ヴァルアサエリ愛(パナソニック ワイルドナイツ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

ヴァルアサエリ愛

ヴァルアサエリ愛

Asaeli Ai Valu

  • 生年月日

    1989年5月7日

  • 出身

    トンガ

  • 所属

    パナソニック ワイルドナイツ

  • ポジション

    PR(プロップ)

  • 身長/体重

    187cm/115kg

  • 主な経歴

    正智深谷高校→埼玉工業大学

  • 日本代表キャップ

    14(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

ポジション転向後、2年で代表入りした突破力もある右PR

ワールドカップでは途中出場ながら、勝利に貢献した右PRだ。タックルでも光った。12歳でラグビーを始め、突破力のあるNO8(ナンバーエイト)だったが、パナソニックでの出場機会を求めて、2015年11月からPRに転向し、たった2年で日本代表まで登り詰めた努力家だ。2017年度には初めてトップリーグのベスト15にも選出された。得意のボールキャリーだけでなく、スクラムワークも徐々に上達。

そして2017年秋の日本代表欧州遠征で活躍し、フランス代表からもトライを挙げた。トンガから高校(正智深谷)時代に来日しており、2014年に日本国籍を取得。アサエリ・ヴァルから現在の名前になった。

2018年前半は腰の負傷であまり試合に出られなかったが、秋には再び日本代表に選出され、代表に定着。ライバルの多い右PRだが、突破力だけでなくスクラムでもアピールし、2019年ワールドカップへ出場を果たした。パナソニックの3番として試合に出続けて、チームの優勝に貢献したい。

◆父は元トンガ代表。4人の姉と兄は全員海外で仕事をし、姉はトンガ女子代表経験があり、現在はフランスでプレー。名前に「愛」の字を入れたのは、夫人の名前が愛里(あいり)さん(元プロテニスプレイヤー、コメディアン萩本欽一さんの姪)だったからとのことだ。トンガ代表と日本代表で悩んだが「日本の方が強くなれる」と日本代表を選択した。大学時代は深谷の白菜農家でバイトしていた。好きな食べ物は肉と魚。愛称は「アサ」。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ホラニ龍コリニアシはトンガ、高校、大学の先輩で尊敬している。もともとバックローだったため、堀江翔太からパナソニック、日本代表でスクラムのアドバイスを受けた。中島イシレリは同期で、ユース世代のトンガ代表でも一緒にプレーし、今でも仲が良い。パエア ミフィポセチは正智深谷高校、埼玉工業大学の先輩にあたる。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります