ラグビーW杯2019™ 日本大会

南アフリカ

南アフリカ

南アフリカ

世界ランキング

1位(2019年11月4日現在)

過去のW杯成績

第1回(1987年)不参加
第2回(1991年)不参加
第3回(1995年)優勝
第4回(1999年)3位
第5回(2003年)ベスト8
第6回(2007年)優勝
第7回(2011年)ベスト8
第8回(2015年)3位

出場回数

7大会連続7回目

ヘッドコーチ

ヨハン・エラスムス
1972年10月5日生
国籍:南アフリカ
就任時期:2018年3月

ニュージーランドを止める最右翼。優勝2度を誇るフィジカル大国

右胸に愛称であるカモシカの一種、南アフリカを象徴する動物「スプリングボクス」。左胸には国花「プロテア」にちなんだ国章が輝く緑&金のジャージーをまとう南アフリカ代表。自国開催かつ、初参加だった1995年大会、そして2007年フランス大会と2度の優勝を誇る。

フィジカルとセットプレーを全面に押しだしたラグビーが持ち味で、ディフェンスも激しい。2015年ワールドカップは予選プール初戦で日本代表に負けたものの、その後、しっかりと強さを見せて3位となった。

2016年以降、低迷が続いたが、2018年3月にラシー・エラスムスが指揮官に就任すると、チームは格段に進化した。黒人初のキャプテンであるFL(フランカー)シヤ・コリシを中心にチームはまとまっており、HO(フッカー)マルコム・マークス、SO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラード、FB(フルバック)ウィリー・ルルーら各ポジションにタレントも揃う。

今年の7月にはニュージーランドと引き分け、ザ・ラグビーチャンピオンシップで初優勝し、9月6日に行われた日本代表との試合も41-7で快勝し好調を見せつけた。3連覇を狙うオールブラックスを阻む最右翼として予選プール戦初戦から、大会の行方を占う戦いが繰り広げられる。持ち味であるフィジカルと激しいディフェンスを武器に3度目の優勝を狙う。

SCHEDULE 試合日程

日時 対戦カード 会場
9月21日(土)
午後6:45
ニュージーランド
vs.
南アフリカ
横浜国際総合競技場
9月28日(土)
午後6:45
南アフリカ
vs.
ナミビア
豊田スタジアム
10月4日(金)
午後6:45
南アフリカ
vs.
イタリア
小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10月8日(火)
午後7:15
南アフリカ
vs.
カナダ
神戸市御崎公園球技場
10月20日(日)
午後7:15
日本
vs.
南アフリカ
東京スタジアム
10月27日(日)
午後6:00
ウェールズ
vs.
南アフリカ
横浜国際総合競技場
11月2日(土)
午後6:00
イングランド
vs.
南アフリカ
横浜国際総合競技場

MOVIE 動画

MEMBER メンバーリスト

ポジション 名前 所属
PRスティーヴン・キッツォフストーマーズ
PRヴィンセント・コッホサラセンズ(ENG)
PRフランス・マルハーバストーマーズ
PRテンダイ ・ムタワリラシャークス
PRトレヴァー・ニャカニブルズ
HOスカルク・ブリッツブルズ
HOマルコム・マークスライオンズ、NTTコム »選手ページへ
HOボンギ・ンボナンビストーマーズ
LOルード・デヤハーブルズ
LOエベン・エツベスストーマーズ
LOフランコ・モスタートグロスター(ENG)
LORG・スナイマンブルズ、ホンダ
LO/FLピーター ステフ・デュトイストーマーズ
FLシヤ・コリシ(C)ストーマーズ
FLクワッガ・スミスライオンズ、ヤマハ
FL/NO8フランソワ・ロウバース(ENG)
NO8ドウェイン・フェルミューレンブルズ、クボタ »選手ページへ
SHフランソワ・デクラークセール・シャークス (ENG)
SHハーシェル・ヤンキースストーマーズ »選手ページへ
SHコーバス・ライナーノーサンプトン・セインツ(ENG)
SOエルトン・ヤンキースライオンズ
SOハンドレ・ポラードブルズ »選手ページへ
CTBルカニョ・アムシャークス
CTBダミアン・デアリエンディストーマーズ、パナソニック
CTBフランソワ・ステインモンペリエ (FRA)
CTB/WTBマカゾレ・マピンピシャークス
WTBシブシソ・ンコシシャークス
WTB/FBチェスリン・コルビトゥールーズ(FRA)
FBウォリック・ヘラントブルズ
FBウィリー・ルルー トヨタ
UtilityBKジェシー・クリエルブルズ、キャノン »選手ページへ

一覧ページへ戻る

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter