WWE

  • PPV大会 クラウン・ジュエル

    配信開始日:11月10日

    注目カード:ブラウン・ストローマンvs.タイソン・フューリー

  • PPV大会 ヘル・イン・ア・セル

    配信開始日:10月13日(日)

    天井付きの特製巨大金網マッチ

  • WWEスマックダウンが見やすくなる!

    生中継が毎週土曜朝に変更

    日本語字幕版も毎週金曜に!

  • WWE ロウ【英語版】

    11月12日(火)午前10時~ 生中継

    字幕版は11月18日(月)午後6:00~放送!

  • WWE スマックダウン【英語版】

    11月16日(土)午前10時~ 生中継

    字幕版は11月22日(金)午後6:00~放送!

  • WWE PPV大会

    日本語字幕版でお届け!

    11月は「クラウン・ジュエル」

  • WWE ロウ

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWE スマックダウン

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWEスマックダウンが土曜日午前9時からに!#土曜の朝はスマックダウン!!

    アスカ選手&カイリ選手 メッセージ

  • 中邑真輔選手メッセージ

  • お知らせ

    WWE ロウ 【ハイライト】 #1080のオンデマンド配信時間が以下のように変更になります。

    2019年11月8日

    WWE ロウ 【ハイライト】 #1380のオンデマンド配信時間が以下のように変更になります。

    11/12 WWE ロウ 【ハイライト】 #1380 深夜00:00~
     ↓
    11/14 WWE ロウ 【ハイライト】 #1380 深夜03:00~

    WWE スマックダウン 【字幕版】 #1054の放送/配信時間が以下のように変更になります。

    2019年11月5日

    WWE スマックダウン 【字幕版】 #1054の放送/配信時間が以下のように変更になります。

    放送時間:2019年11月8日午後11:00 ~ 2019年11月8日深夜1:00
    配信期間 : 2019年11月9日午後6:00 ~ 2019年11月9日午後8:00

    J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWE

    2019年7月30日

    漫画家のちょぼらうにょぽみさんが「WWE」を4コママンガで分かりやすく説明。
    独特なシュールギャグの4コマ漫画をメインとしながら、一児の母であり育児漫画も執筆。独特の「壊れた」作風が持ち味であるが、心温まるハートフルな漫画も描く。
    J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWEページは詳細から。

    J SPORTSオンデマンドで動画が再生できない場合の対処法について

    2019年4月3日

    J SPORTSオンデマンドのご利用にあたり、ご視聴いただけないお客様からのお問い合わせを多くいただいております。

    ご視聴方法

    smartphone PC TV

    オンデマンドで見るなら

    いつでもどこでも視聴できる!

    詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

    TV

    衛星放送・ケーブルTVで見るなら

    今すぐ!30分で視聴できる!

    詳細はこちら

    たっぷり録画!だからもう見逃さない!

    詳細はこちら

    ※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

    年間オンデマンド配信・放送予定

    • オンデマンド
    • 放送
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
    • WWE ロウ

      フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

    • WWE スマックダウン

      フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

    • PPV大会

      年間12大会開催される予定です。今後のラインアップはJ SPORTS公式WEBサイトで随時発表します。

    • オンデマンド
    • 放送
    • ※配信予定のコンテンツは変更になる場合があります。

    次の放送予定

    ロウ

    ロウ PV

    WWE ロウ #1380

    11月5日(火)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    11月11日(月)午後6:00 ~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド

    WWE ロウ #1381

    11月12日(火)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    11月18日(月)午後6:00 ~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    RAW#1380「NXTから新たなコンテンダー出現で岐路に立つベッキー&ロリンズ!」(字幕版・初回放送の内容含む) >

    ロウ「11・4ユニオンデール大会」開催にあたり、ビンス・マクマホンは緊急ミーティングを開いた。フライト遅延に端を発する「10・31クラウン・ジュエル(CJ)」の様々な疑惑について、選手やスタッフの間で渦巻く不安を直ちに払拭する必要に迫られたのだ。その席上で、ビンスは一部選手・スタッフの帰国が遅れた理由は飛行機のメカトラブルであること。そしてCJの現地放送が遅延した件についても、サウジアラビア側の契約金未払いが理由ではなく、単なる技術的なトラブルであったことを改めて通達した。さらに、サウジアラビアとのパートナーシップ契約についても、毎年2回の興行を義務付ける内容に拡大することを発表。サウジアラビアとの微妙な関係について噂が独り歩きし始めたことから、敢えてこのタイミングでの発表になったようだ。番組中盤では、件のサウジ大会の” 犠牲者”の一人であるセス・ロリンズが登場。CJのメインで、“フィーンド”ワイアットとのユニバーサル王座戦に臨んだものの、完敗。もはや燃え尽き症候群とも言えるほどの精神的ダメージを受けている。「俺がワイアットに負けて、ユニバーサル王座はスマックダウンに行ってしまった。そればかりか、気づいたらレスナーがロウのトップにいる。これまでロウを変革するためにいろいろやってきたが、すべてが水泡に帰した。これ以上何をやればいいのか。意欲もわいてこない・・・。」複雑な心情を吐露すると、HHHが現れ、「何をしたらいいのか分からないだって?先週のスマックダウンで、アダム・コールがダニエル・ブライアンを下し、NXTの存在価値を示した。次回PPVでは史上初めて、NXTを含む3ブランドの対抗戦が行われる。俺には、どうしたら以前のお前に戻れるのかが分かるんだ。どうするかは、お前次第だが。」と告げる。目の前で突如繰り広げられるアンディスピューテッド・エラとOCの乱闘を遠巻きに見ながら、ロリンズは密かに決意する。バックステージで再度、HHHを捕まえるとアダム・コールとの対戦を直訴。二人の試合は今大会のメインで、NXT王座戦として行われることになった。ワイアット戦でのトラウマを払拭しようと躍起になるロリンズは、序盤からハイスパートで技を仕掛け、優位に立つ。コールにとって、前週闘ったブライアンに比べて一回り大きなロリンズの攻撃は負荷が違うのか、若干持て余すシーンも見られた。試合は終盤、ロリンズがスーパープレックスからストンプを狙おうとしたところで、カイル・オライリーが乱入。続いてボビー・フィッシュらNXT勢とロウ所属のスターが入り乱れて大乱闘となってしまった(裁定はロリンズの反則勝利)。一方、CJで新たな歴史の一歩を踏み出した女子のタイトル戦線は、11・24サバイバー・シリーズ(SvS)から本格化することになる。この大会でSD女王ベイリーとシェイナ・ベイズラーが対戦することについて、インタビューを受けたベッキー・リンチは、群雄割拠するコンテンダーを、一刀両断で切り捨てた。「ベイリー、シェイナとは危険な関係だとは思うけれど、私はベイリーの親友サーシャをHIACで故障者リスト入りさせ、ベイズラーの親友ラウジーをWMで欠場に追い込んだからね。」そこへ割り込んできたのがベイズラーだ。インタビュアーのチャーリーに代わってリンチの正面に座ると、「ベッキー、久しぶり。ラウジーは親友だけど、私はラウジーじゃない。SvSではあんたと闘って、フォールかタップで勝ってやるよ。」思わぬ対戦要求にも、不敵な笑みを浮かべて承諾したリンチは無言でシェイナをにらみつける。この瞬間、ベイリーを交えたSvSでのトリプルスレットマッチが決定した。直接的にはCJ後のフライト遅延がきっかけだが、サウジアラビアとの契約問題を背景に一気に勢力図を拡大してきたNXTブランドの躍進。これがWWEにとって、どのような結果をもたらすのか。そして、次々と現れる伏兵に行く手を阻まれるとリンチと、悩めるロリンズの復活の道筋はいかに・・・?

    スマックダウン

    スマックダウン PV

    WWE スマックダウン #1054

    11月2日(土)午前9:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    11月8日(金)午後11:00~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    11月9日(土)午後6:00~
    日本語字幕版
    J SPORTSオンデマンド

    WWE スマックダウン #1055

    11月9日(土)午前10:00~
    英語版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    11月15日(金)午後6:00~
    日本語字幕版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    SD#1054「レスナーがSD離脱!新たな歴史を刻んだサウジ大会に降りかかる疑惑とは?」(字幕版・初回放送の内容含む) >

    謎が謎呼ぶサウジアラビア大会「10・31クラウン・ジュエル(CJ)」にかかる疑惑は、フライト遅延問題に始まる。これにより、スマックダウン「11・1バッファロー大会」は、出場を予定していた多くのスター、スタッフが会場に到着しないまま、日本時間2日の9時に放送を開始した。この異常事態に様々な憶測が流れる中(=サウジアラビア側のWWEに対する契約金未払いなど)、プライベートジェットで一足先に帰国していたブロック・レスナーは、何事もなかったかのように登場。ポール・ヘイマンによってタイタントロンに映し出された前夜の試合を、食い入るように見つめた。伝説の「UFC121」から9年越しの再戦が実現したレスナーとケイン・ベラスケスは、、オープン・フィンガーグローブをつけて対峙。立ち上がりはジャブとローキックの探り合いからレスナーがタックルを仕掛ける。コーナーでの差し合いから再びスタンドでの攻防に移行すると、ベラスケスが回転の速いパンチを放ち、プレッシャーをかける。ここまでは、あの「UFC121」をそのまま再現したような展開。しかし、体調万全のレスナーはここから攻勢をかける。再び差し合いからもろ差しに捉えると、ベラスケスをコーナーにくぎ付け。いつになくプレッシャーを感じたベラスケスは、無意識に急所めがけて前蹴りを放つ。たまらずダウンしたレスナーだが、オープンガードでベラスケスの猛攻をしのぐと、襲い掛かるパウンドの威力を殺して一気に左腕をキャッチ。足を完璧にフックさせたキムラロックで搾り上げると、ベラスケスはあえなくタップ。レスナーがついに、念願のリベンジに成功する。満足げに画面に見入るレスナーだが、次に流れてきた映像は、試合決着後に乱入したレイ・ミステリオの様子。パイプイスを振り回す傍若無人の振る舞いに、レスナーは、不快感をあらわにした。場の空気を察したヘイマンが、慌ててフォローに入る。「ビンスに対し、ミステリオをスマックダウンのリングに上げるよう要請したが拒否された。ロウの選手はUSAネットワークと契約しているから無理らしい。」「なので、私の顧客・レスナーはロウに行く。これにより、スマックダウンは今日で辞めることになる。」ミステリオに対する怒りが、ブランド移籍を決意するほどのものだったとは・・・。場内は、失望したユニバースからのブーイング一色となった。続いて、ベイリー対ニッキー・クロスのSD女子王座戦が行われた。ベイリーが王座防衛に成功するが、試合後にNXT女子王者のシェイナ・ベイズラーが乱入。女王をボコボコに痛めつけると、無言でリングを後にした。フライト遅延によるスター不足に苦しむWWEクリエイティブチームは、この後もミズ対トマソ・チャンパ、マンディ・ローズ&ソーニャ・デビル対リア・リプリー&ティーガン・ノックス、アダム・コール対ダニエル・ブライアンのNXT王座戦といった、NXTとの軍団抗争をモチーフとしたカードを組む。これらのストーリーラインは、そのまま「11・24サバイバーシリーズ」に持ち込まれ、ロウ、スマックダウン、NXTによる3ブランド対抗戦が行われる見込みだ。最後に触れておきたいのが、前夜のCJで行われたナタリア対レイシー・エバンスの試合。「サウジアラビアでは初となる女性同士の試合が実現し、私たちは新たな歴史の第一歩を踏み出しました。」ステファニーの紹介でタイタントロンに映し出された映像は、華美なメイクとコスチュームを控え、端正な試合運びで観客を魅了する二人の雄姿だ。技の構成を組み立てているのはナタリアで、みなぎる使命感の中に垣間見えるエバンスの小さな不安を払拭するように試合を引っ張り、フィニッシュまで観客の熱狂を持続させた。試合後に感極まったエバンスが目を潤ませるとしっかり抱きかかえ、打ちあがる盛大な花火を背景に感動的なフィナーレを演出。「34年のレスリング人生で、最も美しくインパクトのあるシーンに遭遇した。」新たな歴史の1ページは、ミック・フォーリーがこうツイートしたほどの隠れた名勝負となった。未見の方は、ぜひ字幕版でご覧になっていただきたい。

    PPV大会

    PPV大会 ヘル・イン・ア・セル

    PPV大会 ヘル・イン・ア・セル

    PPV大会

    PPV大会 クラウン・ジュエル

    PPV大会 クラウン・ジュエル

    無料動画

    WWEnglish

    U17JPNvNED2

    第1回 ザ・ミズ「I am awesome!」

    第2回 ブラウン・ストローマン

    第2回 ブラウン・ストローマン「Get these hands!」

    第3回 ポール・ヘイマン

    第3回 ポール・ヘイマン
    「Your reigning, defending,undisputed universal heavyweight champion!」

    もっと見る
    第4回 ザ・バー

    第4回 ザ・バー
    「Because every body knows we don’t
    just set the bar, we are the Bar!」

    第5回 アライアス

    第5回 アライアス
    「I need you all to silence your cellphones,
    hold your applause,
    and most importantly shut your mouths!」

    第6回 中邑真輔

    第6回 中邑真輔「Sorry, no speak English」
    「YeaOh!」

    もっと見る
    第7回 トリプルH

    第7回 トリプルH「I’ve just got to know one thing. Are you ready? I said are you ready!」

    第8回 アスカ

    第8回 アスカ「No one is ready for Asuka」

    第9回 ロマン・レインズ

    第9回 ロマン・レインズ「Believe that!」

    第10回 ジョン・シナ

    第10回 ジョン・シナ「If you want some,come get some」

    曜日別の視聴可能番組

    何曜日に、なにが見られるの?

    表記は全て日本時間

    金(翌週)
    PPV大会 大会開催 J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    ※スカパーでのPPV大会は、大会開催翌週の木曜となります。詳しくはスカパーページでご確認ください。
    ロウ
    ノーカット版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    英語LIVE
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    ロウ
    1時間ハイライト
    J SPORTS 3
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    スマックダウン
    ノーカット版
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    英語LIVE
    J SPORTS 4
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    スマックダウン
    1時間ハイライト
    J SPORTS 3
    J SPORTSオンデマンド
    字幕配信
    • ※上記表は、2019年10月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
    • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
    • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
    • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

    チャンネル別の視聴可能番組

    どのチャンネルで、
    なにが見られるの?

    オンデマンド 放送 スカパー
    J SPORTSオンデマンド J SPORTS 4 J SPORTS 1J SPORTS 2J SPORTS 3 スカパー
    PPV大会
    WrestleMania等

    字幕版

    字幕版
    ロウ
    ノーカット版

    英語LIVE
    字幕版

    英語LIVE
    字幕版
    ロウ
    1時間ハイライト

    字幕版

    字幕版
    スマックダウン
    ノーカット版

    英語LIVE
    字幕版

    英語LIVE
    字幕版
    スマックダウン
    1時間ハイライト

    字幕版

    字幕版
    • PPVで視聴可能な番組
    • WWEパックで視聴可能な番組
    • ※上記表は、2019年1月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
    • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
    • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
    • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

    オンデマンド配信・放送予定

    J SPORTSオンデマンド配信予定

    オンデマンド配信予定はありません。

    放送予定

    • 生放送でお届けする番組です
    • 4K4K画質でお届けする番組です
    • 初回初回放送となる番組です
    • 同日24時間以内の録画放送です
    • 無料スカパー!で無料視聴いただけます
    • 番組放送の都合上休止となる可能性があります

    ご視聴方法

    smartphone PC TV

    オンデマンドで見るなら

    いつでもどこでも視聴できる!

    詳細はこちら

    ※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

    TV

    衛星放送・ケーブルTVで見るなら

    今すぐ!30分で視聴できる!

    詳細はこちら

    たっぷり録画!だからもう見逃さない!

    詳細はこちら

    ※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

    SNSアカウント

    メルマガ

    メルマガ

    J SPORTS WWE メールマガジン

    ロウ・スマックダウン・PPV大会の放送予定や、キャンペーン情報、コラムなどをお届けします。

    オンデマンド番組(PPV大会)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    オンデマンド番組(ロウ)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    オンデマンド番組(スマックダウン)

    現在、オンデマンド配信はありません。

    新着記事

    記事一覧はこちら