WWE

  • スマックダウン#1066

    放送日時:1月25日(土)

    ロイヤル・ランブル直前!日本語実況スペシャル!

  • 【PPV】 ロイヤルランブル

    開始日:2月2日(日) 日本語字幕版

    中邑真輔が男子30人ロイヤルランブル戦出場決定

  • WWEスマックダウンが見やすくなる!

    生中継が毎週土曜朝に変更

    日本語字幕版も毎週金曜に!

  • WWE スマックダウン【英語+日本語版

    1月25日(土)午前10:00~生中継

    副音声は日本語でお届け!字幕版は1/31(金)午後6:00~

  • WWE ロウ【英語版】

    1月28日(火)午前10時~ 生中継

    字幕版は2月3日(月)午後6:00~放送!

  • WWE ロウ

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWE スマックダウン

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWEスマックダウン #1066
    日本語実況スペシャル!1月25日(日)放送

    中邑真輔選手メッセージ

  • お知らせ

    PPV『ロイヤルランブル』フォロー&リツイートプレゼントキャンペーン実施中!!

    2020年1月23日

    PPV『ロイヤルランブル』フォロー&リツイートプレゼントキャンペーン実施中!!

    【J SPORTS WWE【公式】Twitter】フォロー&リツイートキャンペーンを開催!PPV『ロイヤルランブルグッズ3点セット』を抽選で5名様にプレゼントします。
    詳細は「詳しく読む」よりご覧ください。

    来週土曜のスマックダウン#1066は 【ロイヤル・ランブル直前!日本語実況スペシャル】

    2020年1月20日

    【ロイヤル・ランブル直前!日本語実況スペシャル】
    今回は特別に、副音声で日本語の実況と解説をつけてお届け!
    <副音声出演者>
    ・浅越ゴエ
    ・斎藤文彦

    中邑真輔の動画メッセージは「詳しく読む」よりご覧ください。

    WWEスマックダウン#1065日本語字幕版の放送/配信時間が変更になります。

    2020年1月16日

    WWEスマックダウン#1065日本語字幕版
    放送時間:1/24(金)深夜1:45~J SPORTS 4
    配信時間:1/25(土)午後4:00~J SPORTSオンデマンド

    お正月はWWE!厳選アーカイブ一挙放送のお知らせ

    2019年12月28日

    J SPORTSで好評放送中の「WWE」をもっと多くの人に楽しんでもらえるように、中邑真輔やアスカ、カイリ・セインなど、日本人選手が活躍したエピソードを一挙放送!
    WWEが大好きな人も、まだ見たことがない人も、みんなまとめて「お正月はWWE」!

    1/1(水)~1/3(金)各日午後5時からJ SPORTS 2で放送!
    J SPORTSオンデマンドでは会員無料配信!

    J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWE

    2019年7月30日

    漫画家のちょぼらうにょぽみさんが「WWE」を4コママンガで分かりやすく説明。
    独特なシュールギャグの4コマ漫画をメインとしながら、一児の母であり育児漫画も執筆。独特の「壊れた」作風が持ち味であるが、心温まるハートフルな漫画も描く。
    J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWEページは詳細から。

    J SPORTSオンデマンドで動画が再生できない場合の対処法について

    2019年4月3日

    J SPORTSオンデマンドのご利用にあたり、ご視聴いただけないお客様からのお問い合わせを多くいただいております。

    ご視聴方法

    smartphone PC TV

    オンデマンドで見るなら

    いつでもどこでも視聴できる!

    詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

    TV

    衛星放送・ケーブルTVで見るなら

    今すぐ!30分で視聴できる!

    詳細はこちら

    たっぷり録画!だからもう見逃さない!

    詳細はこちら

    ※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

    次の放送予定

    ロウ

    ロウ PV

    WWE ロウ #1390

    1月14日(火)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    1月20日(月)午後6:00~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド

    WWE ロウ #1391

    1月21日(火)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    1月27日(月)午後6:00~ ~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    RAW#1390「マーフィーもロリンズ軍団入り!勢力拡大の“月曜夜のロリンズ”はロウの救世主になれるのか??」(字幕版・初回放送の内容含む) >

    「俺の人生最大の挑戦は、ロウを次のレベルに引き上げること。やらせてくれとは頼んでねえ。WWEファンが俺を“選ばれし者”にしたんだ。月曜夜の救世主(メサイア)である“マンデーナイト・ロリンズ”が、約束の地へと導いてやる!」 “地上最大のスター”を自任するセス・ロリンズによれば、今や彼は団体のリーダーをも超越した「番組の救世主」なのだという。しかし、一部のスターは眉をひそめてこう語る。「ワイアットと対戦すると、誰もが精神をやられてしまうんだ。フィン・ベイラーやミズ、元々精神が不安定だったダニエル・ブライアンと同様にロリンズも精神に支障をきたし、ユニバーサル王者時代の姿は見る影もない。」こうした悪評をものともせず、前週のオクラホマ大会ではAOPと組んで6人タッグマッチに臨んだロリンズ。リングアナの「マンデーナイト・メサイア、セス・ロリンズ!」というコールと共に威風堂々の入場だ。「番組の進歩を妨げるものは排除する必要がある。だから今夜はオーエンズとジョー、そして奴らと手を組んだ奴もまとめて排除してやる!」自らのセリフに酔いしれ、うっとりとした表情を見せるロリンズだが、彼が目撃した3人目の対戦相手は大巨人ビッグ・ショーだった。想定外の出来事に狼狽し、気が付くとAOPを盾にコーナーサイドまで後ずさりしている情けないメサイア。「エイカム、行け!」AOPの二人を最前線に置き、自分は極力、ビッグ・ショーから逃げ回ったものの、最後は苦し紛れのパイプ椅子攻撃で反則負けになった挙句、ビッグ・ショーの特大パンチを被弾して失神退場するという醜態も見せた。 この抗争は今大会(1・13レキシントン大会)にも持ち越され、史上初のフィスト・ファイト戦として再戦が組まれた。フィスト・ファイト戦とはノーホールズバード・ルールを基本に、ピンフォール、サブミッション、カウントアウトやDQも排され、レフェリーが続行不可能と判断するまで試合が続く過酷な試合形式だ。こんなルールでビッグ・ショーを相手にするなど、たまったものではないと判断したロリンズ&AOPは、ゴング前の奇襲を決行。入場中のビッグ・ショーを後ろから3人がかりで襲い、ボコボコに。そこに竹刀を持って駆け付けたオーエンズ、ジョーが入り乱れ、この危険極まりない試合がついに開始される。リングは言うに及ばず、会場全体を使って殴り合う6人の死闘はいつ果てるともなく続くが、劣勢のロリンズが予想外の行動に出る。直前の試合でブラックに破れ、呆然自失のままフェンスにもたれかかっていたバディ・マーフィーに対し、「Help us(助けてくれ)!」を連呼。あまりに唐突で不可解な救援要請と思われたが、チョークスラムで叩きつけられたロリンズが、とどめの右ストレートで2週続けて苦杯をなめようかというその瞬間、リングに乱入したマーフィーがビッグ・ショーに金的攻撃。さらにロリンズと二人がかりでテーブルに叩きつけると、さすがの大巨人もフラフラに。そこへロリンズがとどめのストンプを見舞うとレフェリーはゴングを要請し、ロリンズ&AOPの勝利となった。試合後、ばつの悪そうな表情でリングに残るマーフィーに、ロリンズは両手を広げて歓迎の意を示すと、熱い抱擁を交わしてチームに迎え入れた。実力はありながらも不遇のスターを次々と軍団入りさせ、着々と“メサイア”としての地歩を固めるロリンズ。“月曜夜のロリンズ”は、本当に不振にあえぐロウの救世主となりえるのだろうか。本国アメリカにおける今大会の視聴者数は203万人。前週の238万人から大きく数字を落としている。ほぼ同時間帯にNCAAフットボールの中継が競合した不運はあったが、番組再建の道は険しく、遠い。悩めるメサイアに、次なる一手は残されているのだろうか。

    スマックダウン

    スマックダウン PV

    WWE スマックダウン #1065

    1月18日(土)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    1月24日(金)深夜1:45~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド

    WWE スマックダウン #1066 日本語実況スペシャル

    1月25日(土)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 3
    J SPORTSオンデマンド

    WWE スマックダウン #1066

    1月31日(金)午後6:00~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    SD#1064「視聴率回復のFOX版SDは、悪霊と『美女と野獣』が混在する摩訶不思議なストーリー」(字幕版・初回放送の内容含む) >

    ブレイ・ワイアットのもう一つの顔である“フィーンド(悪霊)”をモチーフとしたオカルト・テイストのストーリーと、巨漢オーティス(ヘビー・マシナリー)がマンディ・ローズに恋するという「美女と野獣」のストーリーが混在する現在のスマックダウン。これに、日本で言うところの“悪代官”であるバロン・コービンを成敗する名門アノアイ家の若頭、ローマン・レインズというやや前時代的なストーリーがメインを務めるに至っては、もはや恋愛・お化け・任侠時代劇という(一昔前の)高視聴率3大要素のすべてを満たした、WWE入魂のTV作品と言ってよいだろう。実際、昨年10月からスタートしたFOXネットワークへの放送系列変更後は、一時の低迷こそあったもののレーティングは回復傾向にある。本国アメリカにおける今大会(1・10エバンズビル大会)の視聴者数も前週比4%増の250.3万人で、11月以来となる250万人越えを果たしている。
    第2試合に組まれたアレクサ・ブリスとマンディ・ローズの一戦は、禁断の恋である「美女と野獣」が伏線となっていた。「何様のつもり?私より強いと思ってるの?」序盤の激しい罵り合いから張り手、キックの応酬と、美女対決らしからぬエグい展開となったこの試合。さらにマウントパンチ、両者の右が交錯するクロスカウンターと、互いのメンツを賭けた戦いがあまりにヒートアップし過ぎた先の結末は、予想外にあっけないものだった。クロスラインからのニードロップを被弾し、フォール寸前まで追い込まれたマンディを援護するために現れたのは、なんとオーティス。手には大きなデコレーションケーキを抱えている。うまそうにクリームをひと舐めする様子を呆気にとられて眺めるアレクサをマンディがスクールボーイで丸め込み、3カウント。愛の力(?)で逆転勝利を挙げたマンディの勝ち名乗りを見届けたオーティスは、満足そうに舌なめずりしながら「Oh Yeah!」と雄叫びを上げる。マンディに奇跡の勝利をもたらしたこのケーキ。実は彼女自身のお手製で、以前、オーティスの母親が作ったクリスマスケーキをドルフ・ジグラーに踏みつけさせてしまったお詫びの品としてプレゼントしたもの。一時はマンディへの恋心を諦めかけたオーティスだが、今回「I am sorry」と書かれたケーキを手渡され、再び天にも昇るような気持ちに舞い上がっている。予想外のロングランとなっているこの「美女と野獣」ストーリー。1・26ロイヤルランブル(RR)への出場も決めたオーティスのかなわぬ恋は、はたして成就するのだろうか?
    今大会ではもう一人、プレゼントを贈られたスターがいた。ダニエル・ブライアン。1・26RRでワイアットの持つユニバーサル王座への挑戦が決まっている彼は、インタビューで不退転の決意を語る。「俺は見た目も心もいい方向に変化を遂げて、より凶暴になっている。ワイアットは自分が無敵だとアピールしているが、実は決して無敵じゃないことを俺に知られ、気分を損ねているようだ。絶対にユニバーサル王座を奪ってやる。」かつてワイアット・ファミリーの一員だったブライアンは数々の奇行を見せた挙句、最後はワイアットを裏切り、「ロイヤルランブル2014」での直接対決で返り討ちに遭った経緯がある。そのちょうど6年後のロイヤルランブルで再び雌雄を決することになった彼は、今どんな心境でいるのだろう。インタビュー後にロッカールームに戻ったブライアンは、テーブルに赤い包装紙でラッピングされた箱が置かれているのを目にする。プレゼントのようではあるが、触るのをためらいながら意を決してふたを開けると、無残にも顔が食いちぎられた「楽しいおうち」のウサギが入っていた。「裏切り者は切り裂かれるぞ。彼は“忘れていない”んだよ・・・」過去に裏切り経験があるブライアンの脳裏には、ワイアットのこの決めゼリフが何度もリフレインしていることだろう。「彼は疲れている。これではワイアットの思うつぼだ!」実況のマイケル・コールが叫ぶまでもなく、身も心も崖っぷちに追い込まれたブライアンに、明日はあるのだろうか。

    PPV

    PPV ロイヤル・ランブル

    PPV ロイヤル・ランブル

    無料動画

    WWEnglish

    U17JPNvNED2

    第1回 ザ・ミズ「I am awesome!」

    第2回 ブラウン・ストローマン

    第2回 ブラウン・ストローマン「Get these hands!」

    第3回 ポール・ヘイマン

    第3回 ポール・ヘイマン
    「Your reigning, defending,undisputed universal heavyweight champion!」

    もっと見る
    第4回 ザ・バー

    第4回 ザ・バー
    「Because every body knows we don’t
    just set the bar, we are the Bar!」

    第5回 アライアス

    第5回 アライアス
    「I need you all to silence your cellphones,
    hold your applause,
    and most importantly shut your mouths!」

    第6回 中邑真輔

    第6回 中邑真輔「Sorry, no speak English」
    「YeaOh!」

    もっと見る
    第7回 トリプルH

    第7回 トリプルH「I’ve just got to know one thing. Are you ready? I said are you ready!」

    第8回 アスカ

    第8回 アスカ「No one is ready for Asuka」

    第9回 ロマン・レインズ

    第9回 ロマン・レインズ「Believe that!」

    第10回 ジョン・シナ

    第10回 ジョン・シナ「If you want some,come get some」

    曜日別の視聴可能番組

    何曜日に、なにが見られるの?

    表記は全て日本時間

    金(翌週)
    PPV大会 大会開催 J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    ※スカパーでのPPV大会は、大会開催翌週の木曜となります。詳しくはスカパーページでご確認ください。
    ロウ
    ノーカット版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    英語LIVE
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    ロウ
    1時間ハイライト
    J SPORTS 3
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    スマックダウン
    ノーカット版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    英語LIVE
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    スマックダウン
    1時間ハイライト
    J SPORTS 3
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    • ※上記表は、2019年10月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
    • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
    • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
    • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

    チャンネル別の視聴可能番組

    どのチャンネルで、
    なにが見られるの?

    オンデマンド 放送 スカパー
    J SPORTSオンデマンド J SPORTS 4 J SPORTS 1J SPORTS 2J SPORTS 3 スカパー
    PPV大会
    WrestleMania等

    字幕版

    字幕版
    ロウ
    ノーカット版

    英語LIVE
    字幕版

    英語LIVE
    字幕版
    ロウ
    1時間ハイライト

    字幕版

    字幕版
    スマックダウン
    ノーカット版

    英語LIVE
    字幕版

    英語LIVE
    字幕版
    スマックダウン
    1時間ハイライト

    字幕版

    字幕版
    • PPVで視聴可能な番組
    • WWEパックで視聴可能な番組
    • ※上記表は、2019年1月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
    • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
    • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
    • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

    オンデマンド配信・放送予定

    J SPORTSオンデマンド配信予定

    オンデマンド配信予定はありません。

    放送予定

    • 生放送でお届けする番組です
    • 4K4K画質でお届けする番組です
    • 初回初回放送となる番組です
    • 同日24時間以内の録画放送です
    • 無料スカパー!で無料視聴いただけます
    • 番組放送の都合上休止となる可能性があります

    ご視聴方法

    smartphone PC TV

    オンデマンドで見るなら

    いつでもどこでも視聴できる!

    詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

    TV

    衛星放送・ケーブルTVで見るなら

    今すぐ!30分で視聴できる!

    詳細はこちら

    たっぷり録画!だからもう見逃さない!

    詳細はこちら

    ※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

    SNSアカウント

    メルマガ

    メルマガ

    J SPORTS WWE メールマガジン

    ロウ・スマックダウン・PPV大会の放送予定や、キャンペーン情報、コラムなどをお届けします。

    オンデマンド番組(PPV大会)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    オンデマンド番組(ロウ)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    オンデマンド番組(スマックダウン)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    新着記事

    記事一覧はこちら