リッチー・モウンガ Richie MO’UNGA

POOL A

ニュージーランド代表

生年月日
1994年5月25日
身長/体重
176cm/83kg
ポジション
SO(スタンドオフ)
所属チーム
東芝ブレイブルーパス東京
ニュージーランド代表キャップ数
47
※2019年ワールドカップメンバー

※データは2023年7月31日現在

introduction

パス、ラン、キックと3拍子そろった攻撃的司令塔

身長176cmとサイズこそ大きくはないが、キック、パスといったスキルに長けて、ラインブレイカーとしても力のあるSO(スタンドオフ)だ。2016年にスーパーラグビーデビューを果たすと、ダン・カーターの跡を継いで、クルセイダーズの10番に定着し、チームの絶対的司令塔としてプレーし続けている。

2017年11月、バーバリアンズのメンバーとしてトゥイッケナム・スタジアムでオールブラックスと対戦しトライを決めると、そのままオールブラックスに召集。2018年6月のフランス戦で初キャップを獲得し、ザ・ラグビー・チャンピオンシップのスコッドにも選ばれ、アルゼンチン代表戦では先発出場も果たした。2018年秋の日本代表戦でも素晴らしいパフォーマンスを見せてSOのポジション争いに名乗りを上げた。

2019年はクルセイダーズの10番としてチームの3連覇に大きく貢献。その勢いのまま、2019年ワールドカップには正SOとして試合に出場した。だが、やや精彩を欠いてしまいオールブラックスを3連覇に導くことはできなかった。2020年のスーパーラグビー・アオテアロアでは、優勝に貢献するだけでなく99点で得点王に輝いて最優秀選手賞を獲得。今年のスーパーラグビー・パシフィック優勝にも貢献するなど、さらなる経験を積んだ。

イアン・フォスターHC(ヘッドコーチ)の信頼も厚く、オールブラックスとしても10番として試合に出ることが多く、2023年ワールドカップに向けて年々、安定感が出てきた。大会後は東芝ブレイブルーパス東京に入団が決まっている。今大会こそオールブラックスを優勝に導いて、リーグワンに参戦したい。

◆自身はニュージーランド出身だが、父はトンガ、母はサモア出身である。妻のソフィーさんの姉は元オールブラックスPR(プロップ)オーウェン・フランクス夫人である。2020年8月に長女ビリー・マリー、2021年9月に長男マーレー・ルイが誕生し、2児の父となった。

TEXT:斉藤健仁

注目選手一覧

POOL A

POOL B

POOL D

ご視聴方法 HOW TO

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

JSPORTS オンデマンド
詳細はこちら

Amazonプライム会員なら
簡単登録!

prime video チャンネル JSPORTS
詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。
また、J SPORTSオンデマンドとPrime Videoチャンネルも配信コンテンツは異なります。配信予定をご確認ください。

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

スカパー!
詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気と
まとめてお得

J:COM
詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルを
ご視聴いただけない場合があります。

SHARE