1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

田村岳斗 -華麗なる舞-


March 30, 2017 5:00 PM /

世界フィギュア男子

世界フィギュア男子シングルは、ジャンプの技術が進化していく中で、
4回転ジャンパーが一同に顔を揃える大会となりました。
上位候補を見てみると、四大陸で素晴らしい滑りを見せたネイサン・チェン選手。
初出場ですが最初から優勝を狙ってくるでしょう。
それがどのようなプレッシャーになるのか。
連覇中の世界チャンピオンのフェルナンデス選手はここに照準を合わせてくるでしょうし、
羽生選手にとってはぜひとも取り戻したいタイトルです。
前回3位のボーヤン・ジン選手。まだ表彰台の経験はないけれど、
その実力は十分にある宇野選手。
そして、元世界チャンピオンのパトリック・チャン選手。
どの選手も複数回の4回転を跳び、その質も極めて高い選手です。

その中で勝負を分けるのは精神力。来年の平昌五輪を前に、
できるだけいい順位で終わりたいという気持ちは誰もが持っていると思います。
優勝狙いか、表彰台狙いか。

SPの順位とスコア差もキーになります。
得点差があった場合、追いかける選手は少々のリスクを犯しても
構成を変更する選手も出てくるかもしれませんし、
追われる選手にとってはその逆もありえます。
そしてフリーでの滑走順。それぞれの選手の戦略が興味深いです。

優勝を狙う上で、羽生選手、宇野選手が有利なところを挙げると、
この2人はとても質の高いトリプルアクセルを持っています。
安定感もあり、戦う上で大きな強みとなるでしょう。

初出場の田中刑事選手も楽しみです。羽生選手、宇野選手に注目が集まる中、
少しずつかもしれないけれど、確実に進歩しています。
やっとつかんだ代表です。さらに上のランクにいくためのチャンスでもあります。

それにしても、今大会で表彰台に立つには、
いったい4回転が何発必要なんだろうと思うほどすごい大会になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。プロスケーター&コーチとして活躍する男子フィギュアスケーターの第一人者。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点に、未来のメダリスト育成に務める。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.