リコーブラックラムズ

リコーブラックラムズ

RICOH Black Rams

2018シーズン/総合8位

チーム紹介

ファーストジャージー

セカンドジャージー

主将

濱野 大輔

主将

松橋 周平

  • 創部

    1953年

  • 本拠地

    東京都世田谷区

  • 主なタイトル

    社会人大会:優勝3回
    日本選手権:優勝2回

初のトップ4入りに向けてFW、BKも戦力充実

日本選手権優勝2回、全国社会人大会優勝3回を誇り「和製オールブラックス」と呼ばれた古豪・リコーブラックラムズは、トップリーグではなかなか上位進出できていない。それでも近年はベスト8にコンスタントに入るようになり、昨季はパナソニックから白星を挙げるなど、年々力をつけてきて8位となり上位進出を狙えるチームへと成長してきた。

今シーズンは「Keep Standing」をスローガンに掲げ、7シーズン目の神鳥裕之監督と、3季ぶりにチームに復帰したダミアン・ヒルHC(ヘッドコーチ)体制で再び、シーズンに臨んでいる。

今季から、中盤で身体を張りリーダーシップに溢れるCTB(センター)濱野大輔、サンウルブズでも活躍した元日本代表NO8(ナンバーエイト)/FL(フランカー)松橋周平の2人が共同主将を務めることになった。

FWは他にも2015年ワールドカップで活躍した元日本代表のFL/LOブロードハースト マイケル、元ニュージーランド代表FLエリオット・ディクソン、LO(ロック)ロトアヘア ポヒヴァ大和、クルセイダーズでの実績十分のHO(フッカー)ベン・ファネル、身長201cmのLOデーモン・レエスアスも加入。新人も明治大学出身のLOオルジェン カズミ、大東文化大学出身のFL湯川純平、LO/FLタラウ・ファカタヴァも入って十分な戦力となった。

BK(バックス)もスーパーラグビーで実績十分のFB(フルバック)/SO(スタンドオフ)ロビー・ロビンソン、元日本代表CTB/WTBロトアヘア アマナキ大洋らがおり、さらに今季パナソニックから元オーストラリア代表のSO/CTBベリック・バーンズ、サントリーからSH(スクラムハーフ)マット・ルーカス、さらに大東文化大学出身の新人WTB(ウィング)アマト・ファカタヴァら加入し、相手にとって脅威となる選手が増加した。

FWは力強い選手が揃い、BKもゴール前で決定力の高い選手も多い。規律の高いディフェンスとセットプレーを軸に戦えば、上位相手でも勝つチャンスはあるだろう。戦力十分のブラックラムズは、上位チームを倒して、初のトップ4に入ることができるか。

TEXT by 斉藤健仁

ハイライト動画

2020年シーズン試合日程

  • 1月12日(日)

    vs. Honda HEAT[東大阪市花園ラグビー場(大阪府)]

  • 1月19日(日)

    vs. 宗像サニックス[レベルファイブスタジアム(福岡県)]

  • 1月25日(土)

    vs. ヤマハ発動機ジュビロ[たけびしスタジアム京都(京都府)]

  • 2月2日(日)

    vs. NTTコミュニケーションズシャイニングアークス[ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)]

  • 2月15日(土)

    vs. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ[神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(兵庫県)]

  • 2月22日(土)

    vs. NECグリーンロケッツ[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 2月29日(土)

    vs. NTTドコモレッドハリケーンズ[ヤンマーフィールド長居(大阪府)]

  • 3月7日(土)

    vs. 日野レッドドルフィンズ[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 3月15日(日)

    vs. 三菱重工相模原ダイナボアーズ[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 3月28日(土)

    vs. トヨタ自動車ヴェルブリッツ[パロマ瑞穂ラグビー場(愛知県)]

  • 4月4日(土)

    vs. パナソニック ワイルドナイツ[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 4月11日(土)

    vs. キヤノンイーグルス[秩父宮ラグビー場(東京都)]

  • 4月19日(日)

    vs. 東芝ブレイブルーパス[東大阪市花園ラグビー場(大阪府)]

  • 4月25日(土)

    vs. クボタスピアーズ[東大阪市花園ラグビー場(大阪府)]

  • 5月9日(土)

    vs. サントリーサンゴリアス[秩父宮ラグビー場(東京都)]

過去の成績

  • 2003年度

    9位(3勝8敗)

  • 2004年度

    10位(4勝7敗)

  • 2005年度

    11位(2勝9敗)

  • 2006年度

    11位(4勝9敗)

  • 2007年度

    13位(3勝10敗)

  • 2008年度

    トップイースト11 1位

  • 2009年度

    12位(4勝9敗)

  • 2010年度

    7位(6勝7敗)

  • 2011年度

    7位(7勝5敗1分)

  • 2012年度

    10位(5勝8敗)

  • 2013年度

    総合11位

  • 2014年度

    総合9位

  • 2015年度

    総合13位

  • 2016年度

    6位(8勝7敗)

  • 2017年度

    総合7位

  • 2018年度

    総合8位

メンバー

濱野 大輔

松橋 周平

柴田 和宏

辻井 健太

大川 創太郎

眞壁 貴男

吉村 公太朗

千葉 太一

西 和磨

森 雄基

ベン・ファネル

芳野 寛

小池 一宏

大西 将史

馬渕 武史

ロトアヘア ポヒヴァ大和

柳川 大樹

ジェイコブ・スキーン

タラウ・ファカタヴァ

オルジェン カズミ

デーモン・レエスアス

ブロードハースト マイケル

赤堀 龍秀

エリオット・ディクソン

深津 健吾

福本 翔平

永井 達啓

湯川 純平

ボーク コリン雷神

アマト・ファカタヴァ

中村 正寿

山本 昌太

マット・ルーカス

髙橋敏也

米村 龍二

ベリック・バーンズ

木上 鴻佑

マット・マッガーン

堀米 航平

牧田 旦

キム ソング

浜岸 峻輝

礒田 凌平

小松 大祐

長谷川 元氣

渡邊 昌紀

ロトアヘア アマナキ大洋

松本 悠介

山内 俊輝

ネタニ・ヴァカヤリア

ロビー・ロビンソン

高平 拓弥

中澤 健宏

キーガン・ファリア

一覧ページへ戻る

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります