海外注目選手特集

グレイグ・レイドロウ

Greig Laidlaw

グレイグ・レイドロウ

グレイグ・レイドロウ

Greig Laidlaw

  • POOL A

    スコットランドスコットランド
  • 生年月日

    1985年10月12日

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    176cm/80kg

  • キャップ数

    73(2015年ワールドカップ出場)

  • ※キャップ数は2019年9月9日時点
    Photo by World Rugby via Getty Images

Photo by World Rugby via Getty Images

INTRODUCTION

正確無比なキックとゲームコントロールが武器とするSH



2015年のラグビーワールドカップでは日本戦を筆頭に正確無比な右足からのキックと、SHとして冷静な戦術眼と、キャプテンシーでスコットランド代表を見事にベスト8に導いたキャプテンだ。初戦となった日本代表戦でも4PG&4ゴールの20得点を決めて、45-10で勝利した立役者の一人となった。



小さい頃からラグビーを始め、当時はオーストラリア代表SHジョージ・グレーガンにも憧れていた。2007年からエディンバラでプレーし、2014年からはイングランドのグラスゴーに移籍。さらに2017年からはスコットランド代表の指揮官だった、ヴァーン・コッターが就任するフランスのクレルモンに移籍した。各年代の代表にも選出され、2011年からはスコットランド代表としてプレーし、前述の通り、2015年ワールドカップではキャプテンとしてチームを牽引。2016年6月の日本遠征でも、チームをまとめて2勝を挙げた。



2017年のライオンズ遠征にイングランドのベン・ヤングスに代わって初参加。2017年はケガのためシックス・ネーションズを欠場し、キャプテンをジョン・バークレイに譲ったが、2018年になって代表復帰すると再び主将に返り咲いている。2018年はバーバリアンズのメンバーとしてイングランドと対戦もした。今大会ではキャプテンからは退いたものの、やはりベテランSHの経験とリーダーシップはチームにとっては大きな力となろう。



◆伯父であるロイはスコットランド代表でキャプテンを務め、ライオンズ遠征にも4回選ばれた伝説的なSH。その息子クラークは現ニュージーランド男子セブンズのヘッドコーチという、エディンバラのラグビー一家に育った。



TEXT by 斉藤健仁

一覧ページへ戻る

海外注目選手一覧

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter