田中史朗(キヤノンイーグルス)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

田中史朗

田中 史朗

Fumiaki Tanaka

  • 生年月日

    1985年1月3日

  • 出身

    京都府

  • 所属

    キヤノンイーグルス

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    166cm/75kg

  • 足のサイズ

    24.5cm

  • 主な経歴

    伏見工業高校→京都産業大学→パナソニック

  • 日本代表キャップ

    75(2011、2015、2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター

    @FumiakiTANAKA9

ワールドカップに3大会出場したベテランSH。今季から新天地キヤノンへ移籍

自身3度目のワールドカップとなった2019年大会はベンチからの出場ながら、日本代表のベスト8入りに大きく貢献したベテランSHだ。

2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手となり、ハイランダーズで4年プレーし、その後サンウルブズでもプレーした。ワールドカップでも十二分に存在感を示して日本代表の勝利に貢献してきたように、判断力、ボールさばきは世界クラス。近場でもタックルで身体を張る。

小学4年で競技を始め、京都の伏見工業高校では花園ベスト4、ニュージーランド留学やU19日本代表を経て成長。京都産業大学では全国大学選手権ベスト4に貢献した。2007年に三洋電機(現パナソニック)入りし、1年目から活躍。日本選手権優勝、トップリーグ新人賞に輝いた。

2008年春に初キャップを獲得するとすぐに日本代表でも中軸となり、2012年からは現在、日本代表のアシスタントコーチを務めたトニー・ブラウンの下、ニュージーランドのITM杯(Mitre10杯)にも挑戦。その活躍が認められて、2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手となり、現在、日本代表の指揮官でもあるジェイミー・ジョセフ氏に4年間薫陶を受けた。

ハイランダーズでは控えが多かったこと、そして、サンウルブズが日本代表の強化を兼ねることから、サンウルブズでもプレーした。トップリーグでは先発としての出場機会を求めて12年プレーしたパナソニックからキヤノンへ移籍した。SO田村優との日本代表ハーフ団でキヤノンを上位進出に導きたい。

◆愛称は「フミ」「ジャック」。「ジャック」は田邉淳(現クボタコーチ)の息子の愛称に由来。実家は農家で京野菜を作っている。趣味はUFOキャッチャー。夫人は元三洋電機などで活躍したバドミントン選手の智美さん(旧姓・作山)で、田中選手を栄養面でサポートする。1女1男のパパでもある。涙もろいことでも知られる。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

松田力也は伏見工業の後輩で、日本代表やパナソニックでも一緒だったため仲がいい。堀江翔太はパナソニックのチームメートで、同時期にスーパーラグビーに挑戦した。ヘイデン・パーカーはハイランダーズ、パナソニック、サンウルブズで一緒にプレーした。矢富勇毅は同じ歳で中学時代からのライバルだ。山下裕史は京都産業大学の後輩で、日本代表でも一緒にプレーした。田村優は日本代表、キヤノンでハーフ団を組む。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります