ライアン・クロッティ(クボタスピアーズ)

注目選手

ライアン・クロッティ

ライアン・クロッティ

Ryan Crotty

  • 生年月日

    1988年9月23日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    クボタスピアーズ

  • ポジション

    CTB(センター)

  • 身長/体重

    181cm/94kg

  • 主な経歴

    クルセイダーズ

  • ニュージーランド代表キャップ

    48 ※2019年ワールドカップ代表
    ※2021年1月6日現在

中盤で攻守にわたり存在感を示す元ニュージーランド代表CTB

2019年ワールドカップにニュージーランド代表として出場。相手のディフェンスラインの隙を見つけて突破するのが得意ないぶし銀タイプのCTBだ。

母親は水球の元ニュージーランド代表で、父もラグビー選手だった。5歳からラグビーを始めて10代のうちにカンタベリー代表に選ばれ、2006年にニュージーランド高校代表、2008年にニュージーランドU20としてジュニア世界選手権優勝を経験。2009年にはジュニア・オールブラックスでもプレーした。

2013年8月のオーストラリア代表戦でオールブラックスとしてデビューすると、同年11月のアイルランド戦でトライを挙げるなど頭角を現したが、2015年ワールドカップは惜しくもメンバー入りすることができなかった。しかし、2016年に代表に返り咲くと、ザ・ラグビーチャンピオンシップで4トライを挙げるなど活躍。アウトサイドCTBの主力として定位置を確保した。

クルセイダーズではFL(フランカー)マット・トッド(現・東芝)とともにバイスキャプテンを努め、2017年からスーパーラグビー3連覇にも貢献。2019年ワールドカップでは念願の初出場を果たし、先発は2試合、控えからの出場が1試合と出番は多くなかったものの、ベテランとして若い選手たちを支えた。

大会終了後に来日し、今季はクボタで2年目のトップリーグのシーズンを迎える。中盤での仕事人として攻守に渡って存在感を見せるはずだ。

◆好きな食べ物はピザ。ヨーロッパ旅行が趣味。現在、カンタベリー大学でスポーツコーチングの勉強もしているという。日本代表主将のリーチ マイケルとはカンタベリーで過ごした少年時代一緒にプレーしていて、今でもその当時の写真を大事にしている。

TEXT by 斉藤健仁

トップリーグ注目選手一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります