ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモレッドハリケーンズ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

ヴィンピー・ファンデルヴァルト

ヴィンピー・ファンデルヴァルト

Wimpie Van Der Walt

  • 生年月日

    1989年1月6日

  • 出身

    南アフリカ

  • 所属

    NTTドコモレッドハリケーンズ

  • ポジション

    FL(フランカー)/LO(ロック)

  • 身長/体重

    188cm/106kg

  • 主な経歴

    ネルスプロイト高校→キングス、ブルズ

  • 日本代表キャップ

    16(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター / インスタグラム

    @wimpievdwalt / @wimpievdwalt

ワールドカップでも活躍!激しいプレーとフィジカルが持ち味のバックファイブ

ワールドカップでも激しいプレーを見せた南アフリカ出身のLO/FLで、2018年はサンウルブズでもプレーした。また、3年居住の条件をクリアし、2017年に日本代表入り。オーストラリア代表戦でインターナショナルデビューを果たした身体の強いバックファイブだ。

身体を張った泥臭いプレーが持ち味で、2013年からNTTドコモレッドハリケーンズに在籍。昨シーズンはチームのトップリーグ昇格に貢献し、2019年で7年目を迎えている。もともとはFLだが、日本代表ではLOでプレーすることも多かった。

ラグビーは7歳から始め、南アフリカのウェスタンプロヴィンスなどでプレーし、2012年のイタリアでのプレーを経て、13年はキングス、14年はブルズでもプレー。2018年はサンウルブズでもプレーした。

スーパーラグビーの経験も豊富で、複数ポジションでプレーが可能、日本代表でも大きな戦力となっていた。接点での強さ、真面目なプレーぶりは、日本代表ジェイミー・ジョセフヘッドコーチからの評価も高く、ワールドカップの日本代表入りを果たした。

今季はワールドカップ後に手術したために、試合に復帰できる時期はわからないが、ヴィンピーの復帰はチームにとっては大きいはずだ。

◆趣味はゴルフや旅行、ハンティング。奥さんとも奈良公園や南紀白浜に旅行にも行った。母親も熱狂的に息子をサポートしており、2018年の6月は日本まで応援に来たという。好きなタレントはアンジェリーナ・ジョリー。ラグビーをしていなかったら農家になっていたそうで、将来は農場を買いたいという。2019年6月には大阪観光大使に就任したように、大阪には行きつけの店が3軒ある。愛称は「ヴィンピー」「ヴィンちゃん」。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ジェシー・クリエルは元ブルズ、ドコモのチームメート。秦一平はともに新型コロナウイルスの感染防止メッセージ動画に出演。ピーター・ラブスカフニは同じ南アフリカ出身で、サンウルブズや日本代表でチームメート。リアン・フィルヨーンは南アフリカ出身同士。2人で長くNTTドコモを支えてきた。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります