海外注目選手特集

ローリー・ベスト

Rory Best

ローリー・ベスト

ローリー・ベスト

Rory Best

  • POOL A

    アイルランドアイルランド代表
  • 生年月日

    1982年8月15日

  • ポジション

    HO(フッカー)

  • 身長/体重

    180cm/110kg

  • キャップ数

    119(2007年、11年、15年ワールドカップ出場)

  • ※キャップ数は2019年9月9日時点
    Photo by World Rugby via Getty Images

Photo by World Rugby via Getty Images

INTRODUCTION

今大会で引退を表明。実直にチームを引っ張る闘将



2016年のシックス・ネーションズからキャプテンを務めている、スクラム、ラインアウトとセットプレーの要。ボールキャリアとしても確実に前に出て、モールからのトライも得意とするHOだ。過去にワールドカップには3度出場しており、アイルランド代表では5人目となる100キャップを達成している。



北アイルランドの家族経営の農家の出身で、2008年に引退した元アイルランド代表PR(プロップ)兄・サイモンの後を追うようにラグビーを始める。ニューキャッスル大学で農業を学んでいるときは、ニューキャッスルアカデミーでもプレーした経験を持っている。 2004年兄と同じアルスターに入り、2011-12シーズンは欧州クラブ王者決定戦で優勝こそできなかったが、決勝進出の原動力の1人となった。



国際舞台でも2005年11月のニュージーランド戦で初キャップを獲得し、その後は2007年、フランスワールドカップに初出場。、2009年にはシックス・ネーションズのグランドスラムも経験するなど、アイルランド代表のFW(フォワード)を引っ張り、同年の北米遠征では、主力がライオンズ遠征に参加していたため、キャプテンを務めた。2011年のワールドカップにも出場し、2014年、2015年はシックス・ネーションズの連覇にも貢献、そして2015年には3度目のワールドカップを経験した。



2013年のライオンズのオーストラリア遠征では、レフリーに暴言を吐いたイングランドの代表HOディラン・ハートリーに替わり、スコッドに選出され、2017年のニュージーランド遠征にも選出された。2016年、18年とオールブラックスを破り、アイルランド史上最も成功したキャプテンとの呼び声高いベストは、このワールドカップで現役引退を表明。アイルランドを初のベスト4以上に導いて有終の美を飾ることができるか。



◆数年前に都市を離れ田舎で農作業をしながら暮らしている。自らアナログ人間を自称し、スマートフォンは使わない主義だとか。



TEXT by 斉藤健仁

一覧ページへ戻る

海外注目選手一覧

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter