WWE

  • PPV レッスルマニア36

    日本語実況版・字幕版配信!

    実況版:4/8(水)4/9(木) 字幕版:4/12(日)配信

  • PPV レッスルマニア36

    史上初の2日間連続での開催!

    実況版:4/8(水)4/9(木) 字幕版:4/12(日)配信

  • PPV エリミネーション・チェンバー

    日本語字幕版: 配信中!

    価格:2000円(税抜)

  • WWEレッスルマニア ナビ

    中邑真輔×SKE48松井珠理奈

    インタビュー【J SPORTSオンデマンド会員無料】

  • PPV「レッスルマニア36」

    豪華ゲスト陣でお届け!

    実況版:4/8(水)4/9(木) 字幕版:4/12(日)配信

  • WWE見るなら J SPORTS

    スマックダウンとロウを、LIVEと日本語字幕付きで配信中!

  • WWEスマックダウンが見やすくなる!

    生中継が毎週土曜朝に変更

    日本語字幕版も毎週金曜に!

  • WWE ロウ【英語版】

    4月7日(火)午前9時~ 生中継

    字幕版は4月13日(月)午後10:00~放送!

  • WWEレッスルマニア ナビ

    中邑真輔×SKE48松井珠理奈

    カブキ・ウォリアーズのインタビューも!

  • PPV「レッスルマニア36」

    豪華ゲスト陣でお届け!

    4/8(水)日本語実況版、4/12(日)日本語字幕版配信

  • PPV「レッスルマニア36」

    豪華ゲスト陣でお届け!

    4月8日(水)日本語実況版、4月12日(日)日本語字幕版配信

  • WWE ロウ【英語版】

    4月14日(火)午前9時~ 生中継

    字幕版は4月20日(月)午後10:00~放送!

  • PPV「レッスルマニア」

    過去6大会を無料放送&配信!

    配信:4月8日(水)~、放送:4月予定

  • WWE スマックダウン【英語版】

    4月11日(土)午前9時~ 生中継

    字幕版は4月17日(金)午後10:00~放送!

  • WWE ロウ

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWE スマックダウン

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

お知らせ

<無料会員登録で誰でも見られる!>PPV「レッスルマニア」過去6大会を無料放送&無料配信!!

2020年4月1日

PPV「レッスルマニア36」が4/4(土)・5(日)<現地時間>と2日間で開催。
J SPORTSでは日本語実況版4/8(水)・9(木)~、日本語字幕版4/12(日)~<いずれも日本時間>をそれぞれ配信開始いたします。
今回、より皆さまにレッスルマニアをお楽しみいただけるよう過去6大会を無料放送&無料配信でお届けいたします。

今年のレッスルマニアとあわせて、ぜひ過去大会もお楽しみください!
詳細は「詳しく読む」よりご覧ください。

<無料会員登録で誰でも見られる!>WWE レッスルマニアナビ SKE48松井珠理奈による中邑真輔、カブキ・ウォリアーズ(ASUKA&カイリ・セイン)インタビューも!

2020年3月25日

<無料会員登録で誰でも見られる!>WWEが主催する年間最大にして、世界最大のイベント「レッスルマニア」。今年で36回目の開催を迎えるこのイベントの開幕を前に、レッスルマニアの見どころを徹底解説。この番組を見れば、レッスルマニアをさらに楽しめること間違いなし!

今年2回目となるPPV 「スーパー・ショーダウン」は特別に、副音声で日本語の実況と解説をつけてお届け!日本語実況版または日本語字幕版の購入で「実況版・字幕版」どちらもご視聴可能!

2020年2月27日

【スーパー・ショーダウン!日本語実況スペシャル】
今回は特別に、副音声で日本語の実況と解説をつけてお届け!
※日本語実況版または日本語字幕版の購入で「実況版・字幕版」どちらもご視聴可能です。

実況:浅越ゴエ、田村純
解説:斎藤文彦
ゲスト:安藤咲桜

配信情報は「詳しく読む」よりご覧ください。

J SPORTSオンデマンドで動画が再生できない場合の対処法について

2020年2月14日

J SPORTSオンデマンドのご利用にあたり、ご視聴いただけないお客様からのお問い合わせを多くいただいております。

J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWE

2019年7月30日

漫画家のちょぼらうにょぽみさんが「WWE」を4コママンガで分かりやすく説明。
独特なシュールギャグの4コマ漫画をメインとしながら、一児の母であり育児漫画も執筆。独特の「壊れた」作風が持ち味であるが、心温まるハートフルな漫画も描く。
J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWEページは詳細から。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

年間オンデマンド配信予定・放送予定

  • オンデマンド
  • 放送
    1 2 3 4 56 7 8910 11 12
  • WWE ロウ

    WWE ロウ

    フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

  • スマックダウン

    WWE スマックダウン

    フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

  • PPV大会

    PPV大会

    ロイヤルランブル、レッスルマニアなど年間12大会開催される予定です。ラインナップは随時発表します。

  • オンデマンド
  • 放送
  • ※配信予定のコンテンツは変更になる場合があります。

次の放送予定

ロウ

ロウ PV

WWE ロウ #1401

WWE ロウ #1402

RAW#1400「テイカー対AJの墓場戦、ロリンズ対オーエンズの上級・下級対決など~実験的大会となるWM36!!」(字幕版・初回放送の内容含む) >

新型コロナウイルスが4/4~5「レッスルマニア(WM)36」に及ぼす影響は、日々刻々と変化している。米国フロリダ州オレンジ郡当局は、現地時間27日の金曜日から外出禁止令を発令するとの宣言を出した。これにより、今後WWEはパフォーマンス・センターでの収録が出来なくなるため、新たな収録会場の選定など、いかなる事態にも対応できる措置を検討しているという。また、現地情報サイトは過去に白血病を罹患したローマン・レインズの免疫力低下が懸念され、今後は番組の収録に参加できない可能性があることを報じている。その場合、WM36は欠場となり、ゴールドバーグは別の対戦相手と試合をすることになるようだ。

こんな状況下、23日(現地)に放送された#1400で、アンダーテイカーとAJスタイルズがWM36でボーンヤード(墓場)マッチに臨むことが発表された。「かつて、お前はWWEのラシュモア山のような存在だったが、今のお前は番組に必要とされてない。WMの季節になるとノコノコ出てきやがって。それは、お前の嫁である“カネの亡者”ミシェルのせいだ。お前はもう終わってるんだよ。」さらに今週は、テイカーが妻のミシェル・マクール、ペットの虎とプールでくつろぐ姿をSNSからさらし上げ、「こんな緊張感のない素顔をさらしているおっさんは、どこのどいつだ?」と嘲笑し、二人の対立が世代間闘争であることをほのめかしている。しかし、AJの本音はこうだ。「“相手は老いぼれだ。許してやろう”と思わないでもなかったが、お前はスーパー・ショーダウン、エリミネーション・チェンバーと2回も俺の勝利を妨げ、OCのビジネスを邪魔したな。レッスルマニアで決着をつけたら、喜んでお前の介護費用を払ってやるよ。」AJが鳴り物入りで立ち上げたOCプロジェクトは、当初こそ新日本プロレスのバレットクラブを彷彿させるものとして人気を博したが、ジグラー&ルード、ヘビー・マシナリー、最近ではメサイア軍団や中邑真輔軍、ミズ&モリソンらの個性に遠く及ばず、メインストリームから外される傾向にあった。それでも、AJのカリスマ性でなんとかグループとしてのステイタスは維持していたが、PPV大会での無様な敗戦により、OCブランドは急落。そうした事態を招いた元凶であるアンダーテイカーの征伐に、総大将のAJが乗り出した、という構図だ。こうした情けない状況でも、AJがテイカーを倒せばOCブランドの復活はあり得る。しかし、今度の試合は「ボーンヤード(墓場)マッチだ」と、自らテイカー得意のエリアで試合をすると宣言してしまったAJの判断が、どのような結果をもたらすのか。万が一にでも敗北を喫すれば、OCどころかAJのブランド価値まで奈落の底に落ちてしまうのは確実だ。絶体絶命のAJに、挽回の秘策はあるのだろうか。

前週、WM36でのセス・ロリンズとの一戦を、自らが下積み時代を過ごしたパフォーマンスセンターで受けて立つと決断したケビン・オーエンズ。「メサイア、出て来いよ。」とロリンズを呼び出すが、地球レベルのメサイア(救世主)を自任するロリンズが対等な話し合いに応じるはずもなく、逆にオーエンズが教示を受ける場となってしまった。「パフォーマンスセンター・・・いい建物だな。お前はここで俺との試合をしたいと言うが、ここは俺が血と汗を流した犠牲の上に建てられた場所だぞ。俺がボロボロの倉庫で練習を続けて成功したからこそ、NXTやテイクオーバーが生み出された。つまり、セス・ロリンズなくしてこの建物は存在しないんだ。もっと重要なことは、レッスルマニアでの実績だ。俺はICやユニバーサル王座を獲得し、レスナーやHHHも倒してきた。それに比べてお前はどうだ?レッスルマニアでの実績はゼロだろう。これで分かったか?お前は、どうやったって俺には勝てないということを。」こうして上級スターを気取るロリンズに対し、オーエンズは、“たたき上げの根性”を主張する。「ここで闘う時には、ホームに立つ俺が有利になる。」「俺がトライアウトに参加する時、“WWEにお前の居場所はない、諦めろ”って、わざわざ宣告しに来たのがお前だ。」「兄弟と呼ぶべき奴らに出会ったこの場所でお前に勝ち、ここでの良い思い出を1つ増やすつもりだ。」昨今の格差社会を反映する闘いとなった二人の対決。現実社会ですら解決策が見えない、永遠の課題を抗争の材料にする二人の試合に未来はあるのだろうか?それを読み解くカギはパフォーマンスセンターにある。史上初の無観客、パフォーマンスセンターにおけるレッスルマニアで、皮肉にも会場が主役となる時が来たようだ。

スマックダウン

スマックダウン PV

WWE スマックダウン #1075

WWE スマックダウン #1076

SD#1075「中邑真輔、グラックの技巧に陥落・・・ゼイン対ブライアンのIC王座戦実現へ!」(字幕版・初回放送の内容含む) >

パフォーマンスセンター収録の#1075で注目されたのは、サミ・ゼインの持つIC王座への挑戦をぶち上げたダニエル・ブライアンの代理戦争、中邑真輔対ドリュー・グラックのシングル戦だ。「このNobody(名もなき選手=グラックのこと)がアーティストの中邑に勝ったなら、喜んで対戦してやるよ。」ゼインの無責任な一言に端を発したこの試合は、奇しくも日本式プロレスの研究家であるグラックが、新日本プロレスの元エースにストロングスタイルの真価を問う闘いともなった。最初にリングインしたブライアンとグラックが、熱のこもった差し(=相手と向かい合い、交互に脇を差し合う練習法)を繰り返すと、最後は永田裕志ばりの敬礼ポーズで締める光景が画面に映し出されたが、まさにこれこそ、「KING OF SPORTS」を標榜していた頃の新日道場に対するオマージュに他ならない。試合開始のゴングが鳴っても安易にロックアップせず、足へのタックルをフェイントに見せながらアップライト気味のフットワークで隙をうかがうグラック。業を煮やした中邑は、ガブリからの4点ヒザで打撃技に活路を見出すと、リングの内外でミドルキックを連打。ボコボコ状態のグラックがなんとか中邑の足首をつかみ、ドラゴンスクリューでこの窮地を逃れると、起死回生のジャックナイフで3カウント。「レッスルマニア(WM)36」における、ブライアンのIC王座挑戦を実現させた。

それにしても、中邑の敗北は痛恨の極みと言うしかない。ギリギリまでグラックを追い詰めながら、エプロンにいたブライアンの妨害で、とどめのキンシャサを外してしまったのが悔やまれる。逆に言えば、最大のピンチを脱したグラックがブライアンのアシストを利用し、即座にスクールボーイからジャックナイフにつなげた臨機応変の対応が勝負を分けたと言える。ゼインにとって、初のメジャータイトルであるIC王座は絶対に失いたくはないだろう。対するブライアンも、知略の限りを尽くす最近の試合運びを見る限り、この王座戦は究極の頭脳戦となることは確実だ。皮肉にも、策士のゼインが王者になったことで、軍師不在となった中邑一派がブライアン、グラックに戦略面で大きく後れを取っているのは事実。はたして、巻き返しはあるのだろうか。

一方、新型コロナウィルスの感染が拡大の一途をたどるアメリカでは、様々な規制に加えて国民意識が大きく変化している。WWEマットも例外ではなく、感染者の有無はさておき、自己申告での出場辞退によるカード変更が、定期番組だけでなくWM36においても避けられない情勢、というのが現地メディアの見方だ。具体的にはローマン・レインズ対ゴールド・バーグのユニバーサル王座戦、ジョン・モリソン&ミズ対NEW DAY対ウーソズのSDタッグ王座戦などがカード変更される見込み。そうした中、裏メインと呼ばれるほどの支持を集めているのがオーティス対ドルフ・ジグラーの因縁対決だ。抗争劇のストーリーが完結しないうちに軌道修正されることが多いロウ、SDの中で唯一、昨年のクリスマスからキッチリとサブストーリーが描かれているエピソードだ。今週のバックステージでもマンディ・ローズをものにしたジグラーの、当てつけめいた嫌がらせに憤慨するオーティスの様子が紹介されているが、当のマンディはジグラーに対し、毅然とした態度でこう言い放つ。「試合ではあなたのセコンドにつくわ。でも、私の写真を使ってオーティスを挑発するのはやめて。私を巡って、争ってほしくないの。」恐らくは、オーティスとジグラーが真っ向勝負で雌雄を決する展開となるはずだが、勝者は一人。試合に負け、さらに愛するマンディをも失う絶望感を敗者が受け止めきれるのか。最後の最後に思わぬ展開が待ち受けているような気がする。そこで重要となるのがマンディの動向だ。試合ではジグラーのセコンドにつくというマンディが、この二人の最期をどんな形で看取るのか。視聴に当たってはその点に着目し、ほろ苦い大人の恋の行方をじっくりと堪能してほしい。ちなみに、「レッスルマニア36」は、J SPORTSオンデマンドで日本語実況版:4/8(水)・4/9(木)、日本語字幕版:4/12(日)にそれぞれ配信開始される。日本語実況版には、SKE48・松井珠理奈さんもゲスト出演する予定だ。

PPV

PPV スーパー・ショーダウン

PPV スーパー・ショーダウン
※日本語実況版または日本語字幕版の購入で「実況版・字幕版」どちらもご視聴可能です。

PPV

PPV エリミネーション・チェンバー

PPV エリミネーション・チェンバー

3月15日(日)配信
日本語字幕版
J SPORTSオンデマンド

価格:2,000円

PPV

PPV レッスルマニア36

PPV レッスルマニア36
※日本語実況版または日本語字幕版の購入で「実況版・字幕版」どちらもご視聴可能です。

無料動画

WWEnglish

U17JPNvNED2

第1回 ザ・ミズ「I am awesome!」

第2回 ブラウン・ストローマン

第2回 ブラウン・ストローマン「Get these hands!」

第3回 ポール・ヘイマン

第3回 ポール・ヘイマン
「Your reigning, defending,undisputed universal heavyweight champion!」

もっと見る
第4回 ザ・バー

第4回 ザ・バー
「Because every body knows we don’t
just set the bar, we are the Bar!」

第5回 アライアス

第5回 アライアス
「I need you all to silence your cellphones,
hold your applause,
and most importantly shut your mouths!」

第6回 中邑真輔

第6回 中邑真輔「Sorry, no speak English」
「YeaOh!」

もっと見る
第7回 トリプルH

第7回 トリプルH「I’ve just got to know one thing. Are you ready? I said are you ready!」

第8回 アスカ

第8回 アスカ「No one is ready for Asuka」

第9回 ロマン・レインズ

第9回 ロマン・レインズ「Believe that!」

第10回 ジョン・シナ

第10回 ジョン・シナ「If you want some,come get some」

曜日別の視聴可能番組

何曜日に、なにが見られるの?

表記は全て日本時間

金(翌週)
PPV大会 大会開催 J SPORTSオンデマンド
字幕配信
※スカパーでのPPV大会は、大会開催翌週の木曜となります。詳しくはスカパーページでご確認ください。
ロウ
ノーカット版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
英語LIVE
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
ロウ
1時間ハイライト
J SPORTS 3
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
スマックダウン
ノーカット版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
英語LIVE
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
スマックダウン
1時間ハイライト
J SPORTS 3
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
  • ※上記表は、2019年10月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
  • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
  • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
  • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

チャンネル別の視聴可能番組

どのチャンネルで、
なにが見られるの?

オンデマンド 放送 スカパー
J SPORTSオンデマンド J SPORTS 4 J SPORTS 1J SPORTS 2J SPORTS 3 スカパー
PPV大会
WrestleMania等

字幕版

字幕版
ロウ
ノーカット版

英語LIVE
字幕版

英語LIVE
字幕版
ロウ
1時間ハイライト

字幕版

字幕版
スマックダウン
ノーカット版

英語LIVE
字幕版

英語LIVE
字幕版
スマックダウン
1時間ハイライト

字幕版

字幕版
  • PPVで視聴可能な番組
  • WWEパックで視聴可能な番組
  • ※上記表は、2019年1月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
  • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
  • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
  • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

オンデマンド配信・放送予定

J SPORTSオンデマンド配信予定

オンデマンド配信予定はありません。

放送予定

  • 生放送でお届けする番組です
  • 4K4K画質でお届けする番組です
  • 初回初回放送となる番組です
  • 同日24時間以内の録画放送です
  • 無料スカパー!で無料視聴いただけます
  • 番組放送の都合上休止となる可能性があります

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SNSアカウント

メルマガ

メルマガ

J SPORTS WWE メールマガジン

ロウ・スマックダウン・PPV大会の放送予定や、キャンペーン情報、コラムなどをお届けします。

オンデマンド番組(PPV大会)

現在、オンデマンド配信はありません。

オンデマンド番組(ロウ)

現在、オンデマンド配信はありません。

オンデマンド番組(スマックダウン)

現在、オンデマンド配信はありません。

新着記事

記事一覧はこちら