J SPORTS解説者が選ぶラグビーワールドカップ2019ベスト15

J SPORTS解説者が選ぶラグビーワールドカップ2019ベスト15

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ2019は、南アフリカの2007年以来3度目の優勝で幕を閉じました。およそ1か月半におよぶ大会では、たくさんの選手が活躍し大会を盛り上げました。そこでJ SPORTS解説者のみなさんに、ベスト15を選んでいただきました!

村上晃一

ラグビージャーナリスト

村上晃一が選ぶベスト15

村上晃一が選ぶベスト15

このメンバーで戦っているのを見てみたいという願望からのベスト15。日本代表のFW第一列を南アフリカの両ロックが押したらどうなるか。ポラードのキックパスに福岡が走り込んでトライしたらかっこいいなぁ。14番をコルビにするか、松島か。これは究極の選択。

藤島大

スポーツライター

藤島大が選ぶベスト15

藤島大が選ぶベスト15

他の媒体でもベストの15人を8強入りのチームから選びましたが、今回はプール戦敗退のフィジーからもひとり。他に若干の変化をつけました。そのままのほうが誠実かそれでは安易か。迷ってそうした次第。

小林深緑郎

ラグビー解説者

小林深緑郎が選ぶベスト15

小林深緑郎が選ぶベスト15

決勝戦の印象が薄れゆくなか、ジャパンの4勝と美しきトライの記憶が醒めることはない。熱狂の中心たる15人を選出。

田邉淳

クボタスピアーズ アシスタントコーチ

田邉淳が選ぶベスト15

田邉淳が選ぶベスト15

個人的なスタッツ(キャリー、ディフェンス突破、タックルなど)を中心に選出し攻撃的な15名、またXファクターとコンスタントなパフォーマンスを基準に選出。

栗原徹

慶應義塾大学ラグビー部ヘッドコーチ

栗原徹が選ぶベスト15

栗原徹が選ぶベスト15

スタッツデータでなく印象で選びました。MVPはチェスリン・コルビ。

野澤武史

ラグビー解説者

野澤武史が選ぶベスト15

野澤武史が選ぶベスト15

「宇宙代表」が地球に攻めてきたと想定。なので、フィジカル強め問答無用系多めで選出。

Photo by World Rugby via Getty Images

【ポジション別】J SPORTS解説者が選ぶベスト15 動画集

① PR(ルースヘッドプロップ)

② HO(フッカー)

③ PR(タイトヘッドプロップ)

④ LO(ロック)

⑤ LO(ロック)

⑥ FL(ブラインドサイトフランカー)

⑦ FL(オープンサイドフランカー)

⑧ NO8(ナンバーエイト)

⑨ SH(スクラムハーフ)

⑩ SO(スタンドオフ)

⑪ WTB(左ウィング)

⑫ CTB(インサイドセンター)

⑬ CTB(アウトサイドセンター)

⑭ WTB(右ウィング)

⑮ FB(フルバック)

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります