海外注目選手特集

コーナー・マレー

Conor Murray

コーナー・マレー

コーナー・マレー

Conor Murray

  • POOL A

    アイルランドアイルランド代表
  • 生年月日

    1989年4月20日

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    188cm/93kg

  • キャップ数

    72(2011年、15年ワールドカップ出場)

  • ※キャップ数は2019年9月9日時点
    Photo by World Rugby via Getty Images

Photo by World Rugby via Getty Images

INTRODUCTION

アイルランドが誇る世界屈指の大型SH



SOジョナサン・セクストンとハーフ団を組み、アイルランド代表の中軸を担っているのがSHコーナー・マレーだ。アイルランド代表キャップは72を誇るコントローラーで、188cmの長身を活かした突破だけでなく、パス捌き、ボックスキックも上手く、世界最高峰のSHとして君臨している。



U20アイルランド代表後、2010-11シーズンにはマンスターに加入し、プロ12(旧マグナーズリーグ)で初優勝を経験した。それ以来、マンスター一筋でプレーし続けている。なかなかチームは欧州王座のタイトルを得ることはできていないが、マレーの存在感は別格で、2017年、アイルランドの選手協会が選ぶ最優秀選手賞にも選ばれている。



アイルランド代表には2011年のワールドカップ直前に初めて選出され、30名のスコッドに入り、ワールドカップでも堂々とプレーし、オーストラリア撃破にも寄与した。さらに2012、2013年のシックス・ネーションズでは、アイルランドの連覇に貢献し、2013年のライオンズのオーストラリアツアーにも参戦し、ライオンズとしての初キャップも獲得。



そして、2016年の11月にはアイルランド代表史上初めて、オールブラックスを破った試合でもトライを挙げて勝利に貢献した。2017年は再びライオンズのメンバーに選ばれ、オールブラックス相手にトライを取り、再び勝利の大きな原動力となった。今大会も、ニュージーランドのアーロン・スミスとともに世界的なSH(スクラムハーフ)として活躍するはずだ。



◆アイルランドのマンスター地方のリムリック出身で、ラグビーと平行してゲーリックフットボールもプレーしていた経歴を持つ。



TEXT by 斉藤健仁

一覧ページへ戻る

海外注目選手一覧

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter