WWE

  • WWE PPV大会

    日本語字幕版でお届け!

    9月は「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」

  • クラッシュ・オブ・チャンピオンズ

    配信開始:9月22日(日)

    注目カード セス・ロリンズvs.ブラウン・ストローマン

  • WWE ロウ【英語版】

    9月24日(火)午前9時~ 生中継

    字幕版は9月30日(月)午後6時~放送!

  • WWE スマックダウン【英語版】

    9月25日(水)午前9時~ 生中継

    字幕版は10月1日(火)午後6時~放送!

  • WWE ロウ

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

  • WWE スマックダウン

    ノーカット完全版を生中継・配信!

    さらに日本語字幕版と1時間ハイライトもお届け!

お知らせ

【オンデマンド限定】WWE PPV大会 クラッシュ・オブ・チャンピオンズ配信時間変更のお知らせ

2019年9月17日

【オンデマンド限定】WWE PPV大会 クラッシュ・オブ・チャンピオンズは9月22日午後7時から午後8時に配信時間に変更になります。

WWE 9月 オンデマンド配信予定

2019年9月2日

【9月】WWEスマックダウン オンデマンド配信予定が一部変更になります。

WWEスマックダウン放送/配信日時変更のお知らせ

2019年8月30日

アメリカ本国での放送チャンネルおよび放送スケジュールの変更に伴い、10月から「スマックダウン」の初回放送/配信日時が下記の通り変更になります。
【英語版】LIVEの放送日時が土曜日朝となり、より見やすい時間になります。引き続きWWEスマックダウンをお楽しみに!

ドキュメンタリー 〜The REAL〜 【WWEクロニクル】 中邑真輔の素顔

2019年7月31日

2018年1月29日「ロイヤルランブル」優勝の快挙から、AJスタイルズの持つWWE王座に挑んだ「レッスルマニア34」が開催されたニューオリンズまで、WWEのカメラが完全密着。
スーパースター中邑真輔が自らの言葉で語り、その素顔に迫ったドキュメンタリー。

放送日:2019年8月23日(金) J SPORTS 3
放送時間:午後 11時 00分~深夜 0時 00分

J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWE

2019年7月30日

漫画家のちょぼらうにょぽみさんが「WWE」を4コママンガで分かりやすく説明。
独特なシュールギャグの4コマ漫画をメインとしながら、一児の母であり育児漫画も執筆。独特の「壊れた」作風が持ち味であるが、心温まるハートフルな漫画も描く。
J SPORTS オンデマンド Presents マンガでわかる!WWEページは詳細から。

J SPORTSオンデマンドで動画が再生できない場合の対処法について

2019年4月3日

J SPORTSオンデマンドのご利用にあたり、ご視聴いただけないお客様からのお問い合わせを多くいただいております。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

年間オンデマンド配信・放送予定

  • オンデマンド
  • 放送
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
  • WWE ロウ

    WWE ロウ

    フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

  • WWE スマックダウン

    WWE スマックダウン

    フルストーリーをLIVE、日本語字幕版、1時間ハイライトでお届け!

  • PPV大会

    年間12大会開催される予定です。今後のラインアップはJ SPORTS公式WEBサイトで随時発表します。

  • オンデマンド
  • 放送
  • ※配信予定のコンテンツは変更になる場合があります。

次の放送予定

ロウ

ロウ

ロウ PV

WWE ロウ #1373

9月17日(火)午前9:00~
英語版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
9月23日(月)午後6:00 ~
日本語字幕版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド

WWE ロウ #1374

9月24日(火)午前9:00~
英語版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
9月30日(月)午後6:00 ~
日本語字幕版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
RAW#1372「10年ぶりのロウMSG大会で、ストーン・コールド再び降臨!」(字幕版・初回放送の内容含む) >

9・9MSG大会のメインである10人タッグ戦。AJスタイルズのフェノメナル・フォアアームをかわしたセドリック・アレキサンダーが、ランバーチェックを決めて3カウントを奪った。その瞬間、大殊勲を祝うかのように飛び出してきたのはストーン・コールド・スティーブ・オースチン。勝者となったセス・ロリンズ、ストローマン、バイキング・レイダースらに缶ビールを手渡すと、派手なスプラッシュで乾杯する。9・15「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ(COC)」でストローマンとの大一番(ユニバーサル王座防衛戦)を控えたロリンズは、のどを鳴らして一気に飲み干した。エンディングを、ある意味では試合以上にスペクタクルな映像へとバージョンアップさせているオースチンの存在感はどうだ。彼のセリフの一言、一言に観客は熱狂し、豪快かつ繊細なムーブと一体になる。これほどのカリスマ性を発揮するスターが、世界にどれだけいるだろうか。もはや国境、ジャンルを超えた至高の瞬間を、すべてのWWEファンが分かち合う時、我々を「ユニバース(universe =宇宙、全人類)」と呼ぶ所以に気づくことになる。もちろん、オースチンの見せ場はこれだけではない。番組の冒頭、前述のユニバーサル王座戦の調印式に立会人として登場。コーナーでおなじみのポーズを決めると、のっけから缶ビールを一気飲みだ(立会人なのに)。ひとしきりMSGでの思い出話を一人語りした後にロリンズ、ストローマンを呼び寄せ、契約書へのサインを促す。今度こそつつがなく調印式が終わるかと思われたその瞬間、OCの面々が現れ、因縁をつけ始める。ダラダラとリングに上がってからもクダを巻くAJに業を煮やしたオースチンは、無言でそっとテーブルをはける。ただならぬ気配に、珍しく動揺するAJに対し、「AJよ。お前がなぜここにいるのか知らないが、これからどうなるのかは知っている。」と、非情な一言を浴びせると、ロリンズとストローマンが飛び掛かる。しかし、乱闘慣れしたOCが二人を分断し、勝ち誇った表情のAJに無言で近づいたオースチンは、スタナー一閃。AJはもんどり打って倒れる。WWEの抗争劇ではよくあるシーンと言えるし、ケビン・オーエンズのように、不条理劇の留飲を下げるスタナーの新たな使い手も現れたが、見せ場をそれらしく見せる間の取り方、ための作り方やセリフの言い回しなど、オースチンの表現力はケタ違いに群を抜く。この名場面を切り取るクリエイティブチームも、現場の緊張感を殺さぬよう細心の注意を払ったのか、オープニングからここまでをノーCMで一気に見せた。「息もつかせぬ」とは、こういう番組を指すのだろう。こうして放送枠のすべてを占拠した印象の“オースチン再降臨”だが、現役のスターも奮闘している。9・15COCで王座戦を控えた女子の、通称“フォー・ホースウィメン”がタッグで激突した。ベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー、サーシャ・バンクス&ベイリーの4人は、「ヨハネ黙示録の四騎士(フォー・ホースメン)」に例えられるだけの拮抗した戦いを見せたが、フィジカルで勝るシャーロットがベイリーにナチュラルセレクションを決めて消耗戦を制した。また、トリプルスレット戦となったキング・オブ・ザ・リング準決勝は、リコシェが巨漢相手に健闘。ジョーに630スプラッシュを決めてフォールを狙うが、コービンに足をすくわれ場外に。代わって横取りするようにリングに戻ったコービンはジョーを抑え込み、3カウント。決勝でチャド・ゲイブルと雌雄を決することとなった。2009年11月以来およそ10年ぶりとなる、聖地MSGでのマンデーナイト・ロウは大成功に終わったが、今後のWWEはますますアグレッシブなプランを計画しているという。9・15COC終了後の10月4日(日本時間5日)に、スマックダウンの米地上波局「FOX」への移行、続いて翌週にはロウ/スマックダウンの今年2度目のシェイクアップ(人事改編)、さらには10月末に噂されるサウジアラビア興行など、ビッグビジネスにふさわしい大変革が待っている。WWEの一強状態が続く勢力地図は、ますます強固なものとなるに違いない。

スマックダウン

スマックダウン

スマックダウン PV

WWE スマックダウン #1048

9月18日(水)午前9:00 ~
英語版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
9月24日(火)午後10:00 ~
日本語字幕版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド

WWE スマックダウン #1049

9月25日(水)午前9:00 ~
英語版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
10月1日(火)午後6:00 ~
日本語字幕版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
SD#1047「中邑真輔に要望する!マイクではなくジャーマンの解禁を!!」(字幕版・初回放送の内容含む) >

ジャーマン・スープレックス・ホールドは、“神様”カール・ゴッチが発明した「プロレスの芸術品」とも称される技だ。かつて新日本プロレスが提唱していた「ストロングスタイル」の象徴とも言えるこの技が、何故か今、WWEマットを席巻している。9・10MSG大会でシェインを破ったチャド・ゲイブルが、「キング・オブ・ザ・リング」トーナメント決勝進出を決めた。開幕前にはダークホースとすら思われていなかったゲイブルが、ここまで勝ち上がる切り札となったのがジャーマンだ(=正確には、後方回転エビから立ち上がり、ジャーマンにつなげるオリジナル技=カオスセオリー)。選手のフィジカルや安全性の面から、後方に投げっぱなしの形が増えた昨今、高角度でブリッジしてそのまま固める正統的な形で使いこなせる選手はそれほどいない。ゲイブルは、その限られた存在の一人だ。1回戦でかつてのタッグパートナーであるシェルトン・ベンジャミンを破ったゲイブルは、2回戦ではアンドラーデを撃破。そして今大会では、当初対戦予定のアライアスの代役・シェインと戦うという不運(しかも、レフェリーはシェインに弱みを持つケビン・オーエンズ)にも遭遇するが、見事に勝ち抜いた。その全試合で決め技として披露した鮮やかなジャーマンは観客を次第に魅了し、ゲイブルの支持率急上昇をもたらした。身長が公称173cmであるがゆえに背が低いことをネタにされることが多く、「Shorty(ちび)!」と蔑まれた時の自虐的な笑顔が売りにもなっていた。しかし、レスラーとしてのポテンシャルは相当なもので、学生時代はレスリング・グレコローマンスタイル84kg級で数々の国際大会で優勝。2012年には、ロンドン五輪にも出場している(9位)。こうして突然スポーツエリートのスターがプッシュされ始めた背景には、今秋の番組改編が絡んでいるという現地報道もある。スマックダウンは10月4日(日本時間5日)より、米ケーブル局「USAネットワーク」から米地上波局「FOX」へと移行する。その新たなメディアパートナーであるFOXがエンタメ路線ではなく、よりスポーツライクな演出を望んでいるというのだ。元々、世界中のトップアスリートが結集しているWWEにとっては懸念材料にすらならないが、併せて計画されている今季2度目のシェイクアップ(人事改編)に何らかの影響が出る可能性はある。中でも、ギミック(演出上の仕掛け)の演技力とリング上のパフォーマンスにギャップのありすぎるスターにとって、FOXは“救いの神”となるかもしれない。その意味では、レスリングの下地と総合格闘技の実績がある中邑真輔のような選手は、まさにこの新路線にうってつけの存在となるだろう。今でこそ、キンシャサをはじめとする打撃技中心に構成された中邑の試合だが、WWEデビュー当時は派手な投げ技も多用していた。時折見せるスープレックスは、身長188cmから繰り出されるだけに鮮やかな弧を描くスタイル。その後は諸事情により封印されることとなったが、WWE首脳の理解さえ得られれば、すぐにでも投入できるコンディションにあるはず。中邑が解禁すべきはマイクではなく、ゲイブルにも引けをとらないジャーマン・スープレックスであるべきなのだ。奇しくも、この日の中邑は前回まで封印していたマイクを解禁し、ミズ対アンドラーデ戦の解説者として実況ブースに登場した。「Shinsuke,welcome!」「どうぞよろしくぅ!リングの上でペラペラしゃべるのは、俺の性分には合わないんでね。」「Shinsuke,interesting!」「これからは俺の時代でしょ。それよりさ、ちょっとうるせえよ!黙ってくれない?」「Shinsuke,GOMEN-NASAI!」現地実況陣に一切気を遣わず話を進める中邑のトークは見方によっては面白いが、外国人の目にどう映るのかが問題だ。微妙な面白さが理解されずに失笑されるくらいなら、マイクは潔く捨て去るのも一つの戦略だ。10月開始の新生スマックダウンで、華麗なジャーマンと打撃技で大活躍する“キング・オブ・ストロングスタイル”の雄姿を、我々の誰もが見たいはず。そのためには、王者のままでFOX体制のスマックダウンに移行する必要がある。こうした事情から、9・15COCで行われるミズとのインターコンチネンタル王座戦は単なる防衛戦ではなく、我々の夢と期待がかかった、きわめて重大な一戦となった。

PPV大会

PPV大会 サマースラム

PPV大会

PPV大会 クラッシュ・オブ・チャンピオンズ

PPV大会 クラッシュ・オブ・チャンピオンズ

WWEnglish

WWEで日々繰り出される名言。そんな名言の数々を、せっかくなら英語でも楽しみたい!
WWE大好き芸人のレイザーラモンRGを講師に迎え、英会話動画企画を始めました!その名もWWEnglish!
日常での使い方をコント形式で紹介したり、選手名や技の名前も沢山出てくるので、覚えて良し、使って良し!
WWEの神髄を是非英語でもお楽しみください!

第1回 ザ・ミズ

「I am awesome!」

第2回 ブラウン・ストローマン

「Get these hands!」


第8回 アスカ

No one is ready for Asuka

第9回 ロマン・レインズ

Believe that!

第10回 ジョン・シナ

If you want some,come get some

曜日別の視聴可能番組

何曜日に、なにが見られるの?

表記は全て日本時間

PPV大会 大会開催 J SPORTSオンデマンド
字幕配信
※スカパーでのPPV大会は、大会開催翌週の木曜となります。詳しくはスカパーページでご確認ください。
ロウ
ノーカット版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
英語LIVE
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
ロウ
1時間ハイライト
J SPORTS 3
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
スマックダウン
ノーカット版
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
英語LIVE
J SPORTS 4
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
スマックダウン
1時間ハイライト
J SPORTS 3
J SPORTSオンデマンド
字幕配信
  • ※上記表は、2019年1月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
  • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
  • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
  • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

チャンネル別の視聴可能番組

どのチャンネルで、
なにが見られるの?

オンデマンド 放送 スカパー
J SPORTSオンデマンド J SPORTS 4 J SPORTS 1J SPORTS 2J SPORTS 3 スカパー
PPV大会
WrestleMania等

字幕版

字幕版
ロウ
ノーカット版

英語LIVE
字幕版

英語LIVE
字幕版
ロウ
1時間ハイライト

字幕版

字幕版
スマックダウン
ノーカット版

英語LIVE
字幕版

英語LIVE
字幕版
スマックダウン
1時間ハイライト

字幕版

字幕版
  • PPVで視聴可能な番組
  • WWEパックで視聴可能な番組
  • ※上記表は、2019年1月1日以降の曜日別視聴可能番組を表しています。
  • ※J SPORTSオンデマンドでの配信は、2019年1月以降開始です。詳しくはコチラ
  • ※2018年の放送予定は、WWE放送予定をご確認ください。
  • ※放送予定は変更する場合がございますので、ご了承ください。

オンデマンド配信・放送予定

J SPORTSオンデマンド配信予定

配信予定一覧

放送予定

  • 生放送でお届けする番組です
  • 4K4K画質でお届けする番組です
  • 初回初回放送となる番組です
  • 同日24時間以内の録画放送です
  • 無料スカパー!で無料視聴いただけます
  • 番組放送の都合上休止となる可能性があります

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SNSアカウント

メルマガ

メルマガ

J SPORTS WWE メールマガジン

ロウ・スマックダウン・PPV大会の放送予定や、キャンペーン情報、コラムなどをお届けします。

オンデマンド番組(PPV大会)

現在、オンデマンド配信はありません。

新着記事

記事一覧はこちら