徳永祥尭(東芝ブレイブルーパス)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

徳永祥尭

徳永 祥尭

Yoshitaka Tokunaga

  • 生年月日

    1992年4月10日

  • 出身

    静岡県

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス

  • ポジション

    NO8(ナンバーエイト)/FL(フランカー)

  • 身長/体重

    185cm/100kg

  • 主な経歴

    関西学院高校→関西学院大学

  • 日本代表キャップ

    12(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター / インスタグラム

    @23tokunaga / @23tokunaga

運動量豊富なバックロー。今季は共同主将の1人としてチームを牽引

2016年は7人制日本代表として、リオデジャネイロ五輪も経験したバックローだ。その後、15人制ラグビーでも存在感を示し、2019年ワールドカップメンバーの1人となったが、残念ながら試合には出場することはかなわなかった。

親の影響で7歳から宝塚ラグビースクールでラグビーを始め、中学時代は兵庫県のスクール選抜に選ばれ、進学した関西学院高等部では花園ベスト4、そして関西学院大学では関西大学王者に輝くなど実績を残してきた。高校、大学時代にゲインを繰り返してきたように、ボールキャリアとして優れていたが、近年、起き上がるスピードも速く、タックルも武器だ。

2015-16シーズン、LO(ロック)小瀧尚弘、FL(フランカー)山本浩輝らとともに東芝でルーキーながら試合に出場し、存在感を示していた。だが、6試合の出場停止となり、新人賞の夢はかなわなかった。それでも、トップリーグに出場できなかった悔しさをバネに、見事に7人制日本代表に選出され、リオデジャネイロ五輪に出場しベスト4に貢献した。

その後、15人制でも活躍するようになり、2017年、韓国代表戦で初キャップを獲得。2017年からサンウルブズでもプレーし、ケガ人が続出したときは走力を買われてWTB(ウィング)でもプレー。

ワールドカップでは試合に出場することはできなかったが、給水係としてチームに貢献した。試合に出場できなかった悔しい思いを胸に、次の2023年ワールドカップを目指す徳永は、今季から共同キャプテンとして体を張って東芝を牽引する。

◆リオ五輪では選手村では偶然、短距離のスーパースターであるウサイン・ボルトと一緒に写真を撮れたという。日本代表候補選手の中では特にジュニア・ジャパン時代にLOとして一緒にプレーしたというFL/NO8姫野和樹と仲がよく、「ひめとく」コンビと呼ばれるほど。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

姫野和樹はジュニア・ジャパン以来、「ひめとく」コンビとして仲良くなった。リーチ マイケルは、東芝、日本代表でもチームメートでライバル、そしてリーダーとしても尊敬する。福岡堅樹とはリオ五輪、2019年ワールドカップでともにメンバー入り。布巻峻介とはU20やジュニア・ジャパンから同期で一緒にプレーし、ポジションも争った同期かつライバル。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります