山中亮平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

山中亮平

山中 亮平

Ryohei Yamanaka

  • 生年月日

    1988年6月22日

  • 出身

    大阪府

  • 所属

    神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  • ポジション

    FB(フルバック)/CTB(センター)

  • 身長/体重

    188cm/98kg

  • 足のサイズ

    29cm

  • 主な経歴

    東海大学付属仰星高校→早稲田大学

  • 日本代表キャップ

    18(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター / インスタグラム

    @yamanaka10 / @yamanaka10

ワールドカップ初出場を果たしたベテランFB。スキルも高い万能選手

大学時代に初キャップを獲得していたが、2019年ワールドカップでは3度目の正直で、やっと初出場を果たしFBとして活躍したのが山中だ。大阪の真住中学で1年までサッカーをやっていたが、2年からすぐ隣でやっていたラグビーを始める。攻撃的なSOで「ファンタジスタ」とも呼ばれた。BK(バックス)としては身体も大きく、ラン、パス、左足からのキックと3拍子揃った万能な選手。

東海大仰星高校時代は、SOとして花園優勝に貢献し、早稲田大学に進学後はすぐに頭角を現し、大学選手権でも優勝を経験、大学4年の春、アラビアンガルフ戦で日本代表初キャップを獲得した。

2011年のワールドカップ出場を目指していたが、大学卒業直後に2年間の資格停止を受け、その後は神戸製鋼でプレー。2014年、ニュージーランド留学を経てフィジカルも強化し、2015年には再び日本代表キャップを獲得したが、2015年ワールドカップには出場できなかった。その後、神戸製鋼、サンウルブズでも出場を重ね、2017年6月は日本代表に選出されたが、その後は桜のジャージーに袖を通すことはなかった。

それでも本人は腐ることなく研鑽を重ねて、昨季のトップリーグではFBとして躍動し、リーグ戦で7トライ、プレーオフ決勝でも2トライを挙げるなど決定力を見せた。また、2018年秋に日本代表に復帰し、オールブラックス戦にも出場し、サンウルブズでもFBとして安定感あるプレーを見せてアピールを続けたことがワールドカップのメンバー入りにつながった。

もともとSO(スタンドオフ)、CTB(センター)での出場が多かった。昨季は神戸製鋼に世界的SOダン・カーター、SOヘイデン・パーカーが加入し、FBとして定着。今季もFBとして神戸製鋼の連覇に貢献できるか。

◆小学時代は水泳でオリンピックを目指していたため、競泳メダリスト入江陵介選手とは旧知の仲。中学時代は中濱寛造(三菱重工相模原)と、高校時代は木津武士(日野)とサッカーの元日本代表の藤春廣輝選手(ガンバ大阪)と同級生。試合前、スパイクは左から履くという。尊敬する人は野球のイチロー選手。愛称は「やまちゃん」

TEXT by 斉藤健仁

相関図

前川鐘平は東海大仰星高校の同期で、現在、神戸製鋼でチームメート。中濱寛造は中学、大学、神戸製鋼で一緒にプレーしていた。同学年の田村優は、大学時代は早明のライバルで、日本代表ではチームメートとして戦った。神戸製鋼のチームメート、ダン・カーターは、尊敬しておりキックスキルも教えてもらった。日本代表の同僚、稲垣啓太とは一緒に革のライダースジャケットを作った。リーチ マイケルは同学年で、日本代表でチームメートだった。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります