1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

田村岳斗 -華麗なる舞-


April 7, 2016 11:00 PM /

世界フィギュア結果

世界フィギュア男子は、ハビエル・フェルナンデス選手が2連覇を達成しました。
300点超えも決めて、本当におめでとうございます。
どんな試合でも連覇は大変な事で、かなりのプレッシャーがあったと思いますが、
フリーでは全てのジャンプを決めての逆転優勝でした。

2位の羽生選手は、NHK杯、GPファイナルでとんでもない高得点を出していたので、
期待も高く、彼自身もそういう滑りを求められている事がわかっていたと思います。
自分のスコアが敵になってしまった面があるでしょう。
その壁はすごく高いもので、あの得点自体はそう簡単に出るものではありませんが、
それを超えて勝ちたいという思いもあったでしょう。
体調面で状態がよくなかった事も影響したかもしれません。
技術の面では全く心配ないので、今回の悔しさをバネに、落ち着いて、
体調管理をしっかりとすれば彼は高い壁も越えてまた勝てる。
今回負けたとはいえ世界2位です。
彼の場合、勝って当たり前という期待から解放される面もあるでしょうから、
背負っていたものが少し軽くなって、
来シーズンも挑戦者として、スタートできるのではないでしょうか。

3位のボーヤン・ジン選手は、
中国選手として初の世界選手権メダリストとなる快挙となりましたが、
この大会ではさすがにいつもより動きが固かったです。
それでもあのジャンプ構成をやりきって、
今現在最高のジャンパーは彼かなと、改めて思いました。
このところ男子は、フェルナンデス選手と羽生選手がリードして、
四大陸ではチャン選手の復活もありましたが、
そういう中で10代のボーヤン選手が表彰台に立った事は、
新しい時代の到来を感じさせるものでもありました。

そして、今回のボーヤン選手のメダル獲得を見て、
一番燃えているのは、同世代の宇野昌磨選手でしょう。
GPファイナルでは彼が表彰台に乗っていますし、
本来なら自分がそこにいるべきという思いや、自分に対する腹立たしさもあるでしょう。
でも、そうした怒りは、スポーツにとってはとても大切で、
負けたショックを忘れさせて、自分を押し上げるためのモチベーションにつながっていきます。
怒りのパワーをいい方向に向けて、
来シーズンはさらにレベルアップした宇野選手の滑りが見られる事を期待しています。

今回、羽生選手、宇野選手の2人の成績で、
来シーズン日本男子3枠に戻せたことはとても素晴らしい事です。
来シーズンはオリンピックにも影響してきますから、とても大きかったと思います。

同様に、女子も3枠を獲得しています。
今大会に参加した選手は、日本代表選手としてしっかりと責任と役割を果たして、
また来シーズンにつなげました。
僕も、これに関しては、最低限の仕事ができたと胸を撫で下ろしています。

ところで、TDガーデンですごいヤツに会いました。
IMG_2811.JPG
高い壁に向かって、挑んでみました。
IMG_2812.JPG
やっぱり怖い...。
IMG_2813.JPG
とりあえず逃げて様子見る。これオレのやり方。
IMG_2814.JPG
勇気を出して。
IMG_2815.JPG
向かって行く。これ知子のやり方!

※選手の掲載許可は得ていますが、熊は怖かったので掲載許可は得ていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。プロスケーター&コーチとして活躍する男子フィギュアスケーターの第一人者。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点に、未来のメダリスト育成に務める。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.