田中史朗(キヤノンイーグルス)

注目選手

田中史朗

田中 史朗

Fumiaki Tanaka

  • 生年月日

    1985年1月3日

  • 出身

    京都府

  • 所属

    キヤノンイーグルス

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    166cm/75kg

  • 主な経歴

    伏見工業高校→京都産業大学→パナソニック、ハイランダーズ

  • 日本代表キャップ

    75 ※2011・15・19年ワールドカップ日本代表
    ※2021年1月6日現在

日本人初のスーパーラグビー選手は未だ健在。判断力は世界基準

2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手となり、ハイランダーズで4年プレー経験のあるベテランSH。サンウルブズでもプレーした。過去3回のワールドカップでも、十二分に存在感を示して日本代表の勝利に貢献したように、判断力、ボールさばきは世界クラス。近場でもタックルで身体を張る。

小学4年で家の近所のお兄さんの勧めで競技を始め、京都の伏見工業高校では花園ベスト4。ニュージーランド留学やU19日本代表を経て成長。京都産業大学では全国大学選手権ベスト4に貢献した。2007年に三洋電機(現・パナソニック)入りし、1年目から活躍、日本選手権優勝、トップリーグ新人賞に輝いた。

2008年春に初キャップを獲得すると、すぐに日本代表でも中軸となり、2011年、2015年ワールドカップに出場。2012年からは、日本代表のアシスタントコーチを務めていたトニー・ブラウンの下、ニュージーランドのITM杯(現・Mitre10杯)にも挑戦。その活躍が認められて、2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手としてハイランダーズと契約。現在、日本代表の指揮官でもあるジェイミー・ジョセフ氏に4年間薫陶を受けた。

ハイランダーズでは控えが多かったこと、そして、サンウルブズが日本代表の強化を兼ねることから、サンウルブズでもプレー。2019年ワールドカップは控えからチームを鼓舞した。キヤノンでのプレーも2シーズン目となり、チームの飛躍のためにその経験値で勢いを与えたい。

◆愛称は「フミ」「ジャック」。「ジャック」は田邉淳(元サンウルブズやパナソニックコーチ)の息子の愛称に由来。実家は農家で京野菜を作っている。趣味はUFOキャッチャー。好きな食べ物は「ラーメン」。夫人は元・三洋電機などで活躍したバドミントン選手の智美さん(旧姓・作山)で、田中選手を栄養面でサポートする。1男1女のパパでもある。座右の銘は「人生は一度きり」。涙もろいことでも有名。

TEXT by 斉藤健仁

トップリーグ注目選手一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります