トヨタ自動車ヴェルブリッツ

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

TOYOTA VERBLITZ

2018シーズン/総合4位

チーム紹介

ファーストジャージー

セカンドジャージー

ヘッドコーチ

サイモン・クロン

主将

姫野 和樹

  • 創部

    1941年

  • 本拠地

    愛知県豊田市

  • 主なタイトル

    全国社会人大会:優勝5回
    日本選手権:優勝3回

フィジカルラグビーは健在。充実の戦力で初優勝なるか?

全国社会人大会優勝5回の古豪で、フィジカルとパワーを前面に押し出すスタイルが伝統のトヨタ自動車ヴェルブリッツ。2010年度まではトップ4の常連だったが、2011年からは中位からなかなか抜け出せなくなり、2016-17シーズンはリーグ戦の残り5試合で全敗してしまい、8位に沈んだ。

そのため、2017-18シーズンから、2007年のワールドカップで南アフリカを優勝させた世界的名将のジェイク・ホワイト氏が就任。すると、キャプテンにルーキーのFL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)姫野和樹を指名し改革を断行。2シーズン連続でトップ4入りを果たした。

さらに今季、強化を進めた。ホワイト監督に代わり、ニュージーランド代表の指揮官だったスティーブ・ハンセンが総監督に、ニュージーランド出身でワラターズなどを指導していたサイモン・クロンが新たにヘッドコーチに就任。

オールブラックス代表の主将を務めていた世界的NO8キアラン・リード、ワールドカップで南アフリカ代表の優勝に大きく貢献したFB(フルバック)ウィリー・ルルーとビッグネームも加入した。

キャプテンは2019年のワールドカップ日本代表で、得意のジャッカルとボールキャリーで存在感を示した姫野和樹が3シーズン連続で務め、ワールドカップメンバーの1人SH(スクラムハーフ)茂野海人が副将を務める。

FW(フォワード)はワールドカップメンバーのPR(プロップ)木津悠輔、日本代表キャップを持つPR三浦昌悟、身長2m前後のLO(ロック)レニエル・ヒューゴとカール・ウェグナーらが引っ張る。

BK(バックス)は大型SO(スタンドオフ)ライオネル・クロニエ、CTB(センター)は元日本代表のマレ・サウ、突破が武器のクリントン・スワート、8トライを挙げて昨季の新人賞に輝いた岡田優輝らがいる。

さらに新人では東海大学出身のHO(フッカー)加藤竜聖、帝京大学出身のLO秋山大地、明治大学出身のSH福田健太、同志社大学出身のCTB山口修平、明治大学出身のWTB(ウィング)高橋汰地らが加入し、さらに選手層は厚くなった。

伝統のフィジカルラグビーに、ニュージーランドスタイルのラグビーを融合させて、悲願の初優勝なるか。

TEXT by 斉藤健仁

ハイライト動画

2020年シーズン試合日程

  • 1月12日(日)

    vs. ヤマハ発動機ジュビロ[ヤマハスタジアム(静岡県)]

  • 1月18日(土)

    vs. パナソニック ワイルドナイツ[豊田スタジアム(愛知県)]

  • 1月25日(土)

    vs. 日野レッドドルフィンズ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 2月1日(土)

    vs. Honda HEAT[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 2月15日(土)

    vs. サントリーサンゴリアス[ヤンマースタジアム長居(大阪府)]

  • 2月22日(土)

    vs. クボタスピアーズ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 3月1日(日)

    vs. キヤノンイーグルス[東大阪市花園ラグビー場(大阪府)]

  • 3月07日(土)

    vs. 宗像サニックス[グローバルアリーナ(福岡県)]

  • 3月14日(土)

    vs. 東芝ブレイブルーパス[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 3月28日(土)

    vs. リコーブラックラムズ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 4月4日(土)

    vs. NTTコミュニケーションズシャイニングアークス[釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県)]

  • 4月12日(日)

    vs. NTTドコモレッドハリケーンズ[東大阪市花園ラグビー場(大阪府)]

  • 4月18日(土)

    vs. NECグリーンロケッツ[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 4月25日(土)

    vs. 三菱重工相模原ダイナボアーズ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 5月9日(土)

    vs. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

過去の成績

  • 2003年度

    トップウェスト 1位

  • 2004年度

    4位(8勝3敗)

  • 2005年度

    4位(7勝4敗)

  • 2006年度

    3位(9勝4敗)

  • 2007年度

    3位(9勝1分3敗)

  • 2008年度

    8位(6勝7敗)

  • 2009年度

    3位(10勝1分2敗)

  • 2010年度

    3位(11勝2敗)

  • 2011年度

    10位(5勝8敗)

  • 2012年度

    5位(9勝1分3敗)

  • 2013年度

    総合6位

  • 2014年度

    総合6位

  • 2015年度

    総合5位

  • 2016年度

    8位(7勝8敗)

  • 2017年度

    総合4位

  • 2018年度

    総合4位

メンバー

吉田 康平

内田 裕大

高橋 洋丞

伊尾木 洋斗

浅堀 航平

崔 凌也

垣本 竜哉

三浦 昌悟

淺岡 俊亮

川西 智治

彦坂 圭克

竹井 勇二

加藤 竜聖

レニエル・ヒューゴ

カール・ウェグナー

古川 満

ジェイソン・ジェンキンス

シュネル・シン

秋山 大地

藤井 諒

古川 聖人

タウファ オリヴェ

フェツアニ・ラウタイミ

佐藤 穣司

吉田 杏

滑川 剛人

岩村 昂太

福田 健太

ライオネル・クロニエ

アンガス・シンクレア

クリントン・スワート

金 典弘

マレ・サウ

春山 悠太

増田 大暉

鈴木 啓太

バティリアイ・ツイドラキ

岡田 優輝

山口 修平

小澤 大

ヘンリー ジェイミー

彦坂 匡克

小原 政佑

髙橋 汰地

ジオ・アプロン

ウィリー・ルルー

中野 剛通

一覧ページへ戻る

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります