ラグビーW杯2019™ 日本大会

ウルグアイ

ウルグアイ

ウルグアイ

世界ランキング

18位(2019年11月4日現在)

過去のW杯成績

第1回(1987年)予選敗退
第2回(1991年)予選敗退
第3回(1995年)予選敗退
第4回(1999年)プール戦敗退
第5回(2003年)プール戦敗退
第6回(2007年)予選敗退
第7回(2011年)予選敗退
第8回(2015年)プール戦敗退

出場回数

2大会連続4回目

ヘッドコーチ

エステバン・メネス
1972年9月13日生
国籍:アルゼンチン
就任時期:2015年12月

南米でアルゼンチンの次に実力のある「ロス・テロス」

国旗にちなんだ水色のジャージーと、エンブレムから「ロス・テロス」(南米タゲリという鳥)の愛称で呼ばれているウルグアイ代表。南米大陸ではアルゼンチンに次ぐラグビー強国として、過去に3度ワールドカップに出場し、1999年大会でスペイン代表に、2003年大会でジョージア代表に勝って、過去2勝を挙げている。

隣国アルゼンチン同様に、伝統的にFW(フォワード)の接点の激しさとスクラムの強さを武器としている。前回大会は、最終予選でロシア代表に勝って3大会ぶりのワールドカップ出場を果たしたが、白星を挙げることはできなかった。

大会終了後、アルゼンチン出身のエステバン・メネスがHC(ヘッドコーチ)に就任して強化を進め、アメリカ地区2位を争うカナダ代表に連勝し、2大会連続4回目となるワールドカップの出場を決めた。

まだまだアルゼンチン代表との差はあるが、目標としていた世界ランキング20位以内に入り、アメリカ代表、カナダ代表にも拮抗した試合ができるようになるなど成長の跡を見せている。キャプテンのFL(フランカー)ファン・マヌエル・ガミナラ、SO(スタンドオフ)フェリペ・バチェシらを中心に、強豪ひしめくプールDだが、2003年以来の勝利を目指したい。

SCHEDULE プール戦試合日程

日時 対戦カード 会場
9月25日(水)
午後2:15
フィジー
vs.
ウルグアイ
釜石鵜住居復興スタジアム
9月29日(日)
午後2:15
ジョージア
vs.
ウルグアイ
熊谷ラグビー場
10月5日(土)
午後2:15
オーストラリア
vs.
ウルグアイ
大分スポーツ公園総合競技場
10月13日(日)
午後5:15
ウェールズ
vs.
ウルグアイ
熊本県民総合運動公園陸上競技場

MOVIE 動画

MEMBER メンバーリスト

ポジション 名前 所属
PRディエゴ・アルベロMVCC
PRジュアン・エチェベリアAustin Elite
PRファクンド・ガッタスHindu
PRホアキン・ハウンソロLos Cuervos
PRジュアン・ペドロ・ロンビーズTrebol
PRマテオ・サンギネッティHouston SaberCats
HOヘルマン・ケスレルLos Cuervos
PR/HOギレルモ・プジャダスChampagnat
LOイグナシオ・ドッティNew Orleans Gold
LOマヌエル・レインデーカーOyonnax
LOディエゴ・マグノーHouston SaberCats
FL/NO8フランコ・ラマンナMowden Park
FL/NO8ファン・マヌエル・ガミナラ(C)Old Boys
FL/NO8サンティアゴ・シベッタOld Boys
FL/NO8ジュアン・ディエゴ・オーマエチャーCarrasco Polo
FL/HOマヌエル・アーダオOld Christians
FL/NO8マヌエル・ディアナOld Christians
FL/NO8アレサンドロ・ニエトHouston SaberCats
SHサンティアゴ・アラタHouston SaberCats
SHアグスティン・オーマエチャーStade Montois
SOフェリペ・バチェシDax
SOジュアン・マヌエル・キャットOld Boys
CTBアンドレス・ビラセカAustin Elite
CTBアグスティン・デラ・コルテTrebol
CTBニコラス・フレイタスCarrasco Polo
CTBトマス・インシアルテOld Christians
WTBフェデリコ・ファバーロOld Christians
WTBレアンドロ・レイバスToronto Arrows
WTB/FBフェリペ・エチエベリーToronto Arrows
WTB/FBロドリゴ・シルバCarrasco Polo
WTB/FBガストン・ミエレスToronto Arrows

一覧ページへ戻る

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter