っていたら、なんと開始直後から恐ろしいまでに前がかってチャンス創りまくり。ボールを奪われても凄まじいプレスで奪い返すなど、今までの2試合は何だったんだと思うくらいの変わり様。結果はパブリュチェンコとアルシャビンの2ゴールだけでしたが7、8点入っていてもおかしくないような圧勝。そのインパクトは深夜でもまったく眠くならないほどだったし、もはや感動の域に達してました。やはりEURO全試合の中でも私にとってはピカイチでしたねえ。

第1位:12月7日 2008 J1第34節 
ジェフユナイテッド千葉 4×2 FC東京

まず、最終節は一斉開催だったので、味スタに行っていた私はこのゲームをライブでは見ていません。そして、当然結果を知った上でゲームの翌日に見ています。それでも、やっぱりコレを上回るモノはないでしょう。あんなドラマ見せられちゃったら、そりゃあ今シーズンもフクアリ行っちゃおうって思いますよ、みんな。でもテレビでしたけど、新居のゴールが決まった後からはちょっと妖気にも近い雰囲気がスタジアムから漂ってましたよね。西部さんもおっしゃってましたが、ハッキリ言って1点取るまではまったく千葉にゴールの香りは感じられなかったですし、磐田と東京Vが共に敗れるという不確定要素までキッチリ揃った訳で、あれこそ本当に“WIN BY ALL”だったんでしょうねえ。現場で見ていた甲斐チーフ、うらやましいですねえ。

(現場観戦)
第5位:4月20日 07/08 スコティッシュFAカップ準決勝@ハンプデン・パーク
セント・ジョンストン 1×1 PK3×4 レインジャーズ

わざわざセント・ジョンストンのホームスタジアムまで出向いて買ったチケットだけあって、ハンプデン・パークの座席もセント・ジョンストンサポーターのど真ん中。やっぱり周囲の煽りも感じると、自然と応援したくなるのはセント・ジョンストン。しかも激しいプレーで20分までにレインジャーズの2選手を負傷退場に追い込みます。その上、粘って粘って延長まで持ち込むとまさかの先制ゴール。沸き立つセント・ジョンストンサポーター。ゴールの瞬間、東本さんは完全に固まってました。その後、追いつかれて結局PK戦で負けちゃったものの、カップ戦の醍醐味が詰め込まれた名勝負でした。日本人で見た人、ほとんどいないでしょうけど。

第4位:11月30日 2008 J2第44節@ニンジニアスタジアム 
愛媛FC 2×3 モンテディオ山形

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/11/j244_1.html
シンジ・コバヤシの昇格を見届けようと、人生初となるニンジニアスタジアム遠征。じゃこ勝つバーガーを食し、蛇口から出るポンジュースを発見し、万全の状態でゲームに臨みました。先制は愛媛。いきなり青野がトンデモナイFK。1週前もNDスタで先制されるシーンを見ていただけに、早速嫌なムードに。長谷川が同点ゴールを決めたものの、またも青野がFKで勝ち越し弾。いやあ、愛媛強いなあ、また今日もかあ、という雰囲気が漂いまくっていた88分、石川がお返しとばかりのFK同点弾。一瞬でスタジアムは異様な空気に。そして追加タイム、途中出場の財前がドリブルで敵陣へ。渡辺がシュート。こぼれ球を豊田。2008年の山形集大成。個人的にも3年連続で昇格が決まる試合を見届けられてよかったです。

第3位:8月31日 天皇杯群馬県予選決勝@敷島
アルテ高崎 1×1 PK6×5 tonan前橋

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/08/tonan.html
もう5年くらいお世話になっていますが、正直亘さんのプレーを初めて見たのがこのゲームでした。同じ群馬県に籍を置くチームながら、スタンドの応援比率は9対1でtonan。アルテにとってはものすごいアウェイを感じるシチュエーションでしたね。実力的にもちょっとアルテが劣勢な中で、案の定先制を許します。そしてようやく75分、亘さんがピッチに立つとそこからゲームは劇的に変容。まさかの同点ゴール→まさかのアルテにレッドカード→亘さん右ウイングから1ボランチに→まさかのtonanにレッドカード、なんて流れに。そしてPK戦でも亘さんは4人目のキッカーを幸谷監督(当時)に命じられ、見事なゴール。結果もPK勝ちで、完全にヒール扱いのアルテが見事優勝。群馬のサッカー史にその名を残した貴重な一戦になりました。

第2位:10月26日 2008 J2第41節@NDスタ
モンテディオ山形 1×0 湘南ベルマーレ

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/10/j241nd.html
今だから言いますけど、この2チームが昨シーズンのMY昇格したらいいなあチームでした。なので、このゲームは結構前から楽しみにしていた一戦だったんです。残り5試合での2位対4位という上位直接対決。ポイント差も6。でも、やはり湘南にとってより負けられないゲームだったのは間違いなかったですね。ゲーム内容もほとんど互角。山形は豊田、湘南は菊池がクロスバーに弾かれる惜しいシュートを放ちます。そして迎えた後半追加タイム、突如としてドリブルを始めた渡辺が突如として放ったミドルがゴールに吸い込まれ、スタジアム爆発。劇的な決勝点で山形がグッと昇格を引き寄せる1勝を挙げる結果になりました。さらに試合後、渡辺がカットインからのシュートは監督に言われて、この試合に向けて練習していた形だった、ということを明かし、チームの結束含めて、私は山形の昇格を確信しました。

第1位:5月21日 2008 J2第15節@正田スタ
ザスパ草津 2×1 水戸ホーリーホック

http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/05/j215_1.html
昨年まで間違いなくJリーグの七不思議に数えられていたであろうジンクスの1つに、“ザスパは連勝できない”というものがありました。1勝すればリーチがかかるだけに、それまでチャレンジすること23回。その全てが失敗に終わっていた当時、「連勝」という響きはもはやザスパに関わる人にとっての悲願だったんです。24回目のチャレンジも松下が目の覚めるようなミドルで先制しながら、オウンゴールを献上して同点に。その後も押し気味ながらゴールは遠く、時計の針も進むばかり。90分も経過し、今日もまたかと落胆がサポーターを包み込んだラストプレーでドラマが起こったんです。ロングスローのこぼれ球を拾った松下が右足を振り抜くと、ボールはバウンドしながらなぜかDFやGKをよけてゴールへ。その瞬間の正田スタを私は忘れることができません。記録上はただの勝ち点3ですが、あれほどまでに色々な想いが詰め込まれていた勝ち点3は、ちょっと他にはないですね。あの場にいられたことを、フットボールの神様に感謝したくなるような、そんな夜でした。

TV観戦で迷ったのは
4/16 07/08 スコットランド第21節 セルティック 2×1 レインジャーズ
6/25 EURO2008 準決勝 ドイツ 3×2 トルコ
10/28 2008 J2第41節 C大阪 3×4 仙台
10/30 プレミア第9週 アーセナル 4×4 トテナム
11/24 2008 J1第32節 京都 2×3 名古屋
現場観戦で迷ったのは
4/26 2008 J1第8節 川崎 3×2 柏
5/18 2008 J2第14節 仙台 3×2 山形
10/12 天皇杯3回戦 湘南 1×1 PK4×5 松本山雅FC
12/10 2008 J1J2入れ替え戦第1戦 仙台 1×1 磐田
12/13 2008 J1J2入れ替え戦第2戦 磐田 2×1 仙台

もしこれこそは2008年ベストというゲームがあれば、皆さんのコメントもお待ちしてます。
写真は、現場観戦第5位のPK戦直前。今年もいっぱい見ますよ~!

scotland FA.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (5) | トラックバック (0) | ページトップ

コラボウェア納品完了です!

  • 2009年01月22日 21:52
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨年末、大好評を頂きましたFoot!×スポーツショップ日本人コラボウェア。
めでたくジャージ・ネイビーの納品が完了したことで
今回作成したコラボウェアはすべて皆さまのお手元へと届く運びとなりました。
ご購入下さった皆さま、誠にありがとうございました。
そして、既に日本人さんの店頭にもこうして並べられております。
display navy.jpg display shop.jpg

いやあ、これで日本人さんの店頭にようやくコラボウェアがコンプリートかと
思っていたんですけど、なんとありがたいことに完売が1種類出てしまいました。
それは、ジャージのグレー!
他にも下の2種類はかなり品薄になってきているとのことです。
grey polo.JPG grey parker.JPG

お店への行き方はこちらをご参照下さい。
http://www.jsports.co.jp/tv/foot/2008/04/foott_1.html
また、日本人さんオンラインショップでの購入も可能です。
http://sportsshop-nihonjin.com/

現在はこちらのコーディネートがお店の入り口に。
cordinate.JPG

買いそびれてしまった方は、是非日本人さんへGO!でお願いします。

AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

我楽視聴世界蹴球

  • 2009年01月18日 22:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

昨夜のプレミアは、ほぼ同時刻に行われてた2試合が
スコアこそ違えど非常に似た感じの結果になりましたね。
まず、チェルシーはデラップ渾身の“足技”が炸裂してしまい失点。
あのまま終わっちゃう雰囲気満々だったのに、
ディ・サント→ベレッチという交替出場コンビが同点弾をぶち込むと、
最後の最後でランパードの決勝弾(若干バラックが自分のゴールだとアピール!?)。
ランパードが走り寄る選手を押しのけて、フェリポンに抱きついたのが印象的でした。
まあ、ユナイテッドに完敗を喫した直後だったので、
あの試合をあの内容で連敗ということになったら、いよいよフェリポンも…
という中で信じられない勝負強さを発揮してくれましたね。
そして、前節ではチェルシーを完膚なきまでに叩きのめしたユナイテッドも大苦戦。
ボルトンがスタメンを見てもちょっと守備的なムードがある中で、
なかなかチャンスすら作れない状況になっちゃってましたね。
クリスケ(田口さん風)のFKもことごとくヤースケライネンに弾き飛ばされるし、
こちらももはや勝ち点1が精一杯、ルーニー不在は高く付くのねと思っていたら、
最後は金曜日のFoot!にチョロっとVTR出演したテベス君ですよ。
あの混戦をゴリゴリ抜けちゃう力強さと、クロスの繊細さはまさにテベス君。
あれをしっかり頭で押し込んじゃうベルバも素晴らしい!
英語がほとんど喋れないというテベス君が、スコールズ先輩やギグス先輩に
頭をナデナデされているシーンは、ちょっと感動的なモノがありました。
共に主力を欠いてのこの勝ち方は、今後に好影響を与えそうですよね。
アーセナルも、いい意味でナスリが我を出したプレーをし始めてるのは好材料。
勝ち方もよかったので、こちらも底は脱した感がありました。
でも、やっぱり凄まじかったのはバルサ。
なんですか、あのムチャクチャな攻撃力は。アンリも完全に覚醒してるし。
その上、イニエスタが途中から出てくる層の厚さですからね。
フアン・ロドリゲスのGKも霞む、あの強さは異次元です。
といった感じでこの週末もメチャメチャ試合見ちゃってます。
いやあ、日本ってホントにいっぱい試合見られて幸せな国ですね。
この後は、昨年4月に行って来たアバディーンのホームスタジアムから
わざわざ日本へと映像を送ってくれるので、それ見ないと。
で、プレミア→リーガで4試合ノンストップ!キリないぞ~
ちなみにアバディーンのユニフォームサプライヤーは世界のNIKEですよ。
あと20分くらい経てば、この写真のスタジアムで試合始まります。
abadeen.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

ユニフォームサプライヤー

  • 2009年01月17日 23:25
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

先日行われていたFA杯3回戦のサウスエンド×チェルシー。
後半はちょっと切れてしまって、4失点を喫し敗れたサウスエンドでしたが
バレットやクラーク、スタニスラスなどオッと思わせるタレントもいましたね。
でも、一番オッと思ったのはサウスエンドのユニフォームが世界のNIKEだったこと。
私は下のディビジョンのチームの試合を見ると、
ついついユニフォームはどこの着てんだろうなあ、というのが気になってしまいます。
ヴィラ相手に健闘したジリンガムは“Vandanel”というイングランドの2部以下に
多数サプライしている、英国系メーカーがサプライヤー。
また、カーリングカップで快進撃を続けているバーンリーはイタリア系メーカーのERREA。
同じくカーリングで頑張ってるダービーは生意気にもadidas着てますねえ。
これを気にしだすと、本当に果てなくなっちゃいますのでこれぐらいにしておきますが、
ちなみに高校選手権のベスト4進出校はASICS、UMBRO、PUMA、adidasと
綺麗に分かれていたことだけはお伝えしておきます。
また、高校時代のユニフォームがERREAで「これ、どこのメーカー?」という
疑念を拭い去れずにプレーしていた私としては
DELL'ERBAを着ていた高知高校にちょっと好感持っちゃいました。
ではデータとして、今季のJFL参加クラブのサプライヤー一覧を掲載しときます。

(Honda FC)UMBRO
(ガイナーレ鳥取)hummel
(流通経済大)adidas
(横河武蔵野FC)UMBRO
(FC刈谷)hummel
(ソニー仙台FC)UMBRO
(ニューウェーブ北九州)UMBRO
(佐川印刷SC)ASICS
(SAGAWA SHIGA FC)UMBRO
(TDK SC)PUMA
(MIOびわこ草津)SVOLME
(ジェフリザーブズ)Kappa
(FC琉球)Kappa
(アルテ高崎)A-LINE
(三菱自動車水島FC)ASICS
(V・ファーレン長崎)PUMA
(FC町田ゼルビア)hummel
(ホンダロックサッカー部)不明

今後、サプライヤーにもちょっと注目してみてはいかがでしょうか。
写真はスコットランド・マザウェルのオフィシャルジャージ。
私が持っている数あるウェアの中でも最謎サプライヤーです。
motherwell.JPG
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

第87回高校選手権・勝手に表彰式 

  • 2009年01月15日 16:53
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

2年前にもこの企画をやったんですけど、
やっぱり総括の意味も込めて、コレやっときたいと思います。
大会MVP、ベストイレブン、ベストゲームということで。
まず画伯はコチラ。
大会MVP
大迫勇也(鹿児島城西・3年)
ベストイレブン(見た選手のみで選出)
GK:長峰大樹(鹿島学園・3年) 
DF:松岡祐介(広島皆実・3年)、村田俊介(広島皆実・3年)
   笛田祥平(前橋育英・3年)、藤本大(大津・3年)
MF:大迫希(鹿児島城西・3年)、六平光政(前橋育英・3年)
   米田賢生(前橋育英・3年)、中美慶哉(前橋育英・2年)
FW:大迫勇也(鹿児島城西・3年)、野村章悟(鹿児島城西・3年)
SUB:DF青木將英(市立船橋・3年)、阿渡真也(鹿島学園・3年)
    MF平原慎也(鹿児島城西・2年)、登里享平(香川西・3年)
    FW小牟田洋佑(前橋育英・1年)
ベストゲーム
青森山田×鹿児島城西(両チームがお互いに攻め合ってたから)

AD土屋はコチラ。
大会MVP
松岡祐介(広島皆実・3年)
ベストイレブン(実際に見て個が光った選手を選出)
GK:神舎宏(広島皆実・2年) 
DF:松岡祐介(広島皆実・3年)、村田俊介(広島皆実・3年)
   阿渡真也(鹿島学園・3年)、藤本大(大津・3年)
MF:六平光政(前橋育英・3年)、米田賢生(前橋育英・3年)
   中美慶哉(前橋育英・2年)、藤崎悠太(大津・2年)
FW:大迫勇也(鹿児島城西・3年)、野村章悟(鹿児島城西・3年)
SUB:DF笛田祥平(前橋育英・3年)、MF谷本泰基(広島皆実・3年)
    海野智之(藤枝東・1年)、西田直斗(大津・3年)
    FW金島悠太(広島皆実・3年)
ベストゲーム
大津×藤枝東(力の差はあったと思うが終盤見せた藤枝東の猛攻が印象深い)

もう第88回への戦いは全国で始まっています。
今後もこの年代の情報は逐一お届けしていきますね。
写真は、先日行われたFoot!新年会の1コマより。
200901132225001.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (4) | トラックバック (0) | ページトップ

Foot!にまつわる都市伝説

  • 2009年01月14日 20:38
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

まことしやかに伝えられている都市伝説の1つに
“Foot!が取材に行ったチームや、取材した選手には何か不吉なことが起こる”という
番組制作サイドとしては非常にありがたくないものがあります。
ただ、実際に思い当たるフシがありまくるのも確か…
なので、ちょっと07/08シーズンに限って、本当にその都市伝説は
生きているのか、ザックリと確かめてみました。

8/17 #1
(取材対象)エルフスボリ/ステファン・イシザキ
(取材後のトピック)CL予備予選でバレンシアに完敗。イシザキ君も代表遠のく。
8/31 #3
(取材対象)マルメFF/ヤリ・リトマネン
(取材後のトピック)インタビュー2日後にリトマネン退団。
9/28 #7
(取材対象)サラゴサ/ロベルト・アジャラ&パブロ・アイマール
(取材後のトピック)サラゴサ2部降格。アイマールはベンフィカへ。
10/12 #9
(取材対象)エスパニョール/クレメンテ・ロドリゲス&パブロ・サバレタ
(取材後のトピック)クレメンテは願い空しくロシアへ帰還。サバレタはプレミアに栄転。
11/9 #13
(取材対象)バイエルン・ミュンヘン/パウル・ブライトナー
(取材後のトピック)取材後も順調に首位を快走し優勝!
11/16 #14
(取材対象)ケルン/ヴォルフガンク・オベラート
(取材後のトピック)7位に低迷していたが、取材後ジワジワ順位を上げ見事1部昇格!
12/07 #17
(取材対象)ボルシアMG/ホルスト・ヴォーラース、アーヘン/ギド・ブッフバルト
(取材後のトピック)ボルシアMGは見事に2部優勝で昇格を決めたが、
ブッフバルトはインタビューVTR紹介前に解任の憂き目を見る。
1/25 #23
(取材対象)バルセロナ/チキ・ベギリスタイン
(取材後のトピック)チームは崩壊し、無冠でシーズンを終える。
2/1 #24
(取材対象)ラス・パルマス/福田健二
(取材後のトピック)残念ながら活躍しきれず、ギリシャへと移籍。
2/8 #25
(取材対象)レクレアティーボ/ビクトル・ムニョス
(取材後のトピック)インタビュー後、放送前にビクトル・ムニョス解任。
2/15 #26
(取材対象)ハビエル・イルレタ
(取材後のトピック)インタビュー直後、サラゴサの監督に就任するも6試合で電撃辞任。
3/14 #30
(取材対象)エスパニョール/エルネスト・バルベルデ
(取材後のトピック)インタビュー時は3位も、その後ズルズル順位を下げ12位でフィニッシュ。
5/2 #37
(取材対象)アバディーン/ジミー・コールダウッド
(取材後のトピック)ホームでレンジャーズを破り、セルティック優勝をアシスト。
5/9 #38
(取材対象)マザウェル/マーク・マッギー
(取材後のトピック)そのまま3位をキープし、UEFAカップ出場権獲得!

どうやら、スペイン勢は都市伝説の嫌な恩恵を受けがちですねえ。
今季もインタビュー後のウィルクシャーが放送を待たずに移籍してたりしてますが
これにメゲることなく、今後もアグレッシブに動き回りたいと思います。
DSCF2367.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (5) | トラックバック (0) | ページトップ

高校選手権決勝プレビュー

  • 2009年01月11日 21:37
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

このHP上でもレポートを随時掲載してきた高校選手権も
明日が終われば、いよいよ全国の頂点に立つチームが決定。
決勝のカードは、共に初優勝を目指すフレッシュな顔合わせとなりました。
絶対的なエース、大迫勇也を擁して27つものゴールを積み重ねてきた鹿児島城西。
初戦をPK戦で勝ち切ると、5試合で失点1と鉄壁の堅牢を築いてきた広島皆実。
今大会のいわゆる”攻”の主役と、“守”の主役との激突。
ここでは簡単にプレビューをしておきたいと思います。
まず、色々な意味で大きな注目を集めることとなった鹿児島城西。
誤解を恐れずに言うならば、このチームの戦術は大迫勇に集約されます。
攻撃時に、まず城西の各選手が探してボールを預けるのは大迫勇。
彼にボールが入った時が一つの起動スイッチとなっているのは明らか。
そして、アシストの数からもわかるように大迫勇自身も
自分で行く所と、味方を使う所の判断がしっかりできているために
ここまで数多くのゴールが生まれて来た訳です。
ただ、ひとたび彼が抑え込まれると残念ながら攻撃は機能不全に。
昨日の前橋育英戦も、厳しいプレスの餌食となってしまったことで
結果的には3点目を自ら取りましたが、あとはセットプレーと相手のミス。
試合の主導権自体は完全に握られたままで、前半を終えていました。
皆実はおそらく特定のマークは付けて来ないでしょうが、
ゾーンで守る守備ブロックの完成度はおそらく大会ナンバーワン。
皆実もまずは大迫勇をキッチリと抑えに来ることは間違いないので
それを上回る能力を発揮できるかが、まずゲームのポイントでしょう。
あと、皆実は守備陣ばかりがクローズアップされますが
確実なパスワークでしっかりポゼッションの取れるチームです。
そして特筆すべきはサイド攻撃のアグレッシブさ。
準々決勝の四日市中央工戦も決勝点となった1点目は左SB崎原のアシスト。
さらに昨日の鹿島学園戦も決勝点のアシストは右SBの村田。
この両広島JY出身SBと、佐々木、谷本の両SHが仕掛けるサイド攻撃は機を見るに敏。
得点数は決して多くないものの、得点を奪う形はしっかりと確立されており、
少ないチャンスで成果をもぎ取る力は十分に持ち合わせていると言えそうです。
ただ、皆実の選手からは「帝京のように蹴ってくるチームが嫌だ」という声も。
城西は比較的ロングボールが多いので、やや苦手意識はあるのかもしれません。

やはり、展開としてはどうしても攻撃の城西、守備の皆実という構図でしょう。
ハイスコアの打ち合いなら城西に、ロースコアの神経戦なら皆実に分があるだけに
最初の30分でスコアが動くかどうかというのが一番のキーポイントと見ました。
城西のキープレーヤーはFWの野村。大迫勇が目立ち過ぎているために
ちょっとかわいそうな扱いですけど、今大会5戦連発の6ゴール。
昨日の準決勝も彼の2点目がなかったら負けていた可能性も十分あったはず。
彼が鉄壁の皆実守備陣に穴を開けられるか注目です。
一方、皆実のキープレーヤーはSBの崎原とSH谷本の左サイドコンビ。
城西の対面に当たる大迫希が万全のコンディションではなく、
準決勝でも狙われるシーンが少なくなかったので、ここの攻防がポイントに。
彼らがどれだけ決定的なシーンを演出できるかが皆実攻撃陣の生命線になりそうです。
今季の両チームは3度対戦して3度とも皆実が勝利。
しかし、皆実の主将松岡は「ここまで来たら、それは全然関係ないです」と一蹴しました。
「勝っても負けても最後のゲーム」(鹿児島城西・小久保悟監督)は、
明日、国立競技場、14時5分、キックオフを迎えます。
high school.jpg
AD土屋


この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (2) | トラックバック (0) | ページトップ

祝・500回記念!のはずが…

  • 2009年01月09日 16:35
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

実はですね、来シーズンいよいよ10シーズン目を迎えることもあって
田口Pから「今、通算で何回くらいFoot!やってるか時間ある時に数えておいて」と
言われていたんです。
ただ、なかなか時間を自分から作らなかったこともあって
その計算をしないままになっていたんですが、
今回風邪をひいてる時に、布団でやることもないので
昔のFoot!のDVDを見ていたら、懐かしのFoot!Thursday#24で西岡さんが
「今日は記念すべき300回目の放送です!」とおっしゃっていたんです。
こりゃラッキーと思い、やや風邪も持ち直して出社した今日、
その300回目から数えて現状の通算放送回数を数えてみました。
すると、今シーズンの#20が終了した時点で504回!えっ、504回??
あ゛~~~、記念すべき500回目の放送、終わってもうた・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、ごめんなさい。500回、完全にスルーしてました。
ちなみにそうすると500回記念になるはずだったのは、今シーズンの#16。
亘さんのアミーゴを訪ねて~レアル・マドリー~、が記念すべき回だったのでした。
そうなると、次はまず510回記念。そして550回記念。さらに555回記念。
今後は記念回、逃しません。いやー、ビックリしました。
ということで、今年も来週の505回目の放送から宜しくお願い致します。
写真は幻の(幻でもないけど)500回記念回でご紹介した
レアル・マドリーのホーム・ベルナベウの中に飾られているトロフィー。
real madrid.JPG
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

高校選手権今昔

  • 2009年01月08日 22:48
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  
  • この記事をクリップ!
  •  
  • Buzzurl

にブックマークBuzzurlにブックマーク

今年で3年目となる画伯とAD土屋の高校選手権現場レポートも
残すところ、たったの3試合になりました。
毎年同様、私が2回戦を欠場させていただいているために
現時点までで14試合をレポートしている訳ですが
これはそれこそ5年後とかに振り返って読んでいただいても
「あー、あの代表選手がこの時はねえ」なんて楽しめる可能性もあると思います。
(このHPが5年後も閲覧できる形で残ってればですけど)
現に2年前には画伯が日本代表候補となった乾貴士のレポートしてますしね。
さて、そんな日本のサッカー好きの心を熱くする高校選手権。
突然ですが、MY名勝負ベスト5を選んでみました。

5位:第69回3回戦 大宮東 1×1 PK4×3 清水商
西ヶ谷、薩川、大岩、望月、名波、山田、興津、田光と世代屈指のタレントを擁し、
年度3冠を狙う、断トツの優勝候補と目されていた清水商。
しかし2回戦の市船(ペナルティ・ワッキー所属)にも苦しんでのPK勝ち。
3回戦も再びPK戦にもつれこみ、2人が外してまさかの早期敗退を喫したゲーム。
当時の大宮東の10番は現・大宮アルディージャ広報の秋元氏。

4位:第69回決勝 国見 1×0(延長) 鹿児島実
九州勢が躍進した大会で決勝もやはり九州対決。
初の決勝進出を果たした鹿実と3度目の決勝となった国見。
前者に前園や遠藤拓、仁田尾、藤山、後者に塚本、内田、森などタレント揃いの中、
延長で中口が決勝ゴール。目頭を熱くした小嶺監督と抱き合うシーンが忘れられない。
遠藤拓は保仁(G大阪)の実兄だが、選手権のインパクトは弟を遥かに凌ぐ。

3位:第70回決勝 四日市中央工 2×2(延長) 帝京
大会自体が印象的なゲームばっかりだった第70回。
当時帝京のユニフォームには襟がなかったものの、個性派着こなしで有名な
松波の“ユニフォーム前だけ出し”は私が所属していたチームで大流行。
そんな松波がヘディングと左足ループで常に先手を取るも
残り3分で小倉が執念のダイビングヘッド。とにかくシビれました。

2位:第70回準決勝 帝京 2×1 市立船橋
個人的に初めて国立で生観戦した選手権のゲーム。
市船の1点目はトイレに行っていて見逃したが、
終盤の77分時岡、78分松波(ハンドでノーゴール)、79分沼口の実質3ゴールを
すべて演出した阿部の左足は驚異的だった。
その後多くの試合を見てきたが、逆転劇のインパクトでは人生ベストかも。

1位:第66回準々決勝 帝京 0×0 PK2×3 東海第一
間違いなく当時としては最高峰レベルの頂上対決。大会前から楽しみだった一戦。
試合内容もスコアレスながら、見応えがあった印象。
東一の平沢と濁沢の2トップがシュートを相当打っていたのも覚えている。
そしてPK戦の5人目で平然と蹴った磯貝がGKに止められたのもドラマチックだった。
でも、一番印象に残っているのは頭の包帯を血で染めながら戦った森山の根性。

残された今大会の3試合も、後世に語り継がれるようなゲームになることを
期待したいですね。
写真は、選手権と言えばの平山相太が在籍していた
ヘラクレスのホーム、POLMAN STADION。
大迫君は平山の記録を抜くことができるでしょうか。注目です。
POLMAN.jpg
AD土屋

この記事へのリンク | スタッフブログ | コメント (0) | トラックバック (0) | ページトップ

風邪をひいたら…

  • 2009年01月06日 21:36
  •  
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  •