ラグビーW杯2019™ 日本大会

スコットランド

スコットランド

スコットランド

世界ランキング

9位(2019年11月4日現在)

過去のW杯成績

第1回(1987年)ベスト8
第2回(1991年)4位
第3回(1995年)ベスト8
第4回(1999年)ベスト8
第5回(2003年)ベスト8
第6回(2007年)ベスト8
第7回(2011年)プール戦敗退
第8回(2015年)ベスト8

出場回数

9大会連続9回目

ヘッドコーチ

グレガー・タウンセンド
1973年4月26日生
国籍:英国(スコットランド)
就任時期:2017年5月

ベスト8の常連で欧州の伝統国、攻撃的なラグビーは健在

欧州の伝統国の1つ、スコットランド代表。英国王室のアン王女がチームを支援してきたことでも知られる。濃紺のジャージーに国花「アザミ」を胸に付け、堅実な守備とセットプレーをベースに正確なプレースキックを武器にワールドカップではベスト8の常連だった。

だが、2011年大会では、初の予選プール敗退という憂き目を見た。そのため、2014年にニュージーランド人のヴァーン・コッターHC(ヘッドコーチ)が就任し、SH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロウ 、SO(スタンドオフ)フィン・ラッセル、FB(フルバック)スチュアート・ホッグを中心に積極的にボールを展開する、攻撃的なチームへと変貌。前回大会では予選プールで日本代表を下し、ベスト8に進出した。

今大会は、コッターHCの後任としてスコットランド代表82キャップを持つグレガー・タウンゼンドが指揮官となったが、そのスタイルは大きく変わっていない。HO(フッカー)スチュアート・マキナリー新キャプテンのもと、今大会は予選プール突破だけでなはなく、1991年大会2度目となるベスト4を伺う。

SCHEDULE プール戦試合日程

日時 対戦カード 会場
9月22日(日)
午後4:45
アイルランド
vs.
スコットランド
横浜国際総合競技場
9月30日(月)
午後7:15
スコットランド
vs.
サモア
神戸市御崎公園球技場
10月9日(水)
午後4:15
スコットランド
vs.
ロシア
小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10月13日(日)
午後7:45
日本
vs.
スコットランド
横浜国際総合競技場

MOVIE 動画

MEMBER メンバーリスト

ポジション 名前 所属
PRサイモン・バーガンエディンバラ
PRゴードン・リードエアシャイア・ブルズ
PRWP・ネルエディンバラ
PRザンダー・ファーガソングラスゴー・ウォーリアーズ
PRアラン・デルロンドン・アイリッシュ
HOフレイザー・ブラウングラスゴー・ウォーリアーズ
HOスチュアート・マキナリー(C)エディンバラ
HOジョージ・ターナーグラスゴー・ウォーリアーズ
LOスコット・カミングスグラスゴー・ウォーリアーズ
LOグラント・ギルクリストエディンバラ
LOジョニー・グレイグラスゴー・ウォーリアーズ
LOベン・トゥールスエディンバラ
FLジョン・バークレー エディンバラ
FLジェイミー・リッチーエディンバラ
FLハミッシュ・ワトソンエディンバラ
NO8ブレイド・トムソンスカーレッツ
NO8ライアン・ウィルソングラスゴー・ウォーリアーズ
SHジョージ・ホーングラスゴー・ウォーリアーズ
SHグレイグ・レイドロウ ASMクレルモン »選手ページへ
SHアリ・プライスグラスゴー・ウォーリアーズ
SOアダム・ヘイスティングスグラスゴー・ウォーリアーズ
SOフィン・ラッセルラシン92 »選手ページへ
CTBクリス・ハリスグロスター(ENG)
CTBピーター・ホーングラスゴー・ウォーリアーズ
CTBサム・ジョンソングラスゴー・ウォーリアーズ
CTBダンカン・テイラーサラセンズ(ENG)
WTBダルシー・グラハムエディンバラ
WTBショーン・マイトランドサラセンズ(ENG)
WTBトミー・シーモアグラスゴー・ウォーリアーズ
FBスチュアート・ホッグエクスター・チーフス »選手ページへ
FBブレア・キングホーンエディンバラ

一覧ページへ戻る

HOW TO ご視聴方法

全48試合4K生中継で見るなら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

SHARE

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter